ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS

留学生活レポート

2023/09/08 12:10:00 ブラジリア大学留学体験記(小田果歩、3年次)

  • Category留学生活レポート
  • Posted byペドロ・アイレス
こんにちは。ブラジルポルトガル語学科3年次生の小田果歩です。今回はブラジリアでの留学で感じたことを少し紹介します。

小学生の時にブラジルが紹介されていたテレビ番組を見て以来、ぼんやりと地球の反対側の世界ってどんな感じだろうかと思っていました。その疑問はずっと消えずブラジルに行ってみようと思い、今年度(2023年度)春学期に留学をする事ができました。

ただ、私が抱いていたイメージは良いものではなく、治安が悪くて危険な国でした。ところが、不安や恐怖を抱えながらブラジリア大学の近くにある日本語学校の寮で待っていたのは、ブラジル人からの温かい歓迎ぶりでした。夜遅く着いた日本人のために快く荷物運びや寮の説明、次の日にはスーパーやショッピングモールなどの案内をしてくれたのです。

さらに大学では同じ授業を受けていた人が授業の空き時間にブラジリアの観光地の案内をしてくれたり、一緒にカフェや大学内で過ごしたり、休日は動物園やレストラン、遊園地などへ出かけてとても充実した日を共に過ごす事ができました。

また、寮で同部屋だったブラジル人はミナスジェライス州から来ていた子で、実家へ一緒に連れて行ってもらい、共にリオデジャネイロへ旅行するなど貴重な経験もしました。

ブラジル人と過ごしていく中で、数々の親切さを目の当たりにしました。風を引いてしまった時には授業の前に寮まで薬や食べ物を届けてくれたり、車で寮へ送ってくれたり、理解できないことは理解できるまで丁寧に教えてくれたりしていました。信じられないくらいの温かみを毎日のように感じていました。

私はブラジル人から受けた親切さを忘れずに生きていこうと思います。
地球の反対側には、人種、文化、住んでいる場所は違っていても、充分すぎるほどの親切さを与えてくれる人達がいます。

皆さんも新たな出会いを求めて、ブラジルへ旅立ってみませんか?
  • 帰国前日の寮にて 帰国前日の寮にて
  • ブラジル人と日本人でのリオ旅行でのバー ブラジル人と日本人でのリオ旅行でのバー
  • ブラジル国内旅行で素晴らしかったと思う場所 世界三大瀑布の一つ、イグアスの滝 世界三大瀑布の一つ、イグアスの滝

2023/09/01 09:30:00 コインブラ大学留学体験記(小林龍生、4年次)

  • Category留学生活レポート
  • Posted by岐部雅之
こんにちは。4年次生の小林龍生です。
私は2022年の9月から2023年の6月までの2学期間、ポルトガルのコインブラ大学に留学しました。

留学の動機は幼い頃から抱いていたヨーロッパでの生活とフットボールへの憧れです。

1学期は文法、文章・口頭表現、Callを履修し、日本で学んできたことの復習とポルトガル語を扱ううえでの土台を作ることができました。
2学期は上記の科目に地理、歴史、芸術を加えて履修しました。
冬期休暇中には時間があったため、大学が開講している短期のインテンシブコースを別途授業料を支払い受講しました。
約9か月間途切れることなく授業を受け続けることができたため、語学力を順調に向上させられたと思っています。

私が所属していたのは外国人向けのポルトガル語コースだったため、ネイティブスピーカーは1人もクラスメイトにはいませんでした。留学においては一見ネガティブな材料とも捉えられますが、多国籍の生徒たちと交流する中で様々な国の言語や文化に触れることができ、自分にとっては寧ろ興味深い経験でした。またクラス外で現地の友人を作るのは自分次第で可能であるため問題にはなりません。

ポルトガルに留学することの最大のメリットは、ポルトガルのポルトガル語を学べる点です。あくまでも個人的な視点ですが、国内外問わず、非ネイティブが学ぶことができるポルトガル語はほとんどがブラジルのものです。留学することによって現地で受け継がれてきたポルトガルのポルトガル語を学ぶことができたのは私の誇りです。

コインブラの立地と国の面積が小さいことの恩恵を受けて、気軽に旅行することができました。海とご飯が私のお気に入りです。
まとまった休みには国外旅行もしました。スペインのいくつかの都市、パリ、ロンドンなどを訪れました。現地で外国語を使って、コミュニティに入っていくことが楽しかったです。

成功体験を得ることで言語学習に前向きに取り組めるようになり、さらに扱うことができる言語数を増やしたいと思うようになりました。
留学の実現に関わってくださった皆さんありがとうございました。
  • 教室からの眺め 教室からの眺め
  • コインブラの街並み コインブラの街並み
  • FC Porto ホームスタジアム FC Porto ホームスタジアム

2023/08/25 15:00:00 ブラジリア大学留学体験記(山本音衣菜、3年次)

  • Category留学生活レポート
  • Posted byフェリッペ・モッタ
こんにちは。ブラジルポルトガル語学科3年次生の山本音衣菜です。
この度、1学期間ブラジルのブラジリア大学に留学してきたので、体験談を綴ります。

留学しようと思った理由は、ブラジルに行かないと学べないことが沢山あると考えたからです。実際、文化の違いや話し言葉の言い回しなど、現地ならではの学びを得ました。

ブラジリアはブラジルの中でも治安がかなり良く、住みやすい所でした。寮では朝から晩までブラジル人と関わることが出来るし、定期的にシュラスコなどのパーティーが開催され、楽しく過ごせました。寮外でもよく、日本祭りを含む様々なイベントがあり、それらの運営に携わって充実していました。

大学ではポルトガル語、日本文化、中国語、手話の授業を受けていました。それぞれの授業で友達ができ、一緒に出かけたり旅行に行ったりなどしました。日本語学科もあるので、友達を作りやすかったです。また、日本語とポルトガル語の相互学習のためのプロジェクトを行ったり、日本語の授業のモニターとして会話活動を行ったりしました。

旅行は、リオ・デ・ジャネイロ、サルヴァドール、イグアス、サンパウロに行きました。特にサルヴァドールは、歴史的な街並みや素晴らしい景色が広がり、最高に素敵な場所でした。

正直、半年だけでは時間が全然足りませんでした。留学前よりは確実に語学力は伸びましたが、円滑に聞いたり話したりするにはもっと経験を積まないといけないと感じています。イベントや旅行に関しても、もうあと半年ブラジルにいれば経験できたことが2倍以上にあると思うので、少し惜しいと感じるところはあります。取り敢えず半年間で学んできたことをしっかり身につけて、また日本で勉強を続けていきたいと思います。

最後に、ブラジリアには何も無いと言われがちですが、そこに留学したことは大正解だったと思っています。上述した通り、留学においてとても良い環境が整っています。ブラジルに行きたいと考えている人は、是非ブラジリア大学への留学を検討してみてください。
  • 日本祭りで出会った友達と 日本祭りで出会った友達と
  • ICOというイベントで出会った友達と ICOというイベントで出会った友達と
  • サルヴァドールの街並み サルヴァドールの街並み

2023/07/07 18:40:00 コインブラ大学留学体験記(山口心愛)

  • Category留学生活レポート
  • Posted by岐部雅之
皆さんこんにちは。ブラジルポルトガル語学科4年次生の山口心愛です。
今回は「私の留学経験」をテーマにお話ししていきたいと思います(留学時は3年次)。

まずは、私がなぜ留学に興味を持ち、留学をしたいと思ったのかについて。
私は大学に入る前から留学というものに興味があり、海外で生活してみたいと思っていました。ポルトガル語は大学に入学するまで一切触れたことがなく、挨拶も文字も何もわからないまま、馴染みがない言語を知ってみたいという好奇心だけで入学しました。そして、ポルトガル語を学んでいくうちに、実際にこの言葉が話されている土地で生活し、文化やその土地に住む人々のことを知りたくなり、留学することを決心しました。

次に、私が留学生活中に感じたことや思ったことについて。
私の留学生活が始まりまず初めに思ったことは、現地の人々が話していることが全く理解できない、わからないということです。あらかじめ、留学前に学習はしていたつもりだったのですが、大学の先生が話している言葉やすれ違う学生たちが話している言葉は、本当に勉強してきた言語なのか疑うほど何を言っているのかわかりませんでした。このままでは絶対にダメだという想いから、現地の友人をいち早く作ることに重きを置きました。そして、現地でできた友人とポルトガル語で話すことで会話力とリスニング力は格段と伸びました。わからないことなどは最初、翻訳機などを使う場面もありましたが、5ヶ月目には旅行も行けるほどの仲になることができました。自主学習をはじめとし、授業の復習などをしっかりと行なった結果、自分でも分かるくらい最初よりは自分の語学力が伸びていることを実感できました。

また、ポルトガルでは国内旅行を多くすることができました。ポルトやリスボンをはじめ、コインブラと比較的近いアヴェイロや、ブラガ、ギマランイスにもいくことができました。どの土地も違った良さがあるので、行ける時間があるなら自分がいきたい場所には行ってみることをお勧めします。わからないことがあれば、話す練習としていろんな人に話しかけていれば私はなんとかなりました。あくまでこれは私の個人の意見なのですが、現地の人は優しい方が多く、話しかけると笑顔で返してくれる方が多かったと感じています。

最後に、留学を終えた感想をお話します。
5ヶ月という期間は本当に短くあっというまでした。自分が考えたことはなるべく行動に移すことを心がけていました。自分がやりたいと思ったことは思うようにいかなくても、チャレンジするべきですし、今後の人生にもこの考えは必ず活きてくるはずです。これから、留学する方にもチャレンジ精神の大切さを伝えたいと同時に、留学を終えた後に留学してよかったと率直に思えるような経験をしてもらいたいと思っています。
  • アヴェイロで有名なovos moles
  • ギマランイスのイルミネーション
  • 日本語を勉強する学生との交流会

2023/06/29 16:30:00 フルミネンセ連邦大学留学体験記(堀武佐士)

  • Category留学生活レポート
  • Posted by岐部雅之
こんにちは! ブラジルポルトガル語学科4年次生の堀武佐士です。
今回は私自身の留学生活を振り返っていきます。これから留学をしてみたい、あるいは検討している方は是非読んでください!

≪あっというあの1年間≫
私は派遣留学Aの制度を利用して、ブラジルのリオデジャネイロ州にあるフルミネンセ連邦大学に留学しました(当時は3年次)。私は将来語学とサッカーに関わった職業(代理人や通訳等)に就きたいと思い、覚悟を持って2学期間留学することを決意しました。留学前は治安や初めての海外生活など不安要素はいろいろありました。しかしながら、自分の夢を実現する為にポルトガル語学習に励み、現地で生活をする時間は充実していてあっという間に過ぎていきました。
どのようにして留学生活を充実させていたか、留学とは何なのかということを2点お伝えします。

1.恥を恐れずとにかく話せ!!
私はこの1年間でポルトガル語の力が伸びたと自信を持って言えます。本学のネイティブの先生や現地の友達にも「留学当初の時期に比べて本当に伸びたね」とよく言われました。というのも、私がブラジルに着いた時のレベルは日常会話も上手く行かず、言いたいこともなかなか伝えられませんでした。その中で、自分は当初「留学をしていれば勝手に語学力が付くだろう」と勘違いしていました。
ところが、最初の1か月は苦労の連続でした。ブラジル人の友達と出掛けたりする機会も多く取りましたが、何を言っているかが分からず、一緒にいてもコミュニケーションを取ることに苦戦していました。その状況を打開するために、まずは授業がない時は家で辞書を使いながらニュースや日常的な読み物を読んで、そこで分からなかった単語をひたすら覚えるという作業をやりました。ここまでの作業であれば日本でもできます。しかし、私はそこで覚えたことをひたすらアウトプットをするようにし、電車やバスの中、行列で待っている時など、とにかく現地の人に話しかけてポルトガル語を使うようにしました。日本人は比較的恥ずかしがり屋で文法を気にして上手く話すことができないと言われがちですが、私はそのマインドを捨ててとにかく人と話すようにしました。リオデジャネイロはかなりオープンな場所なので本当にポルトガル語を伸ばすには素晴らしい環境だったと思います。特にバスの中では色んな人に話しかけられましたし、自分も積極的に話すようになりました。そのおかげで語学力も大幅に伸びましたし、これから留学をしたいと考えている皆さんには是非、恥を恐れずにとにかく話して欲しいです。

2.留学の意義
上記のとおり、留学中はとにかく基礎を勉強して応用のすることの繰り返しでした。しかし、今の時代インターネットの普及や来日する外国人の増加を考慮すると、インプットする機会もアウトプットする機会にはこと欠きません。ポルトガル語のニュース記事はアプリで読めますし、サッカー選手のインタビューでさえもユーチューブで検索すれば簡単に見ることができます。そういった現代の学習環境の中で今回の留学が私に与えてくれたものは「ポルトガル語を勉強する熱意と刺激」です。大学1・2年次の頃はオンライン授業が多かったこともあり、ポルトガル語学習へのモベーションを維持するのも大変でした。そのような中で大学から奨学金を貰い、親が学費だけではなく更に生活費などを支援してくれたおかげで、私のポルトガル語学習に火をつけてくれたと思います。勉強したことが応用できて、現地の人とコミュニケーションが通じたときの喜び、必死にサッカー用語やその会話に関わる単語を覚えて、サッカーの指導者や選手とポルトガル語を通じてお互いの国のフットボール文化についてディスカッションし、盛り上がることのできたあの達成感というのは今でも忘れられません。そういった「熱意と刺激」は日本では得ることが難しいものだと思います。
留学を通じて一番大事なことは「異文化理解」だと考えています。待ち合わせの時間に1時間遅れて到着する友達、平均月収2千レアル(日本円で約5万円)で生活するブラジル人たち、ホームレスの人たちと出会う中で、彼らの心境や環境を理解する重要性を実感しました。自分が今生きている日本の環境は当たり前ではありません。今、自分が屋根の下で生活し、学びたいことを勉強できる環境は本当にありがたいものだと痛感しています。そういった「相手を理解して行動する」ということは、これからの長い人生を通して色々な人と出会う中でも応用できると思います。
以上のように、私は留学を通じて沢山のことを学びました。この経験を活かして社会に貢献できるようにこれからの人生を歩んでいきたいと思います。そして留学の機会を与えてくださった大学の関係者の皆様、両親、自分の留学を応援してくれた友達には本当に感謝しています。ありがとうございました。

最後に今後留学を検討している方へ一つ言いたいことがあります。留学は語学力向上や異文化理解など自信を成長させるには非常に素晴らしい環境だと思います。それでも結局は自分次第です。留学したいのであれば「強い覚悟」を持って行ってください。
  • 現地の友人たちと
  • 夜のビーチにて
  • パーティを楽しむ

Page top