ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS


2016/12/12 02:10:00 東アジア南蛮空間の旅(3)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 南蛮空間マカオ訪問の楽しみは、大航海時代の食文化の遺産との出会いです。特に、ポルトガルの赤ワインとインド洋に面した各地のスパイスを利用した、アフリカンチキンとの組合わせは絶妙です。夏至に太陽光線が垂直に照返す北緯23度の北回帰線の通る台湾の、さらに南の亜熱帯にマカオが位置していることも、温帯とは異なる食の醍醐味に私たちを誘ってくれます。それは亜熱帯で甘い熱帯フルーツを味わえる贅沢です。

 ポルトガル人の友人はよく自宅の庭に植えられている果樹を話題にします。植民地であったブラジルでも、庭の植物は砂糖を使ってジャムにできるような果実をつける木を好みます。果樹園のないマカオでは、もっぱら周辺のフィリッピンなどからの輸入ですが、市場はいつもバナナやマンゴーで溢れています。

 中国返還まえの1992年にマカオでポルトガル人のジョゼ-・エドゥアルド・メンデス・フェラン(José Eduardo Mendes Ferrão)さんがポルトガル語と中国語で出版した、和訳すると『植物の冒険とポルトガル人の地理上の発見』というタイトルの本が手元にあります。

ポルトガル語:
A Aventura das Plantas e Descobrimentos Portugueses
中国語:
植物的旅程與葡國航海大發現

 マカオをポルトガル語圏だとすれば、ポルトガルを除く世界9ヵ国のポルトガル語圏は、すべて熱帯か亜熱帯に属しています。したがって、この本が取上げている旧世界の植物、新世界の植物、その多くが、熱帯や亜熱帯の食用のものです。

 大航海時代に、アフリカに面したイベリア半島のポルトガルは、熱帯を「発見」し、その豊かな「果実」を世界に伝えました。『植物の冒険とポルトガル人の地理上の発見』によると、アボガドやピーナッツ、バニラ、グアバ、トマトは中米原産、パイナップルやカジューは南米、チョコレートの原料のカカオはカリブ海に面した南米、パッションフルーツは中南米、パパイアがアンデス地域の原産のようです。

 興味深いのは、現在ではブラジルを代表するバナナやココヤシ、マンゴー、サトウキビの原産地が東南アジアだということです。つまりポルトガル人は大航海時代に、新世界の産物を旧世界へ、旧世界の産物を新世界へ運んだのです。植物のみではなく、家畜などの動物も、そして人も運び、接触させ、発展させたのです。

 南蛮の民が日本に伝えてジャガイモはジャワの芋、サツマイモは薩摩の芋、さらに南米のトウガラシは唐の辛子と呼ぶようになったということも、アジアを拠点に交易を進めたポルトガル人の活動を考えると納得できます。ところでこの南蛮ですが、繁体字を用いるマカオでは「南蠻」と書きます。これを中国語のウィキペディア中文百科にアクセスすると「古代中国で南の民を呼んだ蔑称」という説明のみが強調されています。そのため私は、ポルトガル人に「中国人は南の野蛮人という意味で用いたが、私たち日本人は人道的なキリスト教や歴史を変えた鉄炮などを伝えた西洋への憧れの気持ちから、ポルトガル人のことを南蛮人と呼ぶ」と説明しています。
  • マカオのレストランで食べたアフリカンチキン
  • マカオとリスボンで出版された『植物の冒険とポルトガルの地理上の発見』
  • マカオ博物館の丘の麓のガジュマル(榕樹)

2016/12/09 01:00:00 フルミネンセ連邦大学シルヴァ名誉教授「ジョアン・リベイロ」メダル受賞

  • Categoryブラジルのニュース
  • Posted by住田 育法
 私のブラジル留学中の恩師マクシミアーノ・カルヴァーリョ・イ・シルヴァ先生が本年、2016年7月に、ブラジル文学アカデミーより栄えある「ジョアン・リベイロ」メダルを受賞(写真は先生と奥様)されました。11月にこの写真を添えて、先生の友人や教え子たちへの挨拶のメールが届きました。先生は90歳の今も、出版のための執筆活動を続けています。

 思い起こせば、シルヴァ先生の指導により「ブラジル語法」の面からポルトガル語の弱勢人称代名詞の位置の問題について研究し、言語に表われたブラジルのナショナリズムを裏付けたのが、ちょうど42年まえでした。

 政治的独立から100年を経た1920年代のブラジルは、近代主義の潮流に同調する文化的ナショナリズムが強まっていました。戦間期という特別な国際環境の中で、1930年以降は、独裁によって国家の統一を推しすすめるブラジル的民族中心主義が高まったのです。1860年生まれの文献学者のジョアン・リベイロは、「ブラジル語法」擁護などを主張した文化人でした。42年まえの私の修士論文もリベイロの文献を参考にしています。そして今、恩師がその名を冠する賞を受けたことに、特別の喜びを覚えています。

 42年まえの1974年4月25日に、ポルトガルで「カーネーション革命」または「リスボンの春」と呼ばれるサラザール独裁体制終焉の歴史的クーデターが勃発したのです。カモンイス研究で知られるシルヴァ先生のポルトガルへの研究旅行が中止となったのです。先生は私に、「住田、ポルトガルへ行かなくなったので、ブラジルで日本人のきみを指導する」とおしゃってくださいました。遙か日本の裏側で起こった大西洋を挟んだ突然の出来事が、日本から留学した私にとっては、通常の授業に加えて、本格的な論文指導を受ける絶好の機会となったのです。

 シルヴァ先生は1984年10月に本学で集中講義を行うため来日されました。その後、私がリオを訪問する際に出会いを重ね、1998年にフルミネンセ連邦大学文学部名誉教授になられた今も、交流が続いています。ポルトガル語でSUMIDAは「いなくなった人」という意味があります。3年まえにお会いしたとき、先生は私に、「今まで多くの日本の若者を指導してきたが、皆SUMIDAとなっている。SUMIDAではないのは、住田だけだ」とおっしゃってくださいました。
  • 「ジョアン・リベイロ」メダル受賞のシルヴァ先生と奥様
  • 2015年8月、シルヴァ先生のご自宅の書斎を訪問
  • 2016年8月、ニテロイのキャンパスの本屋で先生と再会!

2016/11/22 00:20:00 東アジア南蛮空間の旅(2)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 私がマカオを訪問するのは、キリシタン研究のためではありません。日本に近いアジアのポルトガル語圏として、マカオには多くのポルトガル人が居住し、マカオ大学やポルトガル総領事館などにおいて、ポルトガルの言語と文化の普及に努める環境が存在するからです。しかし、歴史の香りを求めて散策するとき、感動的な南蛮空間との出会いを体験できます。

 2012年11月4日の日曜日の早朝、京都駅南のアバンティから空港バスで関西空港に向かい、全日空香港行きに10時に搭乗。関西空港を10時26分に離陸、香港時間9時26分。香港空港に13時40分に着陸、15時17分にマカオ港に向けてターボジェットで出発。夕刻、マカオの宿泊ホテル、Hotel Sintra (新麗華酒店) に到着しました。

 11月5日月曜日にマカオ大学を訪問し、翌6日の火曜日に、観光名所の聖パウロ大聖堂跡を訪れました。

 遠藤周昨の『沈黙』は、「ローマ教会に一つの報告がもたらされた。ポルトガルのイエズス会が日本に派遣していたクリストヴァン・フェレイラ教父が長崎で「穴吊り」の拷問を受け、棄教を誓ったというのである。この教父は日本にいること二十数年、地区長という最高の重職にあり、司祭と信徒を統率してきた長老である。」という記述で始まっています。

 そして、1638年の場面で、マカオが登場します。

 「日本にむかう母国の便船が全くないことを知った三人の司祭は、絶望的な気持ちで澳門(マカオ)までたどりついた。この町は、極東におけるポルトガルの突端の根拠地であると同時に、支那(シナ)と日本との貿易基地であった。万一の僥倖(ぎょうこう)を待ちのぞみながら、ここまで来た彼等は、到着早々、ここでも巡察師ヴァリニャーノ神父からきびしい注意をうけねばならなかった。」

 『沈黙』は一気に読める作品です。大学生のころ読み、日本人は容易にキリスト教を受入れなかった、ということが印象に残っていました。2012年に再び読み、今日のマカオをよく知る立場で、キリスト教に対して強い感慨を抱くことになりました。毎年のようにマカオとポルトガルを訪問したことが、この作品の理解を学生のときとはまったく違ったものにさせたのでした。

 300年以上の時を経て、その大聖堂跡の納骨堂に立つとき、はるか昔の日本人キリシタンたちの姿が鮮烈によみがえります。そこに眠るキリシタンの中には京都に住んだ人もいたでしょう。不思議な遭遇にしばし時空の瞑想に耽りました。

 11月7日の水曜日、いつものように短いマカオ滞在を終えて、妻と香港時間15時20分、日本時間16時20分に香港空港を離陸、日本時間19時41分に関西空港に着陸。鎖国時代でないことを密かに喜びながら、家路に就きました。
  • 聖パウロ大聖堂跡のファサードの前にて
  • 聖パウロ大聖堂跡納骨堂の日本人キリシタン殉教者リスト
  • 聖パウロ大聖堂跡芸術博物館展示の26聖人殉教の絵

2016/11/20 01:10:00 東アジア南蛮空間の旅(1)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 2016年の4月と11月、マカオを2度、訪問しました。4月は国際学会での研究発表のため、今回はポルトガル人の友人との学術交流のためでした。

 2016年11月1日火曜日、朝10時18分、関西空港で全日空機香港行きのB767-300に搭乗。香港時間は朝9時18分。香港時間の9時33分に離陸、13時30分に香港空港に着陸。港で3時間余り待ち、17時6分にマカオ行きのターボジョットで出発、18時11分にマカオに到着しました。港から宿泊のホテル・シントラまでホテルのリムジンバスで移動。乗客は私たち夫婦のみです。街は11月17日からのマカオグランプリの準備でレースのための華やいだ光景がカジノの街のネオンを引き立たせていました。

 私の目的は、グランプリでもカジノでもありません。素朴な南蛮の香りを味わうことです。街角の交通標示は中国語とポルトガル語。たとえ出会う人々が中国人でも、食べるものが中華料理でも、私の心は南蛮のエキゾチックな気分に浸ることができるのです。ホテルの部屋のテレビはポルトガル語のマカオ放送、新聞もポルトガル語版が複数あります。通貨はパタカ。

 いつもマカオ大学関係者に会いますが、アジアの地で、ポルトガルを懐かしみながら、東洋人である私とポルトガル語でおしゃべりができる出会いを、マカオのポルトガル人の友人たちは楽しんでいるようです。

 毎回、1週間以内の滞在ですが、毎日、南蛮の風景の中で、懐かしい出会いを体験できます。いつも妻がそばにいますが、私はもっぱらポルトガルのワインを楽しみ、妻は中国茶です。ポルトガル語圏特区のマカオはポルトガルの祭日も休みなので、日本の彼岸のような11月2日の死者の日は、大学の友人とコロアネ島黒沙のポルトガル料理のフェルナンドでおしゃべりと食事を楽しみました。

 古い友人のルイ・ロッシャさんが中国茶の店を開いているので、そこに立ち寄りました (写真)。アルコールではなく、お茶を楽しむポルトガル人です。

 11月4日金曜日、朝11時31分、マカオ港をターボジェットで出発。12時46分、香港飛行場の港に到着。香港空港発関空行きの全日空機のB767-300に搭乗を終え、15時30分に離陸。香港時間18時、日本時間17時に関空に無事、着陸し、京都への帰路につきました。
  • マカオ大学マルティンス副学長執務室で副学長やコスタ教授と情報交換
  • コロアネのポルトガル料理店「フェルナンド」で大学関係者といっしょに
  • 中国の緑茶をいれる旧友のルイ・ロッシャさん、彼のお店で大学の皆さんと

2016/11/19 11:30:00 南米ブラジルのフロンティアの西進(4)

  • Categoryブラジル紹介
  • Posted by住田 育法
 南米大陸のフロンティアの西進は、20世紀中葉の1960年の遷都によって最大の展開を迎えます。建築に携わった労働者はカンダンゴと呼ばれる北東部からやって来た人たちでした。 

 しかし、何にもまして重要だったのは、ひとりの大統領の情熱でした。

 つまり遷都は、冷戦下の国際関係において、親米外交を進めた、ミナスジェライス出身のクビシェッキ大統領による中西部への前進に対する冒険的な挑戦の賜でした。セラードと呼ばれる大草原の真ん中に、超近代的な都市ブラジリアを建設し、実際に連邦政府の首都としてスタートさせたのです。

 歴史の偶然ですが、1960年のブラジルの大統領のジュセリーノ・クビシェッキの愛称はJK、翌1961年に就任し、ラテンアメリカとの経済協力関係を求める「進歩のための同盟」を唱えた北米のアメリカ合衆国大統領もJK、つまりジョン・ケネディでした。そして、ちょうど53年前の1963年11月に北米のJKは暗殺されますが、南米のJKも40年前の1976年8月の死は暗殺であったと伝えられています。

 さらに歴史を遡ると、ヒトをモノとして売買した黒人奴隷の完全解放によって、ようやく社会が旧から新への「チェンジ」を果たしたのは、わずか128年前の1888年だったのです。翌89年には帝政が崩壊し、政治が新しい共和政に移行します。そして1891年に、連邦共和制を定めた「ブラジル合衆共和国憲法(CONSTITUIÇÃO DA REPÚBLICA DOS ESTADOS UNIDOS DO BRASIL)を制定し、南米に「合衆国」が生まれます。フランスの「自由、平等、友愛」に、アメリカ合衆国の「民主主義」が加わったのです。

 北米の合衆国のように、南米の「大国」を目指していたブラジルが、本当にその目標を達成できるとは100年前には容易に想像できなかったでしょう。しかし、BRICSの一つとして、中国、ロシア、インドに並ぶ新興国として世界の経済地図を塗り替えようとしている21世紀の今は、未来においては「もしかすると南米に超大国ブラジルが誕生するかもしれない」と思えるかもしれません。それでも、政治、経済、教育など、北米の超大国の合衆国にははるかに及ばない多くの問題を抱えています。

 1990年に本学とブラジリア大学との交流協定締結のために来学した建築学が専門のホリ教授よると、ブラジル高地を流れる3つの大河の源流にあたるので、その地を首都に選んだそうです。まさに、広大な空間の要に「連邦区」である首都を築いたのです。

 「荒れ地に誕生した廃墟のような都市」、という過去によく聞かれた欧米やブラジルの都市住人による誤解や批判に耐えて、66年を経た今、南米の大国ブラジルの西進を支える首都として確かな歩みを続けています。
  • 国会議事堂、大聖堂などニーマイヤーの作品が並ぶプラーノピロット
  • プラーノピロットと衛星都市を結ぶ地下鉄の乗客
  • 2010年8月ブラジリア外務省を訪問しブラジル政治の現状について情報交換

Page top