ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS


2023/07/14 13:40:00 アルモニア学園との交流会 在学生の感想(西原さん、3年次)

  • Category在学生の声
  • Posted byフェリッペ・モッタ
先日、2023年度ブラジルポルトガルウィークの一環として開催されたイベント「Vamos Harmonizar!アルモニア学園との交流会」に参加してくれた在学生の感想を投稿します。
真の国際交流を経験した気持ちや専攻語を使う喜びが伝わる文章です。ぜひお読みください。

☆☆☆☆☆

こんにちは、ブラジルポルトガル語学科3年の西原です。

今回、2023年度ブラジルポルトガルウィークウィークで行われたイベント「Vamos Harmonizar!アルモニア学園との交流会」に参加し、ブラジル人の高校生と交流できました。今日はその経験についてお話ししたいと思います。

今回のイベントは、学生としてだけではなく、ダンスを披露した一人として参加しました。その経緯についてまず触れます。

京都外国語大学には「Action」というダンス部あり、私も所属しています。その縁があり、今回のナショナルウィークのイベントの際に学科の先生に話を掛けてもらい、ぜひ披露してほしいと頼んでいただきました。結局、私を含めて5人で参加することになり、アルモニア学園の皆さんにダンスを見させていただくことになりました。高校生達との交流の時間に「ダンスとても良かったよ!」とたくさんの人に言ってもらえてとても嬉しかったです。

一緒に踊ってくれた部員の中に英語やスペイン語の専攻の人がいたのですが、高校生たちはスペイン語を専攻している部員に「ポルトニョール」と俗に呼ばれるポルトガル語交じりのスペイン語を使い、英語専攻の人には英語で会話をしていました。相手によって使う言語を変える優しさが素晴らしいなと思いました。もちろん、ブラジルポルトガル語学科の私にはポルトガル語で話してもらいました。

何よりも、今回のイベントはポルトガル語を学ぶ気持ちをとても向上心させてくれました。高校生と会話する中で理解できる内容もあれば、正直にそうでないこともたくさんありましたが、とにかくもっと勉強を頑張ろうと思えました。分からない内容があればポルトガル語で話した内容を英語に翻訳して話してくれたので会話することができ、凄い達成感がありました。また、日本語を話せる高校生もいたので、お互いの国の言葉や今流行りの音楽を教えあったりしてとても有意義な時間でした。

このような素晴らしい機会を準備してくださった学科の先生方に感謝しています。
ありがとうございました。Muito obrigada!
  • ダンスを披露してくれた部員たち ダンスを披露してくれた部員たち
  • 高校生たちにもらったブラジルからのお土産 高校生たちにもらったブラジルからのお土産
  • ブラジル人の高校生たちと撮った思い出の一枚 ブラジル人の高校生たちと撮った思い出の一枚

2023/07/09 16:50:00 Vamos Harmonizar! アルモニア学園との交流会(実施報告)

  • Categoryイベント
  • Posted byフェリッペ・モッタ
7月6日(木)、2023年度ブラジルポルトガルウィークの一環としてイベント「Vamos Harmonizar! アルモニア学園との交流会」を実施いたしました。

アルモニア学園(Colégio Harmonia)はブラジル サンパウロ州のサンベルナルド・ド・カンポ市にある学校で、日系ブラジル社会と深い関係を持っています。渡航の規制が緩和された本年度に数年ぶりに日本修学旅行が実現し、来学していただきました。

本学を訪れてくださった皆さんはマリオ・モトムラ理事を筆頭に、教職員と生徒を合わせて36人でした。生徒は高校1年生から3年生までで、年齢は14~17歳でした。日本と日本文化に対して強い関心を持っているグループでした。

ブラジルポルトガル語学科からは一年次生を中心に約40人の学生が参加し、楽しい時間を過ごすことが出来ました。一年次生の多くはポルトガル語学習が始まり6か月間も経っていないにもかかわらず元気よくポルトガル語で自己紹介し、交流会に参加してくれました。「ブラジルに留学する意欲が増しました」や「初めてポルトガル語を自然に使えて嬉しかった」などのコメントもありました。

イベントは本学のラウンジにおいて11時から13時まで開催されました。
プログラムは下記のとおりです。

開会宣言・趣旨説明
伊藤学科長のご挨拶
本学科専任教員の紹介
本学科の学生代表による歓迎の言葉
モトムラ理事のご挨拶
アルモニア学園教職員の紹介
アルモニア学園の生徒代表のお言葉
アルモニア学園より本学への記念品の贈呈
参加者全員の自己紹介(日本語もしくはポルトガル語)
本学ダンス部よりダンスの披露
アルモニア学園より歌・楽器演奏・ダンスの披露
本学在籍のブラジル人留学生による発表
アルモニア学園OBによる動画上映
記念写真撮影
軽食&交流会
アルモニア学園の生徒代表より謝辞
閉会の挨拶


アルモニア学園よりご贈呈いただいた記念品の内、本学への「感謝状」を京都外国語大学を代表して伊藤学科長が受け取りました。感謝状には下記のように記してあります。

感謝状
京都外国語大学 殿
貴校との交流により、日本文化を学ぶ機会を設けて頂き御礼申し上げます。
アルモニア教育文化協会70周年、アルモニア学園30周年及び日本修学旅行6回を記念し、ここに心から深く感謝の意を表します。

2023年7月
アルモニア学園
第6回日本修学旅行


最後は6人程度の小グループに分かれ、サンドイッチを食べながら本学の学生とアルモニア学園の生徒たちが楽しく語り合いました。ブラジル人と日本人が連絡先やSNSを交換する光景も散見でき、主催側として大変に嬉しかったです。

この場を借りて真の国際交流の機会をくださったアルモニア学園の皆さまに感謝申し上げます。

Queremos agradecer profundamente a todos os alunos, professores e funcionários do Colégio Harmonia que nos proporcionaram uma maravilhosa oportunidade de verdadeira confraternização internacional. Muito obrigado!
  • アルモニア学園のモトムラ理事と本学科学科長の伊藤秋仁先生 アルモニア学園のモトムラ理事と本学科学科長の伊藤秋仁先生
  • 記念として撮影した集合写真 記念として撮影した集合写真
  • 本学が贈呈いただいた感謝状 本学が贈呈いただいた感謝状

2023/07/07 18:40:00 コインブラ大学留学体験記(山口心愛)

  • Category留学生活レポート
  • Posted by岐部雅之
皆さんこんにちは。ブラジルポルトガル語学科4年次生の山口心愛です。
今回は「私の留学経験」をテーマにお話ししていきたいと思います(留学時は3年次)。

まずは、私がなぜ留学に興味を持ち、留学をしたいと思ったのかについて。
私は大学に入る前から留学というものに興味があり、海外で生活してみたいと思っていました。ポルトガル語は大学に入学するまで一切触れたことがなく、挨拶も文字も何もわからないまま、馴染みがない言語を知ってみたいという好奇心だけで入学しました。そして、ポルトガル語を学んでいくうちに、実際にこの言葉が話されている土地で生活し、文化やその土地に住む人々のことを知りたくなり、留学することを決心しました。

次に、私が留学生活中に感じたことや思ったことについて。
私の留学生活が始まりまず初めに思ったことは、現地の人々が話していることが全く理解できない、わからないということです。あらかじめ、留学前に学習はしていたつもりだったのですが、大学の先生が話している言葉やすれ違う学生たちが話している言葉は、本当に勉強してきた言語なのか疑うほど何を言っているのかわかりませんでした。このままでは絶対にダメだという想いから、現地の友人をいち早く作ることに重きを置きました。そして、現地でできた友人とポルトガル語で話すことで会話力とリスニング力は格段と伸びました。わからないことなどは最初、翻訳機などを使う場面もありましたが、5ヶ月目には旅行も行けるほどの仲になることができました。自主学習をはじめとし、授業の復習などをしっかりと行なった結果、自分でも分かるくらい最初よりは自分の語学力が伸びていることを実感できました。

また、ポルトガルでは国内旅行を多くすることができました。ポルトやリスボンをはじめ、コインブラと比較的近いアヴェイロや、ブラガ、ギマランイスにもいくことができました。どの土地も違った良さがあるので、行ける時間があるなら自分がいきたい場所には行ってみることをお勧めします。わからないことがあれば、話す練習としていろんな人に話しかけていれば私はなんとかなりました。あくまでこれは私の個人の意見なのですが、現地の人は優しい方が多く、話しかけると笑顔で返してくれる方が多かったと感じています。

最後に、留学を終えた感想をお話します。
5ヶ月という期間は本当に短くあっというまでした。自分が考えたことはなるべく行動に移すことを心がけていました。自分がやりたいと思ったことは思うようにいかなくても、チャレンジするべきですし、今後の人生にもこの考えは必ず活きてくるはずです。これから、留学する方にもチャレンジ精神の大切さを伝えたいと同時に、留学を終えた後に留学してよかったと率直に思えるような経験をしてもらいたいと思っています。
  • アヴェイロで有名なovos moles
  • ギマランイスのイルミネーション
  • 日本語を勉強する学生との交流会

2023/06/29 16:30:00 フルミネンセ連邦大学留学体験記(堀武佐士)

  • Category留学生活レポート
  • Posted by岐部雅之
こんにちは! ブラジルポルトガル語学科4年次生の堀武佐士です。
今回は私自身の留学生活を振り返っていきます。これから留学をしてみたい、あるいは検討している方は是非読んでください!

≪あっというあの1年間≫
私は派遣留学Aの制度を利用して、ブラジルのリオデジャネイロ州にあるフルミネンセ連邦大学に留学しました(当時は3年次)。私は将来語学とサッカーに関わった職業(代理人や通訳等)に就きたいと思い、覚悟を持って2学期間留学することを決意しました。留学前は治安や初めての海外生活など不安要素はいろいろありました。しかしながら、自分の夢を実現する為にポルトガル語学習に励み、現地で生活をする時間は充実していてあっという間に過ぎていきました。
どのようにして留学生活を充実させていたか、留学とは何なのかということを2点お伝えします。

1.恥を恐れずとにかく話せ!!
私はこの1年間でポルトガル語の力が伸びたと自信を持って言えます。本学のネイティブの先生や現地の友達にも「留学当初の時期に比べて本当に伸びたね」とよく言われました。というのも、私がブラジルに着いた時のレベルは日常会話も上手く行かず、言いたいこともなかなか伝えられませんでした。その中で、自分は当初「留学をしていれば勝手に語学力が付くだろう」と勘違いしていました。
ところが、最初の1か月は苦労の連続でした。ブラジル人の友達と出掛けたりする機会も多く取りましたが、何を言っているかが分からず、一緒にいてもコミュニケーションを取ることに苦戦していました。その状況を打開するために、まずは授業がない時は家で辞書を使いながらニュースや日常的な読み物を読んで、そこで分からなかった単語をひたすら覚えるという作業をやりました。ここまでの作業であれば日本でもできます。しかし、私はそこで覚えたことをひたすらアウトプットをするようにし、電車やバスの中、行列で待っている時など、とにかく現地の人に話しかけてポルトガル語を使うようにしました。日本人は比較的恥ずかしがり屋で文法を気にして上手く話すことができないと言われがちですが、私はそのマインドを捨ててとにかく人と話すようにしました。リオデジャネイロはかなりオープンな場所なので本当にポルトガル語を伸ばすには素晴らしい環境だったと思います。特にバスの中では色んな人に話しかけられましたし、自分も積極的に話すようになりました。そのおかげで語学力も大幅に伸びましたし、これから留学をしたいと考えている皆さんには是非、恥を恐れずにとにかく話して欲しいです。

2.留学の意義
上記のとおり、留学中はとにかく基礎を勉強して応用のすることの繰り返しでした。しかし、今の時代インターネットの普及や来日する外国人の増加を考慮すると、インプットする機会もアウトプットする機会にはこと欠きません。ポルトガル語のニュース記事はアプリで読めますし、サッカー選手のインタビューでさえもユーチューブで検索すれば簡単に見ることができます。そういった現代の学習環境の中で今回の留学が私に与えてくれたものは「ポルトガル語を勉強する熱意と刺激」です。大学1・2年次の頃はオンライン授業が多かったこともあり、ポルトガル語学習へのモベーションを維持するのも大変でした。そのような中で大学から奨学金を貰い、親が学費だけではなく更に生活費などを支援してくれたおかげで、私のポルトガル語学習に火をつけてくれたと思います。勉強したことが応用できて、現地の人とコミュニケーションが通じたときの喜び、必死にサッカー用語やその会話に関わる単語を覚えて、サッカーの指導者や選手とポルトガル語を通じてお互いの国のフットボール文化についてディスカッションし、盛り上がることのできたあの達成感というのは今でも忘れられません。そういった「熱意と刺激」は日本では得ることが難しいものだと思います。
留学を通じて一番大事なことは「異文化理解」だと考えています。待ち合わせの時間に1時間遅れて到着する友達、平均月収2千レアル(日本円で約5万円)で生活するブラジル人たち、ホームレスの人たちと出会う中で、彼らの心境や環境を理解する重要性を実感しました。自分が今生きている日本の環境は当たり前ではありません。今、自分が屋根の下で生活し、学びたいことを勉強できる環境は本当にありがたいものだと痛感しています。そういった「相手を理解して行動する」ということは、これからの長い人生を通して色々な人と出会う中でも応用できると思います。
以上のように、私は留学を通じて沢山のことを学びました。この経験を活かして社会に貢献できるようにこれからの人生を歩んでいきたいと思います。そして留学の機会を与えてくださった大学の関係者の皆様、両親、自分の留学を応援してくれた友達には本当に感謝しています。ありがとうございました。

最後に今後留学を検討している方へ一つ言いたいことがあります。留学は語学力向上や異文化理解など自信を成長させるには非常に素晴らしい環境だと思います。それでも結局は自分次第です。留学したいのであれば「強い覚悟」を持って行ってください。
  • 現地の友人たちと
  • 夜のビーチにて
  • パーティを楽しむ

2023/06/22 16:50:00 サンパウロ大学留学体験記(花山あゆみ)

  • Category留学生活レポート
  • Posted by岐部雅之
こんにちは。4年次生の花山あゆみです。2学期間サンパウロ大学に留学していました(当時は3年次)。今回、ブラジルでの留学経験について書きたいと思います。

Boa tarde! Eu sou Ayumi Hanayama. Fiz intercâmbio na Universidade de São Paulo por 2 semestres. Desta vez quero escrever minha experiência de intercâmbio no Brasil.

ブラジルに着いてから、授業開始まではモジ・ダス・クルーゼスで親戚と過ごしました。携帯のSIMや身分証明書、銀行口座の開設など留学生活の準備を手伝ってもらいました。レストランに連れて行ってくれるなどとてもよくしてくれました。久しぶりに会えたのでとても嬉しかったです。
Depois que cheguei no Brasil, até começar as aulas, eu fiquei com os meus parentes em Mogi das Cruzes. Eles me ajudaram Sim móvel, fazer meu identificação e abrir a conta. E me trataram muito bem me levaram em vários lugares inclusive em restaurantes. Eu fiquei muito feliz em rever-los depois de muito tempo.

大学が始まってからは、朝に授業を受け、お昼は友達と学食で食べ、その後、図書館に行って勉強するというルーティンで過ごしていました。天気の良い日は芝生で友達と話したり、時々、ブタンタ駅にあるミルクシェイクを飲みに行ったりもしました。大学ではよくパーティーが行われており、私は6月にあったフェスタジュニーナに参加しました。この祭りにしかない食べ物を食べ、ダンスを踊り、とても楽しかったです。
Depois de começar as aulas, minha rotina era assistir as aulas de manhã, almoçar junto com meus amigos no Bandejão e depois estudar na biblioteca. Quando o tempo estava bom, ficávamos conversando na grama da faculdade, as vezes íamos tomar milk shake na lanchonete que tem dentro da estação Butantã.
Na faculdade tem bast festas, eu participei da Festa junina. Eu comi comida típicas e dancei quadrilha e foi muito divertido.

休みの日にはアベニーダ・パウリスタやリベルダージによく行きました。他にもピナコテッカ美術館、サンパウロ中央市場など色々なところに行きました。イビラプエラ公園でピクニック、友達の誕生日にはバーに集まって祝ったり、ボーリング、お泊まり会、タウバテに連れて行ってもらったりなど友達ともたくさん一緒に過ごしました。ワールドカップ期間は友達の家で集まって観戦し、日本戦は他の日本人留学生達と文協で観戦しました。
Dia de folga, eu fui na avenida paulista, na liberdade frequentemente e fui também, Pinacoteca de São Paulo e Mercado Municipal de São Paulo. E passei bastante tempo com meus amigos, fizermos piquenique, comemoramos aniversário da minha amiga, formos no boliche, fui pousar na casa da minha amiga e fui conhecer Taubaté. Período da copa, quando era jogos do Brasil eu assistia na casa dos meus amigos brasileiros e quando era os jogos do Japão eu assistira no Bunkyo com meus amigos japoneses intercambistas.

サンパウロ以外ではリオ・デ・ジャネイロに行きました。コルコバードのキリスト像やポン・ジ・アスーカルなど有名な観光地を巡りました。景色がとても綺麗でブラジルにいることを実感しました。
Além de São Paulo, conheci o Rio de Janeiro, fui nos lugares turísticos como Cristo redentor e Pão de Açúcar. A paisagem era muito linda e sentir que estava no Brasil.

思い返すと、私の留学生活は周りの人に恵まれ、なんてことのない日々の生活が輝いていて、とても充実していました。留学は何物にも代え難い最高の経験です。一生の中でこのような経験ができたことは幸運だと思います。この留学を通して、ブラジルという国や人のことがより一層好きになりました。
Olhando para atrás percebo que meu intercâmbio foi abençoado com pessoas maravilhosas, meu dia dia foram dias brilhantes e muito gratificante. Através desse intercâmbio passei ha gostar ainda muito mais do Brasil e do povo brasileiro.

ここまで読んでいただきありがとうございました。
Obrigada por ter lido até a final.
  • 友人たちとシュラスコを堪能
  • 大学内の広場で友人と過ごす
  • サンパウロ大学のキャンパス

Page top