ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

マカオのニュース

2017/02/02 12:10:00 東アジア南蛮空間の旅(6)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 2017年1月最後の土曜日28日に、映画「沈黙―サイレンス―を京都の映画館で見ました。

 映画終了時の館内の雰囲気は、沈黙状態でした。ショックを受けて観客がおしゃべりできないような沈黙の理由が映画にあったとすれば、日本人キリシタンが侍に首を切られ、血の流れる首が地面を転がるとか、助けを求める女たちが簀巻きにされて海に投げ込まれ溺死するような酷い場面があるのに、ロドリゴが「転び」、最後は「仏教徒」になる、というようなストーリーへの驚きと悔しさでしょう。

 映画を見ながら私は、登場人物の誰に感情移入すべきか、途中で悩みました。監督の意図は、裏切り者のキチジローを許した、「転んだ」神父のロドリゴの本当の「こころ」を理解させることでしょうから、当然、悩める若き宣教師ロドリゴでしょう。「転ぶ」とは、キリスト教を捨てることではなく、起き上がれば元に戻ることを意味すると、マーティン・スコセッシ監督が来日の際の映画紹介のコメントで述べています。

 異教徒の日本人の立場では、「人間は自らの宗教を容易に改めることはできない」と理解することになるのでしょう。例えば、仏教徒としては、「日本人は、キリシタンになっても、それはうわべだけで、本当は日本の信仰を持ち続けた」と思うことも許されるでしょう。つまり、自らのこととしてよりも、あの「キリシタン」たち、あの「宣教師」たちというまなざしです。しかし、キリスト教の世界と呼べる欧米の人たちは、自らに問いかける映画となったようです。

 米国映画「沈黙―サイレンス―」を米国の映画館で米国人に対してマーティン・スコセッシ監督は、異文化理解の視点よりも、監督の全人生とキリスト教の関係、という自身の内面への思いを語っています。これを知ることで、東アジア人の私には、まさに異文化理解を認識できました。

 映画の中で「転ぶ」ことを勧める奉行井上筑後守(ちくごのかみ)の言葉が、遠藤周作の作品『沈黙』で丁寧に描かれています。映画では特にこの奉行に感情移入をしなかったのですが、今静かに思い返しながら、この人物に不思議な親しみを覚えます。以下の引用が、小説に描かれた彼の言葉です。
 
 「パードレが万里の外に使いとして、険阻(けんそ)艱難(かんなん)をへてここに来られる志の堅さに我々とていたく心を動かされる。さぞ、今日まで辛(つら)かったことであろうな」

 「我々とて、それを知るゆえに、職務とは申せこうして取り調べるのは心苦しい」

 「パードレの宗旨、そのものの正邪をあげつろうておるのではない。エスパニアの国、ホルトガル国、その他諸々(もろもろ)の国には、パードレの宗旨はたしかに正とすべきであろうが、我々が切支丹を禁制にしたのは重々、勘考の結果、その教えが今の日本国には無益(むえき)と思うたからである」

 この奉行の姿勢が、東アジアの日本人の文化の1つである、と見ることもできるのでしょう。もちろん、ずる賢い奴だ、という見方もあるでしょう。

 キリスト教徒であった原作者遠藤周作は、裏切りを繰り返したキチジローを取上げて、つぎのように纏めています。最後の「役人日記」の箇所、これの前の終わりの描写を引用しましょう。

 「怒ったキチジローは声をおさえて泣いていたが、やがて体を動かし去って行った。自分は不遜(ふそん)にも今、聖職者しか与えることのできぬ秘蹟(ひせき)をあの男に与えた。聖職者たちはこの冒瀆(ぼうとく)の行為を烈しく責めるだろうが、自分は彼等を裏切ってもあの人を決して裏切ってはいない。今までとはもっと違った形であの人を愛している。私がその愛を知るためには、今日(こんにち)までのすべてが必要だったのだ。私はこの国で今でも最後の切支丹司祭なのだ。そしてあの人は沈黙していたのではなかった。たとえあの人は沈黙していたとしても、私の今日までの人生があの人について語っていた。」

 映画では、さらにロドリゴの仏式の火葬の場面が続きますが、これはぜひ、映画館で見てください。ラストシーンの映像と暗転の語りに、キリシタンの不屈の「こころ」が示されています。
  • 日本から逃れたキリシタンが眠るマカオの聖パウロ大聖堂跡の正面の19世紀の姿
  • 聖パウロ大聖堂内部のキリシタン納骨堂
  • マカオの聖パウロ大聖堂の「あの人」の像

2017/01/06 02:00:00 東アジア南蛮空間の旅(5)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 遠藤周作の作品『沈黙』映画化のためのロケ地ついて、もう少し考えてみましょう。それは、高温多湿の雨がよく降る、モンスーン気候の、マカオ、台湾、日本の風景です。

 司馬遼太郎は彼の作品の中で、日本の豊かさの秘密は霧にかすむ風景にあると書いています。つまり、多雨という天気が豊かな自然をはぐくむのだと。豊かな森、豊かな河川、豊かな農地など。今回、その秘密は台湾にもあることに気が付きました。

 まったくの偶然ですが、2013年の春、台湾の茶臼山に登り、山頂付近から麓の海岸線を撮った写真が、映画の予告編で観たシーンとほとんど同じだったのです。私が妻と登ったのは、熱帯台湾の3月でしたが、モンスーン気候独特の湿った空気にかすむ景色は、『沈黙―サイレンス―』のロドリゴたちが最初に日本の九州に向かったのが梅雨の前の5月だったので、ちょうど湿潤な春の季節に重なりました。

 マカオもよく雨が降ります。20年ほど前にマカオに数年住んだ本学の卒業生が居ました。その卒業生の説明では、マカオは湿度が高く、建物の外壁も、日本の浴室にはえる黒カビが繁殖し、健康面では、アレルギーの原因にもなる、と語っていました。雨が多いというのは台湾も同じです。そして、梅雨の季節の九州は、まさにそのような湿潤な環境になっていて、台湾が、今回の映画の撮影には最適だったのでしょう。

 小説でロドリゴは、1638年10月9日にゴアに着き、5月1日にマカオに到着。それは1637年の島原の内乱以後のことですから、「日本政府は内乱にポルトガル人が関係していることを疑り、通商をまったく断ったのみではなく、新教徒の英蘭軍艦のポルトガル商船への砲撃も加わっていた」のです。5月5日にマカオを出発、5月8日ごろ日本に着き、やがて雨期の6月を迎えます。

 遠藤は作品で綴っています。

 「海図を失った嵐の海の船。それがおそらく今の日本の信徒たちの気持ちでしょう。(略)
昨日も雨でした。もちろん、この雨はやがてやってくる雨期の前ぶれではありません。しかし、1日中、この小屋をとり巻く雑木林に陰鬱な音をたてています。」

 京都は「日本のハリウッド」と呼ぶことができるように、太秦には過去、大映や東映、松竹などの撮影所があり、嵯峨野の広沢の池では、頻繁に撮影が行われていたそうです。その場合、池も川として、風景を提供することもあったようです。つまり、映画の撮影場所は、ストーリーとまったく同じなくても良い、ということです。『沈黙』の舞台は九州の長崎などが本来の環境ですが、映画であれば、セットを含めて別の場所が用いられても良い、といえます。それと、海岸線の風景を求める場合、波消しブロックが並んでいる日本の海岸ではなく、台湾の花蓮のような美しい小石の浜辺を利用することも許されるでしょう。
 
 ところで日本文化を描く際に、溝口健二監督の『雨月物語』が参考になったとマーティン・スコセッシ監督が語っています。1953年公開の日本映画です。湖の水と幻想的な小舟の風景の描き方を観察してみましょう。ちなみに『雨月物語』の撮影場所は琵琶湖だそうです。
  • 映画の風景に一致する茶臼山の頂上付近から撮った写真
  • 黒カビの目立つマカオ旧市街の廃屋の汚れた外壁
  • 多くの時代劇の撮影のロケ地に利用されてきた広沢の池の東岸

2017/01/03 12:50:00 東アジア南蛮空間の旅(4)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 ポルトガル語を公用語とする世界の9ヵ国は、ヨーロッパのポルトガルを除いて、すべて熱帯に位置しています。中国のマカオも回帰線に挟まれた高温多湿の地域です。ポルトガル人は過去の大航海時代に、熱帯空間の旅を経て、はるか東洋の気候温暖な日本に到達したのです。当時の東アジアのキリスト教布教活動の拠点はマカオでした。

 今回はそのマカオに近い台湾を私は取上げます。理由は北回帰線が通る熱帯の台湾で、遠藤周作の作品『沈黙』の映画製作のための撮影が行われたからです。2017年1月2日の夜、NHKBS1が、過去、「タクシードライバー」など多くの名作を作った今回の米国人マーティン・スコセッシ監督やキチジロー役の日本人俳優へのインタビューに基づいて、映画製作の舞台裏に迫るドキュメンタリー番組を放送しました。1月7日(土)午後7時から再放送。

 2012年に私は映画『沈黙―サイレンス―』のロケ地と伝えられている台湾の花蓮を訪問しています。日本からマカオへ向かうとき、台北経由の航空路線があります。さらに、マカオ在住のポルトガル人たちの勧めもあって、近年、台湾に出かけるようになりました。ポルトガル語を聴くためにはマカオが良いのですが、世界のポルトガル語圏、特にブラジルの「熱帯」の文化を楽しむには、英語の通じる台湾も素敵です。モンスーン気候によって熱帯のような夏を迎える西日本の環境は高温多湿の台湾の自然に似ていることを実感しました。

 スコセッシ監督は、日本語と欧米の言語の間に訳本には「翻訳の問題」があることを指摘しています。それは「棄教」あるいは「転ぶ」という言葉です。宗教の問題、というより、文化の違い、という立場からNHKの番組で、配慮せずに訳すことは、「誤訳」であるとまで主張しています。映画では予告編を観ると「棄教」は "Lost God"、「転ぶ」は "KOROBU"と語らせていますね。

 私の手元にはブラジルで購入した『沈黙』のポルトガル語訳版があります。これは英語版からの重訳のようです。「棄教」は「apostasia」、「棄教する」は「apostatar」としています。そして、日本人が「転ぶ」とも表現している箇所も「棄教する」と同じ「apostatar」になっています。「転ぶ」とは転んだのであって、「起き上がる」と、また元のキリスト教徒になる、ということも起こり得るのですから、もっと表現に幅を持たせるべきである、との監督の解釈に私も賛成です。

 宗教に対するこのような柔軟な姿勢は、欧米人には理解しがたいものであると監督は続け、文化の違いへの配慮を映画では試みたと述べています。 

 宣教師が悩んだ「棄教」の行為と神の「沈黙」の問題は、作家の遠藤周作自身の悩みでもあったはずだと監督は述べ、世界が不確実な時代に突入した今だからこそ、『沈黙』が伝える視点は意味がある、と強調しています。

 2017年1月21日(土)に日本で劇場公開されます。「棄教」と「転ぶ」が『沈黙―サイレンス―』の重要なテーマです。
  • 映画のロケ地と伝えられる台湾の花蓮県の小石のきれいな海岸。
  • 「沈黙」を続けたキリスト。ポルト市の教会で撮影。
  • 2011年ブラジルで出版された『沈黙』のポルトガル語訳本。

2016/12/12 02:10:00 東アジア南蛮空間の旅(3)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 南蛮空間マカオ訪問の楽しみは、大航海時代の食文化の遺産との出会いです。特に、ポルトガルの赤ワインとインド洋に面した各地のスパイスを利用した、アフリカンチキンとの組合わせは絶妙です。夏至に太陽光線が垂直に照返す北緯23度の北回帰線の通る台湾の、さらに南の亜熱帯にマカオが位置していることも、温帯とは異なる食の醍醐味に私たちを誘ってくれます。それは亜熱帯で甘い熱帯フルーツを味わえる贅沢です。

 ポルトガル人の友人はよく自宅の庭に植えられている果樹を話題にします。植民地であったブラジルでも、庭の植物は砂糖を使ってジャムにできるような果実をつける木を好みます。果樹園のないマカオでは、もっぱら周辺のフィリッピンなどからの輸入ですが、市場はいつもバナナやマンゴーで溢れています。

 中国返還まえの1992年にマカオでポルトガル人のジョゼ-・エドゥアルド・メンデス・フェラン(José Eduardo Mendes Ferrão)さんがポルトガル語と中国語で出版した、和訳すると『植物の冒険とポルトガル人の地理上の発見』というタイトルの本が手元にあります。

ポルトガル語:
A Aventura das Plantas e Descobrimentos Portugueses
中国語:
植物的旅程與葡國航海大發現

 マカオをポルトガル語圏だとすれば、ポルトガルを除く世界9ヵ国のポルトガル語圏は、すべて熱帯か亜熱帯に属しています。したがって、この本が取上げている旧世界の植物、新世界の植物、その多くが、熱帯や亜熱帯の食用のものです。

 大航海時代に、アフリカに面したイベリア半島のポルトガルは、熱帯を「発見」し、その豊かな「果実」を世界に伝えました。『植物の冒険とポルトガル人の地理上の発見』によると、アボガドやピーナッツ、バニラ、グアバ、トマトは中米原産、パイナップルやカジューは南米、チョコレートの原料のカカオはカリブ海に面した南米、パッションフルーツは中南米、パパイアがアンデス地域の原産のようです。

 興味深いのは、現在ではブラジルを代表するバナナやココヤシ、マンゴー、サトウキビの原産地が東南アジアだということです。つまりポルトガル人は大航海時代に、新世界の産物を旧世界へ、旧世界の産物を新世界へ運んだのです。植物のみではなく、家畜などの動物も、そして人も運び、接触させ、発展させたのです。

 南蛮の民が日本に伝えてジャガイモはジャワの芋、サツマイモは薩摩の芋、さらに南米のトウガラシは唐の辛子と呼ぶようになったということも、アジアを拠点に交易を進めたポルトガル人の活動を考えると納得できます。ところでこの南蛮ですが、繁体字を用いるマカオでは「南蠻」と書きます。これを中国語のウィキペディア中文百科にアクセスすると「古代中国で南の民を呼んだ蔑称」という説明のみが強調されています。そのため私は、ポルトガル人に「中国人は南の野蛮人という意味で用いたが、私たち日本人は人道的なキリスト教や歴史を変えた鉄炮などを伝えた西洋への憧れの気持ちから、ポルトガル人のことを南蛮人と呼ぶ」と説明しています。
  • マカオのレストランで食べたアフリカンチキン
  • マカオとリスボンで出版された『植物の冒険とポルトガルの地理上の発見』
  • マカオ博物館の丘の麓のガジュマル(榕樹)

2016/11/22 00:20:00 東アジア南蛮空間の旅(2)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 私がマカオを訪問するのは、キリシタン研究のためではありません。日本に近いアジアのポルトガル語圏として、マカオには多くのポルトガル人が居住し、マカオ大学やポルトガル総領事館などにおいて、ポルトガルの言語と文化の普及に努める環境が存在するからです。しかし、歴史の香りを求めて散策するとき、感動的な南蛮空間との出会いを体験できます。

 2012年11月4日の日曜日の早朝、京都駅南のアバンティから空港バスで関西空港に向かい、全日空香港行きに10時に搭乗。関西空港を10時26分に離陸、香港時間9時26分。香港空港に13時40分に着陸、15時17分にマカオ港に向けてターボジェットで出発。夕刻、マカオの宿泊ホテル、Hotel Sintra (新麗華酒店) に到着しました。

 11月5日月曜日にマカオ大学を訪問し、翌6日の火曜日に、観光名所の聖パウロ大聖堂跡を訪れました。

 遠藤周昨の『沈黙』は、「ローマ教会に一つの報告がもたらされた。ポルトガルのイエズス会が日本に派遣していたクリストヴァン・フェレイラ教父が長崎で「穴吊り」の拷問を受け、棄教を誓ったというのである。この教父は日本にいること二十数年、地区長という最高の重職にあり、司祭と信徒を統率してきた長老である。」という記述で始まっています。

 そして、1638年の場面で、マカオが登場します。

 「日本にむかう母国の便船が全くないことを知った三人の司祭は、絶望的な気持ちで澳門(マカオ)までたどりついた。この町は、極東におけるポルトガルの突端の根拠地であると同時に、支那(シナ)と日本との貿易基地であった。万一の僥倖(ぎょうこう)を待ちのぞみながら、ここまで来た彼等は、到着早々、ここでも巡察師ヴァリニャーノ神父からきびしい注意をうけねばならなかった。」

 『沈黙』は一気に読める作品です。大学生のころ読み、日本人は容易にキリスト教を受入れなかった、ということが印象に残っていました。2012年に再び読み、今日のマカオをよく知る立場で、キリスト教に対して強い感慨を抱くことになりました。毎年のようにマカオとポルトガルを訪問したことが、この作品の理解を学生のときとはまったく違ったものにさせたのでした。

 300年以上の時を経て、その大聖堂跡の納骨堂に立つとき、はるか昔の日本人キリシタンたちの姿が鮮烈によみがえります。そこに眠るキリシタンの中には京都に住んだ人もいたでしょう。不思議な遭遇にしばし時空の瞑想に耽りました。

 11月7日の水曜日、いつものように短いマカオ滞在を終えて、妻と香港時間15時20分、日本時間16時20分に香港空港を離陸、日本時間19時41分に関西空港に着陸。鎖国時代でないことを密かに喜びながら、家路に就きました。
  • 聖パウロ大聖堂跡のファサードの前にて
  • 聖パウロ大聖堂跡納骨堂の日本人キリシタン殉教者リスト
  • 聖パウロ大聖堂跡芸術博物館展示の26聖人殉教の絵

Page top