ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS


2017/12/09 21:30:00 アフロ・ラテンアメリカの古都リオを歩く (3)

  • Categoryブラジル紹介
  • Posted by住田 育法
 2017年8月17日 (土) に、古都リオ北地区 (Zona Norte)サンバ発祥の地であるコンセイサンの丘(Morro da Conceição)をゆっくりと歩きました。
 土曜日はスペイン語でもポルトガル語でもsábadoと綴ります。この金曜日の後、日曜日の前日の土曜日は、旧約聖書の『創世記』では、神が天地創造七日目に休息を取ったことに由来し、何も行ってはならないと定められた日とされています。

 旧約聖書 創世記
 第一章 はじめに神は天と地とを創造された。地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。
 神は「光あれ」と言われた。すると光があった。神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。(中略)
 第二章 こうして天と地と、その万象とが完成した。神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終わって第七日に休まれた。神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終わって休まれたからである。

 
 黒人奴隷の故郷アフリカのイスラム世界では、ムハンマドがメッカを脱出した金曜日が安息日です。
 さて土曜日はユダヤ教の安息日ですが、カトリック教徒の多いリオでは、教会に集まってミサを行うのは第一日目の日曜日です。ポルトガル語では、月曜日が第二日 (segunda-feira [注] 市を意味するfeiraはここでは曜日)、火曜日が第三日 (terça-feira)、水曜日が第四日 (quarta-feira)、木曜日が第五日 (quinta-feira)、金曜日が第六日 (sexta-feira)。しかし、土曜日は週末ということで、リオでは人々が集まって演奏会や楽しい飲食会が街の広場や路上で行われていました (写真)。

 ポルトガルから独立するころの19世紀に、リオのコーヒー栽培地帯などで働くために大量に輸入された黒人は、リオ北地区の埠頭に上陸しました。奴隷制時代には年間、万単位の数の到来でした。鎖に繋がれ、鞭に打たれて働いた黒人たちが、ひとときの自由を得たのは、逃亡したとき以外には、週末の金曜日や土曜日だったのでしょう。礼拝に行く日曜日の前の金曜日と土曜日に、アフリカ的な音楽を歌い、踊り、楽しい時間を送ったのでしょう。リオでサンバが生まれるころ、北東部のサルヴァドールからも黒人がやってきました。その1人がシアタおばさん (Tia Ciata) でした(写真)。
 ちょうど時差12時間のリオでは、土曜日の京都は、金曜日の夜にあたります。カーニバルが近づく今、金曜日の夜6時から翌朝の4時ごろまで、コンセイサンの丘 (Morro da Conceição) の塩の石(Pedra do Sal) などで、毎週、演奏会が開かれています(写真)。
  • 土曜日のXV広場 (Praça XV) のアフロ音楽演奏リハーサル
  • アフロ音楽発祥ヴァロンゴ地区のコンセイソンの丘への階段横の有名なシアタおばさんの家 (Casa da Tia Ciata)
  • コンセイソンの丘の音楽家たち出会いの塩の石 (Pedra do Sal)

2017/11/28 02:00:00 日本人医学生、ブラジルの先住民村で医療活動 その4

  • Categoryブラジルのニュース
  • Posted by住田 育法
 33年前の1984年9月に、私はアマゾン河流域のマナウスを訪問しました。小舟から眺めた一面の水と森の風景が懐かしく思い出されます(写真)。

 21世紀になった2017年8月、慶應義塾大学医学部国際医学研究会 (IMA)第40次派遣団の皆さんがマナウスを訪問しました。

 以下は派遣団のブログの内容です。

 2017年8月24日(木)
 マナウスでは本研究会が長年活動している「巡回診療船」に同乗させていただきました。アマゾン河流域には「コミュニティ」と呼ばれる村が多く存在し、その村には医師がいないことがほとんどです。そういった人々のため「巡回診療船」を政府が運営し、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、調理師などが無医村地域を船で移動し診療を行います。
 まず、アマゾン河巡回診療船同乗実習の前に巡回診療船を運営するマナウス市保健局を訪問しました。そちらでは、巡回診療のスケジュールや巡回する村についてご説明を受けました。
 その後、買い物を済ませ、診療船の出発地である港へ向かいました。遂に私達がずっと夢見てきたアマゾン河での活動が始まることに胸を踊らせている内に船も出発しました(写真)。
 朝起きると最初の活動地である村に到着していました。そこに広がるアマゾン河に一同感動し、これから行う活動に向けてより一層気持ちが高鳴りました。
 医師による問診、診察は基本的に村の学校などで行い、船内では尿検査、血液検査、歯科処置、ワクチン注射、薬剤の説明・受け渡し、外科処置などが行われていました。また、停泊する村以外に住まれている方や高齢などを理由に学校まで来れない人には、徒歩や小型のボートを使用し患者さんの家まで訪問診療を行いました(写真)。

 診療したそれぞれの村には、マラリアに感染し今回が10回目の感染であった患者、ハンセン病患者、ロボミコーシスの患者など日本では見ることのできない多くの症例があり、非常に貴重な経験を多く積むことができました。一方、どの村にも糖尿病患者や高血圧患者はいらっしゃり、中には糖尿病が進行し片足が壊死している患者さんもいらっしゃいました。
 処置室には、鼻の中に自分で石を突っ込み取れなくなってしまった子供や、果物を木に向かって投げたところそれが跳ね返り自分の頭に直撃し縫うことになってしまった子供もいました。
 アマゾンでの活動は毎日が非常に刺激的で充実しており、1日1日があっという間に過ぎて行きました。夜は疲れのせいか気づかぬ内に一同ぐっすり眠ってしまいました。
 日本の大学病院とは違った環境での医療現場の様子、診療船での活動で出会った方々との思い出、そしてアマゾン河の広大な風景。多くの方々の支えのもとで、この活動でしか得ることのできない貴重な経験をたくさんすることができました。将来、私達が医師となってからも、この体験は一生忘れることはないと思います。
  • 33年前の1984年9月、筆者住田はマナウスを出てジャングルの中を小舟で静かに進みました。(筆者撮影)
  • 診療船の出発地である港へ。ずっと夢見てきたアマゾン河での活動が始まることに胸を踊らせている内に船も出発。(派遣団活動記録ブログより)
  • 医師による問診、診察は基本的に村の学校などで。船内では尿検査、血液検査、歯科処置、ワクチン注射など。 (派遣団活動記録ブログより)

2017/11/22 21:30:00 日本人医学生、ブラジルの先住民村で医療活動 その3

  • Categoryブラジルのニュース
  • Posted by住田 育法
 慶應義塾大学医学部国際医学研究会 (IMA)の第40次派遣団の活動を紹介していますが、今回の内容は、2010年にも同研究会のブログで、9回目の訪問と記録されているシャバンテ(Xavante)族の村についてです。
 マトグロッソ州東部に居住するジェー() 語族のグループで、ポルトガル人がブラジルに最初に着いたころに広く沿岸地帯を支配していたトゥピ (tupi) 語族ではありません。レヴィ=ストロースが調査したボロロ族がジェー語族ですね。
 
 さて、慶應義塾大学医学部国際医学研究会第40次派遣団の2017年のシャバンテ族の村の訪問の様子を紹介しましょう。

 シャバンテ族の村は、舗装された道から逸れて30分ほど行った森の中にありました。途中の道は、座席に座っていられないほどの凸凹道で、文字通り「車に揺られて」やっとの思いで到着しました。村は中央の広場を囲んで約15軒の家が散在し、82人が暮らしているとのことでした。私たちは村の奥手にある学校の一室をお借りし、そこで生活しました。 
 村に到着後まず、日本から持参したTシャツ、鉛筆、歯ブラシを配布しました。Tシャツは主に子供たちに配布し、嬉しそうにその場で着てくれる姿を微笑ましく見ておりました。
 またクレヨン、スケッチブック、日本のおもちゃ(紙風船、縄跳び、竹とんぼ、こま)を子供たちにプレゼントしました。私どもが見ていると、恥ずかしがってなかなか絵を描いてくれず、遠くから見守っておりました。おもちゃは、竹とんぼと縄跳びを特に気に入ってくれたようで、翌日も夢中になって遊んでくれていました。


 私は過去、都市研究の現地調査のために数回、リオデジャネイロ州ニテロイ市の低所得者層共同体、所謂ファヴェーラを訪問したことがあります。そのときも必ず、こどもたちのために歯ブラシやクレヨンなどをお土産に持参しました。友人の大学教授がソーシャルワーカーを置いて、低所得者への社会支援を行っていましたが、今では繋がりが無く、訪問することはありません。

 さて、先住民の村の話に戻りましょう。

 村の医療の現状を調査しました。村長と、村の伝統医療を担う「パジェ」という職業の方にインタビューさせていただきました。村では、病気になるとまずパジェに相談し、木の根などから作った薬を飲ませてもらいます。
 それでも軽快しない場合には、尖らせた竹で身体に傷を付けることで、病気で汚れた血を外に流します。こうした治療でも良くならない場合には、街の病院に行くそうです。
 このように伝統医療の後に西洋医療という順で治療しますが、いずれも同等に信頼しており、距離的な問題から伝統医療が優先されるだけだとお聞きしました。
 こうした調査活動に加え、シャバンテ族たちの生活にも密着して参りました。ある日には彼らの魚釣りに同行しました。場所は森の中を1時間歩き、途中で川を越え、ようやくたどり着いた流れの緩やかな川辺でした。茹でた豆や米粒を針に付け、糸を垂らして魚を釣る彼らに倣い、1時間半ほど釣りをしました。しかし、大量の小さな虫に苦しめられ、私どもは釣果なしに終わりました。
 また村にはシャワーがなかったため、毎日川で水浴びをしました。水浴び場は村のすぐ裏手にあり、村人と共に岸から飛び込むと、冷たい水が非常に気持ちよく感じられました。
 最終日の朝には、村長やパジェの一家と朝食を共にする機会に恵まれました。メニューはマンジョーカ、小さな芋、街で買ったチーズ、手作りのお茶でした。どのような朝食かと不安もありましたが、存外美味しいメニューで、お腹一杯食べてしまいました。


 マトグロッソ州南部パンタナルの森の中の観光牧場に私は1990年に宿泊したことがあります。川は南に流れるラプラタ水系でした。山を1つ北へ越えるとアマゾン川の支流となります。中西部はブラジル高地を覆うアマゾン水系とラプラタの水系の接する地域です。
  • 村に到着後まず、日本から持参したTシャツ、鉛筆、歯ブラシを配布。(派遣団活動記録ブログより)
  • 村の医療の現状を調査。村長と、村の伝統医療を担う「パジェ」という職業の方にインタビュー。(派遣団活動記録ブログより)
  • 最終日の朝、村長やパジェの一家と朝食を共に。メニューはマンジョーカ、小さな芋、街で買ったチーズ、手作りのお茶。美味しいメニューで、お腹一杯食べる。(派遣団活動記録ブログより)

2017/11/22 00:10:00 日本人医学生、ブラジルの先住民村で医療活動 その2

  • Categoryブラジルのニュース
  • Posted by住田 育法
 慶應義塾大学医学部国際医学研究会 (IMA) 第40次派遣団の活動報告の紹介を続けます。派遣団は、ブラジルの中西部 (Centro-Oeste) 地域マトグロッソ州に位置し、その面積は日本の国土の約半分という非常に広大なブラジル政府公認の先住民族保護区、シングー国立公園 (Parque Indígena do Xingu, antigo Parque Nacional Indígena do Xingu) において実施されているProjeto Xinguという活動に参加しました。
 
 以下は派遣団のブログの内容です。

 Projeto Xinguとは去年発足したNGO団体の活動であり、シングーインディオ国立公園内の先住民族 = Indioに対して眼科検診や歯科検診、巡回診療を行うプロジェクトです。
 まずはクイアバ (Cuiabá) よりカナラナ (Canarana) まで夜行バスで移動しました。所要時間は約13時間、日本ートロント間以上に時間がかかりましたが、バスの車内はなかなか快適で、第40次最高身長を誇る白石団員も足が伸ばせるフルフラットタイプのバスでした。
 カナラナ到着後、飛行機に乗り換えて公園内の活動拠点へ更に約1時間かけて移動します。小型飛行機のため揺れは激しかったですが、空からの眺めは最高でした。上空からは公園内に点在する村を見ることができ、これからの活動に胸が高鳴るばかりでした。
 今回はProjeto Xinguの活動の一環である”Yawalapiti Expedition”に参加しました。6日間の検診活動において4つの村に暮らす4部族に対し、眼科検診や巡回診療を実施します。
 拠点から各村までの移動手段は様々で、車やバイク、ときにはボートを使って移動したこともありました。
 村には眼科機器を持ち込み、学校や空き家などを借りて簡易診療所を設営して診察活動を行いました。
 この検診をカマユラ (Kamaiurá ou Kamaiyurá) 村、ワウラ (Waurá.) 村、カラパロ(Carapalo) 村、ヤワラピチ (Yawalapiti) 村の計4つの村で行いました。診察は時には順番待ちの列もできるほどで、最終的に計476人の診察を行うことができました。今回の診察で白内障が見つかった人の内、希望者には9月から11月頃にかけカナラナの病院にて手術を実施することとなっており、今回の診察活動はこうしたスクリーニング (screening) の意味合いも有りました。


 医療の専門に関わる活動内容ですが、もう少し続けて紹介しましょう。

 精密検査や問診は現地の眼科医が担当し、私たち (第40次派遣団) は視力検査やオートレフケラトメーターによる検査を行いました。言葉が通じない中でいかにコミュニケーションを取り診察業務を行うかが非常に難しいところでした。診察を受ける側の立場になって診察方法の伝え方を考えるなど、医療者を目指す上でとてもよい経験になりました
 今回訪れた各村に住む民族はそれぞれが全く異なる部族であり、話す言葉も文化も異なります。皆靴を脱いで入ってくる村もあれば、検診に興味を示しつつなかなか受けに来ない人が多い村もありました。
 同じ地域に住んでいながらこのように村ごとに異なる言語や文化が残っている様子は非常に興味深く、先住民族の皆さんの医療との関わり方だけでなく、こうしてXingu地域における生活や文化にも触れることができ非常に有意義な活動を実現することができました。
  • カナラナ到着後、飛行機で活動拠点へ移動。上空から点在する村を見る。(派遣団活動記録ブログより)
  • 村には眼科機器を持ち込み、学校や空き家などを借りて簡易診療所を設営して診察活動。(派遣団活動記録ブログより)
  • 受付を済ませた後は、まず視力を測定。(派遣団活動記録ブログより)

2017/11/21 18:30:00 日本人医学生、ブラジルの先住民村で医療活動 その1

  • Categoryブラジルのニュース
  • Posted by住田 育法
 慶應義塾大学医学部国際医学研究会 (IMA) 第40次派遣団の活動報告です。写真などの掲載の許可をいただきましたので、数回に分けてこのブログで紹介します。ポルトガル語を学び、ブラジル研究をすすめる皆さんの参考になることでしょう。

 陽春の本年3月23日に、京都外国語大学ラテンアメリカ研究所あて、以下のような問い合せがありました。これがはじまりでした。 
 
 私は現在、慶應義塾大学医学部国際医学研究会という団体に所属しており、第40次派遣団学生責任者を務めております。私どもは、夏季休暇を利用しまして、ブラジルを中心とした南米にて国際医療活動を行っている団体でございます。本年度も7月15日から8月27日までの44日間、ブラジルにて活動を予定しております。
 私たちの活動の中に現地研究というものがございまして、今年の夏の活動で、私の研究テーマは、「先住民族における文化的・社会的背景に応じた理想医療の検討」を考えております。(中略) また、私どもの今夏の渡航の目標の一つと致しまして、様々な民族を訪れそこでの暮らしや文化を間近で見ることで「医の原点」とは何かを考察し、理想医療とは何かということを考えていきたく存じます。ただどういった形で現地において文化や社会状況に関して調査していくべきかで悩んでおります。
 ブラジル先住民族に関しましてご指導いただけたら幸いでございます。


 私はまず、以下の文献や映像を紹介しました。
1 レヴィ=ストロース 著、川田 順造訳 『悲しき熱帯』〈1〉〈2〉 (中公クラシ
 ックス) 単行本 – 2001/4。
2 ブラジル日本商工会議所編『新版 現代ブラジル事典』2016/4/19、 新評論。
 ブラジルの人類学者Darcy Ribeiroの映像作品:
O Povo Brasileiro (Matriz Tupi) 1/30

 このほか、先住民について:
 情報はブラジル地理統計院のFUNAIのもの。
 Yawalapiti族について。
 先住民出自の初めての言語研究者:
 Um professor Kamayurá, Aisanain Páltu Kamaiwrá.

 私からの情報提供はわずかでしたが、派遣団の皆様はすばらしい成果をあげて帰国されたそうです。私が頂戴した第40次派遣団学生責任者清水俊志 (TOSHIYUKI SHIMIZU)さんからのメールの一部です。

 無事私共はブラジルでの活動を終え日本に帰国致しました。ブラジルでの体験は何にも代えがたく人生で一生忘れることのできない思い出ばかりでございました。また、先生のご指導もあり先住民族の伝統医療や彼らの西洋医療との関わり方も学ぶことができ非常に充実した研究を行うことができました。西洋医療者が彼らの社会や文化背景に困惑しつつも、彼らの伝統医療を尊重しつつ、医療を提供している様子が度々見受けられ非常に感銘を受けました。将来、私が医師となってからも一人一人の患者の背景を感じ取り、それらを尊重した医療を行っていかなければならないと強く思いました。また、いつか今度は医師としてブラジルに行き、今回お世話になった現地の医療関係者の方と一緒に医療をしてみたいという思いも芽生えました。

 清水さんが作成している活動報告のブログからいくつかの写真をピックアップしながらブラジルの先住民村での活動を伝えます。
  • 活動の拠点Xingu公園の上空からの写真。(第40次派遣団活動記録ブログブログより)
  • 慶応大学北里講堂前にて出発式開催。(第40次派遣団活動記録ブログブログより)
  • クイアバ空港到着後にHospital Universitário Julio Müllerを見学。Dr. Humberto Ikuo Shibasakiからリーシュマニア病やハンセン病といった症例について説明を受ける清水さん(左端)たち。 

Page top