ページの先頭です。ページの本文へ

健康サポートセンターだより RSS


2019/04/02 19:00:00 ご入学おめでとうございます!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by健康サポートセンター
新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!
大学生活が始まり、期待と不安を抱えながら過ごされている時期だと思います。

さて、健康サポートセンター(保健室、学生相談室、障がい学生支援室)では、
学生のみなさんが安心して充実した学生生活を送れるようにサポートしています。

大学生活では、自分自身で情報を得て、決定し、行動することが求められます。
今までとは異なる生活スタイルに戸惑ったりする人も少なくありません。
分からないこと、不安なことなどあれば、気軽にご相談ください。

【けがや体調不良について】
 3号館1階 保健室
 TEL:075-322-6024
 お問合せ:https://www.kufs.ac.jp/form/index.html?id=1812fff5c0c5c1899870a01bc2984ded 

【自分自身や性格、対人関係、心身の不調について】
 9号館5階 学生相談室
 TEL:075-322-6025

【支援や配慮のこと、学生生活の不安や困りごとについて】
 9号館5階 障がい学生支援室
 TEL:075-757-6248
 お問合せ:https://www.kufs.ac.jp/form/index.html?id=98d08c9eaf5d4d709d6f537a18647a6d

  • 保健室★
  • 相談室☆
  • 支援室★

2019/02/15 12:40:00 学生表彰おめでとうございます!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by障がい学生支援室
寒い季節、インフルエンザやはしかの感染拡大のニュースなども聞こえてきますが、みなさんお元気ですか。

さて今回は、障がい学生支援室にも時々顔を見せてくれていた2人が学生表彰されることになったお知らせです。

堀川さんは、昨年福井県で開催された「第18回全国障害者スポーツ大会」のサウンドテーブルテニスで優勝、また竹保さんは、「第16回オンキヨー世界点字作文コンクール」において最優秀オーツキ賞を受賞したことが認められたものです。
2人の活躍は本学HPでも紹介されていました。

本当におめでとうございます。
今後もさらにいろいろな場面で活躍されることを願っています。

2019/01/17 14:00:00 1/22開催【障がい学生のためのキャリアガイダンス】

  • Categoryイベント
  • Posted by健康サポートセンター
みなさん、こんにちは。
秋学期の授業も残すところあと3日ですね。
テストやレポート等で忙しい学生さんも多いと思いますが、
体調に気をつけて最後まで乗り切っていきましょう。

さて、今日はイベントのお知らせです。
1月22日(火)のお昼休みにキャリアセンター主催で、
『障がい学生のためのキャリアガイダンス』を実施します。

障がい学生の就活における重要なポイントを聞ける貴重な機会です。
興味関心のある方はぜひこの機会に参加してください。
※障がい者手帳の有無や学年は問いません。
 1,2年の学生さん、少し興味があるという学生さんもお気軽にどうぞ。

           記

日時:1月22日(火)12:45~13:45(終了後個別相談会)
場所:453教室(4号館5階)
講師:サーナワークス研究所
予約:キャリタスUCより申込要 
   https://st.uc.career-tasu.jp/login/?id=8eb68de9d14a603eb13c56bb9a59bb6f
   ※または当日までに障がい学生支援室(075-757-6248)まで連絡してください。

2018/12/10 18:00:00 講演会を開催しました

  • Categoryイベント
  • Posted by障がい学生支援室
みなさん、こんにちは。急に寒くなりましたが、風邪などひいていませんか。

先日の講演会にはたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。授業で参加できなかったという学生さんもいたので、今回は少し講演会の内容をお伝えできればと思います。

講演は「視覚障がい児者の教育と生活」というテーマで、元府立盲学校で教員経験のある竹下(支援室のコーディネーター)が講師を務めました。

講演の内容は多岐にわたり、盲学校(視覚特別支援学校)の歴史や盲学校の中で行われている教育の話、視覚障がいの説明、視覚障がいの方の生活を支える「点字」、「点字ブロック」、「白杖」の話の他、誘導の仕方や声のかけ方などの具体的なお話もありました。
 
実は、京都が盲学校の発祥の地だということや、一言で視覚障がいと言っても、見え方、見えにくさは人それぞれ違うということを、今回の講演を聴いて初めて知ったという学生さんも多かったです。

また、アイマスクをつけて点字を読む体験もしましたが、そもそも渡された用紙の上下が分からなかったり、点字を指でまっすぐ追うことや指先で点字をとらえることがとても難しいということが分かりました。なので、視覚障がいの学生さんがすらすらと点字を読み上げた時にはフロアから驚きの声が上がりました。

講演後のアンケートには、
・実例や体験もあったのでより理解しやすかった。
・実際にアイマスクをつけて点字を読むのは、とても難しくて全く分からなかった。
・以前、目の不自由な方を駅で案内した時に非常に喜んでもらったので、これからも積極的に手助けをしたい。
・当事者の学生さんとのコラボという構成で、内容がより身近に感じられた。
・教えていただいたサポートのポイントを活かせる機会があるといいなと思った。
などの、感想が寄せられました。

今後もこのようなイベントを継続して開催したいと考えています。ぜひまたご参加ください。
  • 講演会の様子
  • 点字のプリント(なんて書いているでしょう)
  • 点字のプリント(こたえ)

2018/11/30 10:30:00 今日は何の日?

  • Categoryイベント
  • Posted by障がい学生支援室
いよいよ12月に入り、今年もあと1ヶ月になりました。
色々と忙しくなる時期ですが、体調に気をつけながら、2018年を無事に終えたいですね。

さて、みなさんは今日は何の日か知っていますか?

今日12月3日は国連によって定められた国際デーの1つ
「国際障害者デー(International Day of People with Disability)」
です。
また、日本では12月3日から12月9日までを「障害者週間」としています。

障がいのある人たちを取り巻く現状や課題等に対して理解を深めるため、
また、社会参加をより一層促進するために、各地で様々なイベントが企画されています。

私たちもすでにお知らせしていますが、下記の講演会を予定しています。
12月4日(火)17:30-19:00 @R171
「視覚障がい児者の教育と生活」

講師:竹下士郎(障がい学生支援室 コーディネーター)

障がいというと何か難しく考えてしまったり、
何かしないといけないと考える人もいるかもしれません。

見た目、言葉、考え方、習慣、好み、セクシュアリティなど、私たちには様々な違いがありますよね。
障がいもそれら違いの一つです。

違いがあるから、誤解やすれ違いがうまれることや難しい時もありますが、
違いがあるから、面白かったり、知らなかった世界が広がることもあります。

この講演会がお互いの違いを知るきっかけになればと思っています。
ぜひお時間のある方はお越しください。

Page top