ページの先頭です。ページの本文へ

健康サポートセンターだより RSS


2020/01/31 09:30:00 キャリ★カフェ(在学生の話ver.)

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
みなさん、こんにちは。いよいよ明日からは2月ですね。
2020年も、あっという間に1ヶ月が過ぎました。

前回に引き続き今回は「キャリ★カフェ ~先輩の経験を聴いてみよう~」の後半部分です。
外部支援機関のインターンシップを利用した在学生Aさんの話を紹介します。

Aさんが、インターンシップを利用しようと思ったきっかけは、アルバイト経験や就活に関する知識がなかったため、働くとはどういうことなのかを知りたかったから。ただ、学内インターンシップはハードルが高いと感じ、外部支援機関の利用を決めたそうです。

この支援機関では、ビジネスマナーや自己理解、企業研究、面接対策等の就職活動に必要な講座と、初日と最終日に支援機関のスタッフが同行する5日間のインターンシップがあります。

最初、インターンシップが決まった時には、会社=ブラック企業、過労死…のような怖いイメージしかなく、まだまだビジネスマナーもわかっていなかったため、とにかく不安の塊だったそう。インターンシップが始まると、やはり初日は緊張でガチガチだったらしいのですが、日を重ねて行くにつれ、徐々に職場の雰囲気に慣れ、任せられた書類整理やデータ入力をやっていけるように。最終日の企業の担当者とのふりかえりでは自分が思っていたより高い評価をいただいたそうです。

「無事に5日間やりきることが出来たことは自信になったし、自分もまだまだ捨てたもんじゃないと思えた!1dayインターンシップだったらガチガチのままで終わり、ここまでいい経験にならなかったかも。」とAさんは笑って話してくれました。

インターンシップに行き、仕事へのイメージがどう変化したかという参加者からの質問には、「例えば、仕事を箱に例えると、行く前はブラックボックスでしかなかったけど、行った後は、半透明ぐらいになりました」との名言が。

少しでも知ったり、経験しておくことで、怖さや不安が少し和らいだり、ちょっとやってみるかという気持ちにつながることってありますよね。

学内だけでなく、学外にも使えるリソースはたくさんあります。
みなさんも自分に合うと思ったものを見つけて活用してみてくださいね。

2020/01/27 10:00:00 キャリ★カフェ(卒業生の話ver.)

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
1/22(水)に「キャリ★カフェ ~先輩の経験を聴いてみよう~」を開催しました。

昨年度、英米語学科を卒業した視覚障がいのあるTさんと、外部支援機関のインターンシップを利用した
在学生のふたりが自分の経験を話してくれました。16名の参加があり、ただ話を聴くだけでなく、
参加者からの質問や双方向のやりとりもあり、ざっくばらんに話ができる機会になりました。

今回は、卒業生Tさんの話を紹介します。
Tさんは、自身の2度の教員採用試験へのチャレンジの経験、
そこから大切だと感じたことについて話をしてくれました。

まず、就職活動のかなめは、やはり「自己PR」と「自己分析」!
自己分析をする上では「人から見た自分」という目線が必ず必要だと強調していました。
また臨場感あふれる自己PRにするためには、それにかかわる自分が経験したこと、
やってきたことを書き出す作業も大事だそうです。

また、就活で大事なこと3つとして、①情報を得ること②やりたいことを全力で周囲に叫ぶこと
③自分は悪くない!の精神を挙げていました。中でも、③の自分は悪くない!の精神のエピソードが印象的だったのでここでご紹介します。

みなさんは障がいや病気などで自分にできないことがあり、
人から「できませんよね?」と問われた時どうしますか。

Tさんは、実際、就活を行う上でそういう場面に遭遇したそうです。
その時、出来ない部分をこういう風に補えると伝えるのではなく、
自分が出来ることを相手に伝えたそうです。

確かに周囲のサポートは必要だけれど、働きたいと思っているし、自分にもできることがある。
障がいの有無にかかわらず堂々としていてほしいと後輩たちにもメッセージを送っていました。

「自分にはできないことがあり、人とのかかわりの中で助けられ支えられ、今自分はここにいる。
人とのかかわりの中でしか得られない心の豊かさを生徒にも伝えたい」と、話すTさんは
とても輝いて見えました。

Tさんの色々な経験、色々な人との出会い、いいことも、楽しかったことも、
しんどかったことも、苦しかったこともあったと思いますが、
すべてが今のTさんの姿勢につながっているのだなと感じました。
新しい場所での活躍を願っています!

2020/01/15 11:10:00 キャリアイベントのお知らせ

  • Categoryイベント
  • Posted by障がい学生支援室
みなさん、こんにちは。
今年度の授業も残すところあと少しですね。
テストやレポートなどが多く疲れが出やすい時期ですが、
体調に気をつけて最後まで乗り切っていきましょう。

さて、この度、1/21(火)、1/22(水)の2日間にわたって
キャリアセンターと共催でキャリアイベントを開催します。

みなさんの将来を考えるきっかけにしてみませんか。
ご参加をお待ちしています。

≪1.障がい学生のためのキャリアガイダンス≫
日時:2020年1月21日(火)12:45~13:45
   ※終了後 個別相談可(1人10分から20分)
場所:443教室
内容:1.制度や雇用率など現状について
   2.就職活動について
   3.障がい者採用について(障がいの説明、配慮の申し出など)
   4.就活ツール紹介   
講師:株式会社イフ
   27年にわたって障がいのある方への就職情報提供を行ってきた、業界のリーディングカンパニー
   https://www.ifnet.co.jp/

≪2.キャリ★カフェ ~先輩の経験を聞いてみよう~ ≫
障がい学生のキャリアガイダンスのスピンオフ企画として初めて開催します。

日時:2020年1月22日(水)13:00~14:30
場所:433教室 ※1日目とは会場が異なりますので、ご注意ください。
内容:1.卒業生の話(2018年度英米語学科卒業・大阪府公立学校教員採用試験[特別支援学校]合格)
   2.在学生の話(外部支援機関のインターンシップ報告)
   3.先輩を囲んで茶話会

いずれのイベントも学年・障がい者手帳の有無は問いません。
どなたでも是非ご参加ください。

<問合せ先>
 キャリアセンター 075-322-6017 / shushoku@kufs.ac.jp
 障がい学生支援室 075-757-6248 / shien@kufs.ac.jp 

2019/12/20 09:50:00 *閉室日のお知らせ*

  • Categoryお知らせ
  • Posted by健康サポートセンター
みなさん、こんにちは。
今年も残すところあと少しですね。
みなさんにとってはどんな一年でしたか。


さて、来週からは冬期休暇が始まりますので、
健康サポートセンターの閉室日についてお知らせします。


<保健室>
 12月23日(月)・24日(火)  9:00~17:00 開室
 12月25日(水)~1月5日(日) 冬期休暇のため閉室 

<学生相談室・障がい学生支援室>
 12月23日(月)・24日(火)  臨時閉室
 12月25日(水)~1月5日(日) 冬期休暇のため閉室 
 
  

新年は、授業開始日[1月6日(月)]より通常通り開室します。
みなさん、どうぞ良い年をお迎えください。


2019/12/02 13:40:00 12/16開催【ヨガワークショップのお知らせ】

  • Categoryお知らせ
  • Posted by健康サポートセンター
みなさん、こんにちは。

12月16日(月)に、健康サポートセンター主催で、
学生および教職員対象に「ヨガワークショップ」を開催します。

リラックス重視のヨガワークショップなので、
「参加してみたいけど、初めてでちょっと心配…」という方も、
ぜひ気軽に参加してくださいね。

もし怪我や体の痛みなど、何か不安なことがある場合は申し込み時にご相談ください。
また、ワークショップ当日も、くれぐれも無理をしたり、ケガすることのないように、
自分の出来る範囲で参加してくださいね。

*ヨガワークショップ*
 2019年12月16日(月)17:30-19:00 @11号館2階ラウンジ
 定員:15名(受付先着順) 

 
※参加申し込みについて【学生】
 12/3(火)より、3号館1階の保健室で申込を受け付けます(9:00-17:00)。
 同意書の記入が必要なので、各自でお申し込みください。


※教職員の方へ
案内を保健室よりメールでお送りしますので、
申込方法についてはメールをご確認ください。


<お問い合わせ先>
障がい学生支援室(TEL:075-757-6248 / shien@kufs.ac.jp)
保健室(TEL:075-322-6024)

みなさんの参加をお待ちしています!

Page top