ページの先頭です。ページの本文へ

健康サポートセンターだより RSS


2021/11/29 15:30:00 “現代版:臨死体験”から見える大切なこと

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
私事ですが、怪談が好きです。秋の夜長のお供に、よく聞いています。幽霊は信じていませんが(かといって否定する気もありませんが)、想像してドキドキするのが好きなのです。
 先日、興味深い怪談を聞きました。臨死体験の話です。定番は川か花畑ですが、この語り手が行った先には、川も花畑もありませんでした。代わりにバーコードリーダーのような物を持った人がいて、それを額に当てられ、何かのポイントを測られたというのです。そのポイントによって、死後の処遇が決まるそうです。

 さて皆さん、それは一体何のポイントだと思いますか?

…正解は「どれだけ新しい体験をしたか」だそうです。
ちょっと驚きませんか?大体の人は「善行を積んだ回数」とか「どれだけ社会の役に立ったか」という感じを想像したのではないでしょうか。
 でも確かに、価値観が多様化してきている現代では、昔のように簡単に善悪で線引きをすることは難しいでしょう。それに社会の情勢や規範が突然大きく変わるということも、今回コロナ禍でよく分かったと思います。
その点、体験の数は価値観にも社会にも左右されません。また、結果を問わず色んな体験を積み重ねていくことは、自分の世界を広げることにつながります。自分の世界が広がると、物事を見る視点が多様化し、何かに取り組む際の選択肢を増やすことができます。つまり、体験を増やすことは、人生を豊かにするための大切なカギとなるわけです。おそらくこの話の中で重視されているのは、そうやって体験を増やすことで今世をいかに豊かなものにできたか、ということなのでしょう。
 この話が真実かどうかは置いておいて、なかなか現代的でよくできた話だと思いませんか?ちょっとでも興味を持った人は、1週間に1つずつからでいいので、ぜひ新しい体験を増やしてみて下さい。新しい体験をして失敗するのが怖いという人は、失敗してもダメージの少ないような、どうでもいいことから始めてみましょう。もしそれで得することがなくても、損することはありませんし。話の真偽が分かるのは、寿命が尽きるときのお楽しみ、ということで。

2021/11/29 12:30:00 京都府立盲学校との交流会

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
みなさん、こんにちは。
さらに寒くなり、京都は紅葉が見頃になりました。

さて、今日は11月に行った京都府立盲学校との交流会をご紹介します。

今回来てくださったのは京都府立盲学校の高等部の1年生、2年生の6名と引率の先生5名です。本学からは京都府立盲学校の専攻科を卒業し、現在本学在学中の視覚障害の学生2名(1年次Oさん、2年次Kさん)と障がい学生支援室のスタッフが参加し、感染予防を行いながら対面で交流会を行いました。

はじめに参加者の自己紹介を行った後、Oさん、Kさんのふたりから、どのような感じで大学生活を過ごしているか、大学の支援はどのような感じか、受験に向けてやっておいた方がよいことなどのお話がありました。

特に、高校までと違って自分で行動したり、援助を求めることの大切さや色々な人とのコミュニケーションの大切さ、何より目が見えないからと自分のやりたいことの限界を決めてしまわず、やりたいことは「思い切ってやってみる、思い切って周囲に伝えてみる」ことが大事という話が印象に残りました。

また、Kさんがリスエストに答えて、専攻しているロシア語で自己紹介をしてくれると、会場からは歓声が上がりました。

交流会後、障がい学生支援室の見学や構内を少しだけ見学し、大学の雰囲気を感じてもらいました。

参加してくださった生徒さんからは、「頑張って夢に向かってすればできるという言葉が印象に残った」、「見学して進路を考えるのに役立つことがあった」、「障害をもつ学生への配慮が知れてよかった」、「大学の楽しさや難しさを感じた」といった感想が後日寄せられました。

京都府立盲学校のみなさん、Oさん、Kさんありがとうございました。


=====
*障がい学生支援室オンライン講演会のお知らせ*
2021年12月3日(金)17:30~19:30 オンライン(ZOOM)※事前申し込み要
「人生は工夫次第で楽しめる」 牧野 友香子氏(株式会社デフサポ 代表取締役)
参加申し込み方法:下記のURLからお申し込みください【〆切:11/30(火)】。
https://forms.gle/WbRigiFScmFsuLXz8

2021/11/16 16:30:00 【12/13開催オンラインセミナー】胃腸のセルフケアー注意すべき腹痛と受診のポイントー

  • Categoryイベント
  • Posted by学生相談室
健康サポートセンターでは、心身のセルフケアについて学ぶセミナーを開催しています。今回は、消化器外科医の先生を講師にお招きします。みなさんは、おなかの痛みや不快感が気になる、ということはありませんか?おなかのセルフケア、受診のポイントについてもお話しいただく予定です。ぜひ参加してみてください。


日時:2021年12月13日(月)12:50~13:40
     オンライン開催(Zoom)
※途中参加・途中退室も可。マイク、カメラはOFFでOKです。
  
内容:胃腸のセルフケア 注意すべき腹痛と受診のポイント
(講義中に質疑応答の時間も設けます)

講師:堀田健太先生(消化器外科医)

対象:本学在学生

【参加申し込み方法】
申込みフォームから申込んでください。
申込締切:12月8日(水)
※オンラインセミナー参加の手順は、申込み受付後にお知らせします。


【問い合わせ先】
健康サポートセンター
学生相談室    tel:075-322-6025
障がい学生支援室 tel:075-757-6248 / e-mail:shien@kufs.ac.jp
保健室      tel:075-322-6024 / e-mail:hoken@kufs.ac.jp

2021/11/11 13:40:00 オンライン講演会「人生は工夫次第で楽しめる」

  • Categoryイベント
  • Posted by障がい学生支援室
みなさんこんばんは。風が冷たくなり冬に近づいてきているなと思う今日この頃ですね。

さて、今日は12月3日(金)に開催する障がい学生支援室オンライン講演会のお知らせです。

本学では12月4日から12月10日を人権週間と定め、様々な行事を開催しています。今年度は新しい試みとして、共催で障がい学生支援室のオンライン講演会を開催することになりました。講師ご自身の経験も踏まえて、障害や多様性のとらえ方、人生を楽しむ工夫などをざっくばらんにお話しいただきます。

*障がい学生支援室イベント*
2021年12月3日(金)17:30~19:30 オンライン(ZOOM)※事前申し込み要
「人生は工夫次第で楽しめる」
牧野 友香子氏(株式会社デフサポ 代表取締役)
定員:100名
参加申し込み方法:下記のURLからお申し込みください【〆切:11/26(金)】。
https://forms.gle/WbRigiFScmFsuLXz8
※参加者にはイベント開催の3日前に参加のための招待URLをメールで送付いたします。
※講演の撮影、録音、録画はご遠慮下さい


【講師紹介】
生まれつき重度の聴覚障害がある。一般校を経て神戸大学に進学。一般採用で入社したソニー株式会社では人事として7年間勤務。2017年に聴覚障害のある子どもたちの教育、就職支援を行う「株式会社デフサポ」を立ち上げ。「聞こえないのになんでしゃべれるの?」など、日常生活や想いを率直に語る「デフサポちゃんねる」が人気。

デフサポちゃんねる:https://www.youtube.com/channel/UChitc-o2VfWz5cgT-rMRIjQ/videos

時に明るく楽しく、時に率直に自分の想いやエピソードなどをお話される牧野さんを見てぜひ学生の皆さんにも聞いてほしいと思って企画しました。ぜひみなさんご参加ください。

2021/10/22 16:30:00 『ブラックエンジン』と『ホワイトエンジン』

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
秋学期が始まってからあっという間に10月も終盤になり、秋らしい季節になりましたね。緊急事態宣言も解除されて、対面授業に課外活動、アルバイトなど生活が再び活発に動き出しました。

生活リズムが変わるとき、ロケットスタートで一気に動き出す人、なかなかエンジンがかからず動き出すまでに時間がかかる人、色々ありますが、みなさんはいかがでしょうか?

人を動かす原動力は、大きく分けると2つあると言われていて、それぞれ『ブラックエンジン』と『ホワイトエンジン』と呼ばれています。

ブラックエンジンは「失敗したくない」「あの子には負けたくない」のような“プレッシャー”や“不安”、“悔しさ”が燃料になります。爆発的なエネルギーをもたらしてくれますが、ずっと使っていると疲れてしまいます。

もう一つのホワイトエンジンは“楽しい”、“気持ちいい”が燃料になります。心地よいので長く続けることができますが、毎日の生活はこれだけでやっていくことはできません(勉強にしろ、アルバイトにしろ、時に我慢や踏ん張りが必要ですよね…)。

やる気を出して、何かを成し遂げるには、ブラックエンジンとホワイトエンジンの両方をバランスよく使うことがポイントです。やる気がわいてこない時にはエンジンのバランスを見直し、使い分けを意識してみてください。

そして何よりエンジンにはメンテナンスが大切です。疲れを感じたらきちんとお休みを取りましょう。

「今の自分はバランスが取れているのかな…」、「どうしたら上手にお休みできるかな…」迷う時には学生相談室までお気軽にどうぞ。

Page top