ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

2017/03/18 21:20:00 南蛮空間、京都を歩く(4)

  • Categoryポルトガルのニュース
  • Posted by住田 育法
 「だいうす町」と呼ばれた空間と江戸初期のキリシタン殉教の地:

 先斗町南端の「鴨川」に架かる四条大橋の袂 (たもと) の河原を、川の流れにそって以下のように五条大橋まで歩きました。河原の道の途切れる五条大橋のところで橋に登り、これを渡って川端通りを正面橋まで進むと、川端通りに面して「殉教の石碑」があります。元和 (げんな) キリシタン殉教の地です。正面橋とは、通称が「大仏」もしくは「大仏殿」の方広寺 (ほうこうじ) の「正面」のことです。

 鴨川の北から南へ:
 四条大橋 (しじょうおおはし)
 団栗橋  (どんぐりばし)
 松原橋  (まつばらばし)
 五条大橋  (ごじょうおおはし)
 正面橋  (しょうめんばし)
 七条大橋 (ななじょうおおはし)
 
 映画『沈黙』が描く江戸時代のはじめから1619年の元和 (げんな) の弾圧で、信者50名以上がこの辺りの河原で火刑に処されました。川端通りから西に向かって眺める (写真) と「だいうす」つまり神を意味するDeusの名を冠した今日の菊屋町が望めます。この空間に「南蛮」キリシタンの生活があったのです。

 年表で改めて京都の「南蛮」キリシタンの軌跡を確認しておきましょう。

 1549年 ザビエル薩摩に上陸。
 1550年 ザビエル入洛。ザビエル離京。ビレラ将軍に謁見。
 1559年 京都でのキリスト教布教本格化
 1560年 ビレラ将軍に謁見、布教の許可を得る。
 1576年 礼拝堂再建。
 1582年 本能寺の変、信長自害。
 1585年 秀吉、関白職に就く。
 1586年 秀吉、豊臣の氏を賜り太政大臣に就任。聚楽第の造営を開始。 
 1587年 聚楽第完成。秀吉、宣教師追放令をしき、キリシタン弾圧。
 1589年 御所の修復開始。 
 1590年 秀吉は大規模な京都改造事業に着手。甥の秀次に関白職と聚楽第を譲る。
 1591年 秀吉が外敵の侵入に備えて御土居を築く。朝鮮との戦。千利休、切腹。
 1595年 秀吉、秀次の関白を剥奪、自刃の沙汰。聚楽第の破却を命じ、秀次の子らを処断。
 1596年 宣教師・信者に対する大規模な迫害。
 1598年 秀吉、死去。
 1600年 関ヶ原の戦いで石田三成、敗れる。
 1604年 復興されたヤソ会の天主堂教会があった。
 1605年 秀忠、将軍。
 1612年 徳川幕府はキリシタンの大弾圧を開始、天主堂も焼き払われる
 1613年、2代将軍・徳川秀忠、二度目の「キリシタン禁令」布告。
 1614年 大坂冬の陣。
 1615年 大坂夏の陣で大坂城、落城し、豊臣、滅亡。
 1616年 家康、死去。
 1618年、秀忠、すべての信者の処刑を命じる。
 1619年 元和五年 京都の大殉教では52名処刑。

 元和 (げんな) キリシタン殉教の場所は、東は方広寺、豊国神社、耳塚へと向かい、西は渉成園 (しょうせいえん) = 枳殻邸 (きこくてい)、東本願寺に通じています。浄土真宗という親鸞聖人が民衆の心を救った仏教の地のそばで、江戸時代の「南蛮」キリシタンが神に祈りを捧げていたのです。
  • 正面橋北の川端通りに1994年に建てられた「元和の殉教の碑」
  • 鴨川五条大橋辺りより北を望む
  • 川端通りより「菊屋町」界隈を望む 遠くに京都タワー

Page top