ページの先頭です。ページの本文へ

健康支援課スタッフブログ RSS

支援室だより

2024/03/29 09:00:00 2023年度最後の学生サポーター養成講座を開催しました!

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
3月25日、26日に学生サポーター養成講座を開催しました。

1日目は、NPO法人UNIさまにお越しいただき「障がいって何?」をテーマに、障がいはどこにあるのか、自分たちはどういう風に障がいをとらえるのか、学生サポーターとして活動するうえで重要なマインドや考え方を身に着けるための講座でした。

2日目は、来年度弱視の新入生を迎えるにあたり、京都府立盲学校の藤井則之先生にお越しいただき「視覚障がい学生の支援~弱視を中心に~」というテーマで、様々な見え方の違いを目の構造や視力、視野についても丁寧に説明していただき、そのうえで弱視の学生にサポーター、教職員としてどう支援するかをお話ししていただきました。

講座に参加した学生から感想をいただきましたのでご紹介します。
=======================
【1日目の感想】
こんにちは。学生サポーターの大学院 観光文化研究領域 修士1年次生の竹村和真です。講座を通して、障がいは、個人の問題ではなく社会の問題であり、社会を変えていく必要があることを改めて学ぶことができました。
 障がいのある人が不自由なく自分らしく日常生活を送ることができるようには、社会側が障がいに対する理解を今まで以上に深め、過ごしやすい環境をつくる必要があると考えるようになりました。
 学生サポーターとしてこれまで以上に勉強しつつ、障がいのある方、学生を支援していきたいと考えています。

【2日目の感想】
今回の養成講座では、視覚障がいのある先生をお招きいただいて、先生の経験も踏まえて貴重なお話やリアルなお話を伺うことができました。また、人間の目の構造の説明を聞いたり、紙に描かれた二つの絵を見て、片方に焦点を当てながら動かすと絵が消える(見えなくなる)ところがあるというの実際やってみる体験もあり、今まで触れることのなかったことに触れることができて有意義な時間となりました。
=======================

昨年度から始めた学生サポーターの養成。まだ手探りなところも多いですが、2024年度も引き続き学生サポーターの活動を進めていきたいと考えています。

4月にまた改めてサポーター登録説明会のお知らせをしますので、ぜひ皆さんのご参加をお待ちしています。


2024/01/11 15:00:00 ランチタイム点字講座を開催しました!

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
11月28日、12月12日、19日の3日間、ランチタイム点字講座「あなたの知らない〇の世界」を開催しました!今年は学生サポーターだけでなく、一般の学生からも参加者を募集し、延べ26名の参加がありました。参加者のお2人から感想をいただいたので、皆さんにご紹介します。

Aさん
今回の講座を通して初めて点字について学びました。点字には難しい印象をもっていましたが、学んでみると思ったよりも簡単で、楽しく点字を打つことができました。外国語も点字で表記できることや点字の歴史など、とても興味深い内容で、講座に参加して良かったと感じています。今まで様々な場所で点字表記を見てもよく分からず気に留めることはありませんでしたが、講座終わりに階段の手すりにある点字表記を見て習ったことを思い出し、書いてあることを考えました。これからも点字について学んでいけたらと思います。

学生サポーターの有間夕月さん
1回目は点字の歴史や特徴、道具について学びました。2回目は点字の仕組みについて学びました。五十音や濁音、数字、アルファベット全て6つの点の組み合わせによって表せることをなど新しい発見がたくさんありました。3回目はTエディタというPC(Windows)を利用し実際に点字を入力しひらがなに変換し、読み取る練習をしました。指で読み取ることはまだ難しいですが、PCや目で見て形や文字を判断できた時、すごく達成感がありました。

支援室では点字を利用する学生のためにPPTをWordに変換するサポートなども行っています。今後私が作業のお手伝いをするときは簡潔で理解しやすい表現にすることを心がけたいです。

現在点字の表記は様々な施設の設備・案内版などの他、シャンプーのボトルのような日用品まで生活の中にも多く見られるようになってきました。教員を目指している方はこれから視覚障害のある生徒の支援のために点字に接することもあるかもしれません。日本点字委員会のサイトなども利用して、身近にある点字について一緒に勉強してみませんか?このブログが皆さんの点字への興味やきっかけになると嬉しいです。

さて、1月は1月16日(火)に手話カフェが開講されるので興味のある方はぜひ気軽にご参加ください。申し込みはコチラから

  • 点字講座の様子 点字の仕組みについて熱血指導中!
  • Tエディタの使い方練習中 Tエディタの使い方練習中

2023/09/25 19:00:00 「学生サポーター(有償ボランティア)」募集!

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
京都外国語大学では、2022年度から障がい学生を支援する「学生サポーター」が様々なスキルを学びながら、自分の可能な範囲で活動に取り組んでいます。

秋学期も新しく学生サポーターとして一緒に活動してくれる方を募集します。興味のある方は9月28日(木)の学生サポーター登録説明会にご参加ください。

ボランティアに興味のある学生、教職など将来に活かしたいという学生、新しく何かを始めたいという学生も大歓迎です(1年生、大学院生、留学生もOK!)。

【サポート活動の例】
ガイドヘルプまたは車いすの移動補助/テキストデータ作成/字幕の文字起こし/授業内のサポート/学内のバリアフリー状況のリサーチ/イベント補助/障がい学生支援の広報・啓発など
☆経験や知識がなくて不安という方も安心。講習や養成講座を通じて技術指導を行います。
☆支援は授業の空きコマ等でお願いし、ほとんどの活動が有償です。

【学生サポーター登録説明会】
日時:2023年9月28日(木)13:00〜13:40 オンライン(ZOOM)
※すでに予定があり都合がつかない場合、個別に説明するので気軽にお問い合わせください。
申込:参加申込フォームよりお申込みください【〆切:9月27日(水)17:00】。
  

【オンライン・アクセシビリティ講座(導入編・基礎編)」の受講者も引き続き募集中!】
本学では、アクセシビリティリーダーの育成を目的とした「オンライン・アクセシビリティ講座(導入編・基礎編)」の受講が可能です。
オンライン講座を11月末までに修了し、12月にある「アクセシビリティリーダー認定試験(以下AL認定試験)」に合格すると「アクセシビリティリーダー2級」が取得できます。
※オンライン講座や認定試験は無料で受けられます。

受講方法:
受講申込フォームから申請をお願いします。オンライン講座受講に必要なID・パスワードをお送りします。




問い合わせ先
京都外国語大学 学生部 健康支援課 障がい学生支援室
TEL:075-925-6839
E-mail:shien@kufs.ac.jp
twitter:https://twitter.com/kufs_shien
Instagram:https://www.instagram.com/kufs_shien/

2023/02/24 09:00:00 卒業生Xシリーズ(就職活動編:就職、今の職場でのこと)

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
みなさん、こんにちは。
2月も残すところあと少しですね。あっと言う間に時間が過ぎるのでびっくりです。
今回の卒業生Xシリーズはいよいよ最後で「就職活動編:就職、今の職場でのこと」です。

===================================
皆様こんにちは。フランス語学科の卒業生Xです。
今回は今の職場に決まるまでのことと、少し今の職場での様子をお伝えできればと思います。

就労移行支援事業所に通い始め、就職活動を本格的に頑張り出したころ、ある特例子会社の案内をいただきました。その会社の仕事内容はいわゆるものづくり系統でした。

私はものづくりが好きだったので見学に参加し、実習などができるかどうかを事業所の方に打診したところ、企業の方との面談が決まりました。
しかし、企業の担当の方から「あなたの履歴書を見ると、ものづくりよりパソコン作業の方が向いてそう。親会社に出向して、パソコン作業をする仕事を打診したい」と話されました。
その時私はとても悩みましたが、よくよく考えてみると私はものづくりは好きだけど驚くほど不器用(俗に言うと下手の横好き)だったので、担当の方の言うことも理にかなっていると感じました。なので一回実際に実習に行き、職場環境や周りの人の雰囲気を見てから考えようと思いました。
結果として、職場や周りの人の雰囲気も私にベストなものだったので、改めて履歴書を提出し、面接を経て、私は正式に会社への内定が決まりました。

現在の職場では、主に経理事務と小荷物に関わる業務を担当しています。同じく特例子会社から出向している他の方々と時には相談しあい、時には雑談し、時には平謝りしながらも、毎日充実した社会人生活を送っています。

大学に在籍していた頃の私は、本当に自分が社会の一員になれるかどうか自分でも分からない状態でした。今こうして一人の社会人として活動できているのも就労移行支援事業所の皆さんのおかげであり、ひいては最初に紹介していただいた障がい学生支援室の方のおかげです。

これからも一人の社会人としてしっかり活動していき、将来的には他の方々から頼りにされるような「縁の下の力持ち」という言葉が似合う人になりたいと改めて思っています。
とても長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。


<就労移行支援事業所の利用を迷っている学生たちへのアドバイス>
 就労移行支援事業所では、一般の就職講座ではあまり扱われない職場での振る舞いの基礎的な部分(敬語とかオフィス内の歩き方とか)や、障がいのある人がミスしがちなこと(うっかり忘れ、一般的な雑談のネタ選び、人との物理的・心理的距離感など)への対応も指導してくれるから安心でした。
 事前相談や一日体験等できる事業所もあるので、雰囲気や内容など自分に合った事業所探しをするのが大事。多分一番大事なのはスタッフの人がどんな人か実際会って話してみるのがおすすめです(やはり一番付き合いが長くなるだろうし、基本的に優しい人が多いけど、実際会って感じを見ておくとその後の相談がしやすいと思います)。

====================================

3回にわたってお送りしてきた卒業生Xシリーズ「就職活動編」は今回で終了です。
自分の経験を丁寧にまとめてくださった先輩Xさん、ありがとうございました!

就職活動をどう進めていいか、不安に感じている人も少なくないと思います。障がいがあり、就職活動に向けて不安があるという方は、気軽にキャリアセンターや障がい学生支援室までご連絡ください。
  • 最近ハマっている編み物(不器用を改善するには不器用なりに使うことが大事らしいです)

2023/02/15 09:00:00 卒業生Xシリーズ(就職活動編:就労移行支援事業所の利用)

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
みなさん、こんにちは。
今回の卒業生Xシリーズは前回の続きで「就職活動編:就労移行支援事業所の利用」です。

================================
皆様こんにちは。フランス語学科卒業生のXです。前回に引き続き担当します。
就労移行支援事業所って何?と思う人もいると思うので、今回は就労移行支援事業所での経験を書きます。

在学中、就労移行支援事業所というものを知り、卒業後利用することを決めた私は、卒業後の5月から大阪にある事業所に通うことになりました。

事業所ではビジネスマナーや就活で気をつけること、あるいは自分達の特性や傾向についての座学、タイピング練習や様々な軽作業、時間の使い方や金銭感覚といった生活スキルに関してのワークなど、幅広い内容を学びました。

また、通っている他の人も種類や程度は様々ですが私と同じように障がいのある方々だったため、日々コミュニケーションをとるうちに自然と障がいのある人に対する接し方であったり、逆に自分自身の特性に対する理解を深めることが出来ました。

事業所に通う人は様々で、年齢や性別はさることながら、社会人経験のある人や学生の人もいました。私は職歴が一切ないところから始まったので、まずは社会人としての基礎的な部分の学習や自己理解を深めるところがスタートラインでした。最初は規則正しい生活サイクルの作り方から始まり、職場での服装、ExcelやWordの使い方、ビジネスメールの書式についてなどを身に付けていきました。

通い始めてから3ヶ月ほど経ったくらいから、職場実習の打診が始まりました。最終的に私は5社の実習に行き、そこで自分の得意な作業に対する評価や逆に自分が苦手な作業に対する自覚と理解、あるいは自分に自信を持つことの大切さであったり、実際の現場だからこそ得られた経験がたくさんありました。

そうして社会人としての基礎を作って就活対策に対しても積極的に行動していた時、私はとある会社の見学案内をいただきました。それが現在の就職先であり、この時には事業所の利用開始から一年半が経とうとしていました。 →次回に続く

================================

次回はいよいよ最後、「就職活動編:今の職場でのこと」です。
みなさま次回もお楽しみに!



  • ビジネススキルを学んだり・・・
  • 就職活動の仕方を学んだり・・・

Page top