ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

2018/02/19 02:30:00 学科創設50周年記念誌発行のための編集同窓会終わる

  • Categoryイベント
  • Posted by記念誌発行編集主幹
 日本の各地で春を呼ぶ早春の風物詩がおこなわれる2月18日の日曜日、京都では第7回京都マラソンの走者が四条通りの外大前を走りました。
 京都新聞によると「ペア駅伝と車いす競技を含めて約1万6千人が早春の古都を駆けた。スタートの午前9時に西京極陸上競技場 (右京区) の気温が6.7度と前年を4.3度下回る寒さの中、参加者は仁和寺や京都御苑などの歴史豊かな名所沿いや鴨川河川敷などを走り、懸命にゴールの平安神宮前 (左京区) を目指した。完走者は1万5,3431人。沿道には約53万人が詰めかけ、ランナーに熱い声援を送っていた」。
 この「マラソン」の熱気の残る右京区の母校に約90名のブラジルポルトガル語学科の卒業生が集いました。
                
 1967年度入学1970年度卒業の第1期生2名、2期生2名、3期生3名、6期生1名、7期生5名、8期生6名、9期生2名、10期生3名、11期生3名、12期生6名、13期生2名、14期生1名、15期生3名、16期生4名、18期生4名、19期生1名、20期生3名、22期生1名、24期生1名、25期生1名、26期生2名、28期生1名、31期生5名、32期生6名、33期生2名、34期生1名、35期生4名、38期生1名、42期生1名、43期生5名、45期生1名、46期生2名、2016年度卒業の第47期生1名の合計86名でした。

 12時開始の編集会議と12時30分開始の懇親会の会場は新しい4号館です。
 建物1階の南側もしくは西側の入口から入って、エレベータ、あるいは階段で移動しました。

 第Ⅰ部・編集会議:
 4号館3階432教室 12時~12時25分まで 
 編集についてスライドショーを使用。
 教室入口で校友会会員皆さんにネームプレートを渡します。
   
 第Ⅱ部・懇親同窓会
 ※ 校友会会員以外は大学教職員のみが参加。 
 4号館6階スカイラウンジ南 12時30分~14時30分ごろまで
 飲食付き BGM = ボサノヴァのCD

 第1期生の住田育法教授の司会により横山卓哉総長補佐 (写真)が挨拶を始め、欠席の理事長・総長森田先生の祝辞を読みました。
 ブラジルポルトガル語学科創設50周年記念同窓会を祝して
 ブラジルポルトガル語学科創設50周年、誠におめでとうございます。
まずは、皆さま 
 ‘わが母校に、おかえりなさい’。 
 創設以来、半世紀を経て、卒業生の皆様が日本各地からご参集いただいていると伺い、皆様方のいつまでも変わらない友情・絆を頼もしく感じております。
 本来ならば、拝顔の上、ご挨拶をさせていただきたいところでありますが、出張のため、ご無礼いたします。
 本学園も昨年、70周年という節目に、新4号館完成、新学部“国際貢献学部”設置という大きな飛躍の年を迎えることができました。これもひとえに卒業生の皆様の変わらぬご支援・ご協力のお陰と、心より感謝申し上げます。
 これからも、京都外国語大学の伝統を重んじつつ、またそこから革新を生み出し、挑戦し続ける大学として、一歩一歩、歩みを進めてまいりたいと思います。
 どうか、皆様におかれましても、それぞれの人生を健やかに、不撓不屈の精神でご活躍いただきますようお祈り申し上げます。
あらためまして、ブラジルポルトガル語学科創設50周年、心からお慶び申し上げます。
                         学校法人京都外国語大学理事長・総長 森田嘉一
  
 続いて島谷直見校友会会長から暖かいブラジルポルトガル語学科同窓会応援のメッッセージを頂戴しました (写真)。
 彌永史郎学科長の挨拶に続いて、「外大ビール」を製造している「キンシ正宗」の取締役社長をつとめる校友の堀野恭史さんから懇親会に60本の差し入れを賜り、乾杯の音頭もとっていただきました。
「会うのは、40年ぶりかも」と言った会話も聞かれる中、遠くに白き峯の北山連峰(きたやまれんぽう)や雲にかすむ愛宕山をながめながら、リブレの食事で舌鼓を打ち「外大ビール」でのどを潤しつつ、ボサノバのリズムと懐かしいおしゃべりを楽しみました。
 2時間を超える素敵な想い出のコミュニケーションを終えて、最後に記念の集合写真(写真)を撮り、皆で「再会」を誓いました。
  • 開会の挨拶を述べ、続いて、理事長・総長森田嘉一先生の祝辞を読む横山卓哉総長補佐。
  • 「集い」に対して暖かい祝辞を述べる島谷直見校友会会長。
  • やく90名が集ったブラジルポルトガル語学科の校友たち。

Page top