ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2018/06/12 15:20:00 盈進中高・京都外大西高・京都外大・NET-GTASの「中・高・大・留学生交流」

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

盈進中高・京都外大西高・京都外大・NET-GTASの「中・高・大・留学生交流」



The interchange among junior high school, high school, university, and NET-GTAS" on 16th and 17th this month.

 京都外国語大学で6月17日(日)にオープンキャンパスが開かれます。これに合わせて、広島県福山市の私立盈進(えいしん)中学高等学校の生徒約30人が「English in Kyoto」と題して京都外大を訪問、16日(土)と17日(日)に「被爆者証言の世界化ネットワーク(NET-GTAS)」とともに、京都外大生・留学生・京都外大西高校生と「平和」を考えるワークショップなどを開きます。「平和・人権・環境」をスローガンに掲げる中学高校と「言語を通して世界の平和を」を建学の精神とする大学の生徒・学生の出会いです。

●盈進中学高校生の「English in Kyoto」イベントの日程
 6月15日(金)夜、マイクロバスなどで京都入り、宇多野ユースホステルに2泊。
   16日(土)朝、京都外大で「中高大・留学生が一緒に平和を考えるワークショップ」。
        午後、妙心寺塔頭退蔵院で座禅体験、嵐山で外国人観光客にインタビュー。
   17日(日)朝、京都外大のオープンキャンパスを留学生らのガイドで見学。一部メンバ
ーはNET-GTAS事務局を訪問し、中学校から大学まで「平和」を学ぶ活動のあ
り方など話し合う。
午後2時半、大学からマイクロバス出発、夕刻福山に戻り解散。

●16日のワークショップについて
  時間: 午前10時~12時
  場所: 京都外大4号館3階432教室
  内容: 盈進中学高校生から、今年4月に「ユース非核特使」としてジュネーブ軍縮会議
事務局に派遣された体験を報告。
       漫画「はだしのゲン」の英語版から日本語へ、日本語版から英語へ、NET-GTAS
の指導でグループ別に翻訳体験、など。
       ワークショップ終了後、留学生らと昼食も。

●17日のNET-GTAS交流について
  朝10時からオープンキャンパスの開会式に参加。引き続き、盈進中高生の大半は、キャ
ンパス内で次々に行われるイベントを、留学生らの案内で見学して回る。
   一部、「平和」の問題に関心のあるメンバーは、10時半に4号館3階のコミュニティ・エ
ンゲージメント・センターのミーティングルームに集合。NET-GTAS会員である被爆者・
花垣ルミさんからお話を聴いたり、中高大・留学生がそれぞれ受けて来た平和教育の中
身を話し合い、「核のない世界」をつくるために何をすべきか、一緒に考える。
   終了後、2号館5階のNET-GTAS事務局を見学。留学生らと昼食も。

●NET-GTASのみなさまへ
   盈進中学高校と京都外大・短大は、2017年3月に連携協定を結んでいます。今回のイベ
ントを機に、両学園間で生徒・学生の相互訪問(ヒロシマ学習など)や研修活動などを
多様に進める動きが出ています。NET-GTASとしてさきがけをつとめることになります。
約30人の生徒をにぎやかに迎えたいものです。
   土曜、日曜で恐縮ですが、ワークショップとNET-GTAS交流に、短時間でも結構です。ご
参加ください。
   
   ※イベントへの参加、あるいは運営スタッフとして協力していただける方は、
13日(水)までに「可能な時間帯」を事務局に電話、またはメールでご連絡
ください。
(長谷 邦彦=代表)
  • 盈進中高・外大西高・京都外大・NET-GTAS交流会のポスター

Page top