ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS


2017/01/03 12:50:00 東アジア南蛮空間の旅(4)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 ポルトガル語を公用語とする世界の9ヵ国は、ヨーロッパのポルトガルを除いて、すべて熱帯に位置しています。中国のマカオも回帰線に挟まれた高温多湿の地域です。ポルトガル人は過去の大航海時代に、熱帯空間の旅を経て、はるか東洋の気候温暖な日本に到達したのです。当時の東アジアのキリスト教布教活動の拠点はマカオでした。

 今回はそのマカオに近い台湾を私は取上げます。理由は北回帰線が通る熱帯の台湾で、遠藤周作の作品『沈黙』の映画製作のための撮影が行われたからです。2017年1月2日の夜、NHKBS1が、過去、「タクシードライバー」など多くの名作を作った今回の米国人マーティン・スコセッシ監督やキチジロー役の日本人俳優へのインタビューに基づいて、映画製作の舞台裏に迫るドキュメンタリー番組を放送しました。1月7日(土)午後7時から再放送。

 2012年に私は映画『沈黙―サイレンス―』のロケ地と伝えられている台湾の花蓮を訪問しています。日本からマカオへ向かうとき、台北経由の航空路線があります。さらに、マカオ在住のポルトガル人たちの勧めもあって、近年、台湾に出かけるようになりました。ポルトガル語を聴くためにはマカオが良いのですが、世界のポルトガル語圏、特にブラジルの「熱帯」の文化を楽しむには、英語の通じる台湾も素敵です。モンスーン気候によって熱帯のような夏を迎える西日本の環境は高温多湿の台湾の自然に似ていることを実感しました。

 スコセッシ監督は、日本語と欧米の言語の間に訳本には「翻訳の問題」があることを指摘しています。それは「棄教」あるいは「転ぶ」という言葉です。宗教の問題、というより、文化の違い、という立場からNHKの番組で、配慮せずに訳すことは、「誤訳」であるとまで主張しています。映画では予告編を観ると「棄教」は "Lost God"、「転ぶ」は "KOROBU"と語らせていますね。

 私の手元にはブラジルで購入した『沈黙』のポルトガル語訳版があります。これは英語版からの重訳のようです。「棄教」は「apostasia」、「棄教する」は「apostatar」としています。そして、日本人が「転ぶ」とも表現している箇所も「棄教する」と同じ「apostatar」になっています。「転ぶ」とは転んだのであって、「起き上がる」と、また元のキリスト教徒になる、ということも起こり得るのですから、もっと表現に幅を持たせるべきである、との監督の解釈に私も賛成です。

 宗教に対するこのような柔軟な姿勢は、欧米人には理解しがたいものであると監督は続け、文化の違いへの配慮を映画では試みたと述べています。 

 宣教師が悩んだ「棄教」の行為と神の「沈黙」の問題は、作家の遠藤周作自身の悩みでもあったはずだと監督は述べ、世界が不確実な時代に突入した今だからこそ、『沈黙』が伝える視点は意味がある、と強調しています。

 2017年1月21日(土)に日本で劇場公開されます。「棄教」と「転ぶ」が『沈黙―サイレンス―』の重要なテーマです。
  • 映画のロケ地と伝えられる台湾の花蓮県の小石のきれいな海岸。
  • 「沈黙」を続けたキリスト。ポルト市の教会で撮影。
  • 2011年ブラジルで出版された『沈黙』のポルトガル語訳本。

2016/12/30 17:50:00 南米ブラジルのフロンティアの西進(5)

  • Categoryブラジル紹介
  • Posted by住田 育法
 ブラジルのフロンティアの西進は1960年のブラジリア遷都によって最大の展開を迎えました。しかしその歩みは、さらに西のマトグロッソに向けて続きます。ボリビアの国境線の手前の大湿原のパンタナルの開発です。掲載の地図の白枠で囲った箇所が私が訪問したパンタナルの空間でした。ラプラタ水系です。

 26年前の1990年9月12日(水)朝7時45分に、私は妻とサンパウロのグアルーリョ空港でクイアバ行きの国内線の飛行機を待っていました。初めてのパンタナル訪問直前の高揚した気分を今も覚えています。

 朝9時にクルゼイロ・ド・スル航空機484便の搭乗を終え、9時31分にグアルーリョを離陸。10時57分にカンポグランデに着陸し、11時32分に再度、離陸。約1時間後の12時25分、時差1時間の11時25分にクイアバに着陸しました。1990年は地球規模の環境問題が話題となった「エコ92」の前。飛行中の眼下には、いたるところで激しい山焼きの煙が立ち上っていました。空港で昼食を終えて13時21分に出発し、ジャクビーナ、カーセレを経て、途中、豪雨のため大幅に遅れて、17時10分ごろ、目的地のバランキーニョ牧場に到着しました。

 車はフォルクスワーゲンのゴルフでしたが、どしゃぶりの雨で遅れたため、牧場の主人たちが心配して、ジープで迎えに出発する準備をしていたそうです。

 大湿原パンタナル牧場の漆黒の静寂を経験し、13日(木)の朝を迎えました。朝の10時に小舟でジャウル川を遡り、40分ぐらいで折返し、11時20分ごろ牧場に。昼食のあと、13時15分に再度、川へ。途中、カピバラに遭遇。15時5分、牧場に帰還。15時20分から16時ごろまで、牧場を散策し、牛や馬を撮影。17時過ぎごろまで夕日を楽しみました。

 3日目の14日(金)も朝9時47分に牧場を小舟で出発し、ジャウル川を遡り、10時57分に折返して、11時49分に戻りました。食事のあと、14時39分に再度出発。パラグアイ川へ向かい、15時39分に折返し、16時38分に牧場の前を小舟で通り過ぎ、16時57分に陸に上がりました。夕食後、美しく晴れわたった夜空に、南十字星を見つけました。澄んだ天空を人工衛星も飛んでいて、南米パンタナルの雄大な自然に包まれて、感動のひとときを過ごしました。

 15日(土)朝、8時12分に牧場を出発、来たときと逆に草原を走り、9時33分にポリビアに通じるアスファルトで舗装されたBR070号線へ入りました。11時ごろ途中で昼食をとり、12時にクイアバ空港に到着。14時53分離陸、18時49分にサンパウロのグアルーリョ空港に着陸しました。時差1時間ですから、クイアバ時間では17時49分でした。
  • 26年前訪問したクイアバ市西部の大湿原パンタナル。白枠の部分です。
  • エンジン付きの小舟でパラグアイ川を遡る。下るとアルゼンチンのラプラタ川へ。
  • 澄んだ天空の南十字星や人工衛星を観測。南に向けてカメラのシャッターをしばらく開いたままに。

2016/12/29 03:10:00 『所さんのビックリ村』はブラジル先住民の村

  • Categoryブラジル紹介
  • Posted by住田 育法
 2016年12月25日(日)、クリスマスの夜放送のテレビ番組『所さんの世界のビックリ村!~こんなトコロになぜ?~』 VTRの「監修」依頼の連絡が京都外国語大学ラテンアメリカ研究所経由で届いたのは12月9日(金)でした。取材地域はブラジルのカヤポ族の村です。ちょうど私担当の複数の授業で、ブラジル先住民の「ディアスポラ」、つまり新世界における「離散」と呼べるような先住民の「大移動」を取上げていましたので、先住民調査の経験はありませんが、私はお引受けすることにしました。

 カヤポ族はブラジルで一般的に知られているトゥピ語族とは異なるジェ語族の民族であり、悲しき熱帯の著者レヴィ=ストロースが調査した語族です。フランス人の人類学者である彼は、同じくフランス人の社会学者ロジェ・バスティードらと1934年創設のサンパウロ大学に1930年代に赴任してブラジルの若者たちにアカデミックな方法論を教えました。

 番組でミステリーサークルと呼んでいる円い村の形について、「ボロロ族の村は荷車の車輪に似ている。家族の住居は輪に当たるであろうし、小途(こみち)は輻(や)を、車輪の中央にある男の家は轂(こしき)を模(かたど)っていると言えるかもしれない。(略)ジェ語族のすべての種族に特徴的なもので、ボロロ族はおそらくその最も南方の代表なのである。しかし、北の方で最もボロロ族に近いカヤポ族は、ボロロ族と似たような遣り方で集落を作ることが知られている。」とレヴィ=ストロースは説明しています。

 今回の取材班は日本からまず飛行機でサンパウロ市に到着し、マト (マット) グロッソ州シノプからコリーデルに移動し、そこから車でアマゾン川支流のシングー川に向かい、岸辺から船で川を下り、その流域のカヤポ族の村に達しました。

 これまで、活字と写真のみで理解していたジェ語族の文化を、映像の「監修」という作業によって私はより身近に知ることができました。村のカースト上位の女の子が、前髪を剃り、体に絵を描くという、名前を付ける儀式は、彼女たちの髪が日本人に似た漆黒の直毛であるので、不思議な親しみをおぼえました。

 ブラジルの先住民には「ディアスポラ」に加えて、ポルトガル人による「ジェノサイド」、つまり大量虐殺の歴史があったことを、レヴィ=ストロースが指摘しています。「悲しく」苦しい過去を経験している先住民ですが、「所さんの番組」ではハウル村長自身の言葉を伝えて、奇習とも思える「毒バチと戦う男達の祭と女が主役の”落武者”祭」について番組をたくみに纏めています。
 
 強い決意を示して、村長が語ります。「現代文明がある程度入ってくるのは仕方がない。しかし、境界線を引いて、カヤポの文化に誇りをもって守っていかなければならない。だから、あのような祭を行っているんだ。」

 そしてナレーターが続けます。「アマゾンの先住民、カヤポ族。かれらは奇習ともいえる祭をあえて行うことで押し寄せる現代文明に飲み込まれないようにしている。カヤポ族独自の文化に誇りを持ち、守り続けていくために。落武者が笑う村を他に類を見ない祭を続けることで、かれらは独自の文化を未来に繋げていた。」

 なお、写真は「所さんの番組」のものではなく、ブラジルのネットから引用です。
  • マトグロッソの州都クイアバ (Cuiaba) の西はラプラタ水系のパンタナル。シングー川はアマゾン水系。
  • 2011年81歳でパリ名誉市民の称号を市長より受けるハウル村長
  • カヤポ族の村の”ミステリーサークル”

2016/12/18 00:30:00 京都でラテンアメリカについて研究会開催

  • Categoryブラジルのニュース
  • Posted by住田 育法
 日本ラテンアメリカ学会西日本部会と共催でラテン・アメリカ政経学会の関西部会研究会が開催されました。
 1.日時:2016年12月17日(土) 13:30-17:00
 2.場所:同志社大学烏丸キャンパス志高館(京都市上京区烏丸通上立売上ル相国寺門前町647-20)

SK214教室
13:30-14:20 「暴力と感情の文化的力(ちから)の考察-中米移民女性の経験から」
浅倉寛子(CIESAS)
14:20-14:40 討論

14:50-15:15 「植民地時代前半期におけるポトシの社会と銀鉱業運営の実態」
真鍋周三(兵庫県立大学名誉教授)
15:15-15:30 討論

SK203教室 2010年代半ばのラテンアメリカ政治
13:30-13:35 趣旨説明

第一部 ブラジル(13:35-14:55)
13:35-14:05 「ブラジルの民主主義とテメル新政権の動向」
住田育法(京都外国語大学)  
14:05-14:35「2016年ブラジル統一地方選挙-全体評価と政治経済の現状・展望-」
舛方周一郎(神田外語大学)
14:35-14:55 討論

第二部 アンデス諸国(15:10-17:00)
15:10-15:40 「ボリビア・モラレス政権の11年-何が政権を支えてきたのか-」
岡田勇(名古屋大学)
15:40-16:10 「コロンビア-和平プロセスの現状と見通し-」
千代勇一(上智大学)
16:10-16:40 「ペルーの大統領選挙とクチンスキー政権の現状」
村上勇介(京都大学)
16:40-17:00 討論

 私は、ブラジルの現状について、以下の報告をしました。
 ルーラ元大統領のカリスマ性とコミュニケーション能力に頼り第二期政権を乗り切るかと思われた中道左派労働者党ルセフ大統領は弾劾裁判で罷免され失職した。中道ブラジル民主運動党のテメル副大統領が2018年末まで大統領を務める。テメル新政権は外相に中道右派のブラジル社会民主党のセラ氏を起用するなど、外資を受入れ、経済再建を優先する姿勢を打ち出している。新政権の民主主義と社会正義に対する姿勢を考察する。

  • テメル大統領と近い立場にあるカルドーゾ元大統領に2011年に面談
  • 2016年12月のテメル大統領の近影
  • ルーラ元大統領の2006年の選挙運動 奥田氏撮影

2016/12/16 17:40:00 カモンイス院の国際文化活動(2)

  • Categoryポルトガルのニュース
  • Posted by住田 育法

ポルトガルの彩色タイル―アズレージョへの誘い



 ポルトガルの首都リスボン彩色タイル名所上位10選
1. アズレージョ博物館
 1500年代の壮大な建物に囲まれたこの博物館は、15世紀から現在までの芸術とタイルの成果を展示しています。

2. フロンテイラ侯宮殿
 この宮殿の卓越したタイルコレクションのほとんどは、1660年から1670年の間に建てられたもので、内装の多くと印象的な庭園の外側を覆っています。

3. サンヴィセンテ・デ・フォーラ修道院
 この修道院は、ラ・フォンテーヌの寓話を示す38のパネルからなる好奇心が強い一連のバロック・タイルの世界的コレクションをもっています。

4. サンターナ工場
 それは、国の主要工場(1741年に設立された)の1つで、訪問することができ、手塗りのプロセスにおいてアーティストを見ることができます。

5. ラメーゴ未亡人工場
 ラメーゴ未亡人工場は、リスボンとその周辺にある無数のタイルの大部分を生産しています。

6. カルダス修道院
 この修道院は、1692年に建てられた11の比喩的な青と白のタイルの重要な作品群を所有しています。

7. シントラ国立宮殿
これは世界で数少ない現存している中世王室宮殿の一つであり、ヨーロッパにおいてはスペインのセヴィーリャからのスペイン系アラブスタイルの最大のコレクションを擁しています。

8.
ピメンタ宮殿
 18世紀に建てられたピメンタ宮殿は現在リスボン博物館の一部であり、青と白のタイルが主に並んでいます。

9.
ケルース国立宮殿
 この宮殿は、美しい庭園とロココ建築で最もよく知られていますが、ひときわ目立つタイル張りのアトラクションもあります。 それは1756年に青と白のパネルで装飾されたタイルの運河です。

10. 商店 
 リスボン市のさまざまなタイルショップを訪れると、オリジナルの作品や複製品をさまざまな価格で提供しています。

 ポルトガル政府のポルトガルの言語・文化普及機関カモンイス院が提供しているネットサービスを紹介します。
 このサイトから、ポルトガルの彩色タイルの歴史を知ることができます。
  • 2016年8月にリスボンのアズレージョ博物館を訪問
  • フェレイラス・ダス・タブレタスの建物正面の彩色タイル、ラファエル・ボルダロ・ ピニェイロ広場 1864年製
  • シントラ国立宮殿の天球儀のタイル 1500年製

Page top