ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

2017/06/29 11:50:00 南蛮空間、京都を歩く (6)

  • Categoryポルトガルのニュース
  • Posted by住田 育法
 歴史の真実は、文献からではなく、実際に歩いてはじめて理解できることがよくあります。今回、御所東の史跡御土居址を歩いて、それを実感しました。夏至を過ぎた梅雨曇りの午後、雨傘を片手に、鴨川沿いを下がって目的地の廬山 (ろざん) 寺へ向かいました。
 
 御所東の寺の墓所に、くだんの御土居址があります。気が付いたのは、その御土居は京都の洛中、特に御所を守るためには、その場所があまりに西に位置しているということでした。そして、さらに現在は広くなった堀川通りを越えて西へ歩くと、そこには聚楽第跡地があるのです。

 要するに、外敵の襲来に備える防塁と川の氾濫から都を守る堤防として豊臣秀吉が築かせたといわれる御土居は、御所東の場合、その役目を果たすものではなかったと想像できるのです。敵が東から攻めてくるとき、すぐに御所に達することができるでしょう。また、鴨川の水があふれた場合、御土居を越えて濁流は御所に流れ込むでしょう。

 防塁や堤防のためではなく、豊臣秀吉が指導者としての威光を入洛者に見せつけるための、聚楽第を囲う「城壁」であったと理解できます。今の南北の堀川通りが、聚楽第と御所の間に位置する当時の「大路」であったのでしょう。北の御土居を越えたその先には、平安京の「神山 (こうやま)」が今もそびえています。

 改めて、京都における「南蛮」の軌跡を、略年表で確認してみましょう。

 1550年 ザビエル入洛。ザビエル離京。ビレラ、将軍に謁見。
 1559年 京都でのキリスト教布教本格化。
 1561年 京都最初の礼拝堂建設。
 1576年 礼拝堂再建。
 1582年 本能寺の変、信長自害。
 1586年 秀吉、豊臣の氏を賜る。聚楽第造営、開始。 
 1587年 聚楽第完成。豊臣秀吉、宣教師追放令。 
 1590年 秀吉、大規模な京都改造事業に着手。
 1591年 秀吉、御土居を築く。
 1596年 宣教師・信者への大規模な迫害始まる。
 1598年 秀吉、死去。

 「南蛮」と呼ばれるポルトガル人が京都に住んだ短い期間、御所西の聚楽第を囲うように御土居が造られ、さらにキリシタンの南蛮寺も、御所の北西や南に建てられて信者を集めていたのでしょう。
 現在の河原町に御土居が築かれていたため、その東の今の先斗 (ぽんと) 町は、ちょうど川に中に位置していたことになります。南蛮との関係は、「南蛮空間、京都を歩く(2)」で書いたように、言葉のみの関わりだったといえます。

 東山の「大文字」をながめながら、鴨川、御土居址、御所、聚楽第跡と、まっすぐ西へ歩いてみましょう。豊臣秀吉の「夢のまた夢」を想いながら。
  • 御所東の廬山 (ろざん) 寺墓所東の御土居址
  • 河原町通りに面した御所東の御土居址
  • 都を囲った史跡御土居址を示した地図 京都府立医科大学創立125周年記念事業実行委員会設置 河原町通り

Page top