ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS


2024/01/05 10:00:00 ポルトガル語弁論大会を「堪能」して

  • Category在学生の声
  • Posted by岐部雅之
みなさん、こんにちは! ブラジルポルトガル語学科4年次生の田代結愛です。
約1年半前に「ポルトガル語弁論大会に出場して」というタイトルで、練習方法や出場に至った経緯などを綴りました(4回連載)。

そこで今回は、弁論大会に“出場者(2021年度)&司会者(2022年度)&運営スタッフ(2023年度)”として関わり、感じたことを綴ります。

2年次の時は、出場者として大会に参加しました。本番までに、たくさん練習を積み重ねてきましたが、当日の朝は緊張に押し潰されそうでした。今でも鮮明に覚えています。それでも、周りのサポートや励ましの声が心強く、運営スタッフや司会者を含めて顔見知りも多く、落ち着いて自分の発表に臨むことが出来ました。大会では4位入賞をいただき、関わった人たちと喜びを分かち合えて心から幸せでした。大会が終わると同時に、次は経験したことを活かして、大会を支える側に回りたいと思う自分がいました。

出場から1年が経ち、3年次の時は、自ら立候補して司会者(ポルトガル語担当)の立場で大会に参加しました。それは私が出場者だった時、司会者の一人が「発表者のすぐ近くが司会者席で、そこから見守ってるし、一人じゃないから大丈夫!」と、言ってくれたのが心に残っていたからです。また、この大会には、私が出場していたことに感化され、出場を決めた友人がいたことも、司会者に立候補した理由の一つです。一番近くでパワーを送りたいと思っていたのです。司会者は、出場者の時とは異なる緊張感がありましたが、大会を違った角度から味わうことが出来ました。貴重な経験をさせてもらえて、とても嬉しかったです。

4年次の時は、運営スタッフとして参加しました。出場者や司会の時のような不安や緊張はありませんでした。その分、「出場者や司会者の気持ちが分かるからこそ、自分の出来る精一杯のサポートをしよう」という気持ちで参加していました。出場者の人に声を掛ける時も「私も2年前に出場者していたので、ドキドキする気持ち分かります」と声を掛けたり、司会者の人にも事前に気を付けておいたほうが良いポイントを伝えたりしていました。

通算3回の弁論大会を通して、自分を大きく成長させられたと思います。先生方や、学科の仲間、他大学の人との繋がりが出来たのも、この弁論大会にあらゆる形で参加したからだと思います。

このブログを読んで、少しでも弁論大会に参加してみたい気持ちが生まれた人は、ぜひぜひ学科の先生に声を掛けてみてくださいね。また私のブログ以外にも、前回の弁論大会に出場した学生のブログもあります。それぞれの観点で書かれているので、興味深い内容ですよ(^▽^)/)))

最後に...
ブログを読んでいただき、ありがとうございました。私は、2024年3月に大学を卒業し、社会人という新しいスタート地点に立ちます。新たな環境でも、この大学、学科で学んだことや経験を活かし、「自分らしく、前向きに」頑張っていきたいと思います!
Muito obrigada! Tchau!!
  • 司会者としての田代さん(一番右)

2023/12/15 12:40:00 「第12回ポルトガルスピーチコンテスト」(大阪・サンパウロ姉妹都市協会)

  • Categoryお知らせ
  • Posted byフェリッペ・モッタ
サンパウロ姉妹都市協会のホームページで第12回ポルトガル語スピーチコンテストの告知がありましたので、お知らせいたします。
奮ってご参加ください。教員が指導いたします。

下記はサンパウロ姉妹都市協会のホームページから抜粋です。
詳細はこちらをご確認ください。

☆☆☆☆☆

■「第12回ポルトガルスピーチコンテスト」
 2024年2月11日(日)開催 

 大阪・サンパウロ姉妹都市協会では、世界に開かれた国際都市・大阪、その次代を担う高校生以上35歳までの方を対象に、「第12回ポルトガル語スピーチコンテスト」を開催します。
 優秀者の中から1名、2024年8月頃に、ブラジル・サンパウロ市へ派遣し、約2週間のホームステイを体験いただく予定にしております。

■開催日時:2024年2月11日(日)13:30~17:00 
■会  場:TB-SQUARE osaka(大阪市中央区島之内2-13-22)
■申込締切: 2024年1月18日(木)必着

 その他詳細は募集要項をご参照ください。

☆☆☆☆☆

 
  • ポスター ポスター

2023/11/25 16:00:00 第41回全日本学生ポルトガル語弁論大会(結果報告)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by岐部雅之/フェリッペ・モッタ
11月18日(土)、第41回全日本学生ポルトガル語弁論大会が本学で開催され、以下のとおり出場した本学学生が優勝を含む上位入賞を果たしました(全国8大学から17名が参加)。

第1位 駐日ポルトガル大使杯
福田眞彩(3年次)
演題:ポルトガル語で演技することは生きること

第2位 京都外国語大学総長杯
松尾 有紗(1年次)
演題:ありのままの私を受け入れて

第4位 駐神戸ポルトガル名誉領事賞
青沼 誠一郎(1年次)
演題:剣道の美しさ~伝統武術に魅せられて~

出場した本学学生4名には、弁論大会に出場体験記を本ブログに寄稿してもらう予定です。楽しみにしていてください。

当日は司会2名のほか、学生スタッフ8名が裏方として大会運営を手伝ってくれました。
この場を借りて感謝をお伝えします。ありがとうございました。

  • 審査員と入賞者 審査員と入賞者

2023/11/17 13:00:00 本学科卒業生が『ブラジル日系人の日本社会への貢献』(梅田邦夫著)に取り上げられる

  • Categoryお知らせ
  • Posted byフェリッペ・モッタ
この度、本学科の卒業生である井手口カーレン睦美さん(2016年度卒)が『ブラジル日系人の日本社会への貢献』(梅田邦夫著、東京図書出版 2023年)に取り上げられました。

本書籍は日本で活躍するブラジル日系人、または在日日系人の歴史を紹介するもので、著者の梅田氏は外務省出身で駐ブラジル特命全権大使を歴任された方です。

井手口さんは1993年の生まれの日系3世です。京都外国語大学ブラジルポルトガル語学科を卒業された後は大阪府の貿易会社や鳥取県の町役場で働き、2022年に「am国際行政書士オフィス」を開設されました。同級生の國政洋平さんと結婚されています。

かつて井手口さんと國政さんにポルトガル語を教えた本学科長の伊藤秋仁教授はお二人のことを下記のように回想しています。

「在日ブラジル人の学生がブラジルポルトガル語学科に入学することで、学生自身が自身のアイデンティティにフォーカスするだけでなく、学生の家族全体がブラジルというルーツに再び向き合うようになるという姿を何度か見てきました。井手口さんのサンパウロ大学への派遣留学がそのハイライトでしたね。我々教員もそんな学生たちやご家族の姿を見るととても幸せな気分になります。國政君も非常に積極的な学生で、弁論大会に出たり、ポルトガル語研究会で活躍したり、留学したり、ボランティア活動をしたり、あんまり勉強は熱心ではなかったような気もしますが(笑)生涯の伴侶を見つけたり(こちらは熱心だった)、充実した青春時代をブラジルポルトガル語学科で送っていました。Felicidades para suas vidas futuras juntos!」

この度の書籍の刊行に際して井手口さんは「こちらの本に取り上げていただくにあたって、京都外国語大学での学生生活がなければ今の私はいないといっても過言ではないくらい、京都での学生生活とブラジルへの派遣留学は大きな影響を与えています。
現在の行政書士という仕事に出会ったのも、伊藤先生からの影響がとても大きいです。伊藤先生は帰化の手続きにあたって、たくさん背中を押してくれました。
また、私自身がブラジル人のアイデンティティとしっかり向き合えたのは、京都外大に入学してからミドルネームの「カーレン」という名前を周りに呼ばれ始めてからです。
ポルトガル語のスピーチコンテストや、京都外大で開催された弁論大会などに積極的に参加し、そこで自身のアイデンティティについて、名前についてスピーチしたことで徐々に受け入れていったと思います。ピカイチプログラムでブラジル人学校の日本語ボランティアや進学支援の団体で活動したことも、今のNPO法人ABCジャパン群馬支部代表の活動にも大きくつながる部分があります。また、授業の内容で、ブラジル・ポルトガルの文化や歴史、移民の歴史などを学ぶことで、より自分自身のルーツに興味が沸き、ブラジルへ行った時に博物館や資料館などでブラジルや世界からみた視点でのそれらについてより吸収することができました。今の私を作り上げたすべての好奇心やアイデンティティに向き合うきっかけは京都外大で培われたものです。現在自分で仕事をしていく上で、京都外大で学んだすべてのことが活きているので、これからもまだまだ色んなことに挑戦していく上で、その姿が後輩たちの背中を少しでも押すことができればいいな、と思っています」とご感想を述べられました。

本学科の教員一同は井手口さんと國政さんのますますのご活躍を応援しています。Parabéns!

本書は学科共同研究室に配架されるので、現役生の皆さんも手に取ってみてください。
  • 『ブラジル日系人の日本社会への貢献』の表紙 『ブラジル日系人の日本社会への貢献』の表紙
  • 井手口さん 井手口さん
  • 目次の掲載箇所を指さす

2023/11/10 14:10:00 「王子様の耳はロバの耳」を演じてーブラジルポルトガル語研究会より感想文

  • Categoryイベント
  • Posted by岐部雅之/フェリッペ・モッタ
11月4日(土)、本学の学祭の一環としてブラジルポルトガル語研究会が演目「王子様の耳はロバの耳」を披露しました。練習を繰り返した部員たちの努力が報われ、喝采をいただき劇が成功裏に終わりました。
今回の演目について山本千夏部長(3年次)より下記の感想文を寄せていただいたので投稿します。

「ブラジルポルトガル語研究会会長の山本千夏です。 11月4日に語劇祭が行われました。そこで、ブラジルポルトガル語研究会は『王子様の耳はロバの耳』という演題で劇を披露しました。 私は監督という立場で語劇に参加しましたが、初めてのことばかりで、たくさん悩みました。どうしたらより良い劇になるのかを部員と何度も話し合い、たくさんの方々の力を借りて、素敵な劇を作り上げることができました。 私にとって、語劇は言語を学ぶ楽しさを教えてくれたとても貴重な経験です。」

ブラジルポルトガル語研究会のさらなる活動を学科一同で応援したいと思います。
  • 舞台上での挨拶 舞台上での挨拶
  • 演劇のあと、会場前にて 演劇のあと、会場前にて

Page top