ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS


2024/03/08 12:00:00 弁論大会を振り返って①―栗本佳知さん(3年次)

  • Category在学生の声
  • Posted byフェリッペ・モッタ
ブログをご覧の皆さん、こんにちは!
ブラジルポルトガル語学科3年次の栗本佳知です。本文ではポルトガル語弁論大会に出場した経験についてお伝えさせていただきます。

出場動機
私がポルトガル語弁論大会に出場することを決めた理由はポルトガル語を自分のものにしたかったからです。3年次生になってからポルトガル語との出会いを何らかの形に残したいと思うようになりました。前年度、同級生やサークルのメンバーが弁論大会に出場していたのを見学して、それぞれ自分なりに表現しているのがかっこいいなと思いました。こうした経験がきっかけで弁論大会に出場することを決断しました。

大会に向けた準備
私は今大会でポルトガル語との出会いについて取り上げました。もし自分がこの弁論大会に出るのであれば話題としてはこれしかないと思っていたからです。作業が難しくなったのはこの後です。この話の内容に起承転結を構成することが最初の壁でした。話題に沿った内容にするのに1か月かかりました。弁論大会には審査員がいらっしゃるので、その方々に訴えかけることが出来るような話し方でないといけません。特に序論と本論のつなぎ方を考えるのがとても苦労しました。審査員の方々に耳を傾けてほしい、自分が話していて楽しい内容にしたい、という2つの思いがありました。この2つを実現するにはどうすればいいのか、これは本当に悩みに悩みました。その結果導き出したのが問いかけです。今回私はポルトガル語圏音楽を題材に挙げたので「聴衆者の皆さん、セルジオ・メンデスさんという方をご存知でしょうか? そうです、彼はブラジルの音楽家なのです」というように序論で問いかけという形式を取りました。日本語での原稿が書きあがったらポルトガル語訳に入ります。どう訳せばいいか難しくなるところが出てきても辞書を引いたりして自力で取り組んでみてください。そうすればあとは先生方が添削してくださります。
 ポルトガル語の原稿が仕上がれば次に読み練習に入ります。読み練習をする際に注意してほしいのは自分が何を伝えたいのか、それがどの一文に書いてあるかを把握することをお勧めします。そうすることによって抑揚がつきやすくなります。発音や強弱がつくようになったら自分で段落ごとに録音します。その音声ファイルを登下校中に聴きます。そしてオーバーラッピングとシャドーイングを繰り返します。そうすると自然に覚えられるようになってきます。覚えるペースが遅いとしても段落ごとの内容を把握できるようになります。例えば好きな歌手の楽曲を聴く時、最初は歌詞見ながら聴いていても何日も聴いていると体が覚えますよね? それと一緒だと私は考えています。
 大会が開かれる月になるとジェスチャーをつける練習に入ります。ジェスチャーをつける練習が本当に難しかったです。自主練習でジェスチャーを考えてもいざやろうとなるとうっかり忘れてしまうことがありました。またジェスチャーが出来てもタイミングが遅れてしまうことがありました。特に私の場合は序論で話した「え!? 皆さんその楽曲聴きたいですか? それでは歌いましょう!・・・ああ、時間が押してしまうのでここでは辞めておきます。その代わりYouTubeで調べてみてくださいね」のところで疑問文と肯定文で抑揚の付け方を切り替えるのに苦戦しました。どれだけ準備を万全にしていてもやはり緊張はします。その場合は「自分は俳優だ」と思いましょう。そうすれば気が楽になります。

本番を通して
 トップバッターの方が話している間、話の内容を整理して自分が前に立つイメージをしていました。舞台に立つイメージをしている間、心臓がバクバクしていました。トップバッターの方が話し終えてすぐにスイッチが入りました。そして完全に自分の世界に入りました。自分の名前が呼ばれたとき自然に入場のところから楽しんでいる自分がいました。実際に前に立つと足を運んでくださった方が多かったのか、話すのが気持ちよくなっていました。本当に5分間が一瞬でした。今までの練習より断然上手くいった感覚がありました。
 弁論大会というのは本当に数人しか出来ない経験なので、自分もその一人に入ることが出来て貴重な時間になりました。このブログを読んで弁論大会に興味を持ってもらえたら嬉しいです。そして是非、弁論大会に挑戦してほしいです。
  • 本学出場者4人。栗本さんは一番右。 本学出場者4人。栗本さんは一番右。
  • 全出場者と審査員 全出場者と審査員
  • 弁論中の栗本さん 弁論中の栗本さん

2024/02/29 20:00:00 本学科の2名が学長表彰(奨励賞)を受賞

  • Categoryお知らせ
  • Posted by岐部雅之
1月、今年度の学生表彰が発表され、本学科から福田眞彩さん(3年次)と古賀麻里子さん(1年次)の2名が学長表彰(奨励賞)を贈られました。
学生表彰とは、課外活動(スポーツ、コンクール、各種資格試験、学術活動など)で優秀な成績を収めた学生を称えるものです。

お二人から以下のとおりコメントをいただきました。
改めて、おめでとうございます!

1.
ブラジルポルトガル語学科3年次の福田眞彩です。
わたしは2023年11月に京都外国語大学で開催された全日本学生ポルトガル語弁論大会に出場しました。演題は「ポルトガル語で演技することは生きること(Encenar em português é vida )」で、ポルトガル語との関わりや語劇祭への想いについて語りました。
その結果、1位である駐日ポルトガル大使杯を受賞することができてとても嬉しかったのですが、それに加えてこのたび学長表彰(奨励賞)もいただけて本当に幸せです。

2.
ブラジルポルトガル語学科1年次の古賀麻里子です。
昨年、第6回在名古屋ブラジル総領事館主催のスピーチコンテストに挑戦して1位になることができました。また、こうして学長表彰(奨励賞)をいただけて大変光栄です。日々の努力がこうした形で評価されて嬉しい気持ちでいっぱいです。
スピーチコンテストでの優勝や学長表彰を受賞できたことは日々の素晴らしい授業だけでなく、先生方や仲間たちの応援があってこそだと思います。これからもたくさんのことに恐れずに挑戦し続けていきたいです。Muito obrigada por tudo!!
  • 福田眞彩さん
  • 古賀麻里子さん

2024/02/23 11:40:00 カルヴァーリョ先生の祝賀会を開催

  • Categoryイベント
  • Posted byフェリッペ・モッタ
先日、ブラジル政府よりリオ・ブランコ勲章を受章されたモイゼス・カルヴァーリョ教授の祝賀会をブラジルポルトガル語学科で開催しました。

カルヴァーリョ先生を囲み受章の喜びと驚きの様子を語ってもらい、楽しい時間を過ごしました。

改めて、学科一同でカルヴァーリョ先生に祝意を表します。

受章おめでとうございます!
  • カルヴァーリョ先生を囲んで(撮影:アイレス先生)
  • 二次会まで残った組...

2024/02/16 12:00:00 カルヴァーリョ教授がリオ・ブランコ勲章を叙勲される

  • Categoryお知らせ
  • Posted byフェリッペ・モッタ
2024年2月9日(金)、在名古屋ブラジル総領事館において本学科のモイゼス・カルヴァーリョ教授がブラジル連邦政府からの勲章であるリオ・ブランコ勲章(Ordem de Rio Branco)を叙勲されました。

この喜ばしい出来事に際してカルヴァーリョ先生に特別寄稿を依頼しましたので、ポルトガル語と日本語でお届けします。

カルヴァーリョ先生、まことにおめでとうございます!

大学HPにも掲載されているので、ぜひご覧ください。

====================

Receber a Ordem de Rio Branco, que é a maior honraria concedida pelo Ministério das Relações Exteriores do Brasil, representou para mim não apenas um reconhecimento pelo meu trabalho dedicado à divulgação da língua portuguesa e da cultura brasileira no Japão, mas também um momento de profunda reflexão e gratidão. Devo confessar que apesar de todos os meus esforços, ser agraciado com tal honraria superou todas as minhas expectativas pessoais e profissionais.

A notícia da condecoração foi recebida com surpresa e alegria não só por mim, mas por toda a minha família. Em meio a essa felicidade, senti também uma responsabilidade renovada, incentivando-me a continuar e ampliar o trabalho que tenho feito.

Durante minha trajetória de quase trinta anos aqui no Japão, sempre busquei ser um porta-voz da cultura brasileira, consciente de que nossa responsabilidade enquanto brasileiros no exterior é a de sermos representantes de nosso país. Acredito firmemente que o amor e o respeito por uma cultura nascem do conhecimento sobre ela. Nesse sentido, sempre me esforcei para que os japoneses que não conhecem o Brasil ou os brasileiros pudessem ter uma impressão positiva do nosso país e de sua gente e se sentissem incentivados a aprender mais sobre ambos.

Além disso, a experiência de viver fora do Brasil fortaleceu minha percepção sobre a importância de preservar a língua portuguesa reconhecendo sua beleza e seu papel fundamental na formação de nossas identidades e visões de mundo. Essa percepção foi um dos motivos que me levaram a me tornar professor de português, uma profissão que me permite não só ensinar o idioma a estudantes japoneses, mas também compartilhar nossa cultura.

No ambiente acadêmico da Kyoto Gaidai, encontrei o espaço ideal para dar continuidade a esse trabalho de divulgação contribuindo sempre com diversas iniciativas do Consulado-Geral de Nagoya e da Embaixada do Brasil no Japão. Por exemplo, há quase quinze anos, coordeno o único posto aplicador do exame Celpe-Bras no Japão, que se situa na Kyoto Gaidai. Isso me possibilita um contato direto com japoneses interessados em certificar suas competências na língua portuguesa. Apesar dos desafios, essa função é extremamente recompensadora, pois me permite ver o impacto tangível do meu trabalho na vida dessas pessoas.

Em suma, a Ordem de Rio Branco é, para mim, um marco de valor inestimável que reflete não apenas o reconhecimento do meu trabalho, mas também a importância da missão que continuo a abraçar ao promover o intercâmbio cultural e linguístico entre Brasil e Japão.

====================

 ブラジル外務省から授与される最高の栄誉であるリオ・ブランコ勲章の受章は、私にとって、日本におけるポルトガル語とブラジル文化の普及に尽力したことが認められただけでなく、深い反省と感謝の念を抱く瞬間でもありました。努力の甲斐あって、このような栄誉に浴したことは、個人的、職業的な期待をはるかに超えるものでした。
 受賞の知らせは、私だけでなく家族全員が驚きと喜びをもって受け止めました。その喜びの中で次なる責任も感じ、これまで続けてきた仕事をさらに発展させていかなければならないと決意を新たにしました。
 日本での約30年間、私は常にブラジル文化の代弁者であろうと努めてきました。海外にいるブラジル人としての責任は、祖国の代表であることだと自覚しているからです。文化に対する愛と尊敬は、その文化を知ることから生まれると確信しています。その意味で、常に、ブラジルやブラジル人を知らない日本の人たちに、私たちの国やブラジル人についてポジティブな印象を持ってもらい、ブラジルやブラジル人についてもっと知りたいと思ってもらえるよう努力してきました。
 加えて、ブラジル国外での生活を経験したことで、ポルトガル語の美しさと、私たちのアイデンティティや世界観を形成する基本的な役割を認識し、ポルトガル語を保護することの重要性に対する意識が強まりました。この認識は私がポルトガル語教師になった理由のひとつであり、日本人の学生にポルトガル語を教えるだけでなく、私たちの文化を共有することができる職業です。
 在名古屋総領事館や在日ブラジル大使館のさまざまな取り組みに常に貢献しながら、この言葉を広める仕事を続けるのに、京都外国語大学のアカデミックな環境は理想的でした。例えば、私は15年近く日本で唯一のCELPE-BRAS(ブラジルポルトガル語検定)の試験会場(本学)のコーディネートをしてきました。そのおかげで、ポルトガル語の能力証明に関心のある日本の方々とじかに接することができます。大変なこともありますが、自分の仕事が人々の生活に具体的な影響を与えていることを実感でき、非常にやりがいを感じています。
 つまり、私にとってリオ・ブランコ勲章は仕事に対する評価だけでなく、ブラジルと日本の文化・言語交流を促進するという、私が抱き続けている使命の重要性を反映した、かけがえのないマイルストーンです。
  • カルヴァーリョ先生(右) カルヴァーリョ先生(右)
  • リオ・ブランコ勲章 リオ・ブランコ勲章
  • 集合写真 集合写真

2024/02/09 10:00:00 「ブラジルの貧困女性とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ」(シンポジウム開催のお知らせ)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by岐部雅之
3月9日(土)京都外国語大学ラテンアメリカ研究センターとブラジルポルトガル語学科主催のシンポジウム「ブラジルの貧困女性とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ」が開催されます。

冒頭の基調講演に続いて、伊藤秋仁先生が研究代表者を務める学内共同研究「アフリカ系ブラジル人女性の社会的地位の総合的研究―ブラジルの人種関係とジェンダー」のメンバーが研究発表をしたあと、フェリッペ・モッタ先生がモデレーターとなってパネルディスカッションが行われます。

詳しい日時と場所は以下のとおりです。
日時:2024年3月9日(土)13:00~16:00
場所:京都外国語大学452教室(申込み不要/参加費無料)

大学HPに掲載されている情報もご覧ください。
  • ポスター

Page top