ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

2017/06/18 22:20:00 1808年から二百九年、1908年から百九年

  • Categoryブラジル紹介
  • Posted by住田 育法
 1908年6月18日に, 移住者781名を乗せた日本からの移民船「笠戸丸」がブラジルのサントス港に到着したことを記念して, 日本では「海外移住の日」, ブラジルでは「日本人移民の日」と呼んでいます。
 来年の2018年にはブラジルでは大統領選挙が予定されていますが, 日本人移民到着110周年にあたります。そこで改めて歴史を振り返ってみると, 8で終わる年に, ブラジルでは大きな変革を経験していることに気が付きます。
 
 植民地時代
 1578年 アルカセル・キビールの戦いで宗主国ポルトガルの国王, 戦死。
 1808年 ナポレオン軍から逃避したポルトガルの王室, ブラジル到着, 開港。

 独立以後
 1888年 ブラジルの黒人奴隷制廃止令に皇女イザベル署名。
 1908年 日本人のブラジル移住開始。
 1938年 ブラジルで移民同化政策が始まり, 日本語学校閉鎖。
 1958年 ボサノヴァ誕生
 1968年 軍政令第5号布告。軍政による暗い時代です。
 1988年 民主的な新憲法公布。民政移管後の明るい時代です。

 未来
 2018年 1988年憲法による民主的な大統領直接選挙の予定

 植民地のブラジルの運命を変えることになった本国ポルトガルの転換期を招いたのが, 1578年と1808年の出来事でした。
 前者の国王戦死の悲劇によって, ポルトガルは支配者を失い, スペインに併合されます。ところが, 新世界のスペイン領とポルトガル領の境界線が曖昧となり, ポルトガルの入植者は内陸部深くに開発を進め, 1750年のマドリッド条約で, ポルトガル領ブラジルは, 今日に近い領土を確保します。世界における展開では, アジアの支配を失ったポルトガルが, 植民地ブラジルに力を入れるようになり, ブラジル開発に拍車がかけられました。
 後者のポルトガル王室のブラジル逃避によって, 独立運動の地であるミナスジェライスに関係無く, ブラジルが帝国として独立を果たす, というきっかけを与えたのです。
 帝政時代の1888年は, 黒人奴隷社会のブラジルが, まったく新しい近代的な自由労働の社会に生まれ変わった年です。この変化の重要性を強調したブラジルの歴史家のセルジオ・B・デ・オランダは, ブラジル人の国民性には, ポルトガルから受け継いだ「真心」の姿勢があると述べています。民族的にも地域的にも多様な異種族混淆の国民から成るブラジル社会において, この寛容な姿勢こそが, 国民の間の悲惨な争いを避け, 平和な国民の統合と調和を保つための背景となっていると理解できるのです。
 1908年の日本移民の始まりの歴史を見ると、この寛容な姿勢が, ブラジルのその後の独裁政権においても示されていることが分かります。つまり, 北米のような「排日」ではない対応だったのです。
 2018年はどのような変革の年になるか分かりませんが, 2002年に貧困階層から登場したルーラ元大統領が, 次期大統領選に出馬を表明しています。社会的格差の是正が求められるブラジル社会において, 貧者の味方として再選される可能性もあるでしょう。
 1908年から110年目の来年の移民の日を思い, 「真心」の民, ブラジル人とのさらなる友好を祈ります。
  • 1808年から200年目に出版された歴史書の表紙
  • ボサノヴァ50周年記念のCD
  • 日本人移民100周年のブラジルの記念切手

Page top