ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

2017/10/20 21:00:00 ドイツ人画家が19世紀に描いた埠頭がいま世界遺産に

  • Categoryブラジルのニュース
  • Posted by住田 育法
 大西洋システムにおけるアフロ・ラテンアメリカ研究を行うため、2017年8月に日本を出発しました。
 2016年と同じく、過去の大西洋圏黒人奴隷貿易に深く関わったポルトガル語圏のブラジルと、その本国ポルトガル、さらに大西洋上の黒人奴隷貿易の拠点であったアフリカのポルトガル語圏やカリブ海諸国のキューバにも視野を広げました。
 過去の5年間において私は、ポルトガル語圏諸国共同体CPLP所属の大国ブラジルの民主主義と社会「正義」実現の政策の研究を、中道左派のルーラとディルマの労働者党政権に注目して行ってきました。その結果、黒人低所得者層の初等・中等教育充実の必要性を考えるに至ったのです。
 そうした経緯から「黒人」に注目した今回の現地調査で、予期せぬ「遭遇」でしたが、アフロ・ラテンアメリカ文化のアイデンティティについて大きな成果を得ることができました。
 それは、ブラジルのリオデジャネイロにおいて、大西洋奴隷貿易末期に黒人奴隷を受け入れる場所として1811年に建設された港湾施設のヴァロンゴ埠頭の考古遺跡 (写真) が、ユネスコの文化遺産に2017年7月登録されたというアフロ研究の新しい展開に出会ったことです。私の大西洋システム研究の枠組みに「被支配者」たるアフロ・ラテンアメリカ人のまなざしを加えることになったのです。
 特に今回、この文化遺産登録の関係者のモニカ・ソウザ、ヴァルガス財団研究員 (写真) とのこれからの研究協力の約束を取り交わすことができました。ブラジルは2017年7月のユネスコ登録という快挙によって、「奴隷貿易」という過去の「負」の遺産を、21世紀において、アフロの立場から「プラス」の文化遺産に変えることができたのです。ちなみに、この地区は、サンパ発祥の「北地区」に位置しています。
 遺跡の隅に掲げられている埠頭を描いた絵(写真)は、ヨハン・モーリッツ・ルゲンダス(Johann Moritz Rugendas、生 1802年3月29日 - 没 1858年5月29日)というドイツ人画家の作品です。1821年にブラジルに到着して、ブラジルの各地を描き、1825年から1828年にかけてヨーロッパに帰りました。1827年から1835年にかけて記録となる書籍、Voyage Pittoresque dans le Brésil(趣深いブラジル旅行)を出版しました。
  • 多くの観察者を集めるヴァロンゴの遺跡
  • リオのFGVの研究者と共同研究を開始
  • ドイツ人画家が描いた19世紀の黒人奴隷の埠頭

Page top