ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

イベント

2021/06/06 17:40:00 EUフィルムデーズ2021 開催中

  • Categoryイベント
  • Posted by上田
 EUフィルムデーズ2021が今年も開催されています。
 欧州連合(EU)の在日大使館・文化機関により提供された映画作品が上映、公開されます。
普段あまり触れる機会のない国々の珍しい作品がオンラインでも視聴できます(日本語字幕あり)。

 ポルトガルからはリタ・アゼヴェード・ゴメス監督の2018年の作品『ポルトガルの女』A Portuguesaが上映されます。

東京
2021年7月13日(火) 15:00
2021年7月18日(日) 13:00
京都
2021年7月1日(木) 13:30
2021年7月4日(日) 17:00

劇場でも公開予定ですが、オンライン(5/28~6/25)でも視聴可能です。
『ポルトガルの女』
この機会にぜひご覧ください!


2021/05/17 09:00:00 丸橋次郎大使のオンライン講演会「ポルトガル語諸国散策」(開催報告)

  • Categoryイベント
  • Posted by岐部雅之
5月14日(金)、在アンゴラ日本国大使館の丸橋次郎特命全権大使を講師にお迎えし、オンライン講演会(Microsoft Teams)を開催しました。

第一部は「外交官の仕事」と題して、外務省や在外公館の多岐にわたる業務内容について紹介があり、外交の使命は“世界の平和と繁栄の維持”にあると語っていただきました。続く第二部では、ポルトガル語圏(ポルトガル、ブラジル、モザンビーク、アンゴラ)での在勤経験から、若手の頃に通訳で苦労して猛勉強したことや、現在のコロナ禍での外交活動の難しさなど興味深いエピソードに触れてくださいました。

当日は教職員あわせて約30名が参加。主な感想は以下のとおりです。
●「丸橋大使の経歴とともに外交官の仕事について学ぶ良い機会となり、ポルトガル語や大学の勉強により一層に励みたいと感じました」
●「外交と言われて思いつく仕事の他に、日本文化を広める行事など現地での話が聞けてよかったです。外務省や海外で働くことに興味があるので、とても貴重な経験になりました」
●「入学して間もない時期のため、ポルトガル語圏についてあまり詳しくありません。そんな中、今回お話を聞いて自分の将来について考えることができました」

ブラジルポルトガル語学科では、国内外で活躍する社会人や卒業生と交流できるこのようなイベントを今後も企画していく予定です。

他学科の学生もぜひご参加ください。

2021/04/22 14:40:00 新入生、2年生オリエンテーション開催

  • Categoryイベント
  • Posted by上田
 4月16日に新入生と2年生の学内オリエンテーションが行われました。
 
 4月1日に無事に入学式を終えて、新入生の皆さんは大学生になった実感が得られたことと思います。昨年度は残念ながら入学式の開催が叶いませんでしたが、新たに2年生となった学生のための入学式がちょうどオリエンテーションと同じ日に行われました。

 学科教員の紹介から始まり、ランゲージセンターの紹介、ポルトガルセミナー、派遣留学、弁論大会などの年間行事、ブラジルのアルモニア学園研修、ブラジルポルトガル語研究会の紹介など、3、4年生の皆さんがこれまでの学生生活の経験を踏まえて丁寧に紹介してくれました。
 その後、2年生の伊達くんを中心に「カポエイラ同好会を作ろう」というタイトルで、京都のカポエイラグループ、「カポエイラジェライス京都」の皆さんと一緒に中庭でカポエイラのワークショップを行ってくれました。
 カポエイラは格闘技とダンスが合わさったブラジルの文化で、2014年にはユネスコ無形文化遺産として登録されています。
 カポエイラに使われる弦楽器のビリンバウやドラムのアタバキなどの楽器の軽快なリズムに合わせて見事な技が披露されました。
 
 新入生、2年生の皆さんにはブラジルポルトガル語学科の明るい雰囲気を感じていただけたのではないでしょうか。
 
 本年度も張り切ってポルトガル語を勉強しましょう!

 
  • 教員の紹介
  • 年間行事の説明
  • カポエイラワークショップの様子

2021/04/14 13:30:00 オンライン交流会「サッカークラブ通訳戦記 ことばの威力」(開催報告)

  • Categoryイベント
  • Posted by岐部雅之/ペドロ・アイレス
4月13日(火)、外国語学部ブラジルポルトガル語学科卒業生で、サッカークラブの通訳を務める焼田功さん(2006年度卒)をお招きし、オンライン交流会(Microsoft Teams)を開催しました。

新年度の授業開始前という時期でしたが、新入生を含む在学生や教職員あわせて20名が参加。予定時間を超えて質疑応答が行われるなど、有意義な機会となりました。

焼田さんはご自身の経験を交えて通訳業務の技術的な面のみならず、在学生に向けて「時間を大切にしながら、体系的に学問を学んでほしい」というメッセージを送りました。

参加者は「通訳する際のメモや、どのように発言を整理しているかなどの普段聴くことができないお話を聴くことができ、本当にいい経験になりました」、「他学科の学生にも聞いてもらいたい充実した内容だった」と感想を述べました。

今後も卒業生や外部の方を招いて交流会・講演会を開催する予定です。
ブラジルポルトガル語学科だけではなく、他学科の学生もぜひご参加ください。

2020/12/18 16:40:00 学科交流会

  • Categoryイベント
  • Posted by上田
11月26日(木)、北野天満宮大鳥居の横にあるポルトガル菓子店で、ブラジルポルトルトガル語学科の1年生の学科交流会が開催されました。
少人数グループに分かれて感染対策をしっかり行なった上で、店内でポルトガルの伝統菓子について店主のパウロ・ドゥアルテ氏に説明していただき、日本のカステラとポルトガルの”元祖”カステラ、Pão de lóの食べ比べを行いました。
日本のカステラは、16世紀にポルトガル人宣教師たちが伝えたものに改良が重ねられ、現在の形になったと言われています。材料や製法、形も異なりますが、どちらもとても美味しく、ポルトガルアソーレス諸島の紅茶と一緒に堪能しました。
古い酒蔵を改造しポルトガルの調度品や民芸品で飾られた店内は、小さな博物館のようで、まるでポルトガルの田舎家に招待されたようなアットホームな雰囲気を楽しむことができました。

学生たちはパウロさんのお話に熱心に耳を傾け、ポルトガルの文化に触れたことで一層学習意欲も高まったようでした。
  • 酒蔵がリフォームされた素敵なお店
  • パウロさんの説明を熱心に聞いています。
  • お店の前で記念撮影!

Page top