ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

2017/11/09 21:50:00 元ゼミ生の安部さん、アジアのポルトガル語圏東ティモールで活躍

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 今から8年前の2009年度にポルトガル語圏歴史文化ゼミで「ブラジルにおける開発―農業に特化した資源大国の素顔―」と題する卒業論文を提出した安部久美子さんが、昨年2016年に青年海外協力隊員として、アジアにおけるポルトガル語圏東ティモールの2年間の活動を終えて帰国、故郷の兵庫県加古川市で帰国報告を行いました。その際、毎日新聞の取材を受けました。(参照:写真)

 加古川市のブログでも紹介されました。

【東ティモールで活躍! 青年海外協力隊】

 青年海外協力隊として派遣されていた安部さんが、帰国報告のために岡田市長を訪問しました。
 安部さんは平岡町在住。学生時代に農業が国の発展の手段となったことに興味を持ち、語学と農業の知識を高め、青年海外協力隊に初めて参加しました。...
 インドネシアの東側に位置する東ティモールは、独立してから14年目の新しい国です。食料はほぼ輸入に頼っているので、まずは自給自足を目指し、農業の普及に向けて取り組んでいます。安部さんは平成26年から今年6月までの2年間、現地で野菜栽培を指導しました。
 東ティモールの国立雇用職業訓練センターでは、18歳から20代半ばの働いていない若者に半年から1年の研修プログラムを組み、農業に必要な知識だけでなく仕事への意識なども指導します。現地ではさまざまな言語を使ってコミュニケーションをとる必要があり、同僚や研修生とお互いを理解し合うまでに時間がかかることもあったそう。
 安部さんは「大変なこともあったが、指導をした研修生が自覚や自信を持って成長していく姿を見ることにやりがいを感じました。これからも国際協力という分野に関わり、10代、20代の若い人が持っている力を引き出したい」と話し、市長もエールを送りました(参照:写真)。

 安部さんの卒業論文は以下のように始まっていました。

はじめに
 ブラジルは今や発展途上国と呼ばれることもなくなり、BRICs諸国などをリードする力を備えるほどの新興国となった。中国と並ぶ貿易大国にもなりつつあり、近年秘めた力をどんどん見せ始めてきている。2016年にはリオ・デ・ジャネイロでオリンピックが開催されることも決まり、ブラジルは今乗りに乗っている。そして日本にとってはただ遠く大きいだけの国ではなく、戦前から交流を持ち、互いに信頼を築いてきた関係である。我々とも関係深いブラジルを第5章に渡り、その可能性や問題点などを出来る限り多くの視点から考察した。資源大国ブラジルと呼ばれるようになったその背景を探るため、農作物やエネルギー産業などに重点を置いている。
  
 東ティモールの活動を終えて現在、安部さんは、フィリピンで活動を続けています。
 「お陰様で、東ティモールでの活動が終わってからもフィリピンと日本を行ったり来たりして、楽しく暮らしております。フィリピンに来てからはポルトガル語よりもスペイン語をよく聞くようになり、どんどんと色々な言語が混ざってしまいましたが・・・」

 ますますのご活躍をお祈りします。
  • 毎日新聞の取材を受けました。
  • 加古川市長の歓迎を受けました。
  • 東ティモールでポルトガル語圏諸国共同体の国際会議が開催されました。

Page top