ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

お知らせ

2017/11/09 21:50:00 元ゼミ生の安部さん、アジアのポルトガル語圏東ティモールで活躍

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 今から8年前の2009年度にポルトガル語圏歴史文化ゼミで「ブラジルにおける開発―農業に特化した資源大国の素顔―」と題する卒業論文を提出した安部久美子さんが、昨年2016年に青年海外協力隊員として、アジアにおけるポルトガル語圏東ティモールの2年間の活動を終えて帰国、故郷の兵庫県加古川市で帰国報告を行いました。その際、毎日新聞の取材を受けました。(参照:写真)

 加古川市のブログでも紹介されました。

【東ティモールで活躍! 青年海外協力隊】

 青年海外協力隊として派遣されていた安部さんが、帰国報告のために岡田市長を訪問しました。
 安部さんは平岡町在住。学生時代に農業が国の発展の手段となったことに興味を持ち、語学と農業の知識を高め、青年海外協力隊に初めて参加しました。...
 インドネシアの東側に位置する東ティモールは、独立してから14年目の新しい国です。食料はほぼ輸入に頼っているので、まずは自給自足を目指し、農業の普及に向けて取り組んでいます。安部さんは平成26年から今年6月までの2年間、現地で野菜栽培を指導しました。
 東ティモールの国立雇用職業訓練センターでは、18歳から20代半ばの働いていない若者に半年から1年の研修プログラムを組み、農業に必要な知識だけでなく仕事への意識なども指導します。現地ではさまざまな言語を使ってコミュニケーションをとる必要があり、同僚や研修生とお互いを理解し合うまでに時間がかかることもあったそう。
 安部さんは「大変なこともあったが、指導をした研修生が自覚や自信を持って成長していく姿を見ることにやりがいを感じました。これからも国際協力という分野に関わり、10代、20代の若い人が持っている力を引き出したい」と話し、市長もエールを送りました(参照:写真)。

 安部さんの卒業論文は以下のように始まっていました。

はじめに
 ブラジルは今や発展途上国と呼ばれることもなくなり、BRICs諸国などをリードする力を備えるほどの新興国となった。中国と並ぶ貿易大国にもなりつつあり、近年秘めた力をどんどん見せ始めてきている。2016年にはリオ・デ・ジャネイロでオリンピックが開催されることも決まり、ブラジルは今乗りに乗っている。そして日本にとってはただ遠く大きいだけの国ではなく、戦前から交流を持ち、互いに信頼を築いてきた関係である。我々とも関係深いブラジルを第5章に渡り、その可能性や問題点などを出来る限り多くの視点から考察した。資源大国ブラジルと呼ばれるようになったその背景を探るため、農作物やエネルギー産業などに重点を置いている。
  
 東ティモールの活動を終えて現在、安部さんは、フィリピンで活動を続けています。
 「お陰様で、東ティモールでの活動が終わってからもフィリピンと日本を行ったり来たりして、楽しく暮らしております。フィリピンに来てからはポルトガル語よりもスペイン語をよく聞くようになり、どんどんと色々な言語が混ざってしまいましたが・・・」

 ますますのご活躍をお祈りします。
  • 毎日新聞の取材を受けました。
  • 加古川市長の歓迎を受けました。
  • 東ティモールでポルトガル語圏諸国共同体の国際会議が開催されました。

2017/10/09 12:30:00 校友との懐かしい再会に感動!次回は来年2月に集合!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 2017年10月7日(土)に本学のキャンパスで懐かしい多くの「再会」がありました。ブラジルポルトガル語学科創設50周年記念の懇親会・記念誌編集委員会が開催されたのです。

 出席予定の卒業生の皆さんには、次のような案内を送りました。

 10月7日の予定を確認します。
 まず、京都外国語大学校友会の卒業生の集いに参加しましょう。
 校友会ホームページより
 いよいよ「卒業生の集い」が開催されます!
 10月7日(土)11:00~
(受付10:30~)
 森田記念ホールにて
 校友会総会・懇親会「卒業生の集い」を開催致します。
 当日参加申し込みも受け付けています。
 受   付 10:30~ 森田記念講堂ロビー
 第 一 部 総会 11:00~ 森田記念講堂
 第 二 部 懇親会 12号館リブレ


 続いて、ブラジルポルトガル語学科の同窓会の参加について
 ブラジルポルトガル語学科創設50周年記念懇親会・記念誌発行編集委員会
 日時
 2017年(平成29年)10月7日(土)
 校友会「卒業生の集い」後、17:00頃から上記の懇親会・委員会を開催。
 場所 
 新4号館432教室
 参加者の皆さんへのお願いです。
 1 会場となる教室は、一切の飲食が禁止されています。ご理解ください。
 2 参加者はほぼ、30名です。当日の突然の参加決定も歓迎します。
 3 記念誌発行のための編集会議は2018年2月に2度目を開催する予定。
 皆様にお会いできるのが楽しみです。
 ご不明なことは、どうか自由にご連絡ください。
 記念誌編集委員会幹事

 10年前の40周年記念同窓会には160名ほどが参加しましたが、今回の50周年記念は約40名ですから、規模が小さくなりました。しかし10年前に欠席した複数の皆さんが今回、出席しました。北は北海道、南は沖縄からと、飛行機を使った泊まりがけの参加の方もいました。
 数十年ぶりの再会でいつも感じるのは、互いに白髪やしわが増えているものの、つい数日前に会ったかのような気分になれることの不思議さです。私の同級生は10年ぶり、北海道からの後輩は21年ぶりでした。そのほか、41年・42年ぶりの人たちも。
 来年の2月、記念誌編集のための2度目の懇親会を行います。次回は飲食のための場所を作ります。多数の皆様の参加をお待ち申しあげます。
  • 10年前の2007年の40周年記念同窓会参加の皆さん
  • 今回の2017年校友会懇親会参加の学科卒業生の皆さん
  • 新4号館432教室で開催した記念誌編集懇親会参加の皆さん

2017/04/07 01:20:00 CPLP事務総長のスピーチ

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 ポルトガル語圏諸国共同体 (CPLP) マリーア・シルヴェイラ事務総長が、2017年3月20日に本学を公式訪問しました。森田記念ホールで開催された、ブラジルポルトガル語学科の卒業生たちの学位記授与式に出席し、式の後、873教室において同学科の卒業生に対して通訳を含めて、約20分のスピーチを行いました。

 以下は通訳の和訳によるその内容の一部です。

 卒業生の皆様、本日はおめでとうございます。私はCPLP、ポルトガル語圏諸国共同体を代表して、本日皆様の人生の社会人に向けての最初の一歩を祝福します。そして皆様の成功を祈ります。本日は皆様の人生の大切な日をシェアできることを喜び、この機会を与えてくださった京都外国語大学に感謝します。あわせて本日は、われわれのCPLPについてお話しします。

 CPLPは、1996年にポルトガル語を話す9カ国が、互いの関係性を強めようという目的の下に、同じ協力体制と連帯感を持って立ち上げた共同体です。同じ理想を共有しようと形成されました。それは平和であり、法治国家であり、人権です。このような価値を共有することによってお互いが経済的、社会的発展を遂げようということです。さらにポルトガル語を使って、お互いの共通の対話を行い、協力しあい、連携することが、われわれのCPLPの基本姿勢となっています。

 こうして結成から20年、ポルトガル語をベースとした活動を行ってまいりました。そして、世界の舞台において、ポルトガル語を通じて、国際的な関係を維持していく、ということです。特にポルトガル語に関しましては、近年ますます注目されており、世界でよく話されている言語、ということになっています。実際その総人数は、2億7千万人いると言われ、特にインターネットの普及によって、とりわけSNSの中で、とても使われている言語であり、それによってグローバル言語の1つと位置づけられています。ポルトガル語は世界で5番目に話されている言語であり、インターネットでは3番目になります。さらに国際地域機関の32の団体において、公式言語になっています。中でも南半球でもっとも成長率の高い言語であるとみなされています。

 ポルトガル語の普及は4つの大陸にまたがっているという顕著な特徴があります。複数大陸間言語、というふうにとらえられています。さまざまな文化的背景、さらに民族のアイデンティティーをなす言語であります。今ではさまざまな民族が交流して、さまざまな価値を共有しています。このようなポルトガル語におけるさまざまな活動やさまざまな交流が、ポルトガル語圏以外の国においても、興味を引いています。その証拠にさまざまな国がこのCPLPのオブザーバー国として、任命されており、日本もオブザーバーの1つになっています。ポルトガル語は、ひじょうに多様性に富んだ言語であり、さきほども述べた4つの大陸、つまりヨーロッパ、中南米、アフリカ、アジアにおいて、使われております。

 この機会を利用して、われわれCPLPが主宰しているIILP 国際ポルトガル語研究所 (Instituto Internacional da Língua Portuguesa)、こちらを活かして京都外国語大学にわれわれのイニシアチブに賛同いただきますよう、今回、皆様をこの活動に招待いたします。これはカボヴェルデに事務所があります。さらに協力関係については、われわれは人材育成、特に科学技術において、大学と連携し、人材育成を行っていくこと、これをわれわれはCPLPの1つの課題、前提の1つとしています。特に高等教育に関しては、われわれのCPLP側からも、長期的な観点に立って、特に発展途上国における人材不足に鑑み、「いかに、教育、さらには研究、こういったものを推進していくか」、ということがわれわれの課題となっており、これを特に10年の課題と考えています。とりわけ大学間ネットワーク、というのをわれわれは提唱しており、その協力関係の中に、ポルトガル語圏の国だけではなく、第三国の参加も促しており、それに関しては日本も含まれます。

 卒業生の皆様、ポルトガル語はこれからますます可能性が広がっていく言語です。特に、さまざまな研究の成果をポルトガル語で発表するとか、あるいはイノベーションを行うとかに活かせます。さらには、デジタルの世界でポルトガル語が積極的にツールとして使われる、といった、多くの可能性があります。ポルトガル語を学ぶ皆様の学習の過程が、本日「卒業」により終わりますが、この先、個人の人生におきましても、あるいは職業におきましても、新たな一歩になると私は理解しています。

 ARIGATO-GOZAIMASU。 ※最後の言葉は日本語でした。
  • 学位記授与式でポルトガル語でお祝いを述べる事務総長 左側は森田理事長・総長 右側は駐日メキシコ大使
  • ブラジルポルトガル語学科の学生にスピーチをする事務総長
  • 本学正面玄関の「言語を通して世界平和を」の標語の前にて

2014/04/02 23:20:00 第13回ラテンアメリカ教養講座「オーパ! ブラジル」

  • Categoryお知らせ
  • Posted by京都ラテンアメリカ研究所
日時:2014年5月14日より毎週水曜日(全5回)18:15~19:30
会場:京都外国語大学 国際交流会館4階 会議室
後援:京都ラテンアメリカ文化協会
※申込不要・入場無料

 サッカーワールドカップを目の前に、ブラジルに世界中の目が注がれています。ブラジルと言えば、サッカー、サンバ、カーニバル、アマゾンというイメージがすぐに喚起されます。それらはそれで素晴らしい魅力を今も変わらず湛えていますが、それらを凌駕せんばかりの新たな魅力がまさに生まれつつあります。昨年のサッカーフェデレーションカップの開催時に世界中に報道された市民の抗議行動から、政治が混乱していると感じた方々がおられるかもしれませんが、ブラジルの政治は決して不安定であるわけではありません。むしろ強固で成熟した民主主義の国でありながら、進取の気性に富んだその国民の活力が、様々なシーンで噴出しつつあるのです。
 本講座が、皆様の新たなブラジルを感じる機会になることを祈っています。

5月14日(水)
ブラジルの教育:多様性の国における希望
モイゼス・カルヴァーリョ(京都ラテンアメリカ研究所)

 『多様性』は、ブラジル共和国の素晴らしさの一つであると同時に、深刻な問題でもある。本講演では、多様性に富んだ国における「教育」の重要性と国の発展におけるその役割について考察する。具体的には、ブラジルの教育制度の現状とその充実を図るためのいくつかの国家レベルでの計画や先住民教育、将来の展望などについて述べる。

5月21日(水)
大陸国家・ブラジル経済の底力
堀坂浩太郎(上智大学名誉教授)

 新興国ブラジルの経済は今、調整局面にあるが、視野をもう少し広げてみると、大陸サイズの国としての強みが浮かび上がってくる。熱帯の北部から降雪もある南部まで、全国12都市で繰り広げられるサッカーW杯は、その底力を結集する絶好の機会ともいえそうだ。

5月28日(水)
日本とブラジルのサッカー ―水島武蔵氏を中心に―
下田幸男(京都産業大学)

 ブラジルでの日本人プロ第一号である水島武蔵氏(現:藤枝MYFC監督)の半生に焦点を当て、Jリーグの始まる前の日本サッカーの状況とブラジルで苦闘しながらも成長する水島氏とのコントラストを中心にお話しします。

6月4日(水)
サンバの国の民主主義
住田育法(京都ラテンアメリカ研究所)

 アフリカ文化をルーツとするサンバは、古都リオデジャネイロを舞台に、国民音楽の地位を獲得した、異種族混淆の賜物です。このサンバの国の指導者は、国民の直接選挙によって選ばれます。真心と情熱に満ちた人々の、社会正義を希求する、政治の素顔に迫ります。

6月11日(水)
ブラジル日本移民の歴史を考える
二宮正人(弁護士/サンパウロ大学)

 100年を超えるブラジル日本移民の歴史は、20世紀末のデカセギ現象によって大きな転換期を迎えました。日本の入管法改正による影響、CIATE(国外就労者情報援護センター)の活動、在日ブラジル人に対するブラジル政府の支援などに触れながら、移民史の今と未来を考えます。
  • 経済発展著しいサンパウロ市中心街
  • 近代美術博物館からリオを望む
  • ポスター

2014/02/09 02:10:00 第13回ラテンアメリカ研究講座 大洋が結ぶ世界(16~17世紀)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
ちょうど400年前、伊達氏の家臣、支倉常長率いる慶長遣欧使節を乗せたサン・フアン号が日本を出発し、メキシコ、キューバを経てスペインに入り、復路にはメキシコからフィリピンを経由して日本に戻るというルートをたどり、日本船による初の太平洋横断を果たしました。1543年の種子島への鉄砲伝来から1640年代の鎖国の完成に至るまでの過程で、太平洋の東側と西側を結んでどのような世界が広がっていたのかを検証しました。
13 º Curso de Estudos Latino-Americanos,
Simpósio internacional pelo
Instituto de Estudos Latino-Americanos de Kyoto da
Universidade de Estudos Estrangeiros de Kyoto:
"Mundo unido pelos oceanos:
de leste da Ásia para a América Latina - do século XVI ao XVII"


Hasekura Rokuemon Tsunenaga (1571 – 1622) foi um samurai japonês e servo de Date Masamune, o daimyo de Sendai. Entre os anos de 1613 e 1620, Hasekura chefiou uma missão diplomática no Vaticano, em Roma, viajando pela Nova Espanha e visitando vários lugares da Europa. A missão histórica é denominada Embaixada Keichō, e segue a embaixada Tenshō de 1582. Na viagem de volta, Hasekura e seus companheiros re-traçaram sua rota através do México em 1619, navegando de Acapulco até Manila, e então navegando ao norte para o Japão em 1620. Ele é convencionalmente considerado o primeiro embaixador japonês das Américas e da Europa.
(Origem: Wikipédia)

京都外国語大学 京都ラテンアメリカ研究所主催
第13回ラテンアメリカ研究講座 国際シンポジウム

大洋が結ぶ世界(16~17世紀)—ラテンアメリカから東アジアへ—



Data e hora:
Em 26, Quarta-feira, de fevereiro
a partir das 10h00 até as 18h30
Lugar:
sala de conferências da Kyoto University of Foreign Studies


日時:2014年2月26日(水)10:00~18:30
会場:京都外国語大学 国際交流会館4階 会議室
※申込不要・入場無料


プログラム

10:00 開会
主催者側挨拶(大垣貴志郎所長)
主旨説明(立岩礼子主任研究員)

10:10 特別スピーチ 慶長使節とキューバ
※スペイン語によるスピーチ、日本語通訳あり
マルコス・フェルミン・ロドリゲス・コスタ駐日キューバ大使

11:00 基調講演 近世日本とルソン―「鎖国」形成史再考
※日本語による講演
清水有子(明治学院大学キリスト教研究所客員研究員)
16世紀中頃東アジアに進出したイベリア勢力(ポルトガル、スペイン)を、当該時期の東アジア国際情勢の一端として捉え、ルソンを中心に、ゴア、マカオ、メキシコ(当時のヌエバ・エスパーニャ)との関係にも言及しながら、日本の鎖国の形成に与えた影響を明らかにする。

12:00 休憩

13:15 ハプスブルク朝時代のポルトガル貿易における日本人奴隷
※スペイン語による報告、日本語通訳あり
ルシオ・デ・ソウザ(ポルトガル・エヴォラ大学研究員)
16、17世紀アジア、ラテンアメリカ、ヨーロッパにおける日本人奴隷の売買について、1)マカオ-リスボン・ルート、2)マカオ-マラッカ及びフィリピン・ルート、3)太平洋/ラテンアメリカ・ルートにおいて検討する。

14:15 休憩

14:20 漂流、植民、貿易を通して考える16世紀及び17世紀のフィリピンと台湾の関係
※スペイン語による報告、日本語通訳あり
方 真真(国立台北教育大学台湾文化研究所教授)
16世紀及び17世紀のフィリピンと台湾の関係について、以下の3つの時期を追って論じる。①スペイン人が漂流して台湾に到着し占領しようとした16世紀末から1626年まで、②スペイン人が北部を占領し、フィリピンと交易した1626年から1642年まで、③1662年(鄭成功が台湾からオランダ人を追放した年)から、マニラと台南の交易が復活した1683年(鄭成功の孫が満州で清の台湾征伐に敗れた年)まで。

15:20 休憩

15:30 フィリピンの肥前焼
※英語による報告、通訳なし
ニダ・クエバス(フィリピン国立博物館学芸員)
アジアにおける貿易拠点の1つであったフィリピンでは、肥前焼が出土している。ガレオン船でメキシコへ運ばれるべく長崎から中国人がマニラに持ち込んだものだと思われる。メキシコとフィリピンを結んだガレオン貿易には、中国人や日本人も活発に参加していたからである。本報告では、フィリピンに遺る肥前焼の分析した結果を報告する。

16:00 休憩

16:15 コメント~ラテンアメリカから見る世界
井上幸孝(専修大学准教授)
住田育法(京都外国語大学教授)
野上建紀(有田町歴史民俗資料館文化財専門員)
伏見岳志(慶應義塾大学准教授)

17:00 質疑応答・ディスカッション
進行:宮原 曉(大阪大学准教授)

18:00 閉会
主催者側挨拶(辻 豊治副所長)

※プログラムは予告なく変更されることがあります。

●お問い合わせ●
京都外国語大学 京都ラテンアメリカ研究所
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
TEL: 075-312-3388 FAX: 075-322-6237
  • 島津氏家臣の種子島時尭像
  • 支倉常長像 仙台市博物館蔵、国宝
  • 支倉常長の航路

Page top