ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2016/05/29 18:20:00 5.14 映画「アオギリにたくして」学内上映会を終えて

  • Category私の想い
  • Posted by阿比留 高広

5.14 映画「アオギリにたくして」学内上映会を終えて


The movie “Aogiri ni takushite” told us that the influence of the A-bomb is not just like an old story from 70 years ago,
but it has ruined quite a few people’s lives even now.


 5月14日(土)17時~京都外大R741教室にて、映画「アオギリにたくして」の上映会を行いました。これは、昨年この映画をみた学生サポーターが感動し、ぜひ外大内でも上映したいという思いを持ったのがきっけです。
 学生サポーターとしては初めて主催した映画上映会。会場準備から集客まで、試行錯誤しながら、反省すべき点を多く抱えながらも、なんとか無事に終えることができました。これもNET-GTAS本体の方々や映画に携わってきた方々をはじめ、多くの皆様のご協力のおかげです。本当にありがとうございました。
主人公のモデルになった沼田鈴子さんは、22歳で被爆し、片足をなくし、被爆したことによる差別に苦しみ、何度も絶望の淵に追いやられながらも、語り部として生を全うされました。原爆による被害は、落とされた時だけではありません。多くの人々が差別によって、その後の人生を台無しにされた事実を、私たちは決して風化させてはいけません。単なる昔話のようにとらえられがちですが、この問題は現在まで続いている、将来も起こりうる問題であることを忘れてはいけません。
当日は学生と社会人合計43人の方々がご来場されました。また、上映後に原作・監督の中村柊斗(しゅうと)さんや総括プロデューサーの中村里美さん、音楽監督の伊藤茂利さん、映画に登場された上田紘治さんから、映画製作の経緯やそれぞれの思いなどもお話していただきました。今後も多くの人々と手をつないで、核の被害のない世界の実現に向け、進んでいきたいと思います。
今回の経験を活かし、次回の映画上映会はさらにパワーアップしたものにできるようにしたいと思います。
今後ともNET-GTAS学生サポーターをよろしくお願いします。
            (阿比留 高広  =サポーター会議代表)
  • 上映会には被爆者の上田紘治さんや濱恭子さん、花垣ルミさんの姿も
  • 上映後、舞台からあいさつする総括プロデューサー・中村里美さん(右から3人目)ら
  • 正門の告知看板の前で(左から、音楽監督・伊藤茂利さん、サポーター・阿比留高広さん)

Page top