ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 10 a.m. to 4 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

私の想い

2015/04/02 09:00:00 「一つになる世界」に向けて

  • Category私の想い
  • Posted by池田 昭

「一つになる世界」に向けて



In the event held on March 21 hosted by NET-GTAS,
I listened a cantata "Surviving after Hiroshima"
and I thought about "the world where people became one".


 カンタータ「広島を生きぬいて」を3月21日の市民・学生の集い「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」で初めて聴きました。
 濱恭子さんの被爆体験をもとにフランスのルネ・マイヤーさんが作曲し、2013年にパリで初演されたそうです。戦争の犠牲者への鎮魂歌であり、希望のメッセージでもあります。
 「人々が一つとなる世界に向けて」。カンタータの一節を聴きながら、最近、読んだ毎日新聞のコラム「発信箱」を思い出していました。それによると、各国の首相や大統領経験者が集まり、安全保障などを議論するOBサミットが1997年に、人種や宗教を超えて、人は「全ての人々を人道的に遇する責任を負っている」とした「人間の責任に関する世界宣言」を発表した、とあります。
コラムは、「イスラム国」への軍事作戦を取り上げたうえで、「根本的な解決には至らない。問題の根源は人の心の中に潜んでいるからだ。心の問題と真正面から」取り組まなければならない、と結んでいました。
集会やネットワーク幹事会の司会をして印象に残ったことがあります。翻訳に携わった韓国からの留学生の発言です。被爆者の「心」をいかに表現するか。その思いが伝わるように翻訳できているか。仲間と議論したといいます。言葉の壁を乗り越えて、被爆体験を世界で共有するとは、まさに、こうした努力の積み重ねでしょう。
政治はもとより学問や芸術など、あらゆる知恵を味方にすれば、「人々が一つになる世界」も夢ではないと信じています。(池田 昭  =幹事・京都外大教授)
  • NET-GTASの集いで司会する池田昭幹事(右)

2015/01/15 00:00:00 天野文子さんの被爆証言を見て

  • Category私の想い
  • Posted byCraig Smith
My thoughts when I watched Fumiko Amano’s testimony about the Atomic Bombing of Hiroshima

私は米国の核兵器開発のためのマンハッタン計画から途中離脱した科学者、ジョセフ・ロートブラットを思い出した。

Fumiko Amano’s story made me think about Joseph Rotblat, a brave pioneer in the opposition to nuclear weapons that began to grow in the years after the 1945 bombings.
He was a Polish physicist working on the Manhattan Project to develop the bombs which were dropped on Hiroshima and Nagasaki. In 1944 one of the scientists on the team refused to continue working on the bomb. It was Joseph Rotblat. He was the only one.
If the project had been stopped, Fumiko Amano’s brother would not have died. She would not witnessed the Hiroshima horror. But her brother would have lived only if all other scientists in the world refused to work on the bombs and for war. Rotblat believed that scientists should have a code of moral conduct.
In 1955, 60 years ago, along with Hideki Yukawa of Japan, he was one of the 11 people who signed the Albert Einstein-Bertrand Russell Manifesto which called on the scientists of the world to recognize the threat of nuclear weapons. The declaration says “Remember your Humanity and forget the rest.”
Fumiko Amano reminds us that in the 70th year since the bombing of Hiroshima and Nagasaki, although nuclear weapons have not been used again, war is still used as away to solve problems and gain power. Her experience is the real story of war. (京都外国語大学国際教養学科長 NET-GTAS幹事)
  • 「天野文子さん・英語版」の映像から(NET-GTAS撮影)
  • 元パグウオッシュ会議会長のジョセフ・ロートブラット博士

2015/01/08 00:00:00 翻訳作業を通して考えたこと

  • Category私の想い
  • Posted by林山璟(Lim Sankyung)
What I thought through translation work: A-bomb survivors have showed courage and told their cruel experiences to us. Let’s listen to their voices, and think about nuclear weapons, wars and peace.
           
私が被爆者の証言ビデオの字幕を日本語から韓国語に翻訳するのは、今回の「田村サワ子さん」で3回目となりました。

京都外国語大学に在学中であった2012年、初めて証言ビデオを見ました。それまで私は「原子爆弾」とか「被爆者」という言葉について深く考えたことはありませんでした。翻訳することになった時、私にとっては日本語を韓国語にすることが優先であり、「核兵器」や「原子爆弾」、「戦争」という恐ろしいことについて考える余裕はありませんでした。しかし、何度も証言録を読み、また動画を見ながら被爆者の証言を聞いたときは、 心が苦しくなりました。事実に基づいたあまりにも残酷な話だったからです。
その時まで被爆者についてあまり知識がなかった私ですが、被爆者の方の話を聞いた時は想像もできないほどの被爆者の辛さを考え、大きな衝撃を受けました。そして、その痛みと辛さに対して何もしてあげることができない自分に対して無力感も感じました。

2回目の翻訳は、同じ2012年、京都外大が国連軍縮局に協力してビデオ字幕を7つの言語に翻訳することになった時。そして3回目が、今度のNET-GTASの取り組みで「田村サワ子さん」の韓国語翻訳というわけです。もう初めての仕事ではないので、着手前は、少し気持ちを楽にして翻訳することができると思いました。核についても被爆された方についても、以前よりは少し知識があり、翻訳のプロではありませんが、プロのように訳すことだけに徹すればよいと考えていました。

ところが、それは大間違いでした。同じ「被爆体験」であっても、同じ方が話してくれることであっても、何回聞いても慣れることのできない話でした。前と同じく証言録と映像を見ながら訳しましたが、とても辛い時間でした。もちろん私は被爆の経験はないわけですが、その話は想像するだけでも恐ろしく、怖い話でした。

正直、自分を含め、戦争を経験してない今の世代にとって、話を聞いたり見たりするだけでは、本当の戦争や被爆の恐怖や辛さというものを簡単に理解できるとは思いません。しかし、被爆者の方々は、私たちの世代と同じように、美しく、楽しく過ごしたかったであろう若い頃に戦争を体験し、被爆を経験しました。思い出したくもない、その恐ろしく、残酷で悲惨な出来事について、勇気を出して語ってくださっているのです。だから私は、被爆者の方が勇気を持って語ってくれていることを受け止めていかなければならないと思うようになりました。

いま私はNET-GTASで「田村サワ子さん」に続き、次の被爆者のビデオ字幕の翻訳を済ませたところです。たくさんの仲間が、韓国語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語への翻訳に取り組んでいます。多言語化によって、世界中の、より多くの人々が「核兵器」「原子爆弾」「戦争」の悲惨さについて知り、伝え、そして平和への道について考えることができたらと思います。あまり知られていない、韓国にもいる被爆者についても。(韓国語サポーター、ソウル在住)
  • Limさんが翻訳を担当した「田村サワ子さん」の韓国語字幕入りビデオ映像(NET-GTAS撮影)

Page top