ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

お知らせ

2018/03/09 23:30:00 『菜の花の沖』のことば (3)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 高田屋嘉兵衛のことばである日本語によって発せられる号令が、ロシア人の乗組員に通じたそうです。
 この不思議な現象は、暴風雨のもとで、しかも座礁の危険のある状況のなかで起こりました。『菜の花の沖 (六)』の「北へ」の箇所です。

 しかしその号令を発している男が、艦長でも当直将校でもなく、捕虜にしたばかりの日本人であるということに、ロシアの水兵たちは違和感を抱かなかったのであろうか。
 抱かなかったらしいことは、何人もが勇敢にマストに登りはじめたことでも察せられる。おそらくかれらは、前日から嘉兵衛を見て、ごく自然に「隊長」とよんでいたことでもわかるように、海を棲処 (すみか) としてすぐれた指揮能力をもつ男ということが、かんで理解できていたのかとおもえる。
 

 嘉兵衛の相手のリコルドもすごい。

 リコルドは、異国の人名、地名、あるいは物の名をきけば、すぐ憶えられるという異能をもっていた。
 嘉兵衛と部屋を同じくしていて、嘉兵衛が持っている日本語が、単語のかたちでリコルドの脳にしみついてゆく。
 嘉兵衛も、リコルドが喋るロシア語を憶えようとしていた。両人は、日本語やロシア語というそれぞれ何千万人が使っている普遍的な言語世界があるとは考えず、嘉兵衛はリコルド・コトバとしてロシア語を、一方、リコルドは嘉兵衛 (かこ)・コトバとして日本語をおぼえようとした。
 互いに、単語だけで十分だった。単語をいくつかならべれば、相手は勝手に頭の中で文脈をつくってつなぎあわせるように努力するのである。それには、日常起居をともにしているということが、有利だった。


 ことばは平和のシンボルですが、南蛮人と呼ばれたポルトガル人が伝えた鉄砲は、国内統一という「パックス」をもたらしました。しかしその火縄銃は、当時すでに時代遅れであったと、『菜の花の沖』で司馬遼太郎が記述しています。
 
 嘉兵衛はロシアのコザック兵が持つ小銃を観察していたようです。
 
 火縄は用ひず、火燧 (ひうちいし) の由に候。

 この嘉兵衛の観察に続けて、日本に鉄砲が伝来した1543年の前の1515年に歯車式激発法が発明され、この原理に火打石が用いられ、全ヨーロッパにまたたくうちに広まったと、小説は綴っています。この武力差でもし闘えば、日本は一瞬にして敗北したでしょう。

 日本の火縄銃は、その伝来のときから、形式が古くなっていたのである。
 
 武器ではなく平和の「ことば」で繋がった二人に、やがて函館において別離が訪れます。

 函館好日
「函館、函館」
 嘉兵衛は船尾 (とも) に立って、何度もつぶやき、涙が流れてとまらなかった。
 嘉蔵や金兵衛たちが小舟で迎えにきた。
(略)
 前艦長ゴローニン少佐は、艦長室にもどった。嘉兵衛がながい期間、そこに横たわっていたベッドに腰をおろし、リカルドが注いだ帰還最初のウオッカを少しずつ飲んだ。
 逆風がしずまった日本暦9月29日、リコルドは出港用意の信号をあげた。
(略)
 やがてディアナ号は湾口に出たとき、風の中で鳴るようにして帆を展 (ひら) いた。そのとき、リコルド以下すべての乗組員が甲板に整列し、曳綱を解いて離れてゆく嘉兵衛にむかい、
 
 ウラァ、タイショウ

 と、三度叫んだ。嘉兵衛は不覚にも顔中が涙でくしゃくしゃになった。一閑張(いっかんばり) の遠めがねを高くあげ、足もとをよろめかせながら、

 ウラァ、ぢあな

 と、何度もわめいた。やがてディアナ号は、水平線のかなたに没した
 
  • 海上自衛隊の護衛艦や掃海艇の浮かぶ現在の函館港。筆者撮影
  • 函館ハリスト正教会。筆者撮影
  • ロシア人墓地から望む津軽海峡の日没。筆者撮影

2018/03/09 11:40:00 『菜の花の沖』のことば (2)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 日本人の嘉兵衛がロシア人のディアナ号艦長リコルドに捕まりました。
 そして、二人の互いのことばによる交流が始まります。
 たいへん面白い内容です。

 小説は以下のように描写します。

 両者のあいだに、通訳はいない。
 ただ艦長リコルド少佐は、さきに艦にもどらなかった通訳良左衛門 (五郎次) から、この島までの航海中、日本語の手ほどきを受けた。


 リコルドをロシア語 (Рикорд)で紹介すると以下のようになります。

 Пётр Иванович Рикорд (29 января [9 февраля] 1776, Торопец — 16 [28] февраля 1855, Санкт-Петербург) — российский адмирал, путешественник, учёный, дипломат, писатель, кораблестроитель, государственный и общественный деятель.

 母語が異なる二人のコミュニケーション開始は、相手をどのように呼ぶかでした。

 リコルドの日本語:
 高田屋嘉兵衛 = タカダイ・カヒ
 船頭・船持 = シンド・フナモチ
 
 リコルドが理解していた、日本社会の身分制
 百姓人 = フャクショ・シト
 商人や職人などの町人 = マヂノ・シト
 嘉兵衛を尊んで呼ぶ = コマンディル
  指揮官、司令官、隊長、艦長

 司馬遼太郎が綴る次のやりとりが面白い。

「隊長」
 と、リコルドは嘉兵衛を称 (よ) んだ。
 リコルドは、手持ちのごくわずなかな日本の単語を、懸命にならべた。
「オロスヤ、オロスヤ」
 と言い、自分を指さし、さらに嘉兵衛を指さして、
「行く」
 ということばを繰りかえした。
「海。冬」
 リコルドがいった。やがてこの海に冬がくる。来るまでにカムチャッカまで逃げのびてそこで冬営せねばならない、とリコルドはいう。
 嘉兵衛はリコルドの表情を見つめている。表情もまた言語である。リコルドはよく心得ていて、舞台俳優のように表情の変化を大げさにした。
「ガロヴニン」
 と、ゴローニンその人の名を、この部屋で何十回くりかえしたろう。
(略)
嘉兵衛は、リコルドの喋ることばを、ききつづけた。このロシア人の唇からころがり出るふしぎな日本語の単語は、うかうかすると、シャボン玉のように空 (くう) に消えてしまう。嘉兵衛にすれば、その一つ一つをつかんで、数珠 (じゅず) のように緒 (お) を通して文章にしなければならない。(略) われわれと一緒にロシアへ行こう。
 嘉兵衛は一息置き、うなずいた。
「ようがす」


 ロシア側の嘉兵衛たち日本人拉致の目的は、そのゴローニンの救済であると嘉兵衛は気がつきます。
 ところでグローバルな展開を見ると、ブラジル研究者の筆者、住田にとって実に興味深いのは、このゴローニンが世界一周の航海を始めて、南米の最南端からアフリカの最南端の喜望峰へ移動した1808年に、ナポレオン軍に追われたポルトガルの王室がブラジルへ逃れたのです。掲載の地図を参照してください。
 
 さて、ロシアへ連行される決定の後、嘉兵衛が弟たちへ書いた手紙の冒頭が残っています。

 拙者(せっしゃ) 儀、此度 (このたび)、天運つき候や、異国へ参り候。

 楽しい出来事もあります。異文化交流の瞬間です。

「観世丸の水夫に、私の艦を見学させたいというのか」
 かれ (リコルド) も手まねをまじえていうと、嘉兵衛は、そうだ、と答えた。
(略)
 リコルドは、嘉兵衛の申し入れを言下に承知した。かれは当直将校を呼び、
「日本の水夫全員に、本艦を見学させる。みなで歓迎するように」
 と、命じた。
(略)
 リコルドは、係に命じ、艦長室の椅子にすわった日本人たちに、銀の酒器でロシアのウォッカを飲ませた。この強い酒のおかげで、かれらはいっそう打ちとけた。艦長室で振舞いをうけたかれらは、甲板上にもどると、ロシアの水兵をつかまえては、手ぶりで話しかけた。
 
  • 日本人が描いたディアナ号 ウィキペディアより。
  • 老年のリコルド (Ricord = Рикорд: 1776 – 1855) ウィキペディアより。
  • ディアナ号によるゴローニンの世界一周航海。1808年から1811年 (青色)

2018/03/08 17:30:00 『菜の花の沖』のことば (1)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 学生のころ繰返し読んだ『坂の上の雲』(文藝春秋) も『菜の花の沖』と同じく全六巻でした。

 『坂の上の雲 一』1969年

 懐かしい、司馬遼太郎の「語り」です。

 春や昔
 まことに小さな国が、開花期をむかえようとしている。
 その列島のなかの一つの島が四国であり、四国は、讃岐 (さぬき)、阿波、土佐、伊予にわかれている。伊予の首邑 (ゆう) は松山。
 城は松山城という。

 『坂の上の雲 二』1969年
 『坂の上の雲 三』1970年
 『坂の上の雲 四』1971年
 『坂の上の雲 五』1972年
 『坂の上の雲 六』1972年

 ちょうど『坂の上の雲 六』最終巻刊行10年後の1982年に『菜の花の沖 (六)』が出版され、今、当時読んだものが手元にあります。

 さて、主人公の高田屋嘉兵衛が函館に拠点を置く商人だったので、小説のことばは日本語と北の国のロシア語です。そして『菜の花の沖 (六)』はナポレオン軍がモスクワへ兵を進めて敗北したロシア戦役の1812年から始まっています。

 遭遇
 リコルド少佐は、不期の戦いも覚悟していた。毎日の緊張が、目の下の肉を削 (そ) ぎとってしまった。かれがひきいる軍艦ディアナ号と護送艦ゾーチック号が、ともすれば霧が出て視界を乳色にしてしまう南千島の海域をうろつきはじめたのは、ロシア暦の八月中旬 (1812年・文化九年) のことである。
 霧のほか、風も潮流もすべて操船に都合 (つごう) が悪かった。
(略)
 霧の中の軍艦ディアナ号の「目」のほうが早く、嘉兵衛がディアナ号を見るよりさきに観世丸みつけた。
「大型日本船が」
と、艦長リコルド少佐は書いている。
「外海からまともな湾内に入って来るのを認めた」
 といって、べつに戦時ではないのである。観世丸が、なにごともないはずの自分の海域を帆走していて、油断していたのに対し、ディアナ号のほうは日本船をとらえるべく鵜 (う) の目鷹 (たか) の目になっていた。そういう姿勢のちがいはあるが、ほかに日本船が高いマストに見張りを置いていないということもある。さらに決定的なのは、日本船の伝統では、ほとんど訓練がほどこされていないということにあったろう。
(略)
 イギリスで発達した商船、私掠船 (しりゃくせん 戦時の通商破壊の私的な船)、さらには海軍の伝統にあっては、乗組員というものは、陸 (おか) の世間に住む人間とはずいぶんちがっていた。かれらは合理化されぬいた役割を個々に自覚し、それにともなう激しい訓練をうけ、かつ各員の役割についてはきびしい倫理観で裏打ちされていた。
 そういうシステムによって訓練されたロシア海軍にあっては、見張りの者の能力一つとっても日本船とはけたはずれにすぐれていた。

 司馬遼太郎の目線から、19世紀瀬戸内生まれの商人、高田屋嘉兵衛の北の国のリコルドとのことばの交流を小説を読みながら取り上げてみましょう。 
  • 1812年ロシア戦役 (ナポレオン戦争) における戦闘の1つボロジノの戦い。絵はウィキペディアより。
  • 函館の高田屋嘉兵衛の銅像。筆者撮影。
  • 函館の高田屋嘉兵衛の住居跡と筆者。

2017/11/09 21:50:00 元ゼミ生の安部さん、アジアのポルトガル語圏東ティモールで活躍

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 今から8年前の2009年度にポルトガル語圏歴史文化ゼミで「ブラジルにおける開発―農業に特化した資源大国の素顔―」と題する卒業論文を提出した安部久美子さんが、昨年2016年に青年海外協力隊員として、アジアにおけるポルトガル語圏東ティモールの2年間の活動を終えて帰国、故郷の兵庫県加古川市で帰国報告を行いました。その際、毎日新聞の取材を受けました。(参照:写真)

 加古川市のブログでも紹介されました。

【東ティモールで活躍! 青年海外協力隊】

 青年海外協力隊として派遣されていた安部さんが、帰国報告のために岡田市長を訪問しました。
 安部さんは平岡町在住。学生時代に農業が国の発展の手段となったことに興味を持ち、語学と農業の知識を高め、青年海外協力隊に初めて参加しました。...
 インドネシアの東側に位置する東ティモールは、独立してから14年目の新しい国です。食料はほぼ輸入に頼っているので、まずは自給自足を目指し、農業の普及に向けて取り組んでいます。安部さんは平成26年から今年6月までの2年間、現地で野菜栽培を指導しました。
 東ティモールの国立雇用職業訓練センターでは、18歳から20代半ばの働いていない若者に半年から1年の研修プログラムを組み、農業に必要な知識だけでなく仕事への意識なども指導します。現地ではさまざまな言語を使ってコミュニケーションをとる必要があり、同僚や研修生とお互いを理解し合うまでに時間がかかることもあったそう。
 安部さんは「大変なこともあったが、指導をした研修生が自覚や自信を持って成長していく姿を見ることにやりがいを感じました。これからも国際協力という分野に関わり、10代、20代の若い人が持っている力を引き出したい」と話し、市長もエールを送りました(参照:写真)。

 安部さんの卒業論文は以下のように始まっていました。

はじめに
 ブラジルは今や発展途上国と呼ばれることもなくなり、BRICs諸国などをリードする力を備えるほどの新興国となった。中国と並ぶ貿易大国にもなりつつあり、近年秘めた力をどんどん見せ始めてきている。2016年にはリオ・デ・ジャネイロでオリンピックが開催されることも決まり、ブラジルは今乗りに乗っている。そして日本にとってはただ遠く大きいだけの国ではなく、戦前から交流を持ち、互いに信頼を築いてきた関係である。我々とも関係深いブラジルを第5章に渡り、その可能性や問題点などを出来る限り多くの視点から考察した。資源大国ブラジルと呼ばれるようになったその背景を探るため、農作物やエネルギー産業などに重点を置いている。
  
 東ティモールの活動を終えて現在、安部さんは、フィリピンで活動を続けています。
 「お陰様で、東ティモールでの活動が終わってからもフィリピンと日本を行ったり来たりして、楽しく暮らしております。フィリピンに来てからはポルトガル語よりもスペイン語をよく聞くようになり、どんどんと色々な言語が混ざってしまいましたが・・・」

 ますますのご活躍をお祈りします。
  • 毎日新聞の取材を受けました。
  • 加古川市長の歓迎を受けました。
  • 東ティモールでポルトガル語圏諸国共同体の国際会議が開催されました。

2017/10/09 12:30:00 校友との懐かしい再会に感動!次回は戌年2月18日に集合!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 2017年10月7日(土)に本学のキャンパスで懐かしい多くの「再会」がありました。ブラジルポルトガル語学科創設50周年記念の懇親会・記念誌編集委員会が開催されたのです。

 出席予定の卒業生の皆さんには、次のような案内を送りました。

 10月7日の予定を確認します。
 まず、京都外国語大学校友会の卒業生の集いに参加しましょう。
 校友会ホームページより
 いよいよ「卒業生の集い」が開催されます!
 10月7日(土)11:00~
(受付10:30~)
 森田記念ホールにて
 校友会総会・懇親会「卒業生の集い」を開催致します。
 当日参加申し込みも受け付けています。
 受   付 10:30~ 森田記念講堂ロビー
 第 一 部 総会 11:00~ 森田記念講堂
 第 二 部 懇親会 12号館リブレ


 続いて、ブラジルポルトガル語学科の同窓会の参加について
 ブラジルポルトガル語学科創設50周年記念懇親会・記念誌発行編集委員会
 日時
 2017年(平成29年)10月7日(土)
 校友会「卒業生の集い」後、17:00頃から上記の懇親会・委員会を開催。
 場所 
 新4号館432教室
 参加者の皆さんへのお願いです。
 1 会場となる教室は、一切の飲食が禁止されています。ご理解ください。
 2 参加者はほぼ、30名です。当日の突然の参加決定も歓迎します。
 3 記念誌発行のための編集会議は2018年2月に2度目を開催する予定。
 皆様にお会いできるのが楽しみです。
 ご不明なことは、どうか自由にご連絡ください。
 記念誌編集委員会幹事

 10年前の40周年記念同窓会には160名ほどが参加しましたが、今回の50周年記念は約40名ですから、規模が小さくなりました。しかし10年前に欠席した複数の皆さんが今回、出席しました。北は北海道、南は沖縄からと、飛行機を使った泊まりがけの参加の方もいました。
 数十年ぶりの再会でいつも感じるのは、互いに白髪やしわが増えているものの、つい数日前に会ったかのような気分になれることの不思議さです。私の同級生は10年ぶり、北海道からの後輩は21年ぶりでした。そのほか、41年・42年ぶりの人たちも。

 2018年戌年2月18日に、以下のとおり、記念誌編集のための2度目の懇親会を行います。同窓生のほか、懐かしい先生方も出席されます。

 2018年2月18日(日)
 新4号館が会場です
  場所/時間
  4号館3階 432教室 12時~12時25分 編集について
  4号館6階南 12時30分~16時 懇親の同窓会 
 ※準備の都合により出席予定の連絡は 2018 年 1 月末日で締切ります
  • 10年前の2007年の40周年記念同窓会参加の皆さん 160名ほどの校友が集合!
  • 今回の2017年校友会懇親会参加の学科卒業生の皆さん
  • 新4号館432教室で開催した記念誌編集懇親会参加の皆さん

Page top