ページの先頭です。ページの本文へ

ブラジルポルトガル語学科ブログ RSS


2022/06/28 11:50:00 ブラジルポルトガルウィーク2022 開催

  • Categoryお知らせ
  • Posted by上田
 ブラジルポルトガルウィークが開催されます。(学内行事)7月4日(月)〜7月8日(土)


(プレイベント)
卒業生講演会 松岡 裕紀 氏(在エクアドル日本国大使館)
6月21日(火) 11:10〜12:10
場所: 1号館7階 R171

ポルトガル アーバンアート
7月4日(月)〜7月8日(土)
展示場所:1号館1階 南側通路

講演会:ポルトガル アズレージョの世界
7月4日(月)14:00〜15:00
場所: 4号館5階 R452
講師:深越 純江 氏
オンライン配信:Microsoft Teams (https://onl.bz/hSBsfn5)

講演会:日系人の歴史とブラジル文学
7月4日(月) 16:00〜17:20
場所: 1号館7階 R171
講師:オスカール・ナカザト 氏
ライブ配信URL:https://youtu.be/nG3T4T4sMWw
*読書感想文コンクール
課題図書:オスカール・ナカザト氏著『ニホンジン』(水声社)

コンサート:ポルトガルギター ♪サウダーデの調べ
7月5日(火) 11:00~12:00
場所: 1号館7階 R171
演奏: 月本一史氏ほか
オンライン配信:Microsoft Teams (https://onl.bz/qWMjffY)

マラカトゥワークショップ
7月8日(金) 11:00〜12:40
場所:9号館7階 R971













2022/06/27 23:10:00 Minha Vida Universitária ④

  • Categoryお知らせ
  • Posted by岐部雅之
 私(木山七海)のブログも今週で最終回となりました! いま思っていることや今後のことについて書きます。

 この4週間のブログは私にとって、とても意味のあるものだったと感じています! 文章を読むのはすごく好きですが、書くのは苦手でした。でもこうして最終回を迎えたいま、頭の中を整理しながら文字にすることで自分自身を見直すことができた気がします。こんな機会をくださった学科の先生方には感謝しかありません。本当にありがとうございます!

 こうして振り返ると、自分には自信がないなと思うことも多かったです。いつか「これが私です!」と堂々と言えるような、そんな日が来るよう努力は続けないといけませんね。これからも自分の苦手なこと、やりたくないことも積極的に経験して、失敗を繰り返しながらも成長していけたらなと思っています。実際、自分にはできないなと思っていても、やってみると案外できたことも多くて、少しずつですが成長を感じています!

 明日からも変わらず日々精進です✨ 自分は欲張りな人間なので、授業は多めに受講して、ポルトガル語が話せる友だちに「会話練習に付き合ってほしい」とお願いをしています。学べるときに思いっきり学んで、たくさん吸収したい! 他学科の先生方にもお世話になって、本当に幸せ者です。

 まだまだ学びを続けたい気持ちが大きく、いまは大学院に進むことを考えています。専門は教育開発学です。

 最初は複雑な気持ちを抱えながらブラジルポルトガル語学科に入りましたが、今では本当にここで良かったなと、こんなにも人は変われるんだと思うくらい考え方も変わりました。大学に通うことを許可してくれて、好きなことをさせてくれている両親や、常に新しい学びのきっかけをくださり、些細なことでも相談に乗ってくださった先生方、そして爆笑してしまうような面白い話も真面目な話も語り合える友達のおかげです!

 いろんな背景を持った人と出逢って、さまざまな価値観に触れて、他者の考え方をリスペクトできる人間でいたいです。難しいことも笑顔で楽しんでしまう姿勢をもっていたいです! その意味ではずっと「未熟」でありたいと思っています。

「言語を通して世界の平和を」


 私はこの言葉(京都外国語大学の建学の精神)が好きです。そしてこれを教育の切り口から体現できるような、そんな大人になりたいです✨

 最後になりましたが皆さんは“Chance favors the prepared mind”という諺をご存じでしょうか? 意味は…… ぜひ調べてください!

 気づけば6月も終わりが近づき、もう7月になりますね! 時の流れは本当に早いです。いつチャンスが降ってきても掴み取れるように、常に心を持ち合わせていきましょう。

 今まで本当に読んでくださってありがとうございました! Muito obrigada!

ブラジルポルトガル語学科 3年次生
木山七海

2022/06/21 19:40:00 フェリッペ・モッタ講師の講演(ご案内)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by岐部雅之
7月30日(土)、本学科のフェリッペ・モッタ講師が「1940年、はじめて見る日本~ある日系二世と一人の非日系ブラジル人の来日記」(主催:JICA横浜 海外移住資料館)と題する講演会を行います。

オンラインアプリZoomで開催され、どなたでも参加できます。
詳細はこちら(海外移住資料館HP)をご覧いただき、申込みをしてください。

・・・

モッタ講師(専門:日系ブラジル移民、移民研究、移動と記憶、国際日本学)は、昨年11月に第二回JICA海外移住論文の懸賞論文部門で最優秀賞を受賞しました。

受賞論文はこちらから閲覧可能です。



2022/06/21 19:30:00 卒業生のオンライン講演会(実施報告)

  • Categoryイベント
  • Posted by岐部雅之
6月21日(火)、卒業生の松岡裕紀さん(2020年度卒業)をお招きして、オンライン講演会を開催しました。

松岡さんは在学中にニュージーランドとメキシコに留学をし、卒業後は在エクアドル日本国大使館で在外公館派遣員として今も勤務されています。

講演では、まず派遣員の業務を中心に大使館の仕事全般についての詳しい紹介がありました。どれだけ入念に事前準備を行っても本番でのトラブルはつきもので、その際いかに臨機応変に行動できるのか、日ごろの心構えが大切だということです。

後半はエクアドルの生活についてお話いただきました。
海が近く自然が豊かな一方で、娯楽が少ないようですが、コロナ禍でもできる範囲で旅行を楽しんでいるとのことでした。

最後に、聴講している学生へのメッセージ。
努力が必ずしも報われるわけではないけれど、挫折を好機と捉えて努力し続けることが成功につながると、ご自身の体験を踏まえてのお話に学生も勇気づけられたことと思います。

講演後、参加者からは、「松岡さんの話を聞き、今まで以上に頑張って絶対留学に行きたいと思いました」や、「失敗に気が付き試行錯誤して考え続けることで、例え時間がかかったとしても結果が出るということ、また、公演終盤の『挫折を好機に』という言葉に感銘を受けました」との感想が寄せられました。ほかにも、派遣員制度を初めて知った学生もいたようです。

本学科では今後も卒業生と在学生のつながりの場を設けていきたいと思っています。
今後もよろしくお願いします。

2022/06/20 09:40:00 Minha Vida Universitária ③

  • Category在学生の声
  • Posted by岐部雅之
先週に引き続き、今週も私(木山七海、3年次生)が行っている活動について紹介します!

私がカンボジアに興味を持ったのは、PCC(Picture Books for Cambodian Children)という主に紛争のあった地域に支援活動を行うNPOとの出会いがきっかけでした。

いま、貧しいカンボジアの小学校に向けた教育支援クラウドファンディング等を行っています。世界には今の私たちのように当たり前に学校に行ける環境が整っているわけではありません。家が農家であり、子どもたちも労働力になりうることから、学校に通えず、学力面で遅れが出てドロップアウトすることも少なくありません。

そんな子どもたちを少しでも救うための活動を行っています!

また、カンボジアでは長く続いた内戦後の平和構築プロセスが教えられていないことも多いです。そこで、この国の子どもたちに平和意識を育んでもらうため、平和教育の教材開発に力を注いでいます。

PCCに入った当初は活動のノウハウが全く分からず、どうしたらいいか迷ってばかりでした。すごいなあと思う人ばかりで、自分の小ささを実感するあまり、やめたいと思ったこともありました。

でも、そんな素晴らしい人たちと活動できるのは大変貴重な機会であり、たくさん学ぶことで成長を実感しています。

この活動を通して、あらためて大学の外に出て活動して、自分自身を客観的に知ることはとても大切であると感じました。

うまく言葉にできない部分もありますが、「自分がいやだなあ」とか「やめたいなあ」と思うことを諦めずに続けると、それからはなんでもできる気が湧いてきます。だからぜひ皆さんも自分を信じて挑戦してみてください!

やらない自分よりやった自分の方が絶対にかっこいい!

今週も読んでいただきありがとうございました!
次は最終回となります。私が今後どうしていきたいかについて書く予定です。

それではまた!

Page top