ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

マカオのニュース

2018/01/23 01:30:00 『阿片戦争』を読みパクス・ブリタニカのマカオを想う (6)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
『阿片戦争』の新装版 4 冊のすべてを読み終えました。

 第六部の「生と死」の場面に、マカオで暮らしてきた連維材の愛人の西玲 (シーリン) が登場します。異種族混淆文化のマカオ (写真) の延長線上の世界です。
 
 めまいがしたので、連維材は次の部屋にさがって、椅子に腰をおろした。
 黙琴が彼のあとについてきて、すべるように部屋を出た。そして、椅子の肘かけにすがるようにして坐っている連維材のそばへ寄って、彼女はかがみこんだ。
「このようなときに、こんなことをおしらせしていいかどうかわかりませんが......さきほど、西玲さんに女の子が生まれましたの」
 黙琴は連維材の耳に、そう囁いた。
「生まれた?」
(略)
「どんな赤ん坊が生まれたのか、お知りになりたくありませんの?」
「知りたい」
 連維材は、すなおに答えた。
「髪は栗色です。色の白い、瞳は青みがかった赤ん坊。お星さまみたいに光る瞳です」
「西玲は?」
「お元気です。」
(略)
「......そうか、あの子は天からさずかったようなものだ。星の如し......如星 (ルーシン) 、これがいいではないか?」
「如星......きれいな名前です」
(略)
「姓は連ですね?」
 連維材はうなずいて、
「そうだ、如星は私の子だ」
 と答えた。


 小説は第一部「望潮山房主人」の亜熱帯の福建省厦門 (アモイ) の町からはじまりましたが、おわりは、遙か北の中原 (ちゅうげん) でした。阿片戦争 (歴史地図) が終わるとき、連維材、王挙志、林則徐の三人のおしゃべりが盛りあがり、陳舜臣の小説は「完」となります。

 第六部
「訣別」
 道中の風景は、連維材たち南方人の眼にはまるで別世界だった。
「これが中原ですね」
 王挙志は黄河流域の黄色っぽい風景を指さして、しみじめと言った。
(略)
9月6日(旧8月2日)の夜、蘭州道の林則徐の宿舎で、三人
(連維材、王挙志、林則徐)はテーブルを囲んだ。
(略)
 連維材は気を取り直したように言った。―
「しかし、わが国はひろいですね。こんどの旅行でつくづくそう思いました。ここにいると、広州のことなど、まるで夢のようです」
 台湾に統文、香港に承文、上海に理文。―それぞれ遠く離れている。怒濤の時代に立ち向かう若い人たちのことを思い、連維材は老いをかんじた。
 話し合っているあいだに、三人はだいぶ酒をのんだ。三人とも酒が好きであった。
「時代がかわります」
と、王挙志が言った。
(略)
 三人ともわかっていた。―
 この三人がそれぞれちがった道にはいって、新しい時代を迎える。―いや、新しい時代をつくろうとするだろうことを。

 21世紀の2018年。中国発の「新しい時代」が続きます。
  • 異種族混淆の民との中国茶の交流。マカエンセ (マカオ人) であるマカオの友人たちと。
  • 中国の一帯一路の空間。南北アメリカとカリブ海が見えない!
  • 中国語の阿片戦争図。

2018/01/20 18:10:00 『阿片戦争』を読みパクス・ブリタニカのマカオを想う (5)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 京都外国語大学にブラジルポルトガル語学科が創設された1967年に、『阿片戦争 (上) 滄海篇』と『阿片戦争 (中) 風雷篇』が11月に、『阿片戦争 (下) 天涯篇』が12月に刊行されました。私は過去、学生のころ、これを近所の貸本屋さんで借りて読みました。ベトナム戦争のころでした。その後、1973年に同じく3分冊で文庫本が発行され、私の本棚の隅に、上巻のみがありました。そして、今回、2015年に4分冊で新装版『阿片戦争 (一)』、『阿片戦争 (二)』、『阿片戦争 (三)』、『阿片戦争 (四)』が発行されていますので、これを購入して、読んでいます。
 
 『阿片戦争』では残酷な戦場の場面が詳細に描かれています。死を恐れない、勇敢な猛将、関天培の最期は壮絶です。『阿片戦争 (三)』第五部の「戦旗墜つ」の場面です。
 
 上陸した英軍は、むやみに小銃を撃ちながら、砲台をかけめぐっている。
 関天培は軍刀の柄に唾をかけて、肩を怒らせた。
 (略)
「よし!」
 彼は大きくうなずいて、司令官の建物まで行き、その壁に自分の背をあずけた。
「死ぬにもつっかい棒が要る」
 彼は笑った。
 英兵の赤い帽子や金モールつきの軍服が、石垣や階段のまがり角にちらつきはじめた。
 司令部の壁に、パシッパシッと、銃弾のはじける音がした。それにまじって鈍い音もきこえるが、おそらく泥塗りの脆 (もろ)いところに、弾ががめりこむのであろう。
 (略)
 関提督らしい高級将校の死体が指令部のまえで発見されたというしらせは、たちまち上陸英軍ぜんたいに伝わった。
 
 
 関天培が闘って死ぬ場面は中国映画の締めくくりの場面でも見せています。音声スペイン語版です。しかし私は、以下のような平和な場面が好きです。もう一度、蓮維材の愛人、西玲 (シーリン)を陳舜臣の語りで味わってみましょう。

 『阿片戦争 (四)』第五部
「小康」
 西玲 (シーリン)は自分がなにをしているかわからなかった。
 頬に血のひびきをかんじた。逞しい男の胸の鼓動である。それは、なじみぶかいリズムだった。
(連維材の胸だわ......)
 蓮維材に抱かれているのだ。どうして?それがわからない。
 三元里の夜が明けたことは、かすかにおぼえている。じっとしていたのか、それとも歩きまわったのか?からだの疲れ工合からすると、一と晩じゅう歩いたのかもしれない。
 (略)
 ― そして、乾いたからだに、なにもつけていないのである。
「気がついたね?」
 と、蓮維材がきいた。
 西玲は男の胸から顔をはなし、まぶしそうに見上げた。
 彼女はこくりとうなずいた。

 
 今回とくに、マカオについての記述を興味深くながめています。新装版『阿片戦争 (三)』から『阿片戦争 (四)』に続く第五部では、マカオということばの登場は少なく、わずかに 16 でした。マカオが阿片戦争の戦場にはならなかったためでしょうが、陳舜臣の世界に浸りながら、平和な異種族混淆のマカオ空間の知的散策を楽しんでいます。

 第五部
「奇襲の夜」
 西玲のからだには、二つの民族の血が流れている。中国人として育ったが、貿易港の広州や外国人の多いマカオで暮らしてきた。彼女はつねに、どっちつかずの位置にいた。


 マカオは、中国への復帰後の2005年に、東洋と西洋の文化が融合・共存してきた歴史地区が、ユネスコの世界遺産に登録されます。この東西文化の出会いが、19世紀の阿片戦争のときにも、マカオで起こっていました。さらに香港はイギリスの植民地となりますが、マカオはポルトガルの植民地としてではなく、居住と交易の許可を与えられた永久居留地として、阿片戦争以後も歴史を紡ぎました。その食文化のひとつが混ざり合いの文化の果実「アフリカンチキン (写真)」です。

 さらに21世紀の今、中国返還後の香港とマカオをつなぐ巨大な港珠澳大橋 (Hong Kong–Zhuhai–Macau Bridge) (写真) が完成します。これもまさに、平和な交流の姿の反映でしょう。

 第五部の最後の「小康」に、中国の林則徐 (写真) が敗戦の責任をとって新疆 (シンキョウ) へ流され、イギリスのチャールズ・エリオットも、国家よりも商人の利益を優先したと判断されてロンドンのポーマストン外相によって罷免されます。
  • アフリカ、インド、東アジア文化混淆の賜:アフリカンチキン。赤ワインを飲みながら食べると特に美味しい代表的なマカオ料理。
  • ダイナミックな中国人パワーの産物、香港マカオ大橋 (Hong Kong–Zhuhai–Macau Bridge) の完成へ。
  • 当初、戦争を指導し、絶大な人気を得ていた林則徐 (Lin Zexu 林则徐)の絵。

2018/01/17 01:50:00 『阿片戦争』を読みパクス・ブリタニカのマカオを想う (4)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 『阿片戦争』についての、このブログ (1) で紹介したように、19世紀の世界においては、イギリスが、強力な海軍力と大量のモノの取引によって、世界経済を支配していました。同時にこのイギリスは英語では British Empire、日本語では「イギリス帝国」もしくは「大英帝国」と表現されてきました。
 小説第五部の「逝く年」で陳舜臣は清国を「独裁君主制の国家」と呼んでいます。
 ということで、ここで興味深い歴史の偶然に気がつきます。それは、阿片戦争を闘う英国も清国も、ともに強力なヒエラルキーに基づく帝国であったことです。さらに、パクス・ブリタニカに組み込まれていた、マカオを支配するポルトガルの植民地であった、1822年に独立を果たしたブラジルも、帝政下の「独裁君主制の国家」であったのです。
 要するに、イギリス、中国、ポルトガル、そしてブラジルは、中央集権的なエリートが指導する、トップダウンの命令系統による権威主義体制の国々でありました。

 さて暦のことを考えてみましょう。小説で呼ぶ「新暦」とは、当時の英国と今日の日本が用いている西洋暦です。

第三部 
「断章 Ⅲ」
 道光 19 年 (1839年) の大晦日は、新暦では 2月2日にあたる。英国政府が出兵を決意したころ (1840年2月) である。


 以下は新暦です。

 第四部
「艦隊北上」
 ブラーマー准将の率いる主力艦隊は、6月21日 (1840年) にマカオ沖に到着し、翌22日、広州封鎖を宣言した。


 21世紀の今もそうですが、中国は大晦日と元旦を旧暦で祝っています。2018年は2月16日が中国の元旦、つまり春節だそうです。『阿片戦争』では西洋暦である日本の新暦を基本として中国の旧暦も使っています。

 ところで今から177年まえの正月1月7日に、英軍による清国の要塞に対する激しい攻撃がありました。

第四部
「一月七日」
 1841年1月7日は、旧暦ではまだ道光20年の12月15日である。

 
 小説『阿片戦争』では、架空の中心人物の連維材は、この情報を事前に入手し、新しい総督に伝えます。しかし、その展開は以下のような残念なものでした。

 伍紹栄は、彩蘭のまえで手紙を開封した。
 ― マカオより急報あり。英軍は本日、川鼻 (せんぴ) 方面を攻撃することに決せりという。すみやかに総督に謁し、援兵を該方面に派遣されんことを乞われたし。......
 署名はなかったが、伍紹栄は手紙の行間に、連維材の熱っぽい息づかいを感じた。
「よろしい」と彼は彩蘭にむかって言った。
 (略)
 官署の門衛は、幕客にとりついだ。
「緊急の用件というが、なにごとじゃな?」
 ひげをはやした幕客は、眼をこすりながら出てきて、伍紹栄を見下ろすように訊いた。
 (略)
「総督閣下のことばを、そのまま伝える、いいな?......わしは林則徐とはちがう。総督たる身で、夷情のことにいちいち頭をつっこんではおれない。......そうおっしゃられたのだ」
 伍紹栄はしずかに頭を垂れた。 


 この戦争で、英軍は珠江の沙角要塞と大角要塞を陥落させ、清国軍の戦死292名、負傷者463名、死傷者のうち、将校は44名であったと報告されています。これにくらべて、英軍に戦死者はなく、負傷者もすくなかったそうです。この連絡を受けたマカオ沖にいた英国商務総監督のエリオット大佐は「貿易再開」のための交渉が進むと思ったようです。しかし、北京の皇帝は平和のための交渉に向けた態度を硬化させます。
 1841年の1月20日には、このエリオット大佐率いるイギリス軍が香港島を占領し、翌1842年に香港がイギリスに永久割譲されます。しかし、1997年に香港が中国に返還された21世紀の今、その歴史を振りかえると、皇帝をはじめとする中国人の熱く強靱な魂を感じることができます。ポルトガル語の字幕で1997年の中国映画『鸦片战争 The Opium War』を鑑賞しました。155年後に返還を実現させたのです。映画のラストシーンでは清国の皇帝が号泣します。
 陳舜臣の小説『阿片戦争』は第六部まで続き、「完」となります。
  • 清朝皇帝、宣宗 道光帝/在位:1820 - 1850年。
  • 英国ヴィクトリア女王/在位:1837 - 1901年。
  • ブラジルのペドロ二世皇帝/在位:1840 - 1889年。

2018/01/13 23:30:00 『阿片戦争』を読みパクス・ブリタニカのマカオを想う (3)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 阿片戦争の始まる第三部に登場する「マカオ」ということばの使用は 101 個でした。

 第三部ではマカオ商館の英国商務総監督のエリオットのおしゃべりが面白いですね。
「発端」の箇所:
 英国がわは、もし戦端をひらこうとする場合、最大の弱点をもっていた。
 道義の問題である。
 ― 阿片のための戦争。

 もう一つ、「マカオ退去」の箇所の清国経済官僚に対する広州経済人伍紹栄の語り:
 ― イギリスが世界最強の国になったのは、その財力による。国富は商工業や外国貿易によって、積まれた。

 さて、1839年8月24日、欽差大臣の林則徐は、ポルトガル当局に、イギリス商人とその家族のマカオからの追放を命じました。チャイニーズ・レポジトリーは、イギリス人は「男も女も子どもたちも、すべて同じように、彼らの住所からあわただしく、自国の船へ安全な退去を求めて急いだ」と報じています。
 マカオは、その北が中国大陸、南が海、東が香港島に向かう珠江、西が大陸 (写真) の小さな半島です。

 英商館 (旧東インド会社) はマカオの東海岸、現在の南湾街にあった。その一帯が、グランド・ランディング・プレースである。現在、香港通いの船は西海岸のナンバーのついた突堤で発着するが、そのあたりが、むかしスモール・ランディング・プレースと呼ばれていたのだ。海関監督のマカオ出張所は、そちらがわにあった。清国当局の強硬姿勢は西海岸の海関主張所から出て、東海岸の英商館を圧迫したわけである。

 そのイギリス人の追放から2ヵ月余りのちの11月3日の川鼻海戦によって阿片戦争が始まった、とするのが定説とのことです。そして、英国政府が出兵を決定したのは、翌1840年2月でした。

 第三部の最後の「火攻」で描かれているインド・パールシー族の金貸しの娘で連維材の愛人、西玲 (シーリン) をながめてみましょう。陳舜臣のことばの「魔術」です。すてきです。

 南から湿気を含んだ風が、かなり強く吹いている。
 広東の 6 月は真夏で、夜もほとんど湿度がさがらない。
 ジャンクのなかで、西玲は孔雀羽の扇を、しきりにうごかしていた。
「水のうえに出ると、すこしはすずしくなるなんて、言ってたけど......」
 彼女は、そばで寝そべっている弟の誼譚にむかって、不服そうに言った。
「ぜいたくを言っちゃいけねえよ、姉さん。これでも、陸 (おか) よりはましなんだぜ」
 ここは磨刀洋の水のうえである。銅鼓湾 (どうこわん) とマカオの中間にあり
 (略)
 
 このとき、英船焼打ちの作戦が行われたのです。
 この夜、副将李賢 (りけん) を総指揮とする 400余名の官兵が動員されました。そして、このイギリス船に対する攻撃の際、西玲と誼譚の姉弟が夕涼みのために雇ったジャンクが、闇船と間違われて、林則徐の軍から火箭 (かせん) の攻撃をうけて、しかたなく二人は海の水にのがれたのです。
 
 彼女 (西玲) は濡れた衣服をぬぎはじめた。
 裸になって、彼女はタオルでつよくからだをこすった。体内に凍りついた血が、ゆるやかに溶けて、再び流れはじめるのがかんじられた。
 彼女は自分のからだを、くびれた腰のあたりを、惚れ惚れと見おろした。
 そしてまた、
「誼譚が......」と呟く。
 だんだんと靄 (もや)がはれて行く頭のなかに、連維材、伍紹栄、李芳 (りほう)、銭江 (せんこう)たち、そして逃亡した買弁鮑鵬 (ほうほう) まで、いろんな男の顔がうかんだ。
 彼女の心は、さまざまな形をした波のあいだに、難破していた。
 やがて、ドアがあいて、一人の西洋婦人がはいってきた。遠洋航海の艦船の高級船員は、夫人を同伴した時代である。
 西玲は、とっさに手にしていた服で、からだのまえをかくした。
 西洋婦人は微笑みながら、何か英語で話しかけた。

 この磨刀洋の火攻のほぼ 2 週間後に、ジョン・ゴルドン・ブレマー (John Gordon Bremer) 准将の率いる遠征艦隊の主力が、マカオに到着するのです。
  • 中国大陸がわに沈むマカオの夕日。
  • 19世紀のポルトガルの帆船。リスボン海軍博物館で撮影。
  • 19世紀の阿片を吸うマカオの男たち/Filipe Emílio de Paiva e o "Álbum de Viagem"より。

2018/01/10 12:20:00 『阿片戦争』を読みパクス・ブリタニカのマカオを想う (2)

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 前回の (1) で紹介した小説のはじまりの「望潮山房の主人」は、陳舜臣が本作品でクローズアップしている商人、連維材です。ただし陳舜臣が創作した架空の人物です。

 さて商人とは、平たく言えば、モノを取引して利益を得る人たちです。つまり、はるかな昔より今日に至るまで、「時間」と「空間」を超えて異なっているモノの価格差を利用して、安く入手して、高く売って利益を得てきた人たちです。
 ポルトガルの商人やフランシスコ・ザビエルら宣教師は南蛮時代に、中国で安く生糸を仕入れて、日本で高く売る、また日本からは、銀を安く入手し中国で高く売る、という取引で儲けたのです。
 産業革命を経験したイギリスは、自国の商品である工業製品を、18世紀にはポルトガルに高く売り、ポルトガルからはワインを購入、結果として発生した貿易収支の赤字を、ポルトガル人はブラジルから得た大量の金で補ったのです。19世紀には中国でお茶などを安く手に入れて、イギリス人は利益を得ようとしていました。しかし、高価なお茶の購入で、取引は赤字でした。この対策として、インドで安く入手できる阿片を中国で高く売って、暴利を得ようとしたのです。ところが当初は、中国の識者の阿片に反対する動きによって、イギリス人は思い通りに交易を独占できませんでした。
 そこで、自由な貿易圏のマカオが登場するのです (写真)。阿片戦争の5~6年前の第一部では、数えると作品の中の綴られた「マカオ」のことばは 73 個にのぼっています

 陳舜臣のマカオ観は以下のように厳しいものです。25回目の「マカオ」の場面です。

 マカオは大きな屑籠だった。人びとは、やけくそにものを棄てるたのしみにふける。
 珠江 (しゅこう) 河口デルタの南端にあるこの街は、なにも生産しない。広州で活躍する貿易関係者の足場であり、休憩の場であり、そして密輸阿片の中継地である。

 
 大西洋に面したブラジルではポルトガル王室の王子によって1822年に独立が実現し、自国の工業製品をブラジルで販売したいイギリスが、賃金労働体制の実現に向けて、ブラジルの黒人奴隷貿易に反対していたころです。写真の絵は、リオの遺跡の隅に掲げられている埠頭を描いたヨハン・モーリッツ・ルゲンダス(Johann Moritz Rugendas) の作品です (写真)。2017年7月にこのリオの埠頭跡地はユネスコの世界文化遺産に登録されました。

 陳舜臣の語りをさらに、のぞいてみましょう。

 第一部
 暗殺拳
 当時 (1833年) のマカオや広州には、中国市場をめざして、世界各地から商人があつまっていた。
 いうまでもなく、英国人がもっとも多かった。
 つぎにポルトガル人。彼らはマカオに特殊居住権をえて、英人が中国貿易に進出するまでは、中国市場で覇をとなえていたのである。
 スペイン人は、占領したフィィピンを基地として、中国貿易に進出した。中国人はスペインのことを『大呂宋 (ルソン)国』ともいう。彼らは中国市場にスペイン・ドル銀貨を導入し、これがのちに中国で『洋銀』として流通通貨の役をはたした。


 作品では、さらにオランダやフランス、アメリカ、オーストリア、プロシア、スエーデンの商人のことを挙げています。

 小説の第一部が終わる1834年 (写真) の場面を紹介しましょう。新たにできた駐清国商務総監督の首席である軍人外交官ネーピア卿の死の場面です。

 9月26日、ネーピア一行はマカオに到着し、ネーピアは担架にのせられて上陸した。
 マカオでは、英国皇帝ウィリアム四世の代表たるにふさわしい待遇をうけた。マカオはやたらにカトリック教会の多い土地である。ポルトガル当局は、ネーピアの病状に気をつかって、各教会の鐘をとめた。
 しかし15日後、病勢にわかにあらたまって、ネーピアは息絶えた。


 投獄されていた商人の連維材も1834年10月3日に出獄するところで、戦争3年前の1836年の第二部、そして「阿片禁絶」の決定を清国がくだす戦争前夜の1838年に小説の話が進みます。
  • こんにちのマカオの旧市街の風景 ホテルの客室から撮影
  • 19世紀の独立以後にブラジルの風景を描いたドイツ人画家ヨハン・モーリッツ・ルゲンダスのリオの奴隷取引の埠頭
  • 1834年のマカオの聖パウロ天主堂ファサードの絵 現地で筆者が撮影

Page top