ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2019/02/21 16:00:00 English Guide in Hiroshima (京都外大×盈進ヒューマンライツ部)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by阿比留 高広

English Guide in Hiroshima(京都外大×盈進ヒューマンライツ部)



5 students from KUFS joined "English Guide in Hiroshima"
by Human Rights Club of Eishin Junior and High School.


[English Guide in Hiroshima with KUFS People]
2月2日 広島平和記念公園めぐり
     平和資料館見学
     留学生ホームステイ
2月3日 鞆の浦めぐり
     ホロコースト記念館見学
     お別れパーティー

 2月2~3日の二日間、広島の盈進中学高校ヒューマンライツ部の主催した、English Guide in Hiroshimaに参加しました。ヒューマンライツ部と京都外大、NET-GTASは以前から共同イベントを通してつながりがあり、今回も京都外大の留学生を招いて盈進の生徒が広島をガイドするという共同イベントでした。盈進の生徒と職員は合わせて約20人、京都外大はイギリス、カナダ、中国からの留学生と私の5人が参加。一グループ1、2人の留学生に5~6人の生徒で3つのグループに分かれ、英語でガイドが行われました。

 平和記念公園では、原爆ドームや原爆の子の像はもちろん、韓国人原爆犠牲者慰霊碑や供養塔、慈仙寺跡の墓石などまで丁寧な説明をしていただきました。留学生は特に被爆したのは日本人だけではなかったという話に衝撃を受けていたようでした。資料館見学では、当時の写真や遺品を目の前で見て、原爆投下のリアルを改めて学べたとのことです。イギリスの留学生は、「母国が核保有国ということは知っているが、学校では良くも悪くも普段あまり話に出ることはない。政治の話は難しいが、個人的な思いとしては率直に核はなくなってほしいと思う。」と言っていました。

       平和公園 慰霊碑横               相生(あいおい)橋にて


 二日目午前中は鞆の浦という福山の観光名所へ行き、極寒の中、かつて朝鮮通信使の往来によりにぎわった素朴な港湾街をのんびりめぐりました。私たちの班は途中、坂本竜馬の隠れ家の案内役の人につかまり、思わぬところで日本史の勉強をしてきました。観光要素も大事ですね。午後は学校付近のホロコースト記念館へ。ヒューマンライツ部は原爆の問題だけでなく幅広い分野の問題を取り扱っています。視野が広がります。

      「鞆の浦」観光                ホロコースト記念館にて       


 最後には心温まるお別れパーティーをしていただきました。お菓子を食べながら日本の文化クイズや巨大折り鶴づくり、節分サプライズなど、楽しい時間でした。別れはたいていやっと打ち解けた始めたころにやってくるものですが、最後というさみしさも忘れさせてくれる面白さに感謝です。

        巨大折り鶴づくり                最後に記念写真       


 留学生たちには、「企画に時間と心がこもっていたことを感じた。ホームスティのあたたかさにも感謝。中高生で平和について考え、何より行動していることに感心。」(中国の留学生)、「単なる観光だけでなく、平和について多くを学べてよかった。生徒たちが本当に頑張っていた。ホームスティは素晴らしく、ぜひまたしてほしい。ホロコーストについては学校で少し学んでいたが、日本のホロコースト記念館に行けたのは興味深かった。」(カナダの留学生)などと、非常に好評でした。
 京都外大、NET-GTASと盈進とのかかわりはまだ始まったばかりですが、これからの発展に大いに期待の持てるイベントの一つとなったと感じます。


            (阿比留 高広 NET-GTASサポーター) 

Page top