ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

私の想い

2015/06/16 13:00:00 NET-GTASに参加して

  • Category私の想い
  • Posted by大西 綾

NET-GTASに参加して



                                
To be a good supporter,

  
what I really have to do as a first thing is to deepen my knowledge of war.

                
I don’t want to let all memories of war go fading.


  NET-GTASにサポーターとして活動に参加しました。大きな動機は、実は、被爆体験の証言ビデオを翻訳するという作業に関心を持ったからでした。
 でも、当初は、肝心な戦争に関する内容への自分の知識はとても浅かったため、活動へ参加する自分に自信が持てずにいました。そのなかで何度か、被爆された方から体験談を聴く機会がありました。
 被爆者の方々は、思い出すと涙があふれてくるようなとても辛い体験を、それでも一生懸命に話して下さいました。「被爆体験を語れる人はどんどん減っていく。だから、戦争のような出来事がまた繰り返されないためにも、出来るだけ自分の体験したことを話し、伝えていきたい。」とおっしゃる姿がとても力強く、この方々の想いを理解し、まわりに伝えていきたいと強く感じました。同時に、被爆や戦時中のお話を直接聞ける今に自分が生きていることは、とても貴重で意味があることだと再確認しました。
被爆者の方々の想いを風化させることなく伝えていくためにはまず、被爆体験や戦時中のことへの自分自身の知識と理解を深めることが、今私が出来る、そして、しなければならない一番の課題です。
(大西 綾 =サポーター、短大2年)
  • 被爆者のお話を聴く京都外大のサポーターたち

2015/05/28 13:20:00 被爆者のメッセージを英訳して

  • Category私の想い
  • Posted by神田 雅晴

被爆者のメッセージを英訳して



Through translating messages from the atomic bomb sufferers,
meanings and contexts of words like "War" "Atomic bomb" has changed.


自分を磨く、勉強の一環。NET-GTASから頂いた日本被団協の「被爆者からのメッセージ」の英語翻訳の依頼をお受けした理由はその一心でした。元々自分は、通訳翻訳に興味があり、授業や自己学習以外にも機会を見つけては翻訳通訳に挑戦していました。今回の翻訳のお話をいただいた時も、勉強の一環としての作業にすぎませんでした。
 しかし翻訳作業も最終工程の見直しに取り掛かった時、自分で訳した文や文字に強い違和感と不満を感じ、翻訳を一からやり直すことになりました。
違和感の理由はなんであったのか。それは作業中に何度となく読み返した被爆者の方の身をえぐるような証言、イメージを補足するために見た多くの映像や資料。それらに触れることで、作業に当たる前と後で自分の中の「原爆」「戦争」等の言葉の持つ「言外の意」が大きく変化し、そしてまた自分自身にも変化が起きたのだと思います。
被爆体験、戦争の悲惨さ。その人にしか語ることができない言葉や、その当事者にしか生み出せない強い言葉があります。僕がNET-GTASに参加するのは、自分にもその言葉が伝わり、動かされたからです。 (神田 雅晴 =京都外国語大学中国語学科 4年生)
  • 被爆者のお話を真剣に聞く神田君

2015/04/24 22:40:00 核兵器について思うこと

  • Category私の想い
  • Posted by阿比留 高広
核兵器について思うこと

We have to abolish nuclear weapons.
I have a lot of dreams that I would like to realize in the future.
But they would be nothing, if only a nuclear weapon explodes above us.

                 
  自分は、核兵器をなくしたいです。自分は将来やりたいことがたくさんあります。しかし、もし頭上で原爆が炸裂したら、それは一瞬で「無」になります。悔しいの一言すら言えずに存在が消えてしまうでしょう。それが実際に70年前の日本で起きました。言葉や書面では簡単に原爆一発で何万人もの人々がなくなったといわれますが、その一人一人に自分と同じように人生がありました。それを、有無を言わさず何もかもを奪う兵器を、許せない、なくさないといけないと思うのは人間として自然なことではないでしょうか。
 3月21日「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」の集いでは、被ばく体験はもちろん、その体験を海外へ発信していった経験が聞けたことも非常に興味深かったです。核兵器の実際の被害は海外ではあまり知らされていないということへの危機感とともに、それでも被ばく者の方の思いに心を寄せて、核兵器をなくすために一緒に頑張っている人が増えていることが非常に印象深かったです。核兵器をなくしたいという思いに、国も、世代も関係ない。核兵器をなくしたいと強く望んでいる人々の間では、言葉なんてなくてもわかりあえる。その人間共通の感覚を呼び起こすためにどれだけ言葉の壁をまず超え、考えるきっかけをつくれるか。そんなことを考えさせられる集いでした。
 その集いの後、自分はNET-GTASのサポーターとなりました。自分の大学にもNET-GTASの活動ができる場があることをもっと早く知りたかったです。これからは学習会や翻訳活動の広報を通して、周りの同世代の人たちも内に秘めているであろう核兵器を無くさなくてはいけないという思いを改めて広げられるように力を合わせたいと思っています。 (阿比留 高広 =国際教養学科3年)
  • 被爆者の話に耳を傾ける阿比留高広君(京都外大で)

2015/04/02 09:00:00 「一つになる世界」に向けて

  • Category私の想い
  • Posted by池田 昭

「一つになる世界」に向けて



In the event held on March 21 hosted by NET-GTAS,
I listened a cantata "Surviving after Hiroshima"
and I thought about "the world where people became one".


 カンタータ「広島を生きぬいて」を3月21日の市民・学生の集い「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」で初めて聴きました。
 濱恭子さんの被爆体験をもとにフランスのルネ・マイヤーさんが作曲し、2013年にパリで初演されたそうです。戦争の犠牲者への鎮魂歌であり、希望のメッセージでもあります。
 「人々が一つとなる世界に向けて」。カンタータの一節を聴きながら、最近、読んだ毎日新聞のコラム「発信箱」を思い出していました。それによると、各国の首相や大統領経験者が集まり、安全保障などを議論するOBサミットが1997年に、人種や宗教を超えて、人は「全ての人々を人道的に遇する責任を負っている」とした「人間の責任に関する世界宣言」を発表した、とあります。
コラムは、「イスラム国」への軍事作戦を取り上げたうえで、「根本的な解決には至らない。問題の根源は人の心の中に潜んでいるからだ。心の問題と真正面から」取り組まなければならない、と結んでいました。
集会やネットワーク幹事会の司会をして印象に残ったことがあります。翻訳に携わった韓国からの留学生の発言です。被爆者の「心」をいかに表現するか。その思いが伝わるように翻訳できているか。仲間と議論したといいます。言葉の壁を乗り越えて、被爆体験を世界で共有するとは、まさに、こうした努力の積み重ねでしょう。
政治はもとより学問や芸術など、あらゆる知恵を味方にすれば、「人々が一つになる世界」も夢ではないと信じています。(池田 昭  =幹事・京都外大教授)
  • NET-GTASの集いで司会する池田昭幹事(右)

2015/01/15 00:00:00 天野文子さんの被爆証言を見て

  • Category私の想い
  • Posted byCraig Smith
My thoughts when I watched Fumiko Amano’s testimony about the Atomic Bombing of Hiroshima

私は米国の核兵器開発のためのマンハッタン計画から途中離脱した科学者、ジョセフ・ロートブラットを思い出した。

Fumiko Amano’s story made me think about Joseph Rotblat, a brave pioneer in the opposition to nuclear weapons that began to grow in the years after the 1945 bombings.
He was a Polish physicist working on the Manhattan Project to develop the bombs which were dropped on Hiroshima and Nagasaki. In 1944 one of the scientists on the team refused to continue working on the bomb. It was Joseph Rotblat. He was the only one.
If the project had been stopped, Fumiko Amano’s brother would not have died. She would not witnessed the Hiroshima horror. But her brother would have lived only if all other scientists in the world refused to work on the bombs and for war. Rotblat believed that scientists should have a code of moral conduct.
In 1955, 60 years ago, along with Hideki Yukawa of Japan, he was one of the 11 people who signed the Albert Einstein-Bertrand Russell Manifesto which called on the scientists of the world to recognize the threat of nuclear weapons. The declaration says “Remember your Humanity and forget the rest.”
Fumiko Amano reminds us that in the 70th year since the bombing of Hiroshima and Nagasaki, although nuclear weapons have not been used again, war is still used as away to solve problems and gain power. Her experience is the real story of war. (京都外国語大学国際教養学科長 NET-GTAS幹事)
  • 「天野文子さん・英語版」の映像から(NET-GTAS撮影)
  • 元パグウオッシュ会議会長のジョセフ・ロートブラット博士

Page top