ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS


2013/06/06 00:20:00 ラテンアメリカ教養講座 「ブラジルの酒―火酒と葡萄酒」

  • Categoryイベント
  • Posted by住田 育法
6月5日(水)18時15分~19時40分まで、京都ラテンアメリカ研究所主催の教養講座『嗜好品でめぐるラテンアメリカ』で、「ブラジルの酒―火酒と葡萄酒」について報告しました。キリスト教では葡萄酒(ワイン)がミサに登場しますが、日本では日本酒が神聖な儀式に使われます。ブラジルでは砂糖キビの火酒、カシャッサが神聖な意味を持ちます。黒人宗教とキリスト教のシンクレティズムの神に奉げられます。地域の歴史と風土によって酒は内容を変えます。生産者、消費者双方のまなざしからブラジルの酒の魅力を語りました。

カシャッサが、ブラジル文化を代表する酒と世界で認められるのは1994年、ブラジルを代表する輸出品と米国がみなしたのは2012年と、比較的最近のことです。しかし、植民地時代の1661年、宗主国ポルトガルは植民地ブラジルのカシャッサの醸造を認めています。カシャッサはブラジル文化にとって、2つの重要な意味を持ちます。それは、ワインとは異なり、民衆のものであり、新世界ブラジルの産物であること、第2には植民地時代の砂糖生産を支えた、黒人の嗜好に繋がるものであったことです。

ポルトガルの植民地でありながらその特産品のワインではなく、カシャサがブラジルで支持された背景は、まず、ヨーロッパとは異なり、熱帯であったこと。第2には、ポルトガル本国が植民地ブラジルの工業を禁止したことから、工業と農業が融合した、ワインの生産が発達できなかったためです。3つ目は、ブラジルの食文化が、ワインを求めるようなものではなかったからです。

北東部のセアラの「Ypióca」とサンパウロの「51」を試飲していただきました。オーク材のような樽を利用していない、透明な酒ですから、カイピリーニャなどのカクテルに合うのですが、そのままのもを準備しました。子供のためのカトリックの6月祭には、カイピリーニャとしてふるまわれます。ちょうど、日本の甘酒のようなものでしょう。今では、ウィスキーやブランデーのように、カッシャサが、旅行中の機内サービスに登場します。

「京を掘る:ブラジルの酒「カシャッサ」味わい、教養講座−−京都ラテンアメリカ研究所 /京都」の見出しで毎日新聞(2013年06月25日)の地方版に紹介されました。
  • レモンと砂糖のカイピリーニャ  この他、日本のレモンやイチゴ、キウイ、パッションフルーツ、ブドウなども。 ブラジリアのレストランにて
  • カッシャサからカイピリーニャを作る リオのサントス監督宅
  • カッシャサに合うフェイジョアーダ 独特のとろみは豚骨から

2013/06/03 16:50:00 Folclore português na Semana Cultural Luso-Brasileira

  • Categoryイベント
  • Posted byJosé Júlio Rodrigues
O folclore português esteve em destaque na Semana Cultural Luso-Brasileira.

No dia 27 de maio, durante cerca de 40 minutos o campus da Universidade de Estudos Estrangeiros de Quioto foi inundado pelo sons do folclore português. Um grupo de cerca de trinta estudantes do Departamento de Estudos Luso-Brasileiros, orientados por docentes da universidade, cantaram pela primeira vez no anfiteatro canções como “Menina estás à janela”, “O Chapéu preto” e “Todos me querem”.

O professor orientador do grupo não esqueceu a Universidade de Coimbra, com quem nos liga um protocolo de cooperação, e incluiu no programa a “Balada da Despedida”. No fim do evento afirmou a todos os presentes: “Que os sentimentos expressos na Balada façam eco no coração dos nossos estudantes, que Quioto e a Universidade sejam sempre recordadas com saudade”.

Agradecemos ao Prof. Kazuo Miyashita, da Universidade de Artes de Osaka, todo o apoio que nos dispensou.

2013/06/02 16:10:00 Término da Semana Cultura Luso-Brasileira

  • Categoryイベント
  • Posted byMoisés Kirk de Carvalho Filho
Na sexta-feira passada se encerrou a Semana Luso-Brasileira na nossa universidade (Kyoto Gaidai). Parabéns a todos os que participaram e a todos os que ajudaram de uma foram ou de outra a organizar e a realizar esta série de eventos que só faz enaltecer e divulgar a cultura Luso-Brasileira no Japão.

Esta foi a terceira vez que o departamento de Estudos Luso-Brasileiros teve o privilégio de organizar e oferecer aos alunos de nossa universidade uma semana com diversos eventos culturais e esportivos que são representativos de nossas culturas. Entre eles, foram realizados apresentações de música popular portuguesa, shows de samba e de bossa nova, exibição de filmes, exibição da tradicional capoeira do Brasil e até mesmo um workshop de culinária portuguesa.

Foi realmente uma semana de instrução e muita diversão na qual alunos e professores colaboraram e participaram alegremente.

Bom trabalho!






2013/06/02 15:50:00 Fim da Semana Cultural Luso-Brasileira

  • Categoryイベント
  • Posted byPedro Aires
A Semana Cultural Luso-Brasileira terminou no dia 31 de maio, com um evento de culinária portuguesa.

A especialista em gastronomia portuguesa Izumi Tanda ensinou mais de 50 alunos e professores a cozinhar pastéis de bacalhau e arroz de marisco. O evento decorreu nas instalações da Kyoto Gaidai Nishi High School, ao lado da universidade.

Todos os participantes aprenderam a cozinhar dois pratos representativos de Portugal e no fim puderam provar as iguarias preparadas por si próprios. A instrutora Izumi Tanda é autora de vários livros sobre culinária portuguesa e gere um restaurante caseiro onde os habitantes de Quioto podem provar a comida deste país: http://www.boaboca.com (sítio em japonês)

Entre os dias 27 e 31 de maio houve vários eventos culturais relacionados com Portugal e o Brasil na Universidade de Estudos Estrangeiros de Quioto, em uma muito participada celebração da lusofonia.
  • Pastéis de bacalhau
  • Arroz de marisco

2013/05/31 09:30:00 日本・ポルトガル交流470周年のまなざし

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
平成25年の本年は天文12年の1543年に種子島に鉄砲が伝わって470年の節目にあたります。在ポルトガル日本国大使館では470周年関連情報のためのサイトを開設しています。次のアドレスからリンクできます。http://www.pt.emb-japan.go.jp/470Anos/index_jp.html

鉄砲伝来6年後の1549年にはバスク人のフランシスコ・ザビエルによりキリスト教が伝来しました。昨年、ブラジルでの調査を終えて、8月26日の夜リオからポルトに飛び、ヨーロッパ経由の帰国を利用して、翌27日から9月初旬まで、ポルトガル北部の教会や修道院のいくつかを訪問しました。ポルトガルのポルトから高速道路を北に走って、ガリシアのサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂のミサにも参列しました。コインブラでは天正少年使節以前に彼の地に渡り、洗礼を受け司祭となった、日本人の遺骨が安置されているという新大聖堂も訪れました。アジアの日本人として私は、ポルトガル各地の荘厳な建造物に身を置き、キリスト教徒の信仰心に畏敬の念を抱くことになります。

「ローマ教会に1つの報告がもたらされた。ポルトガルのイエズス会が日本に派遣していたクリストヴァン・フェレイラ教父が長崎で<穴吊り>の拷問をうけ、棄教を誓ったというのである」、という話からはじまる遠藤周作の『沈黙』が47年前に新潮社より刊行されました。この作品はポルトガル語にも翻訳されていますが、21世紀の今を生きるキリスト教徒にとって、この話題は深刻でしょう。ヨーロッパを訪問することなく、日本で殉教した日本人切支丹の遺骨がマカオの聖パウロ天主堂跡の地下聖堂に納められています。入口に「敬虔な信者もそうでない信者も共に、三百年以上もの間、ここに埋葬され永久の眠りについています」との説明があります。

海外からの訪問者に京都の神社や寺院を案内するとき、私が感動した、ポルトガルの重厚な建造物のことを考えます。そして、はるか昔の侍の時代、日本の若者が彼の地を訪問して味わったであろう、アジア人としての素朴な驚きの「まなざし」に思いを致します。
  • 鉄砲伝来記念像  種子島門倉岬  2011年3月撮影 鉄砲伝来記念像 種子島門倉岬 2011年3月撮影
  • サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂 サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂 2012年8月撮影
  • コインブラ新大聖堂 16世紀末にイエズス会により建造 コインブラ新大聖堂 16世紀末にイエズス会により建造 2012年9月撮影

Page top