ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

お知らせ

2021/09/15 23:40:00 ポルトガルのジョルジェ・サンパイオ元大統領ご逝去

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 2005年5月23日に本学を訪問されたポルトガルのジョルジェ・サンパイオ (Jorge Sampaio) 元大統領が2021年9月10日にご逝去されました。心からお悔やみ申し上げます。

 サンパイオ元大統領について:
 Jorge Fernando Branco de Sampaio (Lisboa, São Sebastião da Pedreira, 18 de setembro de 1939 – Oeiras, Carnaxide, 10 de setembro de 2021) foi um político português que exerceu o cargo de presidente da República Portuguesa, entre 9 de março de 1996 e 9 de março de 2006. Morreu no Hospital de Santa Cruz, em Carnaxide, a 10 de setembro de 2021, aos 81 anos de idade, vítima de problemas respiratórios agravados pelas suas condições de saúde preexistentes, tendo sido declarado luto nacional, com funeral de Estado. Foi sepultado no cemitério do Alto de São João, em Lisboa, no jazigo da família, criado pelo bisavô, Marcelino Augusto Branco. (Origem: Wikipédia, a enciclopédia livre)

 ポルトガルのラジオ・テレビRTPが葬儀の映像を伝えています
 Sentiu-se mal no Algarve e foi transferido de helicóptero para Lisboa, para o hospital de Santa Cruz, onde estava desde o dia 27 de agosto. Jorge Sampaio tinha 81 anos e foi Presidente da República durante dois mandatos, entre 1996 e 2006.
 *** *** *** ***
 リスボン市議会サンパイオ大統領回顧の映像を提供しています。
 *** *** *** ***
 2005年5月23日に、サンパイオ大統領は、ご家族と本学を訪問されました。その忘れがたい記憶は、本学のアカデミックライフにとって実に貴重な記録となることでしょう。 
 写真は学生たちの歓迎のなか、本学に到着し、附属図書館の稀覯本を読み、京都外国語大学理事長・現最高顧問森田嘉一先生と言葉を交わされるサンパイオ大統領です。
  • 本学に到着し、学生たちの歓迎を受けるポルトガルのジョルジェ・サンパイオ (Jorge Sampaio) 大統領。
  • 本学付属図書館所蔵の稀覯本を読むサンパイオ大統領。
  • 本学理事長・現最高顧問森田嘉一先生と言葉を交わされるサンパイオ大統領。

2021/08/11 12:20:00 カポエイラを通じて日本とブラジルをつなぎたい

  • Categoryお知らせ
  • Posted by上田
 キャンパス・リポートNo.445号('21年7月21日発行)の「外大旬人vol.12」でブラジルポルトガル語学科2年生の伊達神威さんの記事が掲載されています。

 小学校4年生から始めたカポエイラをきっかけにブラジルに関心を持ち、本学でポルトガル語を学ぶこととなった伊達さんは、京都を本拠地とする「カポエイラ ジェライス京都」に所属。今年4月の学内オリエンテーションでは「カポエイラ・ジェライス京都」の仲間とカポエイラを披露してくれました。

キャンパス・リポートNo.445号はこちらから閲覧できます。



2021/07/10 22:00:00 京丹後市ケーブルテレビでペドロ・アイレス先生がポルトガルを紹介されます。

  • Categoryお知らせ
  • Posted by上田
 7月8日、京丹後市の国際交流協会からブラジルポルトガル語学科のペドロ・アイレス先生が取材を受けられました。
 
 京丹後市では、東京オリンピック・パラリンピック選手団のホストタウンとしてポルトガルカヌースプリント代表チームを受け入れ、7月18日から28日まで事前合宿が行われます。市民にポルトガルについての理解を深めてもらうため、アイレス先生が同市ケーブルテレビでポルトガルについて紹介されています。

2021/06/27 08:00:00 第19回ラテンアメリカ教養講座オンライン開催 ブラジル映画が魅せるフィクションとノンフィクションの間(はざま)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 2021年6月29日 (火) 午後6時~7時まで。
 ブラジルのフルミネンセ連邦大学(UFF)の友人たちから映画製作の話を聞く機会が多くありました。報告者住田育法の貴重な情報源となっています。
 義賊的盗賊(カンガセイロ)が登場する伝統的なブラジル映画では、西部劇や時代劇を観るときのわくわくするような物語の展開に加えて、北東部の奥地(セルタン)の風景やフォルクローレを楽しむことができます。ヴァルテル・サーレス監督の名画『セントラル・ステーション』も奥地がテーマでした。そして今、第 72 回カンヌ国際映画祭で奥地の問題を描いたブラジル映画『バクラウ』が「審査員賞」に輝きました。奥地を好むブラジル映画の魅力とその特別な秘密に迫ります。
●お問い合わせ●
京都外国語⼤学ラテンアメリカ研究所
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
TEL: 075-312-3388
E-mail: ielak◎kufs.ac.jp
  • 『狂乱の大地』の民を若いころ演じたUFFの友人ジョゼ・マリーニョ教授。パリで紹介された映画のポスターに使われた口を手でふさがれている男。
  • 2010年に来日したときのUFF映画学部創設者のネルソン・ペレイラ・ドス・サントス監督。京都府立文化博物館アーカイブの日本映画フィルムに囲まれて。
  • UFFの友人ジョアン・ルイス教授といっしょにグラウヴェル・ローシャ監督の母親を訪問してプレゼントしていただいた『黒い神と白い悪魔』のポスター。

2021/06/06 17:00:00 2021年度夏期オンライン短期プログラム開催(コインブラ大学)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by上田
 夏休み(8月~9月)に協定大学が実施するオンライン短期プログラムが開催されます。
ブラジルポルトガル語学科の協定大学では、ポルトガルのコインブラ大学のオンラインプログラムが含まれます。日本に居ながらにしてコインブラ大学の語学コースを体験できるまたとない機会です! 
長い夏休みのうちの3週間をを有意義に過ごしてみませんか?

【概要】
4つのレベル別クラスでポルトガル語を学ぶ
【期間】
2021年8月30日(月)~9月17日(金)(3週間)
【開講予定時間(日本時間)】
17:00(または18:00)~0:00(または1:00)
【授業時間数】
計68時間
【費用】
355ユーロ(1ユーロ=135円とした場合、47,925円)
【申込期日】
8月6日


申し込み詳細については下記のURLをご覧ください。
2021年度夏期オンライン短期プログラム

コインブラ大学の夏期オンライン短期プログラムコース内容についてのWEBサイトはこちら。










Page top