ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 10 a.m. to 4 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2016/10/24 14:50:00 被爆者とともに「継承」を考える集い、11月26日に

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

被爆者とともに「継承」を考える集い、11月26日に



How should we hand down the testimony of Atomic Bomb Survivors of Hiroshima and Nagasaki to the next generations?

The gathering with Hibakusha will be held at KUFS on November 26th.


広島・長崎の原爆被爆者の想いを若い世代がどう引き継ぐか--。重い歴史の証言の「継承」の仕方を、被爆者と学生・市民が一緒に考える集いが、11月26日(土)午後、京都外国語大学で開かれます。
主催は、「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」(岩佐幹三代表理事)。NET-GTASが後援します。
「継承する会」は、2011年12月、被爆して生き残った人々の「こんな惨劇は2度とあってはならない」という強い願いを実現させるために、被爆者の残してきた被害の実相や証言、記録、闘い、未来へのメッセージを世界が共有する記憶遺産として発信することをめざし発足しました。「被爆者とともに『継承』を考える」イベントは、会の活動をもっと多くの人に知ってもらおうという企画で、8月に東京で開いた集いに次いで、関西では初めての集まりです。
被爆者の証言を多言語に翻訳することで記憶遺産を世界に広げる取り組みをするNET-GTASとしても、一緒に考える場は大事です。一人でも多くのみなさんに集まっていただけるよう、お知り合いに声をかけ合いましょう。
集いの詳細は、以下の通りです。

被爆者との交流会(関西)<被爆者とともに「継承」を考える>

日 時  2016年11月26日(土)午後2時~4時半
場 所  京都外国語大学1号館5階151教室
      ( 〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6 )
主 催  NPO法人「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」
      e-mail:  hironaga8689@gmail.com
     ホームページ: http://kiokuisan.com/                                                               後 援  「被爆者証言の世界化ネットワーク(略称NET-GTAS)」
      e-mail:   net-gtas@kufs.ac.jp
     ブログ:  http://www.kufs.ac.jp/blog/department/net-gtas
参加費  500円(被爆者および高校生以下は無料)

[長谷 邦彦 =代表]



  • 11月26日に開催の「継承を考える」集いの案内チラシ

2016/10/04 14:20:00 被爆者証言の翻訳ビデオをラジオとネットで紹介

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷邦彦

被爆者証言の翻訳ビデオをラジオとネットで紹介



NET-GTAS has started a program named “Hibakusha Testimony to the world”
broadcasted by a FM radio station named “Kyoto-Sanjo Radiocafé”.
You can listen to the story in Japanese
from the testimony videos translated by NET-GTAS in the radio.
In addition to that, you can also watch the videos
with subtitles in different languages in Kyoto-sanjo radio café’s HP!



 NET-GTASは、京都市南部をエリアとするFMラジオ局「京都三条ラジオカフェ」で、私たちが多言語の翻訳字幕を付けた原爆被爆者の証言ビデオの紹介を始めました。番組の名前は「被爆者の証言を世界に!」。初回は10月3日(月)。以後、毎月第1、第3月曜の午後6時から6時半の30分番組。翻訳作品を各回1本ずつ紹介します。来年5月まで、全16回の予定です。コミュニティ放送という、ごく狭い地域向けのラジオ局がインターネットと組み合わせることで、世界に多言語の情報を発信する試みです。

 被爆者の体験記や証言映像の大半は日本語で書かれたり、語られたりするだけで、外国人には理解が困難でした。NET-GTASはこの「ことばの壁」を乗り越えるために証言ビデオの字幕の多言語翻訳を進めています。翻訳作品は、広島と長崎の国立原爆死没者追悼平和祈念館合同のウェブサイト「平和情報ネットワーク」に掲載されていますが、海外はもちろん、国内でもあまり知られていません。NET-GTASは、被爆者の声をもっと広く世界中の皆さんに届けたいという思いから、このラジオ作戦を始めたのです。

 ラジオだけだと日本語の音声のみですが、ラジオ局のホームページは「平和情報ネットワーク」のサイトや、NET-GTASのブログとリンクしており、視聴者は証言ビデオの映像を、好みの翻訳言語の字幕つきで、見たい時に見ることができます。また、ラジオで放送した番組の音声はポッドキャスティングという技術で、いつでも再生可能です。
ラジオ番組の収録・編集は同大学の学生放送局が協力します。

 この取り組みは、地域のミニ・ラジオ局がラジオとインターネットをつないで国際的な課題に多言語で取り組むものとして注目され、高橋信三記念放送文化振興基金(山本雅弘・運営委員長)から助成金を受けています。


「被爆者の証言を世界に!」の番組コーナーには、NET-GTASがこれまでに翻訳した作品一覧へのリンクが貼られており、被爆者のお名前と翻訳言語をクリックすると、該当の映像を見ることができます。
 また、「平和情報ネットワーク」にアクセスすれば、国立平和祈念館所蔵の証言ビデオを視聴できます。
                         (長谷 邦彦=代表)
  • 10月3日夜の「ラジオカフェ」のホームページ。「被爆者の証言を世界に!」番組がトップに紹介されている。
  • 番組音声の収録中のNET-GTASの京都外大メンバーと京都外大放送局のスタッフ。=同局のスタジオで。

2016/09/02 17:50:00 証言ビデオにクロアチア語版が登場

  • Categoryお知らせ
  • Posted by阿比留 高広

証言ビデオにクロアチア語版が登場



Croatian subtitles for Fumiko Amano's testimony was made by NET-GTAS.



 国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館の合同サイト「平和情報ネットワーク」に、初めてクロアチア語の証言ビデオが公開されました! NET-GTASが翻訳した作品です。

 証言者は、広島で14歳の時に被爆した天野文子さん。原爆投下の翌日、広島の郊外から家族の行方を求めて市内に入り、死の世界の広がる街の光景に「戦争なんて人殺しじゃないか。東洋平和のために、なんて嘘よ」と思ったという天野さん、平和への想いをじっくりと語ります。

 クロアチアが母語の方や、クロアチア語を勉強中の方など、興味のある方はぜひこちらからご覧ください。


 これにより、私たちの翻訳作品は合計56本になりました!
 これまで私たちが翻訳した言語の数は、9言語。英語、フランス語、中国語、韓国 朝鮮語、ドイツ語、スロベニア語、イタリア語、ポルトガル語、そして今回のクロアチア語です。

今後とも、どんどん新たな言語を追加しつつ、言語の壁を越えた被爆証言の発信を続けて参ります!」

               (阿比留 高広 =国際教養学科4回生)
  • 映像の下部にクロアチア語の翻訳字幕が付いた天野文子さんの証言ビデオ

2016/08/24 11:40:00 長崎フィールドワーク、収穫いっぱい!

  • Categoryイベント
  • Posted by阿比留 高広

長崎フィールドワーク、収穫いっぱい!



6 members of NET-GTAS student supporters went to Nagasaki
to join in the activities with the other University students such as Nagasaki University.





こんにちは。 NET-GTAS 学生サポーターです。
先日  8 月 8 ~ 10 日に、メンバー 6 人で長崎へ行ってまいりました!!
ご支援くださった方々には本当に感謝しております。ありがとうございました!

長崎では、長崎大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学(APU)、アメリカン大学の学生の方々と一緒に学習・交流をしました。

キム・ウォンス国連事務次長を招いた講演会や、平和の灯見学、長崎さるく(長崎観光ツアーの呼び名)、「平和」についてのディスカッション、それぞれの活動紹介、被爆された方との交流、資料館見学などを行いながら、昼・夕食交流なども通じ、京都と長崎の学生のつながりの基礎を築けました。

9日の平和式典当日は、NHKの全国・国際中継にも出演し、国内外へのアピールもできました!

メンバー6人中5人が今回が初めての来崎でした。3日間、メンバー一人ひとりにそれぞれなりの刺激があり、感じたことがあり、意味のある長崎フィールドワークとなったと思います!

近く報告会も行いたいと思っていますので、また詳細が決まり次第お知らせさせていただきます。
 今後とも NET-GTAS と学生サポーターをよろしくお願いいたします。

                 (阿比留 高広 =国際教養学科4回生)
  • 長崎大学などの学生にNET-GTASを紹介する川瀬さんと阿比留君
  • 長崎原爆資料館を見学する
  • 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館を見学する

2016/07/31 11:40:00 ヨーロッパ日本語教師会のシンポジウムで証言翻訳授業の報告

  • Categoryイベント
  • Posted by田村 直子(ボン大学講師)

ヨーロッパ日本語教師会のシンポジウムで証言翻訳授業の報告



We reported about the social contributions of the translation class
of the Hibakushas'testimonies in Bonn University.


 ヨーロッパ日本語教師会 (Association of Japanese Language Teachers in Europe e.V.) 主催の「2016年日本語教育シンポジウム」が2016年7月7~9日にイタリア・ベニスで開かれました。私(田村直子)は、ボン大学で2014年から行っている被爆者証言翻訳を中心とした授業についてハイケ・パチケ先生と共同で報告してきました。


 今回のシンポジウムのテーマは「ウェルフェア(well-being) を目指す日本語教育」でしたので、私たちも「日独翻訳授業を通しての社会貢献と自己実現-広島と長崎の被爆者証言の翻訳プロジェクトを例に-」という観点から発表しました。
 ウェルフェアの観点から考えると、私たちの授業の成果物、つまりドイツ語字幕は、ドイツ語話者に、より多くの被爆者証言を提供するための社会的貢献と位置づけられます。また、授業参加者である学生にとってこの活動は自分の日本語能力と翻訳能力を生かし、社会貢献できるので、大きな自信を獲得できる場となっていることが分かりました。実際、翻訳授業の卒業生達が集まって、ボランティアでさらなる翻訳依頼を受け完成させているのですが、翻訳の授業が学生のエンパワメントに結びつくことの証左ということができましょう。
 このような結果が得られた背景には以下のような要因があると考えられます。

1. 翻訳依頼内容が社会的貢献度の高いものなのでやりがいを感じられること
2. 学習の成果物を広く一般に共有できるので、自分を日本語学習者としてではなく日本語仲介者としての自覚でき自信がつくこと
3. 翻訳の依頼主であるNPO(NET-GTAS)、同じく証言翻訳をしている他大学、出張授業をしてくださる被爆者二世の方など、この活動に共感してくれる人々と交流があること

 この授業を始めた当時の学習目標は修士課程翻訳専攻の学生の日本語力と翻訳能力の向上にあったのですが、上述のような副次的な効果が確認できたのは非常に喜ばしいことです。もちろん本来の学習目標も着実に到達しています。その背景に考えられるのは以下のような要因です。

4. 本物の翻訳依頼であるので、学生はおのずと自らの翻訳に高い質を求めること
5. 翻訳の質の向上には正しい専門用語の選択が不可欠だが、そのためには原文の背景知識に通じる必要があることに気づき、お互いに調べ合い学び合うこと
6. 翻訳をグループ活動、即ちチーム翻訳という方法で行っているので、グループ内で各自の翻訳バージョンについての議論が深められること

 ヨーロッパの日本教育関係者の方々にボン大学での活動例を聞いてもらい、さまざまな方から励ましのお言葉や関心を寄せてもらうことができました。また新たに考えていきたい視点をいただくこともできました。証言という媒体の持つ特殊性(例えば、原爆投下を有難く思っていると証言する被爆者に出会ったという学生への対応)、加害者としての日本の扱い、被爆者証言の歴史的、政治的な文脈での位置づけなど、今後向き合っていけたらと思っています。
 なお、シンポジウムのホームページはこちらから見ることができます。
    
            (田村直子 =ボン大学講師)

Page top