ページの先頭です。ページの本文へ

健康支援課スタッフブログ RSS

学生相談室だより

2023/06/21 00:50:00 ゆるここアワー「アニメ好きあつまれ!」を開催しました

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
6月20日(火)の昼休みに「ゆるここアワー」を開催しました。今回のテーマは「アニメ好きあつまれ!」でした。

参加者同士で、おすすめのアニメ、推しキャラ、今期の覇権などについておしゃべりしました。留学生も含めて皆さんアニメに詳しく、ダークファンタジー系~スポーツ系~学園もの~ラブコメ系まで、幅広いアニメが話題に上りました。互いに好きなアニメや推しキャラが同じだと歓声をあげて盛り上がり、話は声優やボカロにまで広がりました。

参加者からは「色々なアニメの話ができて楽しかった」という感想が寄せられ、「推し」のパワーのすごさを実感できる時間となりました。

「ゆるここアワー」では、これからもゆる~くセルフケアや推し活について取り上げていきますので、皆さん気軽に参加してください!

2023/05/25 13:30:00 ゆるここアワー「ストレス、どうしよう!?」 から抜け出すワークショップを開催しました

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
5月24日(水)の昼休みに「ゆるここアワー」を開催しました。今回は「ストレス、どうしよう!?」 から抜け出すワークショップでした。

学生相談室のスタッフからは、ストレスがあるのは悪いことではなく、成長のきっかけとなることがあるため、ストレスをなくそうと考えなくて良いというお話がありました。また、ストレスに対しては、ストレス反応に気付きはやめに対処すること、ストレスの対処法のバリエーションを増やしておくことが大切であるというお話がありました。

参加者同士で普段取り入れている対処法を紹介し合った際には、「スマホを見ない」、「寝る」、「食べる」、「散歩する」、「泣く」など多くの気持ちの対処法が集まりました。共通した対処法には互いに共感したり、珍しい対処法には興味津々になったりしながらおしゃべりしました。

参加者からは、「他の人の対処法を知れてよかった」という感想が複数寄せられ、楽しみながらストレスについて考える時間となりました。

「ゆるここアワー」では、これからもゆる~くセルフケアについて取り上げていきますので、皆さん気軽に参加してください。
  • 参加者からは多くの気持ちの対処法が集まり、分類用の表からはみ出してしまいました

2023/05/16 09:00:00 人は「自分」なら大丈夫と思いがち-他人に助けを求めることを妨げるバイアス―

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
今回は他者に助けを求めるのがいいというけども、そう簡単なことではない、というお話をしたいと思います。

 人は誰しもが、ときに心の健康の不調を経験することがあります。そのため、世の中には心の健康の改善やその問題の解決を目指した専門的な治療や援助技法が多く存在します。しかし、多くの人がそれらの援助を求めないという現象が知られています。このような現象をサービスギャップと言うこともあります。このようなギャップが生じる背景は様々な原因が考えられます。そもそも援助先の情報がわからない、どうやってアクセスしたらいいかわからない、心の問題について相談をしても意味がない、弱い人間だと思われないかといった偏見の問題など多岐にわたると思います。その中でも、今回は心の健康の問題へのとらえ方のバイアスに注目したいと思います。

人はメンタルヘルスの問題を抱えているときと、他人が同様の問題を抱えているときとで、そのとらえ方にずれが生じることが知られています。具体的には、他人が心の健康上の問題を抱えているときは、よりその問題を深刻にとらえて、相談や援助につながる必要性を感じる一方で、自分が同様の問題を抱えているときは問題の程度をより軽く見積もり、相談や援助につながる必要性を感じにくいというものです。つまり、人は心の健康の問題となると、自分の場合は楽観的にとらえてしまうバイアスが生じるといえます。

皆さんも他人から相談したほうがいい、(身体の不調も含めて)病院に早く行ったほうがいいと言われても、自分では大丈夫と思ってなかなか行動を起こす気にはならない、ということはありませんか。このように人は自分自身の心の健康の問題や症状を楽観的にとらえてしまいがちであることがわかっています。皆さんもこの楽観的なバイアスがあることを理解しておいて、自分の抱えている問題を軽く見過ぎていないか、自分自身のことを適切にモニタリングできているかをチェックできるといいですね。また、ときに自分よりも周囲の他者のほうがより現実に即したとらえ方ができているかもしれない、という視点を持っておくことが大事です。
  • 時には誰かにSOSを出すことも大切。。。

2023/03/20 09:00:00 卒業生の皆さんへ おめでとうございます

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
卒業生のみなさんへ

ご卒業おめでとうございます。
外大での学生生活は、どんな時間でしたか?

就職、進学、そのほかの新しい挑戦、まだこの先が決まっていない人、いろんな道があると思います。
無理せず、ぼちぼち、進んでいけたらいいですね。

新たな門出を応援しています。








  • 新しい春が、すこやかなものでありますように。

2023/01/18 15:50:00 「集中したいのにうまく集中できないときに」

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
みなさんは勉強や趣味のことなど、集中したいときに集中できないことってありませんか。
目の前のことをしたいのにぼーっとしてしまう、スマホをいじってマンガをよんでしまう、そういうときってとても困りますよね。
集中のしにくさについて、今回は手短に書いてみたいと思います。

一般的には人間の集中力の周期は15分と言われており、最大で集中が維持できるのは90分と言われています。
でも実際には15分ごとに休憩をとっていたら、したい作業はなかなかはかどりませんよね。
なので、あくまでこれは目安として覚えておいて、なぜ今自分が集中しにくいのか、どううまく休憩を挟むと、長く作業を続けることができるのか、を考えるのがよいと思います。

まずは、なぜ今自分が集中しにくいのかについて分析してみることからしてみましょう。
たとえば、作業する環境が整っていないことがあるかもしれません。周りに気になる音が聞こえてくる、部屋の明るさや温度が合っていない、机やいすの高さが気になる、などです。これは意識的に調整できる場合もありますし、変えることが難しい場合には場所そのものを選ぶ必要があるでしょう。
また、スマホが気になって数分ごとに見てしまう、テレビをつけながら作業をしてしまうなど、他に興味を引くものから意識を引き離せないということもあるでしょう。一番は、「ながら作業」になってしまわないように、自分の中でルールを決めて、気になるものをいかに遠ざけておくかが大事になってくるでしょう。

次に、作業の質や量の確認をしてみましょう。たとえば、集中してしないといけない作業が、自分にとって一人でするには難しすぎる場合もありますし、決められた時間内で取り組むには量が多すぎる場合もあります。そうなると、取り組むモチベーションそのものが下がってしまいます。その場合には、取り組む内容や作業の量をしぼって、その時間に集中して取り組むことができるように、長期的な見通しを立てたり、内容によっては一人でせずに他の人の協力を求めることも必要です。

あとは、心身のコンディションが整っていない場合もあります。ストレスとなる出来事が直近で起こっていて、そのことがずっと気になっているとか、睡眠が十分にとれていない、食事をうまくとれていないとか。そうした場合には、まずコンディションをどう整えるのかを考えることから始めなければ、身体的な疲労がどんどん蓄積してしまいます。

上記のように、集中力を阻害する要因はいくつか考えられますし、そのときどきで分析してみると面白いかもしれません。

もし自分がなぜ目の前のことにうまく取り組めないのか分からない、ということがあれば、学生相談室のカウンセラーと一緒に整理して、考えてみることもできます。
そのときにはお気軽に、お立ち寄りくださいね。
  • 集中、難しい日もありますよね。。。

Page top