ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS


2018/04/22 00:40:00 2017年度ポルトガルセミナーの思い出(3)

  • Categoryポルトガルのニュース
  • Posted by庄司 ひかり
 2月7日(水)から3月4日(日)までの 1ヶ月間、ポルトガルでの海外セミナーに参加しました。

 コインブラ大学での授業は、本場ポルトガルの早い口調に早く慣れたいという一心で、先生の話を聞き逃さぬよう、毎日集中してポルトガル語を聞きました。

 大学は世界遺産にも登録されていて、大学内は毎日学生の他にも世界各国から観光客が訪れていました。「コインブラ大学 - アルタとソフィア」として2013年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

 日本からの観光客も多く、大学内で日本語が聞こえてきた時はすごく不思議でした。

 そんな素晴らしい大学で授業を受けることができたことに感謝し、これからもポルトガル語の勉強に専念します。
  • コインブラ大学旧キャンバスの時計塔とラテン廻廊
  • モンデゴ川に架かる橋から眺める大学の時計塔

2018/04/16 23:10:00 2017年度ポルトガルセミナーの思い出(2)

  • Categoryポルトガルのニュース
  • Posted by坂本 千紘
 今回のポルトガルセミナーに参加して学んだことは、ポルトガル人の優しさです。

 私は最初あまり積極的にポルトガル語をホストファミリーや、コインブラ大学の先生と話せませんでした。
 しかし、去年参加した友達が「積極的に話さないと生きていけない」、と言っていたのを思い出して、2週間目くらいから思ったことは話すようにしました。

 すると、みなさん最後まで私が言いたいことを聞いてくださったり、私が理解できるようにゆっくり簡単な単語で話してくださいました。
 その優しさのおかげで1ヶ月無事に過ごすことができました。

 本当にこのポルトガルセミナーに参加して良かったと思います。
  • モンデゴ川から見上げるコインブラ大学のキャンパス
  • ホストファミリーの皆さんといっしょに

2018/04/14 01:00:00 2017年度ポルトガルセミナーの思い出(1)

  • Categoryポルトガルのニュース
  • Posted by嶌村 桃香
 2018年2月7日 (水) にポルトガルのリスボンに到着しました。

 コインブラ大学での語学研修の始まる前、リスボンに隣接するシントラを訪問しました。
 シントラの文化財は「シントラの文化的景観」として、1995年にユネスコの世界遺産に登録されています。

 シントラの思い出です。

 シントラで飲んだジンジャーワイン (Ginjinha)です。
 1 杯 1 ユーロで飲むことができました。
 とても飲みやすくて味はさくらんぼ味でした。
 チョコレートでできているカップと一緒に食べるととても美味しいです!
  • シントラで飲んだジンジャーワイン

2018/04/06 23:20:00 地球儀を俯瞰 (ふかん) して熱帯を歩く (3)

  • Categoryブラジル紹介
  • Posted by住田 育法
 私は、夏が好きです。

 真夏の太陽光線の照りかえる昼下がり、冷たいシャワーを浴びて、豊かな樹木の陰でのんびりと過ごすことができれば幸せです。特にさわやかな海からの風が感じられると、喜びは増します。

 アジアのインドのゴアのベランダは、その喜びを満喫できる空間を提供します(写真)。京都外国語大学大学院修士課程を終えたバロス・ペレイラ月王さんの故郷のゴアには、ポルトガルの伝統を活かした建物が保存されています。

 バロス・ペレイラ月王さんの説明を論文から引用しましょう。

 筆者の父はポルトガル系インド人であり、ゴアに先祖の住居を所有している。過去 7 回父の故郷を訪問しているが、筆者の生活圏は京都である。本論文において、ポルトガル語を 2007年以来大学で学んできた専門を生かして、アジアのポルトガル語圏ゴアの伝統文化を詳しく調査し、筆者のルーツを考察するに至った。
 2012年2月20日から同年3月31日までの約40日間、ゴアに滞在し、父の親類、友人、また現地に居住する大学教員(ゴア大学)や建築家、政治家たちの家屋を可能な限り訪問し、資料を収集した。また一部にはインタビューも行った。ゴアの滞在期間中は父の家に宿泊し、詳しく調査を行った。

 2002年制作の映画 "Língua - Vidas em Português"がポルトガル語を話し、ポルトガル音楽を演奏してその文化を楽しみ、カトリックを信仰する人々の生活を紹介しています。ゴアの人たちの素敵な熱帯ポルトガル語圏の日常です。

 ゴアの位置:
  北緯 15度
  東経 74度


 中米ニカラグアのブルーフィールズで出会った風景も、豊かな熱帯の森に面したベランダで海の風を受けながらハンモックでゆったりできるものでした (写真)。建物の住人は現地の大学 BICUの元副学長 キャロル・レイ・ハリソンさん、夫人はブラジル人のアンジェリカ・クレスポさん。ハリソンさんの祖先はイギリス人。カリブ海の海賊の子孫かもしれません。街角で多くみかける黒い肌の人たちは襲われた奴隷貿易船で運ばれていたのでしょう。私、住田とポルトガル語でおしゃべりしたクレスポさんはブラジル南部の出身でした。湿潤な熱帯におけるハンモックの使用はブラジルのアマゾンを連想させるものです。ハンモックは中南米先住民の伝統文化ですね。
 
 ブルーフィールズの位置:
  北緯 11度
  西経 83度


 三つ目は、ブラジルのリオの伝統家屋です。「地球儀を俯瞰 (ふかん) して熱帯を歩く (2)」で、レヴィ=ストロース著『悲しき熱帯』を取り上げましたが、その「新世界 グヮナバラ」のリオです。「入江に、心臓のあたりまで喰い込まれている」という湾に面したパン・デ・アスーカルの麓の高級な住宅街ウルカの空間です。

 ゴアやブルーフィールズと同じく、リオも熱帯の風景にうまく適応しています。ベランダの窓は広く、外から風を取り入れる仕組みになっています (写真)。

 リオの位置:
  南緯 22度
  西経 43度


 今回紹介するゴア、ブルーフィールズ、リオの熱帯の自然に適応した家屋は、快適な日常生活に不可欠な文化財となっています。
 
 私は常夏の熱帯が大好きです。
  • バロス・ペレイラ月王さんの故郷ゴアの住居のベランダ。
  • ニカラグアのブルーフィールズの大学教授の自然の中の住居。ハンモックに揺られる時間は最高です。
  • ブラジルのリオのおしゃれな住宅地区の伝統家屋。治安よりも便利さを優先させているのが面白い。

2018/04/03 01:10:00 地球儀を俯瞰 (ふかん) して熱帯を歩く (2)

  • Categoryブラジル紹介
  • Posted by住田 育法
 2017年8月に日本を発ち、「新世界」アメリカ大陸をカナダから南下して、北回帰線を越えました。地球儀で眺めると一直線のルートです。

 この丸い地球の熱帯地域を回帰線で示した地図 (写真)を観察すると、アジアの台湾とカリブ海のキューバは緯度がほぼ同じです。

 キューバで熱帯に入り、続いて、カリブ海に面したその首都ハバナ (写真) を出発して南に向かい、赤道を越えて南米ブラジルのリオに到着しました。球体ですから、日本から弧を描いて直線で反対側に達しました。

 熱帯に位置する台湾もキューバも、砂糖黍の栽培が盛んです。南米のブラジルも同じです。異なっているのは、キューバとブラジルでは、砂糖の生産のために大量の黒人奴隷を利用しましたが、台湾では使わなかったことです。同じ熱帯気候でも、社会の形成は、地域によって異なります。

 キューバやブラジルで生産された砂糖は、大西洋を越えてヨーロッパで消費されます。熱帯の自然や黒人奴隷は世界システムの有利な投資対象となり、ヨーロッパの資本が投下されました。白い砂糖を生産するために、黒い肌の人々の奴隷制度が発達したのです。この歴史は、やがてキューバやブラジルにアフロ文化圏を形成します。

 ブラジルのリオを訪れて、レヴィ=ストロースは『悲しき熱帯』で次のように綴っています。(川田順造 訳、中央公論社、1977年)

第三部 新世界
グヮナバラ
 リオは、入江に、心臓のあたりまで喰い込まれている。
 (略)その網目模様の謎を、いま私は、濡れた土器のかけらの背に問いかけているのだ。
 リオとの最初の接触は、これとは違ったものだった。いま私は生まれて初めて、赤道の反対側に、熱帯に、新世界に来ている―この三重の変化を、私はどんな徴 (しるし) を主な頼りにして知ったらいいのだろう?どんな声が私にその変化を証 (あか) してくれるのだろうか、まだ聞いたことのないどんな調べが私の耳にまず響いて来るのだろうか?私が第一に感じたのは、極くつまらないことだった―私は自分が広間 (サロン) にいるように思ったのだ。
 (略) リオの街は、ミラノやアムステルダムのガラス屋根のある商店街や、パノラマの通路や、あるいは [パリの] サン=ラザール駅のホールを、屋根を取り払って再現したもののように、まず私の目に映った。

 2016年にリオではオリンピックが開催されました。そして、2017年には過去の黒人奴隷制の遺産である黒人奴隷貿易の埠頭の遺跡がユネスコの世界遺産に登録されました。まさに、時間の場合も、過去と現在と未来が、古都リオでは複雑な模様を描いています。

 レヴィ=ストロースはさらに続けます。

 一般に、旅というものは空間的な移動として考えられる。しかし、それは大したことではない。旅は、空間にも時間にも社会秩序にも関わるものである。旅の印象の一つ一つは、この三つの軸に十分引き当てて見ないかぎり明確にはならない。しかも空間だけで三つの次元があるのだから、旅の十全な表象を得るためには、少なくとも五つの軸が必要だということになる。私はこのことを、ブラジルに上陸してすぐに感じた。確かに私は大西洋の向う側から、赤道の北から来て、南回帰線の間近にいるのに違いない。沢山のものがそれを証拠立てていた。

 まさにその空間は、大西洋システムにおけるアフロ・ラテンアメリカ文化圏の姿です。
  • 北回帰線と南回帰線に囲まれた地球の熱帯図
  • キューバの首都ハバナのカリブ海を望む海岸線
  • 大西洋から喰い込んだ湾に面するリオの中心街

Page top