ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

2023/06/15 13:00:00 ポルト大学留学体験記(早川ひなり)

  • Category留学生活レポート
  • Posted by岐部雅之
Boa tarde! みなさん、こんにちは
ブラジルポルトガル語学科4年次生の早川ひなりです。

私は、2022年の9月から5か月間ポルトガルのポルト大学に留学をしていました(当時は3年次)。
このブログでは、留学をしようと思った経緯や留学を通して学んだことについて紹介します。

私は、高校生の頃から興味を持っていたポルトガル語を現地で学びたい、日本語が通じない環境での生活に挑戦をしたく、大学の派遣留学制度を利用して留学しました。何事も挑戦してみることが大切だと考えていたので、留学を機に大きく成長したいと思っていました。

実際、ポルトガルへ行ってみると、思っていたポルトガル人の性格とは違っていて驚きました。日本人は消極的で、海外の人たちは誰でも積極的に人と会話しているイメージでした。しかし、大学へ通うと現地のポルトガル人はとても消極的で、自分から話しかけに行かないと話しかけてくることはほとんどありませんでした。のちに、仲良くなったポーランド人の友達から聞いたのですが、ポルトガル人はポルトガル語が得意でない人とあまり話したがらないと言っていました。ポルト大学では留学生同士の交流の方が強く、留学生同士でお互い助け合っていることが多かったです。

街の風景でも文化の違いを感じました。街並みが違うのはもちろんポルトガルではあらゆるところに、ゴミ箱が設置されており、いつでもゴミを捨てられる点がとても良いなと感じました。私は留学中にスペインやイタリアなどヨーロッパ各国を観光しましたが、他の地域でも同様に街のあらゆる場所にゴミ箱が設置してありとても便利でした。日本はヨーロッパの国々に比べ路上喫煙やゴミのポイ捨ても少なく綺麗な街ですが、街中へのゴミ箱の設置は日本でも導入して欲しいなと思いました。

また、ポルトガルはすごく多様性に富んでいる国であると感じました。ポルトガルは白人が多い国であると思っていました。しかし、実際はアジア人や、アフリカ系の黒人、中東系の人など多くの人種がともに暮らしていて驚きました。また、恋愛に関する価値観も日本とは異なっており、ジェンダーに対する考え方で寛容で同性同士の恋愛が街中でも見られました。

留学に挑戦してみて私は大きく成長することができました。初めの1か月は言語を理解すること、話すことに苦労しましたが、だんだん慣れていき最後にはイタリアへ1人旅行することができるほどの行動力を身につけることができました。海外の友達ができたこと、多くの場所を訪れることができたこと、たくさんの文化に触れることができたこと留学の全てがかけがえのない経験となりました。

留学に行く私を応援してくれた両親、準備を手伝ってくれた先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。この経験を生かしてこれからも積極的に行動していきたいです。
  • 夕焼けのポルト市
  • ポルト大学の友人たち
  • 日本語を学ぶ学生たちとの交流会

Page top