ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2018/11/29 15:20:00 核兵器廃絶地球市民集会ナガサキに参加しました。

  • Categoryイベント
  • Posted by阿比留 高広
第6回 核兵器廃絶地球市民集会

 11月16日から3日間開かれた、第6回 核兵器廃絶地球市民集会に参加しました。この集会は、「ナガサキを最後の被爆地に」を合言葉に、日本だけでなく世界中の人々と、文字通り地球市民として、核兵器を廃絶しより平和な世界をつくるという目的のもと、数年に一度開かれます。
 私は分科会Ⅲ「次世代とつくる核なき世界」にパネリストとして参加しました。アメリカ、中国、韓国、マレーシアからの若い海外ゲストに加え、奈良、東京の学生とともに県外ゲストとして参加。テーマは、若者と平和活動。
 海外パネリストからは、韓国の最近の学生運動の盛り上がり、アメリカの原爆投下正当化論の廃れ、核兵器のみならずあらゆる兵器をなくすべきなどの意見が出されました。
 県外パネリストからは、お金にならないイメージの平和活動に対する親の反対、無関心な人が多い中での話しづらさなどが出されましたが、それに対してピースビジネスも可能なこと、無関心を、差し迫った問題がない平和な状態とプラスに捉えることもできること、あらゆる問題が誰にでも関係があるというつながりを見つけて当事者意識を持てるなど前向きな意見に変わっていきました。
 さらに、そもそも平和とは、平和活動とは一体何かを考えることもやめてはいけない、周りや社会に対してプラスの活動をしていればある意味全て平和活動といえるのではないか、ジータスの翻訳のように入り口は平和を意識しなくてもその中で被爆者の心に寄り添い、いつの間にか当事者意識を持てるような活動の工夫は可能など深まった意見も出ました。
 いつの時代も、活動者の高齢化に伴い、「継承」が必要になります。その際、年配の世代のみ、若者の世代のみで固まってしまっては「継承」はできません。当たり前ですが、今年配の方にも若い時代があり、今の若者にも年配の時代が来るのです。あらゆる世代がお互いに排除せず、長所を生かして一緒に取り組むための活動の工夫が必要です。今回、新たに創設された、全国、いずれは全世界の若者がつながって平和活動をつくる「Youth Network for Peace」も、すべての世代をつなげるという役割の一旦を担うものとなるでしょう。
 核兵器をなくすには、世界中の人々の努力が必要になりますが、そのためには当事者(被爆者)の声が最も重要です。今回の集会に参加した世界の活動家の方々も広島・長崎の被爆者の想いを聞くことによって動き始めました。今後もNET-GTASの活動を通じ、被爆者の声を世界に届けていきます。
 私たちはみな同じ「地球市民」であるという自覚をもって、今後も活動を続けたいと思います。
採択された決議はこちら)(English ver.
  • 地球市民集会の後、横断幕を持ちアピールウォーク
  • 分科会Ⅲ「次世代とつくる核なき世界」
  • 分科会Ⅲで発言するNET-GTASサポーター 阿比留 高広(国際教養学科4年生)=中央

Page top