ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2018/10/15 16:00:00 2018年度の翻訳作品のアップが始まった!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

2018年度の翻訳作品のアップが始まった!




NET-GTAS piled up 5 more translation works as a part of this year plan on the site of "GLOBAL NETWORK" and 123 videos in total have been translated so far.


NET-GTASは2018年度上期、被爆者証言ビデオ22本の多言語化作業を進めています。このうち5本が完成し、10月12日、広島・長崎の両国立原爆死没者追悼平和祈念館合同制作のサイト「平和情報ネットワーク」にアップロードされました。これにより、私たちの多言語化活動の成果は、昨年度までに翻訳された作品と合わせ、合計123本になりました。

今回公開されたのは、「藤森俊希さん フランス語」「藤森俊希さん 英語」「裵基潤さん 中国語」「小谷孝子さん 中国語」「朝長民子さん ハンガリー語」の5本です。

この中で藤森俊希さんは、1歳の時に広島で被爆、毎年8月6日には母親から「あの日以来の苦しみ」の思い出を聞いて育ちました。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の事務局長として長く「核廃絶」に向けた活動に取り組んできました。昨年12月にはノーベル平和賞を受けた国際NGO「ICAN」の授賞式に被爆者代表として演説しています。

このブログの「私たちの翻訳作品」コーナーには、最新の計123本の作品一覧が掲載されます。被爆者のお名前と言語の種類をクリックすると、ご希望の翻訳字幕でビデオを見ることができます。

左の写真は新たに翻訳字幕の入った5つの作品の静止画像です。
                               
ぜひ、映像を見て、知り合いのみなさんに、特に海外の人たちに、広げてください。
                             
                       (長谷 邦彦=代表)
  • (上)藤森俊希さん 仏語 (下)小谷孝子さん 中国語
  • (上)朝長民子さん ハンガリー語 (下)藤森俊希さん 英語
  • 裵基潤さん 中国語

2018/09/07 13:10:00 京都・ウィーン合同企画に参加して

  • Category私の想い
  • Posted by阿比留 高広

京都・ウィーン合同企画に参加して



 8月5日に日本の古都・京都で、6日にオーストリアの首都ウィーンで、「核兵器のない平和な世界」を願う国境を越えた合同企画が、市民を巻き込む形で開かれました。京都では左京区のお寺で、ウィーンでは街中で、被爆者証言ビデオの上映や写真・ポスター展示を通してそれぞれの市民にアピールしました。(詳しくは「『原爆投下73年』にウィーンと京都を結んで」記事)
 
 この合同企画を通じて、NET-GTASの目指す活動に大きな二つの希望が生まれました。

 一つは、被爆者の声をもとに被ばくの実相を伝える拠点が海外にできていることです。被爆地の広島・長崎から発信されるだけでなく、世界のあらゆる地域でそこに住む人々自身が被ばくの現実を伝える拠点を作っていくことが、世界の非核世論形成において最も効果的です。また今回の企画のように、世界の仲間たちがどんな取り組みをしているのかをお互いに知り、各地でバラバラに行われている活動が繋がっていくことも、それぞれの平和の拠点を活気づけることになります。

 もう一つは、若い世代の関わりです。今回の合同企画はウィーン大学生と京都外国語大生がSkypeなどで連絡を取り合って実現させました。ウィーン側で自主的に動いてくれたのは主にウィーン大学の3人の学生でした。彼らのつくるメッセージビデオやポスターの斬新で興味をそそられる発想には驚かされました。核兵器が一朝一夕でなくせるものではない以上、廃絶に向けた取り組みは長い目で、しかし確実に次世代に継承していく必要があります。新たな世代への引き継ぎ方は、バトンタッチする側もされる側も一緒に考え、新しいやり方にもどんどん挑んでいくことが大切だと感じます。

 ちなみにウィーン大の学生らは、昨年の授業でNET-GTASの翻訳事業に参加し、1本の証言ビデオをドイツ語に翻訳したのが今回の活動のきっかけです。より良い翻訳をするためには、当時の惨状をできるだけはっきり思い浮かべ、被爆者の想いに寄り添う必要があるため、自然と核兵器廃絶の熱意に結びつきます。私も京都外大の仲間と一緒に翻訳した経験がありますが、翻訳という単純作業が実は深い意義と可能性を持っていることに気づかされます。

 地理的な意味での水平的な広がり、世代継承という垂直的な広がりの両面において希望が持てる、そんな今回の企画でした。NET-GTASの翻訳活動に参加する若者は世界各地の都市に散在しています。これからは、2つの都市だけでなくさらに多くの国や地域を巻き込み、同時多発的に地球上のあらゆる場所で合同企画をできたらおもしろいな、という目標ができました。

                (阿比留 高広=国際教養学科4年生)
  • ウィーンからのビデオメッセージを見る京都のシンポジウム参加者たち。左端が阿比留高広君

2018/09/06 16:50:00 「原爆投下73年」にウイーンと京都を結んで

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦
「原爆投下73年」にウイーンと京都を結んで


NET-GTAS held an event seeking "No More Hiroshimas" connecting the two cities of Japan and Europe. It was a joint project between Vienna University and Kyoto University of Foreign Studies students.

 NET-GTASは「8月6日広島デー」に合わせて、オーストリアのウイーン大学と京都外国語大学の学生たちが、それぞれの街で、自らドイツ語や英語に翻訳した被爆者証言ビデオを市民向けに上映するなど、国境を越えたイベントを共同企画し「核兵器のない世界を」と訴えた。

 イベントが行われたのは、京都では8月5日(日)夕、ウイーンでは8月6日(月)夜(いずれも現地時間)。
 京都では左京区の檀王法林寺を会場に開かれた「原爆犠牲者・世界の戦争犠牲者を追悼する京都平和の集い」(京都宗教者平和協議会など4団体主催)のシンポジウムに合わせて、その前後に京都の被爆者、花垣ルミさんの証言ビデオの英語版と大阪在住の被爆者、濵恭子さんのドイツ語版の映像を上映した。同時にNET-GTASの4年余の歩みの分かる写真を10数枚集めた写真展も行われた。
 また、シンポジウムそのものでも、NET-GTASの学生サポーターのひとり、阿比留高広君(京都外大国際教養学科4年)がパネリストとして参加しており、ウイーン大学の学生からあらかじめ受け取っていた京都の市民にあてたビデオ・メッセージをテレビ画面で紹介した。
 ウイーンからのメッセージでは3人の学生が「私たちは翻訳学の授業で学生としてNET-GTASの証言翻訳を実践した。人間の苦しみは当事者の証言を聴くことが大事です。平和を守るために会話を続けましょう。京都の皆さんも力を尽くして平和の行動を続けてください」と呼びかけた。高齢者の多い聴衆から、拍手が沸いた。
 
 写真展もウイーンと京都双方から作品を交換し合ったが、ウイーン側で作成した「広島の原爆ドームとウイーンの天文台」の合成写真は、両都市の人々に強い印象を与えたに違いない。波静かな川の夜景。右側には、鉄骨だけになった半円形のドームでおなじみの広島の原爆ドーム。73年前の8月6日まで「広島県産業奨励館」と呼ばれた建物だ。橋をはさんで左側には同じような半円形のドームの目立つビル。「ウラニア天文台」と呼ばれ、現在も生きている。「ウラニア」という名から「ウラニウム」を連想する人もいるかもしれない。

 一方、ウイーンの街では6日夜(日本時間では7日未明)、「ヒロシマ・タグ(ヒロシマの日)」という原爆死者を追悼し平和を祈る行事が営まれた。100人近い参加者は「NIE WIEDER HIROSHIMA」(NO MORE HIROSHIMA)と書いた横断幕を先頭に市街地をデモし、市内を流れる川に色とりどりの鎮魂の紙灯篭を流した。
ウイーン大学の学生3人、ステファン・ラング君、クリスチャン・ベルガー君、リン・チンさんはその中で、彼らが昨年の授業でドイツ語に翻訳した濱恭子さんの証言ビデオをタブレットを使って市民向けに上映、同時に原爆にからむ写真の展示でウイーン市民とともに「平和」を祈った。ドイツ語字幕の映像を映し出すタブレットの前には、欧米や中国からの観光客やウイーン市民が取り囲んで学生たちに質問を浴びせるなど、関心を集めた。

              (長谷 邦彦=代表)
  • ウイーンの街で自分たちがドイツ語訳した証言ビデオをタブレットで市民向けに上映するウイーン大の学生たち
  • Hiroshima-Tag 参加者によるウィーンの街でアピールウォークの様子
  • ウィーンからのビデオメッセージに見入るシンポジウム参加者たち。

2018/06/19 16:10:00 初の「中・高・大・留学生交流」にぎやかに

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

初の「中・高・大・留学生交流」にぎやかに



The interchange among junior high school, high school, university, and NET-GTAS" was held on 16th and 17th June.


 広島県福山市の私立盈進(えいしん)中学高等学校の生徒29人が6月15日(金)から17日(日)に「English Tour in Kyoto」と題して京都を訪問。16日と17日に「被爆者証言の世界化ネットワーク(NET-GTAS)」とともに、京都外大生・留学生・京都外大西高校生と「平和」を考えるワークショップなどを開き交流しました。

16日は朝10時から2時間余、4号館の教室に盈進中学高校の生徒29人と、西高生2人、外大の留学生5人とサポーター学生2人が集まり、各校の先生が見守る中(一部は参加)、「平和を考えるワークショップ」。
まずは盈進の中学高校生が毎年行っている「ユース非核特使」派遣事業について、見事な英語で紹介しました。
ワークショップ後半は、漫画「はだしのゲン」の日本語版と英訳版を使って、7,8人ずつの6グループでそれぞれ2ページ分の英訳あるいは日本語訳に取り組みました。擬音語・擬態語の多い日本語と、少ない英語。あるいは主語をいとも簡単に省略する日本語と、落とすわけにいかない英語。「ゲンのこの発言で主語は何だろうか」など、表現方法の違いについて、中学高校生らは留学生の解説に楽しげに耳を傾けました。
しめくくりは、ボブ・ディランの「Blowing in the Wind」を全員英語で合唱しました。

17日は、午前10時からオープンキャンパスの開会式に参加の後、留学生らとオープンキャンパスの多様なイベントを見学する「A班」と、NET-GTASとともに「平和」を語り合う「B班」に分かれて行動。「B班」では、京都在住の被爆者・花垣ルミさんの証言ビデオを鑑賞後、花垣さんから直接お話を聴いて「被爆とはどんなことか」について理解を深めました。その延長線で盈進高校の側から「ヒロシマの被爆者、坪井直(すなお)さんを取材してまとめた「にんげん坪井直 魂の叫び」(A4判30ページ)について「NET-GTASと一緒に多言語に翻訳して出版したい」と提案がありました。
「平和・人権・環境」をスローガンに掲げる盈進中学高校と「言語を通して世界の平和を」を建学の精神とする京都外大、外大西高の生徒・学生の連携プレーの企画案は参加者の胸を大いに躍らせました。
       (長谷 邦彦=代表)
  • 花垣ルミさんのお話に耳を傾ける
  • 京都外大8号館「Pax Mundi per Linguas」の下で

2018/06/12 15:20:00 盈進中高・京都外大西高・京都外大・NET-GTASの「中・高・大・留学生交流」

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

盈進中高・京都外大西高・京都外大・NET-GTASの「中・高・大・留学生交流」



The interchange among junior high school, high school, university, and NET-GTAS" on 16th and 17th this month.

 京都外国語大学で6月17日(日)にオープンキャンパスが開かれます。これに合わせて、広島県福山市の私立盈進(えいしん)中学高等学校の生徒約30人が「English in Kyoto」と題して京都外大を訪問、16日(土)と17日(日)に「被爆者証言の世界化ネットワーク(NET-GTAS)」とともに、京都外大生・留学生・京都外大西高校生と「平和」を考えるワークショップなどを開きます。「平和・人権・環境」をスローガンに掲げる中学高校と「言語を通して世界の平和を」を建学の精神とする大学の生徒・学生の出会いです。

●盈進中学高校生の「English in Kyoto」イベントの日程
 6月15日(金)夜、マイクロバスなどで京都入り、宇多野ユースホステルに2泊。
   16日(土)朝、京都外大で「中高大・留学生が一緒に平和を考えるワークショップ」。
        午後、妙心寺塔頭退蔵院で座禅体験、嵐山で外国人観光客にインタビュー。
   17日(日)朝、京都外大のオープンキャンパスを留学生らのガイドで見学。一部メンバ
ーはNET-GTAS事務局を訪問し、中学校から大学まで「平和」を学ぶ活動のあ
り方など話し合う。
午後2時半、大学からマイクロバス出発、夕刻福山に戻り解散。

●16日のワークショップについて
  時間: 午前10時~12時
  場所: 京都外大4号館3階432教室
  内容: 盈進中学高校生から、今年4月に「ユース非核特使」としてジュネーブ軍縮会議
事務局に派遣された体験を報告。
       漫画「はだしのゲン」の英語版から日本語へ、日本語版から英語へ、NET-GTAS
の指導でグループ別に翻訳体験、など。
       ワークショップ終了後、留学生らと昼食も。

●17日のNET-GTAS交流について
  朝10時からオープンキャンパスの開会式に参加。引き続き、盈進中高生の大半は、キャ
ンパス内で次々に行われるイベントを、留学生らの案内で見学して回る。
   一部、「平和」の問題に関心のあるメンバーは、10時半に4号館3階のコミュニティ・エ
ンゲージメント・センターのミーティングルームに集合。NET-GTAS会員である被爆者・
花垣ルミさんからお話を聴いたり、中高大・留学生がそれぞれ受けて来た平和教育の中
身を話し合い、「核のない世界」をつくるために何をすべきか、一緒に考える。
   終了後、2号館5階のNET-GTAS事務局を見学。留学生らと昼食も。

●NET-GTASのみなさまへ
   盈進中学高校と京都外大・短大は、2017年3月に連携協定を結んでいます。今回のイベ
ントを機に、両学園間で生徒・学生の相互訪問(ヒロシマ学習など)や研修活動などを
多様に進める動きが出ています。NET-GTASとしてさきがけをつとめることになります。
約30人の生徒をにぎやかに迎えたいものです。
   土曜、日曜で恐縮ですが、ワークショップとNET-GTAS交流に、短時間でも結構です。ご
参加ください。
   
   ※イベントへの参加、あるいは運営スタッフとして協力していただける方は、
13日(水)までに「可能な時間帯」を事務局に電話、またはメールでご連絡
ください。
(長谷 邦彦=代表)
  • 盈進中高・外大西高・京都外大・NET-GTAS交流会のポスター

Page top