ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

私の想い

2018/02/19 17:10:00 講演会「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか」を聴いて

  • Category私の想い
  • Posted by京都外大西高校生
講演会「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか」を聴いて

~京都外大西高校生が感想を寄せた~



1月19日に京都外大森田記念講堂で開かれたアメリカ人平和活動家、キャサリン・サリバンさんの講演会「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか」。京都外大西高校の国際文化コースの1~3年生全員が聴講し、約420人の聴衆のうち半数余りを占めました。2人の生徒が、NET-GTAS事務局に「感想文」を寄稿してくれました。


<寺田 有佑君 =3年生>

 私は、キャサリン・サリバン氏の講演会を受けて改めて核兵器は国際的な平和を想像する上で絶対悪の存在だということを理解しました。講演会冒頭の第二次世界大戦で使われた火力と現在世界中に存在している核兵器の火力数を比較するためのBB弾の実験。私は当初、仮に現代に核兵器が複数存在するとしてもたった9ヶ国が保有している核兵器の火力が、約八千万人もの死者を出した第二次世界大戦の火力には遠く及ばないものと考えていたのです。しかし、私の浅はかな考えは、すぐに打ち砕かれました。第二次世界大戦の火力がたった一個のBB弾で表されることに対し、核兵器に対して使われたBB弾は数えることができず、さらに途中からいつ終わるのだろうかという恐怖に囚われることになりました。そんな恐怖心に囚われてしまうようなものが今もこの世界で眠り続けていると想像すると背筋が凍りつくような思いがしました。
 そして、現在の情勢の不安定さを考えると核兵器の恐怖を絵空事のものと考えることはできません。
 アメリカのトランプ大統領の台頭から始まった国際情勢の緊張、そして北とアメリカの外交上、軍事上の挑発合戦。それによって日本の周辺にも幾度となくミサイルが飛来するなど、昨今、戦争の火種が以前にもまして、くすぶっていると感じます。それに加え人類による地球破壊を表す終末時計も0時まで2分という冷戦期と限りなく近い状態となり戦争の恐怖が現実になるのではと、怯えることもあります。そして、核兵器が発射されたとなると、広島・長崎のような惨劇が世界各地で繰り広げられるということになります。核がもたらす被害は、私も「はだしのゲン」やその他の資料で閲覧したことがありますが、とてつもなくおぞましくむごく吐き気を催すものでした。それと同時に核は、この世に存在してはいけないものと認識しました。
 私は、核を断じて容認することができません。核を持つことは人類に対して自殺する手段を与えていることだと思います。キャサリンさんが述べた通り、人は物事を思考することができる生物です。だから少し考えるだけで核が人間に対して何の利益にもなり得ないと分かるはずです。核を持つということは思考を放棄することと、同義であると考えます。それゆえに、今回の講演会は、核に関して今一度考えるよい機会になりました。


<佐々木 慧君 =3年生>

核兵器とは。現在世の中にある核兵器の数、それで地球に一体どれほどの悲劇を及ぼすことができるのか。いまICANのノーベル平和賞受賞が話題になっている核兵器について、先日、NET-GTASという組織から非常に貴重な体験になる講演に参加させていただきました。この講演では主に核兵器の現状、そしてその危険性について、被災者の発言を通したりなどして学びました。
ビー玉を使ったり、被災者の説明をとおして原爆の恐ろしさを知りました。核兵器についてより具体的に知ることは核兵器についてより深く知り、核兵器廃止の運動に参加したいとさえ思える機会になりました。
しかしそれと同時に、いま世界は、この核兵器に対する対策を持っていないということも知りました。この講演で、キャサリン・サリバン氏は日本で行われている避難訓練は人間の知識に対する侮辱と言いました。この講演は、私たちは核兵器の恐ろしさを知りながら、それに対して何もすることできないと怯えながら過ごしていくのしかないのか、とも感じる機会になりました。
今回の講演を通して、原爆の恐ろしさ、ICANやNET-GTASが行なっていること、そして核兵器の現状など、さまざまなことを学べる機会になりました。しかし、それと同時に今現在実行対策は何もないとおもう機会になりました。核兵器の恐ろしさを認知している人が増えていく中で、具体的な対策を考えていくことが、今後の課題になるのかなと思いました。
  • 講演会で肩を並べる(左から)サリバンさん、通訳の安原はづきさん、被爆者の原田美智子さん(1月19日)
  • 講演で「愛する人の命を奪う核兵器」を語るサリバンさん(1月19日)
  • ワークショップで参加者の気持ちを引き寄せるサリバンさん(1月20日)

2017/08/16 20:30:00 平和首長会議の総会に参加して

  • Category私の想い
  • Posted by高橋、川瀬、阿比留

平和首長会議の総会に参加して




 長崎大学で開かれた「平和首長会議」の第9回総会(8月7日~10日)には、NET-GTASの学生サポーター3人が主催者から招待され出席しました。
 世界162か国にまたがる7,417市町村が加盟する国際、いや、都市際会議の晴れがましい席に招かれた3人は、堂々の英語力を発揮し、「核兵器のない世界」を創るための提案をしていました。
 会議を終えて戻ったばかりの熱い胸の内を、早々に書いてもらいました。

●高橋尚也君(19)=スペイン語学科1回生
武蔵野市を担当し、武蔵野市長の邑上守正様に初めてお会いした時はとても緊張しました 。しかし、市長様は僕たちを温かく出迎えくれてとても嬉しかったです。その後も、武蔵野市が今後実践できそうな平和活動の提案をいくつか出し、時には市長様に褒められることもありました。グループで武蔵野市が今まで行ってきた平和活動を調べて参考にし、たくさんの意見を集めることができました。しかし、5分という限られた時間で発表しなければならなかったので、全て発表することはできませんでした。それでも、困った時は若者同士で助け合い、互いの絆が深まりました。終わった後は僕たちのグループの発表によって、武蔵野市から世界中に平和活動が広まり、世界にも平和の大切さを知ってもらいたいと思いました。最後に市長様から名刺を頂き、大切な宝物になりました。今回、平和首長会議という貴重な行事に参加させて頂き、とても良い経験になりました。若者にしかできないことや将来の期待を背負っていくことを考えるきっかけにもなりました。平和首長会議に参加した経験をもとに、これからの世代の人たちにも平和の大切さを伝え、受け継いでいきたいと思います。  

●川瀬由希子さん(22)=国際教養学科3回生
八月九日に、長崎で行われた第九回平和首長会議の一つ、会議Ⅲに参加しました。この会議は、ただその日に行って議論をする訳ではありません。ランダムに振り分けられた担当都市に対して、その都市でできる平和への提案をし、担当都市の市長さんと一緒になって案を考えるというユニークな形でした。一緒に提案を考えるグループのメンバーもランダムで決められるため、長崎、東京、広島など住んでいる場所がばらばらで、作業は自己紹介から始まりました。
 この会議の目的はグループで短期、中長期で実現できる提案をつくることで、グループワークがとても重要でした。グループのメンバーとは宿泊していた宿が同じだったため、寝る間も惜しんでの議論を行いました。もちろん眠気に襲われるのですが、寝てしまうのが勿体無いと思えてしまうぐらい充実した時間でした。メンバーの共通の興味や強みを集めて、さらにそれを発展させるという作業を行ったため、自分たちが自信を持って提案できる短期案「Peace from Here」と中長期案「Peace Movie World Contest in Vitry-Sur-Seine」が出来上がりました。
 今回の会議では、提案した案の内容やそのプロセスはもちろんですが、それ以上にこれから活動していく上での「支え」を得たと感じています。安定していない状態だから必要な「支え」という意味ではありません。核兵器廃絶や平和に向けて活動をしていると、自分たちの活動に意味があるのだろうかなど無力感に陥ることがあります。そんなとき、今回の会議で出会った同世代の仲間という「支え」があることによって、自分だけ孤独に戦っているのではない、距離は遠くても共通する目標に向かってみんなも頑張っているんだと思えます。会議は50分とあっという間でしたが、会議までの数週間、合宿のような長崎入りをしてからの濃い数日があったからこそ貴重な時間になりました。今回が初めての試みであったこの会議に参加できたことを嬉しく、そして素晴らしい機会を与えていただけたことに感謝しています。


●阿比留高広君(22)=国際教養学科4回生
私たちの班は、ネットでもなかなか情報が出ない、カメルーンのフォンゴトンゴ市を担当。副市長さんとメールでやり取りしながらみんなで知恵を出し合い、最終的に発表した案は5つ。1、フォンゴトンゴと長崎で共同のHPを作る 
2、両市の学生で短期交換留学を行う 
3、フォンゴトンゴには日本語、長崎にはフォンゴトンゴ独自の言語のコースを作る 
4、そのコースで学ぶ学生を中心にチームをつくり、原爆当事者、紛争当事者の証言の翻訳を行う 
5、フォンゴトンゴの歴史と平和活動について(翻訳して)記した金属板のモニュメントを道に設置する。

カメルーンの公用語は英語とフランス語。しかし、フォンゴトンゴの住民は家の中ではモックとヤンバと呼ばれる言語を話していることが分かった。ぜひその言語で翻訳することに。
翻訳の中身について、初めは被爆者証言のみの翻訳を考えていたが、それに加えて、フォンゴトンゴでは周辺の都市住民との民族争いによる犠牲者がたくさんいるとのことで、彼らの証言もぜひ日本語に翻訳使用ということになった。市民と市民が手を携えて平和を実現しようとするとき、一方の主張をどちらかが受け入れるだけではなく、お互いが平等に、誠実に向き合うことが大切であるということを改めて感じた。
さらに気づかされたのは、議論する時にまずお互いの前提条件や文化の違いを認識することの大事さ。例えば、日本では活動の発信手段として安易にウェブサイトやSNSという発想が浮ぶ。しかし、フォンゴトンゴではその担い手となるスマホを持っている若者は少数派。ちなみに、メールでは日本の生真面目な性格とカメルーンのおおらかな性格とのギャップを感じたが、お互いに会って話せばすぐに打ち解け、会う前に持っていた一種の疑念のような感覚が晴れた。異文化交流の際、疑念ではなく信頼をもとにもめごとを解決するという市民同士のつながりの重要性が大いに感じられた。

                          (まとめ=長谷邦彦)
  • 会議Ⅲで発表を待つ高橋尚也君(中央)
  • 会議Ⅲで発表する川瀬由希子さん(右)
  • 会議Ⅲで議論を聴く阿比留高広君(中央)

2016/12/05 21:30:00 お菓子を食べる暇もありませんでした

  • Category私の想い
  • Posted by阿比留 高広

お菓子を食べる暇もありませんでした



Let's make a more peaceful world without Nuclear Weapons with whole generations!
We discussed the future with the survivors of Atomic Bomb.


「被爆者とともに『継承』を考える集い」が11月26日(土)に京都外大で開かれ、約50人の方に集まっていただきました。
私にとって最も印象深かったのは、後半のグループトークです。普段会うことの少ない幅広い分野・地域の方々と、これまた普段話すことのないような被爆証言の「継承」の問題についてざっくばらんに話し合いました。
最後にそれぞれのグループで出た意見を発表しましたが、私は全員の意見を盛り込んで発表しました。それができるということは、それぞれがユニークな視点を持っていたと言うこと、しかもそれをぜひみんなに知って欲しいと思うほど斬新で、示唆に富んでいたと言うことです。驚きました。みなさん置いていたお菓子を食べる暇もないくらいトークに集中していました。
今回同じグループだった人が優秀な人たちであったのはもちろんですが、どんな人でもふと自分の意見を言う事がどれだけ周りにとっては刺激的で有意義な時間に感じられることがあるのかと言う事を思い知らされました。やはりこういう時間・場所を確保したかいがあったというものです。
さらに、今回は驚いたことに、集い自体が終わってもみなさん一気にバラけて帰るという事がなく、そのまましばらくその場で話し続けている人が多くいました。単なる勉強会とはまた違う、あたたかい雰囲気を感じ、嬉しくなりました。
普段の会話の中で、「原爆が…」「核兵器が…」「被ばくとは…」という言葉が発されることは滅多にありません。それは決して悪い事ではありません。普段からそんなことを考えなくても今のところは生きていける日本であるという証拠だからです。ただ、そんな状況を続けていくためには、考える時にはしっかり考えなければなりません。その一環に今回の集いがなれたのであれば素晴らしい事だと思います。
今後とも、NET-GTAS学生サポーターは、核兵器の問題など一見触れることの少ないような問題も、自分たちのリアルな生活に結び付けて真剣に考えるべき時には考えられるような雰囲気づくりを目指します。

 70年前に原爆のリアルを肌で味わった世代のお話を直接聞ける世代は、私たちがきっと最後でしょう。危機感とともに、来年から国連で始まる核兵器禁止条約の交渉の行方に現実的な希望も抱いています。被爆された方々が生きているうちに核兵器のない世界を見せたい!
 これからも世代も国境も超え、多くの人々とつながり、核兵器のない世界に向けて進んでいきたいと思います。

               [阿比留 高広 =国際教養学科4年]
  • グループ別懇談・交流でファシリテーターを務める阿比留君(後ろ向き)
  • サポーター会議の活動を映像で紹介する阿比留君

2016/05/29 18:20:00 5.14 映画「アオギリにたくして」学内上映会を終えて

  • Category私の想い
  • Posted by阿比留 高広

5.14 映画「アオギリにたくして」学内上映会を終えて


The movie “Aogiri ni takushite” told us that the influence of the A-bomb is not just like an old story from 70 years ago,
but it has ruined quite a few people’s lives even now.


 5月14日(土)17時~京都外大R741教室にて、映画「アオギリにたくして」の上映会を行いました。これは、昨年この映画をみた学生サポーターが感動し、ぜひ外大内でも上映したいという思いを持ったのがきっけです。
 学生サポーターとしては初めて主催した映画上映会。会場準備から集客まで、試行錯誤しながら、反省すべき点を多く抱えながらも、なんとか無事に終えることができました。これもNET-GTAS本体の方々や映画に携わってきた方々をはじめ、多くの皆様のご協力のおかげです。本当にありがとうございました。
主人公のモデルになった沼田鈴子さんは、22歳で被爆し、片足をなくし、被爆したことによる差別に苦しみ、何度も絶望の淵に追いやられながらも、語り部として生を全うされました。原爆による被害は、落とされた時だけではありません。多くの人々が差別によって、その後の人生を台無しにされた事実を、私たちは決して風化させてはいけません。単なる昔話のようにとらえられがちですが、この問題は現在まで続いている、将来も起こりうる問題であることを忘れてはいけません。
当日は学生と社会人合計43人の方々がご来場されました。また、上映後に原作・監督の中村柊斗(しゅうと)さんや総括プロデューサーの中村里美さん、音楽監督の伊藤茂利さん、映画に登場された上田紘治さんから、映画製作の経緯やそれぞれの思いなどもお話していただきました。今後も多くの人々と手をつないで、核の被害のない世界の実現に向け、進んでいきたいと思います。
今回の経験を活かし、次回の映画上映会はさらにパワーアップしたものにできるようにしたいと思います。
今後ともNET-GTAS学生サポーターをよろしくお願いします。
            (阿比留 高広  =サポーター会議代表)
  • 上映会には被爆者の上田紘治さんや濱恭子さん、花垣ルミさんの姿も
  • 上映後、舞台からあいさつする総括プロデューサー・中村里美さん(右から3人目)ら
  • 正門の告知看板の前で(左から、音楽監督・伊藤茂利さん、サポーター・阿比留高広さん)

2016/03/29 01:00:00 NET-GTASの翻訳作業、活動に参加して

  • Category私の想い
  • Posted by張 芳
>NET-GTASの翻訳作業、活動に参加して

I knew the importance of peace
through the translation for the testimonies of Atomic Bomb survivors.


日本に来て、外大で初めて「被爆者」という言葉を知りました。それまでは原爆という言葉は知っていましたが、被爆者については一度も聞いたことはありませんでした。そこで、関心を持ってインターネットで被爆者について調べました。
その後、「被爆者の声を世界へ届ける」というイベントに参加し、実際に被爆者にお会いして被爆体験を聞き、大きな打撃を受けました。そして、被爆者が一生懸命に平和の大切さをみんなに伝えている姿に感動しました。
大学院に進学してからはNET-GTASの活動に携わる機会があり、「被爆者の証言」に中国語の字幕をつけるための翻訳作業をするようになりました。戦争の経験のない私は戦争の恐ろしさを知りませんでしたが、被爆者たちが経験した話の翻訳作業を通して、平和の大切さがだんだん分かるようになりました。
被爆者証言を中国語に翻訳するときに、様々な問題点がありました。その中で特に苦労したのは、オノマトペの訳し方です。証言の中で擬態語や擬声語が多く使われていますが、それに対応できる適切な中国語がなかなか見つからないため、とても苦労しました。ですが、翻訳作業を通して、言語の壁を乗り越えて、被爆者たちが経験した戦争の恐ろしさを中国人にも伝えられるようになりました。これからも頑張って続けたいと思います。
      (張 芳 = サポーター、大学院 日本語教育専攻)

Page top