ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS


2013/12/01 22:50:00 第31回全日本学生ポルトガル語弁論大会結果

  • Categoryお知らせ
  • Posted by全日本学生ポルトガル語弁論大会実行委員会
日時:2013年11月30日(土)
会場:京都外国語大学741教室
主催
京都外国語大学
後援
ポルトガル大使館
カモンイス院
マカオ大学
ブラジル大使館
在京都ポルトガル名誉領事館
在神戸ポルトガル名誉領事館
在大阪ポルトガル名誉領事館
京都新聞社
京都ラテンアメリカ文化協会


2013年の入賞者はつぎのとおりです。

おめでとうございます。

ポルトガル大使賞
山下沙恵子(大阪大学)
タイトル:日本初の日葡国際結婚
Título:Primeiro casamento luso-nipónico

京都外国語大学総長賞
川野 昇(東京外国語大学)
タイトル:後悔の先にあるもの
Título:A saída é lamentar?

京都ポルトガル名誉領事賞
有森 純平(神田外語大学)
タイトル:言葉と文化
Título:Línguas e culturas

神戸ポルトガル名誉領事賞
堀 恵理香(天理大学)
タイトル:恋は盲目
Título:O amor é cego

大阪ポルトガル名誉領事賞
森田 響(東京外国語大学)
タイトル:人とのつながり
Título:Relações humanas

京都新聞社賞
牧田 帆乃香(東京外国語大学)
タイトル: 言葉の力
Título:A força da palavra

京都ラテンアメリカ文化協会
田中 ベアトリス(京都外国語大学)
タイトル:大家族
Título:Família em escadinha

駐日ブラジル大使特別賞
村田 千晶(大阪大学)
タイトル:CPLP の未来や如何に
Título:CPLP, uma comunidade com futuro?

審査員
ポルトガル大使館
参事官
ジョアン・マルティンス・デ・カルヴァーリョ

カモンイス院
理事
イレーネ・パレーデス

ブラジル大使館
大使
アンドレ・アラーニャ・コヘア・ド・ラーゴ

マカオ大学ポルトガル学科
教授
フェルナンダ・ジル・コスタ

フルミネンセ連邦大学
学長
ロベルト・デ・ソウザ・サーレス

アルテルナティーヴァ誌
編集長
エヴェルトン・トバセ

  • 6名の審査員と21名の出場者
  • 京都ラテンアメリカ文化協会賞を獲得し、祝福を受ける本学の出場者
  • 講評を述べる審査委員長のカモンイス院理事

2013/12/01 15:30:00 2013年11月30日!第31回全日本学生ポルトガル語弁論大会!

  • Categoryイベント
  • Posted by住田 育法
2013年11月30日午後2時から741教室で全日本学生ポルトガル語弁論大会が終わりました!

永い人類の歴史のほんの一瞬にすぎない秋たけなわの京都の午後。南米のリオから、イベリア半島のリスボンから、中国のマカオから、そして日本の東京から、ポルトガル語を母語とするアミーゴたちが集合しました。弁論大会の審査員として!

ブラジルからは交流協定校のフルミネンセ連邦大学の学長。ポルトガルからは外務省カモンイス院の理事。いずれも、はるか東アジアの日本への交通費は、彼らの負担です。南米の資源大国のブラジルは今、2014年のサッカーW杯ならびに2016年の夏期オリンピックに向けて盛り上がっています。2012年、このリオの美しい景観が世界文化遺産に登録されました。

ポルトガルにとって2013年は「種子島」から470年目の記念の節目にあたります。ポルトガルと日本の最初の出会いは、1543年の種子島における鉄砲伝来によって始まり、当時の京都の姿は、宣教師フロイスによってポルトガル語で世界に伝えられました。地中海、大西洋、ヨーロッパ、アフリカのそれぞれの文化が交差してきた国の首都リスボンも、もうすぐクリスマスを迎えます。サッカーW杯2014への参加も決まりました。アミーゴとはこんな明るいおしゃべりを楽しみましょう。

弁論大会には全国から以下の21名のポルトガル語を大学で学ぶ学生諸君が出場しました。
出場者
UEEQ: Universidade de Estudos Estrangeiros de Quioto.
京都外国語大学5名
Beatriz Tanaka
田中 ベアトリス
タイトル:大家族
Título:Família em escadinha

Hiroki Toyama
遠山 紘生
タイトル:サッカー観戦の醍醐味
Título:A emoção dos jogos de futebol

Yuina Matsushita
松下 ゆいな
タイトル:ポルトガル語と私
Título: Eu e a língua portuguesa

Shiho Miyoshi
三好 志穂
2012UH0002
タイトル:桜と日本文化
Título:Sakura e a cultura japonesa

Misaki Waki
脇 美咲
2011uh0065
タイトル:私の祖父
Título:O meu avô

UEET: Universidade de Estudos Estrangeiros de Tóquio.
東京外国語大学4名
Momoko Tokimatsu
時松桃子
タイトル:スポーツの力
Título:A força de esporte

Honoka Makita
牧田 帆乃香
タイトル: 言葉の力
Título:A força da palavra

Kawano Sho
川野 昇
タイトル:後悔の先にあるもの
Título:A saída é lamentar?

Hibiki Morita
森田 響
タイトル:人とのつながり
Título:Relações humanas

UEIK: Universidade de Estudos Internacionais de Kanda.
神田外語大学5名
Tomomi Koyama
小山 知美 
タイトル:近所付き合い
Título:Laços de vizinhança

Nakuru Horino
堀野 奈久瑠 
タイトル:伝統か夢か 
Título:A tradição ou um sonho meu

Yuki Kimura
木村 有希
タイトル:自分を変えたひと言 
Título:Uma palavra que me mudou

Daisuke Mishima
三島 大輔
タイトル:日本人の心
Título:Coração japonês  

Jumpei Arimori
有森 純平
タイトル:言葉と文化
Título:Línguas e culturas

UO: Universidade de Osaka.
大阪大学3名
Yuko Kato.
加藤 裕子
タイトル:コンペイトウの絆 
Título:Laço do confeito.

Saeko Yamashita
山下 沙恵子
タイトル:日本初の日葡国際結婚
Título:Primeiro casamento luso-nipónico

Chiaki Murata
村田千晶
タイトル:CPLP の未来や如何に
Título:CPLP, uma Comunidade com futuro?

TENRI: Universidade de Tenri
天理大学4名
Maki Kitatani
北谷 真喜 
タイトル:雅楽
Título:Gagaku, música da corte japonesa

Tsukasa :Shintani
新谷 司 
タイトル:キス
Título:O beijo

Erika Hori
堀 恵理香 
タイトル:恋は盲目
Título:O amor é cego

Yoshimitsu Nakamura
中村 善光 
タイトル:レスリング
Título:Luta livre

入賞した皆さん、おめでとうございます。
参加してくださった多くの皆さんに、感謝申しあげます。
  • 挨拶をする審査員のフルミネンセ連邦大学学長
  • 挨拶をするカモンイス院理事
  • 審査員(後列左から)トバセ氏、マカオ大学教授、ブラジル大使、カモンイス院理事、ブラジル連邦大学長、ポルトガル参事官と入賞者(前列)の皆さん 

2013/11/23 23:10:00 学科講演会に向けて「ブラジル、多様性の中の統一」を考える

  • Categoryお知らせ
  • Posted by住田 育法
 私にとって、「統一」とは、「ポルトガル語」であり、「多様性」とは、著名な社会学者ジルベルト・フレイレが語った、ブラジル人のルーツである「先住民、アフリカ人、ポルトガル人」という三つの民族の物質と精神のすがたです。この三つは混淆してひとつの価値に収斂しました。

 およそ39年前に私は、ブラジルのフルミネンセ連邦大学に1年間留学し、大学院文学部のマクシミアーノ・カルヴァーリョ・イ・シルヴァ教授の指導により「ブラジル語法」の面からポルトガル語の弱勢人称代名詞の位置の問題について研究し、言語に表われたブラジルのナショナリズムを裏付けました。いわゆる「サンドイッチ」というスタイルの、二重の指導を受けたのです。帰国後、このテーマについて修士論文(1975年)を提出し、ブラジルの文化的ナショナリズム台頭いちじるしい19世紀を強く意識した視座を持つことになります。翌1976年、ブラジル19世紀末の社会変化を扱った論文「<ブラジル奴隷解放>の歴史的意義」を『経済学論叢』(同志社大学)に掲載し、これが私の最初のフラジル史研究の発表となりました。学会誌『ラテン・アメリカ論集』(ラテン・アメリカ政経学会)にも同年、「ブラジル黒人奴隷法について」論文を発表しました。

 今回、このフルミネンセ連邦大学文学部のリヴィア・レイス先生とロベルト・デ・ソウザ・サーレス学長が、「ブラジル、多様性の中の統一」について本学で講演します。

日時 2013年12月2日(月)午後1時30分から2時40分
場所 171教室
受講者数 150人(予定) 
対象 本学学生、本学教職員、一般市民の皆さん
言語 ポルトガル語(日本語への通訳付き)
通訳 安養寺シルヴィア・ルリ Silvia Ruri Anyoji
入場 無料(事前申込不要)

 日本語を母語とする私が、ブラジル統一のシンボルであるポルトガル語でものを考え、多様な人種のブラジル人を想うとき、どうしても、こちらもあちらも受け容れる鷹揚なこころへの問いかけに気持ちが移っていきます。その答えが入った魔法の「箱」が、私には京都の「四季」であるように思えます。南米熱帯のブラジル人の友人たちが紅葉の秋に来日し、「日本」の物質と精神のすがたに何を感じてくれるか、今から楽しみです。
  • シンポジウム「京都の日」でリオの留学体験を語る筆者 サンパウロ大学にて
  • 恩師のマクシミアーノ・カルヴァーリョ・イ・シルヴァ先生 85歳の誕生日(2011年)に奥様と MAC前にて
  • 2013年8月にUFFのリヴィア・レイス先生執務室にて

2013/11/23 20:40:00 『はぐれても、はぐれても』 ブラジル映画祭2013京都で上映

  • Categoryイベント
  • Posted by住田 育法
ブラジル映画祭2013 
京都上映 

日本で公開されたブラジル映画の中からおススメ映画をクリスマスに1本だけ選ぶとすれば、フェルナンダ・モンチネグロ主演の『セントラル・ステーション』でしょう。1998年のベルリン国際映画祭でグランプリの金熊賞 を獲得し、翌1999年にはアカデミー賞の外国映画部門と主演女優賞にノミネートされた名作です。今回、ブラジル映画祭2013で上映される『はぐれても、はぐれても』は、その『セントラル・ステーション』を髣髴とさせます。映画の舞台はブラジル「統一の川」と呼ばれるサンフランシスコ川上流域のミナスジェライス州リオ・ノヴォから下流域ペルナンブコ州のペトロリーナです。強い太陽光線が照りかえる北東部の自然が美しい。

『セントラル・ステーション』ではリオで家族愛から見放されて孤独な生活を送っていた女が、母親として、また、ちょっぴり恋人としての愛情を提供する、というメロドラマの設定になっていますが、『はぐれても、はぐれても』は生まれる前に姿を消した父を捜すドゥダが、やはり父には会えませんが、ミゲルが演じるトラック運転手ジョアンから父親のような愛を受けることでハッピーエンドとなります。監督は『フランシスコの2人の息子』のブレノ・シルヴェイラ。この作品で両親の役を演じたアンジェロ・アントニオとディラ・パエスが、主役のジョアンに絡む重要な役で登場します。

ハッピーエンドの展開は、前の作品『フランシスコの2人の息子』に一致しますが、私は単純に、目頭が熱くなりました。これは『セントラル・ステーション』以来の感動でした。ネルソン・ぺレイラ監督が、「ブラジルでは、人が突然、いなくなる」と私に語ったことがありましたが、そのような不気味な社会の現実を連想させる箇所もあります。つまり、子どもにとって、父親が、消えて、存在しないという内容になっています。これはさらに、ブラジルでは、母親はわかるが、父親がわからない、という植民地時代からの伝統的な背景に繋がる問題も表現されていますし、混血があたりまえなブラジル社会の現実についても、映画を見ながら考えさせられました。

映画の中の北東部の風景が美しく、映画音楽も北東部のものではなく、都会のリオで活躍する歌手ホベルト・カルロスの歌声、というのも面白い設定です。そして都会の風景が、リオではなくて、サンパウロというのも私には新鮮な感じがしました。『セントラル・ステーション』では、ラストシーンの後、サンバ歌手カルトーラの「ぼくを行かせてくれ/行かなくては」という穏やかな歌声が聞こえてきます。今回の映画はホベルト・カルロスの O portão(玄関)が映画の理解を助けています。作品は11月17日(日)18日(月)19日(火)に京都会場の元・立誠小学校の立誠シネマプロジェクトで上映されました。
  • 主役のトラック運転手ジョアンと父を探す少年ドゥダ
  • 打合せをする監督(左)や主役のジョアン・ミゲル(右)たち
  • ホベルト・カルロスの曲がレパートリーだったジョアン

2013/11/12 10:00:00 マカオ大学、広大な新キャンパス開設

  • Categoryマカオのニュース
  • Posted by住田 育法
 本学の交流協定校マカオ(澳門)大学が、2013年11月5日に中国本土側の広大な敷地に新キャンパスを開設しました。中国本土ですが、法律は「一国二制度」と呼ばれる特殊な制度で運用されているマカオの法律が適用されます。

 過去、アジアにおける西洋の窓口として、また西洋にとって、アジア進出の拠点として重要な役割を演じてきたマカオは、現在、アジアにおけるポルトガル文化・言語普及の中心地として、1999年12月の中国返還後もなお、重要な役割を演じています。しかし特別行政区となって13年が経ちました。1981年創立の東亞大学は1991年に国立マカオ大学となり、2011年創立30周年を迎え、2013年11月に新キャンパス開設を祝うことになったのです。

 広さ1.09平方キロメートルの新キャンパスは、マカオの西側にある広東省珠海市の横琴(Hengqin)新区内に完成し、マカオ側と海底トンネルで結ばれています。橫琴島(Hengqin Dao)はポルトガル語では"Ilha da Montanha"(山岳島)と呼ばれる96平方キロメートルの島です。3000人が居住し、島はマカオのタイパ島・コロアネ島に蓮花大橋で繋がっています。

 昨日2013年11月11日の日本経済新聞の夕刊にも以下のとおり、紹介されました。
 中国本土のようなインターネット規制が適用されないうえ、独自の教育プログラムを組める。中国政府の汪洋副首相を招いた式典を開き、マカオ側に正式に引き渡された。マカオ政府トップの崔世安(フェルナンド・チョイ)行政長官は式典で「この1.09平方キロメートル(のキャンパス)の上ではマカオ特別行政区の法律が適用される」と宣言。同大学の理事会トップにあたる謝志偉校董会主席も「一国二制度の下、過去にない全く新しい方法」と述べた。(香港=川瀬憲司)

 現在、マカオ大学の留学生2名が本学で日本語を学んでいます。本学からはブラジルポルトガル語学科の学生2名がポルトガル語を学ぶためにマカオ大学に留学中です。1名が派遣留学生、もうひとりは全日本学生ポルトガル語弁論大会の入賞者です。
  • コロアネ島から新キャンパスを望む
  • Hengqin Dao(橫琴島)を含むマカオ全図
  • マカオ大学留学中の本学の学生とポルトガルワインで乾杯!

Page top