ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 10 a.m. to 4 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2016/05/29 18:20:00 5.14 映画「アオギリにたくして」学内上映会を終えて

  • Category私の想い
  • Posted by阿比留 高広

5.14 映画「アオギリにたくして」学内上映会を終えて


The movie “Aogiri ni takushite” told us that the influence of the A-bomb is not just like an old story from 70 years ago,
but it has ruined quite a few people’s lives even now.


 5月14日(土)17時~京都外大R741教室にて、映画「アオギリにたくして」の上映会を行いました。これは、昨年この映画をみた学生サポーターが感動し、ぜひ外大内でも上映したいという思いを持ったのがきっけです。
 学生サポーターとしては初めて主催した映画上映会。会場準備から集客まで、試行錯誤しながら、反省すべき点を多く抱えながらも、なんとか無事に終えることができました。これもNET-GTAS本体の方々や映画に携わってきた方々をはじめ、多くの皆様のご協力のおかげです。本当にありがとうございました。
主人公のモデルになった沼田鈴子さんは、22歳で被爆し、片足をなくし、被爆したことによる差別に苦しみ、何度も絶望の淵に追いやられながらも、語り部として生を全うされました。原爆による被害は、落とされた時だけではありません。多くの人々が差別によって、その後の人生を台無しにされた事実を、私たちは決して風化させてはいけません。単なる昔話のようにとらえられがちですが、この問題は現在まで続いている、将来も起こりうる問題であることを忘れてはいけません。
当日は学生と社会人合計43人の方々がご来場されました。また、上映後に原作・監督の中村柊斗(しゅうと)さんや総括プロデューサーの中村里美さん、音楽監督の伊藤茂利さん、映画に登場された上田紘治さんから、映画製作の経緯やそれぞれの思いなどもお話していただきました。今後も多くの人々と手をつないで、核の被害のない世界の実現に向け、進んでいきたいと思います。
今回の経験を活かし、次回の映画上映会はさらにパワーアップしたものにできるようにしたいと思います。
今後ともNET-GTAS学生サポーターをよろしくお願いします。
            (阿比留 高広  =サポーター会議代表)
  • 上映会には被爆者の上田紘治さんや濱恭子さん、花垣ルミさんの姿も
  • 上映後、舞台からあいさつする総括プロデューサー・中村里美さん(右から3人目)ら
  • 正門の告知看板の前で(左から、音楽監督・伊藤茂利さん、サポーター・阿比留高広さん)

2016/05/22 11:20:00 写真家、フランシスコ・ハーパーさんからNET-GTASへ素敵なお便り

  • Categoryイベント
  • Posted by大西 綾

写真家、フランシスコ・ハーパーさんからNET-GTASへ素敵なお便り



 
The picture of the activity of NET-GTAS reached a small country in the Atlantic ocean, the Republic of Cape Verde.
"The Peace Pictures Relay" by a French photographer continues.


2015年秋にNET-GTASの勉強会にお招きしたフランス人写真家、フランシスコ・ハーパーさんから、お便りが届きました!
 フランシスコさんは、仕事で訪れた国の学校を訪問し、生徒たちの様子を写真に収め、それをまた次の国の学校へ持っていき、そこの生徒たちと一緒にまた写真に収めていくという、写真のリレー活動をされています。彼は「教育が受けられる学校という環境は平和そのものだ」という思いのもと、この写真リレー活動を自身の平和のライフワークとして続けておられるのです。
 去年10月にフランシスコさんが京都外国語大学を訪れた際、光栄にも私たちNET-GTASメンバーもその写真リレー活動の一員として写真に収めて頂きました(昨年12月2日付けNET-GTASブログ参照)。
 今回、彼から届いたお便りは、私たちの写真が、大西洋に浮かぶ島の国、カーボベルデ共和国の首都プライアにある学校へとリレーされたことを示していました。私たちの集合写真を手にしたカーボベルデの若者たちの笑顔が印象的です。彼は「プライアの学校の学生達もこのプロジェクトにとても協力的で、楽しんで参加していました」と書いていました。
 私は写真を受け取って、異国の地でこんなに壮大なプロジェクトに加えて頂けるなんて、ほんとうに光栄なことだと改めて感じました。地球は丸くて、世界は一繋がりで私たちもみんな繋がることが出来るんだということを、フランシスコさんのこの活動から教えて頂きました。平和を願い続けるこの素晴らしい活動を、これからもずっと応援し続けていきたいですね。
  (大西 綾 =京都外国語短期大学キャリア英語科2015年度卒業生)
  • カーボベルデ共和国の若者が手にしたNET-GTASの集いの写真

2016/05/17 14:40:00 ボン大学のホームページに証言翻訳授業発表会の映像公開

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷邦彦

ボン大学のホームページに証言翻訳授業発表会の映像公開



At Bonn University, the result presentation of the translation class of the testimony video of A-bomb survivor was held,
and the picture was uploaded boom in the homepage of the university.



 ドイツのボン大学で2015年度冬学期に行われた被爆者証言ビデオの翻訳授業の成果発表会の模様が、同大学のホームページに2分30秒の動画として公開されました。

ボン大学では日本語を学ぶドイツ人大学院生5人が、NET-GTASの翻訳事業に協力し、昨年秋からの翻訳授業(クラス担任・田村直子先生)で半年をかけて広島の被爆者・寺沢茂さんの証言ビデオの字幕を日本語からドイツ語に翻訳しました。この冬2月2日、その成果であるドイツ語字幕を付けた映像を学内で公開。「被爆者の声を聴くのは初めて」という受講生たちは、擬音語・擬態語の多い日本語をドイツ語に移し替えるむずかしさや、「ヒロシマ、ナガサキで起きたことをみんなに知ってほしい」という思いを学生仲間に報告しました。
このユニークな取り組みに注目した大学の放送局(uni-bonn.tv)が発表会をビデオ取材し編集。著作権問題などをクリアして大学の公式ホームページに映像をアップロードしたのです。
映像のURLは、https://youtu.be/CtVE54DMUhMです。
 タイトルは「ヒロシマの証言を翻訳する」。映像の中で、発表者のキャロリン・ベックスさんはインタビューに答えて「重要なテーマだけに、責任を重く感じた。内容を正しく訳すだけでなく、被爆者の気持ちをきちんと表現するのが難しかった。ほかの授業にはない大事な経験をした」と言っています。また、田村先生は、この授業がNET-GTASという日本の組織(京都外国語大学)と連絡し合って実行されたことを説明し、「学生には大きなチャレンジだった」と述べ、一緒に翻訳指導したハイケ・パチケ先生は「受講生は、作品がインターネットを通じて世界に公表されることを知っており、質の高い作品を作り上げた」とたたえました。              

(長谷 邦彦 =代表)

2016/05/16 10:20:00 新たに14本の作品が公開されました。

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

新たに14本の翻訳作品が公開されました



The new 14 videos translated by NET-GTAS were added
to the site of Peace Information Network
(http://www.global-peace.go.jp)


NET-GTASが進める被爆者証言の多言語化事業で、2015年度上期と下期の翻訳作品の一部、計14作品が新たに完成し、5月9日、国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館の合同サイト「平和情報ネットワーク」にアップロードされました。これによりGTAS作品は計55本に増えました。

今回アップされたのは下記の方々の証言ビデオです(言語をクリックで視聴できます)。
【久保 ミツエさん(長崎 当時16歳)】
韓国語
英語
【米田 チヨノさん(長崎 当時18歳)】
中国語
韓国語
【伊谷 周一さん(広島 当時16歳)】
ドイツ語
フランス語
中国語
韓国語
英語
【金 日祚さん(広島 当時16歳)】
ドイツ語
フランス語
中国語
【寺沢 茂さん(広島 当時18歳)】
英語
【天野 文子さん(広島 当時14歳)】
ポルトガル語


(長谷 邦彦 =代表)

2016/04/29 22:10:00 5月14日(土)夕、映画「アオギリにたくして」の上映会

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷邦彦

5月14日(土)夕、映画「アオギリにたくして」の上映会

With English subtitles

 
On the evening of May 14, a movie show "Aogiri" will be screened at Kyoto University of Foreign Studies (KUFS).
It is a story of A-bomb survivor of Hiroshima. The picture gets English subtitles.
Don’t you shed tears after a long absence, too?


 久々に涙をたっぷりと流してみませんか? 広島の被爆女性を描いた映画「アオギリにたくして」の上映会が、5月14日(土)午後5時から京都外国語大学7号館4階741教室で開かれます。アメリカのオバマ大統領が5月下旬のG7首脳会議に合わせて広島を訪問することがほぼ本決まりになりつつある中、ぜひ多くのみなさんに広島・長崎の戦後の歩みをふりかえってほしい--そんな思いからNET-GTASの学生サポーター会議が企画しています。
 
 原爆で片足を失いながらも、焼け跡に芽を吹いたアオギリの生命力に励まされ、被爆体験の“語り部”として生き抜いた沼田鈴子さん(22歳で被爆、2011年7月死去)をモデルにした物語です。

 映像には英語の字幕が入ります。この上映会に間に合わせるよう、制作チームの方々が急ぎ字幕編集をしてくれたのです。留学生もしっかり楽しんでもらえます。

 原作・監督の中村柊斗さんや総括プロデューサーの中村里美さん、音楽監督の伊藤茂利さんも来場し、映画製作の経緯など話をしてくれます。

 会場の京都外大は、京都市右京区西院笠目町6。四条通葛野大路(かどのおおじ)角です。最寄りの駅は、阪急西院駅、または地下鉄東西線太秦天神川駅です。

 映画の詳細は次のURLで、ご覧いただけます。 http://aogiri-movie.net/
 
 お問い合わせは、 netgtasstudents@gmail.com にメールを。あるいは、下記の事務局に、どうぞ。

◆「被爆者証言の世界化ネットワーク(NET-GTAS)」事務局 ◆ 
京都外国語大学国際言語平和研究所共同研究室(2号館5階255号室)
住所: 〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
電話: (市外局番 075)322-6054(内線6755)  (海外からは+81-75-322-6054)
Mail: net-gtas@kufs.ac.jp
業務時間:月曜~金曜の午前10時~午後5時 代表: 長谷邦彦(ながたに・くにひこ)
職員: 榊原恵美子(さかきばら・えみこ)
オフィシャルブログ:http://www.kufs.ac.jp/blog/department/net-gtas/


     (長谷 邦彦 =代表)
  • 「アオギリにたくして」上映会のチラシ

Page top