ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 10 a.m. to 4 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

イベント

2015/06/23 22:40:00 西宮市原爆被害者の会と交流

  • Categoryイベント
  • Posted by阿比留 高広

西宮市原爆被害者の会と交流



     
We met KUBO Mitsue, who is one of the victims of A-bomb in Hiroshima,
     
and we have tried to translate her Japanese testimony on the video

     
into the other languages.


兵庫県西宮市の「西宮市原爆被害者の会」(水野喬司会長)の平成27年定期総会が5月24日に西宮市勤労会館でありました。私たちNET-GTASの翻訳事業で今年度上期の翻訳対象になっている被爆者の1人、久保ミツエさん(86歳)が病を押して出席されると聞き、サポーター会議のメンバー4人がお話を伺いに出向きました。
 総会に同席させていただいたのは、中国語翻訳の張芳、韓国語翻訳の李東炫(いずれも久保さんの証言ビデオ担当)、そして大西綾と阿比留。事務局職員の榊原恵美子さんが引率してくれました。
 総会は昨年度の事業報告・決算や平成27年度事業計画・予算案の承認、役員改選など。そのあと映画「アオギリにたくして」を鑑賞、懇親会へ、という流れでした。被害者の会事務局の方々が、この間に、久保さんと私たちの対話の場を設定してくださいました。
 私たちが総会にお邪魔したのは、久保さんの証言を翻訳している担当者が直接、ご本人からお話が聴けるという期待、また、病身の久保さんを少しでも元気づけられたらという思いからでした。さらに映画という映像媒体から当時の被爆の実態にさらに近づける、という喜びもありました。
 久保さんとの交流の時間はあまり長くはありませんでしたが、久保さんの、また久保さん以外の周りにおられた方々の、嬉しそうな表情をしっかりと見てきました。そして同時に、それが引き締まった決意の表情に変わったのは、戦争だけは、核兵器だけは、何があっても、何があっても起こしてはいけないということを、戦争を知らない世代の人たちに伝えていかなければいけないという心の底からの思いを話されているときでした。
 私たちはその後久保さんに「翻訳作業はこれからもずっと続けていきます」「久保さんもまだまだ長生きしてください」など、一人ひとりが激励のメッセージを送らせていただきました。
 私たちは確かに戦争を体験したことはありません。だから、幸いにも、本当の意味で戦争の恐ろしさを実感できない世代です。しかし、世の中の動きは必ずしも反戦、反核の方向を向いてはいません。そういう中での久保さんの言葉には、短くとも大きなものを感じました。  (阿比留 高広=国際教養学科3年)
  • 久保ミツエさん(右手前)と語り合うサポーターたち(2015年5月24日、西宮市で)

2015/04/16 15:10:00 京都外大の第3回サポーター井戸端会議

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦
京都外大の第3回サポーター井戸端会議

         
The 3rd meeting (Idobata-Kaigi) of NET-GTAS supporters was held
         
on 8th April. The participants decided to make a plan to apply
         
for “Pika-Ichi Project” of this year.


NET-GTASの「サポーター井戸端会議」第3回が、4月8日(水)朝、2号館のNET-GTAS事務局(R255)で開かれました。3月21日に催された市民・学生の集いに参加したのがきっかけで「被爆者証言の世界化」に関心を持った新しい仲間を含め6人が集まりました。
 自己紹介の中で「広島・長崎の原爆投下から70年。被爆者の思いを学生仲間に伝える活動をしたい」という発言が出ました。そこから当面の取り組みについて前向きの意見が続出。
 「外部に向けてイベントをするためには、私たち自身が原爆や核兵器について、ある程度の勉強をしないとね」
 「キノコ雲の下で一体、何が起きたのか、いまも20万人いる被爆者はどんな70年を過ごしてきたのだろうか、知りたいね。内輪の勉強会を開こう」
 「8月に広島や長崎に行ってみたい」など。
 当面、この夏の「ピカイチ・プロジェクト」に応募する方向で企画を考えよう、と決めました。
 次回の会合は、4月22日(水)昼休みに、2号館5階のNET-GTAS事務局(R255)で。サポーターだけでなく、関心のある人はどうぞ参加を。    (代表 長谷邦彦)
  • サポーター井戸端会議の会場になった事務局(R255)
  • 事務局のマスコットブーツに舞い降りた折り鶴

2015/03/24 15:50:00 「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」の集い

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」の集い


         

We had a meeting for the globalization of the Atomic bomb
          survivors’ experiences. The stories of the survivor and her
daughter of post-war birth gave a deep impression on the
audience.



 「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」をテーマにした市民・学生の集いがNET-GTASの主催で3月21日(土)に京都外大で行われました。
 主役は、原爆被爆者・濱恭子さん(89)と、その長女で被爆二世である鳥羽洋子さん(62)。濱さんは、19歳だった1945年3月、大阪大空襲に遭遇。米軍の爆撃機274機が無数の焼夷弾を投下。母親とともに火の海を逃げ惑い、手にしていたこたつ布団を水槽につけてはかぶり、かぶっては水に浸し、を繰り返して命拾いをしました。 家を失い広島の親類宅に身を寄せるのですが、5か月後、今度は原爆が投下されます。家は倒壊し、背中に大けがをして避難する中、黒い雨。母親がトタン板と棒切れ4本を組み合わせ、雨を避けて寝かせてくれたのです。戦後、母親が胃がんで亡くなったのは、娘のためにわが身を雨にさらしたためだ、と恭子さんは考えています。
 一方、戦後生まれの洋子さんは学校の社会科の先生になり、恭子さんを教室に招いて被爆体験を語ってもらうなど、実体験に基づく平和教育に力を入れてきました。
 2006年にパリ大学に留学。平和活動家、美帆シボさんとの出会いからフランスとの交流を重ねます。フランスの著名な音楽家、ルネ・マイヤーさんと知り合ったことから、洋子さんは恭子さんの体験記をフランス語に翻訳。これがフランス人の手で詩になり、マイヤーさんの手でカンタータになってCDに。洋子さんがフランス語の歌詞を再度日本語に翻訳し直すという「ことばの鎖」を作りました。
 2人の語りに続いて、「広島を生きぬいて」と題するカンタータのDVDを視聴。音楽に合わせて、フランス語の歌詞と日本語訳の字幕がプロジェクターに映し出されます。楽曲の意味合いが日仏両文で読み取れる仕掛けに、「翻訳」の効果を強く感じさせる演出となりました。
 その感動の冷めない間に、「ことばの壁を乗り越える」ことの意義について会場とのやりとり。NET-GTASの幹事であるクレイグ・スミス国際教養学科長が、20歳の学生の肩に手をやり、「君が50歳になるまで、あと30年、平和を保てば日本は平和を100年続けることになる。世界でもまれなこと。みんなで実現しよう」と訴え、拍手を引き起こしました。
 市民・学生の集いに引き続いて、関西在住のNET-GTASメンバーの集いも開かれ、「末永く翻訳活動の輪を広げよう」と誓い合いました。  (長谷 邦彦)
 
(濱恭子さんの被爆体験の詳細は、後日「被爆者ものがたり」のカテゴリーで掲載します。)
  • カンタータ「広島を生きぬいて」を字幕付きで視聴する市民の集い
  • 濱恭子さん(右)と鳥羽洋子さん NET-GTASの集いで

2015/01/29 00:00:00 被爆者証言を翻訳する授業――横浜国立大学の試み

  • Categoryイベント
  • Posted by高橋弘司
執筆・高橋 弘司  英訳・長谷川 健治

「被爆者証言翻訳を通じて学ぶ核問題」(Nuclear Issues Through the Translation of Hibakusya Accounts)。そう題した講義名の授業が横浜国立大学で昨年10月から半期の予定で進められた。「NET-GTAS」会員でもある同大学の長谷川健治准教授(現代史)と高橋弘司准教授(ジャーナリズム論)が2人1組で担当。広島、長崎の原爆をはじめ、ビキニ水爆実験、福島第1原発事故とこれまで4度に渡り、核の惨禍に直面した日本の特異な歴史を学び、現代人として核にどう向き合うべきかを考える授業だ。

初年度にあたる今年は、米国、英国、フランス、スペインの外国人留学生4人と、日本人学生5人が履修。使用言語は原則、英語だ。15コマの授業の前半は、原爆をはじめとする核問題に関する歴史や課題などを講義や講演を通じて学び、後半には広島原爆の被爆者証言の翻訳実践を積むというスケジュールだ。

授業前半には、長崎県が主導する「被爆体験講話事業」とコラボし、長崎原爆の体験者、計屋道夫さん(77)を講演に招請したほか、別の授業で本学を講演に訪れたビキニ水爆実験で被災の第五福竜丸元船員、大石又七さん(80)の証言映像を活用。原爆がいかにして広島、長崎に投下されたのかを追ったドキュメンタリー「The Day After Trinity」や広島平和記念資料館が所蔵する記録映画なども視聴したうえで、学生同士にディスカッションを促していた。

これらの授業で学生らにとって最も印象的だったのは、長崎の被爆者、計屋道夫さんの証言だ。計屋さんは講演で、被爆直後の長崎の惨状を詳述、荼毘に付される多数の犠牲者を目撃したことを振り返りつつ、「戦争で恐ろしいことの1つは、人の死に慣れてしまうこと。もう1つは食糧が亡くなること」と明かした。そして計屋さんは「今でもアメリカが憎い」とも吐露した。米国にもたびたび講演に出かけている計屋さんは米国人が憎いのではなく、「あんなことをやったのに、いまだに核兵器を持っている米国の体制が憎い」という。核軍縮が遅々として進まない国際社会の矛盾を突いた計屋さんの言葉に、多くの学生が衝撃を受けた様子だった。

また、核保有国を含む様々な国からの留学生と日本人学生の混合クラスならではの気付きもあった。広島、長崎の原爆について母国でどう学んだかのテーマで、学生同士で意見交換をしたところ、米国では真珠湾攻撃や原爆で第二次世界大戦終結が早まったことくらいしか学ばず、英国でも原爆のことはほとんど学ばないなど出身国によって、「平和教育」に大きな違いがあることが浮き彫りになった。

後半は、留学生と日本人学生からなる2つのグループごとに、広島の被爆者、伊藤晶さんの証言の英訳に取り組んできた。長谷川、高橋両准教授は「チャレンジングな授業を通じ、学生がどう原爆や核問題への理解を深めて行くのか期待している」と話している。

           *******************
(英訳)
The class “Nuclear Issues Through the Translation of Hibakusha Accounts” was taught at Yokohama National University from last October by two members of NET-GTAS, Hiroshi Takahashi (Associate Professor, Journalism) and Kenji Hasegawa (Associate Professor, History). The class examines Japan’s experiences surrounding nuclear issues including Hiroshima and Nagasaki, Bikini, and Fukushima.

This class began this academic year. In this first year, the enrolled students consisted of 4 international students from the U.S., the U.K., France, and Spain, and 5 Japanese students. The class was mostly conducted in English. The first portion of the class was devoted to studying the historical and contemporary issues surrounding nuclear issues through lectures and discussions. The final portion was devoted to translating a hibakusha account.

Early in the semester, we had a guest lecture by Mr. Michio Hakariya, a hibakusha from Nagasaki. This was conducted in collaboration with Nagasaki prefecture’s project for disseminating hibakusha accounts. Later we aired a portion of a guest lecture by Mr. Matashichi Oishi, which was a joint event with another class. We also viewed documentaries such as “The Day After Trinity” focusing on Robert Oppenheimer and the Manhattan Project in addition to documentaries held in the Hiroshima Peace Memorial Museum followed by lively class discussions.

The students seemed to have been especially strongly impacted by the guest lecture of Mr. Michio Hakariya. Narrating in detail the horrific situation in Nagasaki after the bombing, he commented, “One of the scariest things about war is that we get habituated to people’s deaths. Another is the lack of food.” He also stated that he resents America to this day. For Mr. Hakariya, who often goes on lecture tours to America, the resentment is directed not toward the American people but rather their political system which continues to rely on nuclear weapons. Students seemed to be struck by Mr. Hakariya’s pointed critique of the continued difficulties impeding nuclear disarmament.

There was also much to be learned from the diverse backgrounds of the students. Students learned, for example, how Pearl Harbor and the atomic bombings are taught in the U.S., and the limited coverage of the atomic bombs in British education. They were struck by the great regional differences in “peace education”.

As the last portion of this class, 2 student groups comprised of international and Japanese students translated into English the accounts of the Hiroshima hibakusha Mr. Akira Ito. Profs. Takahashi and Hasegawa comment, “We look forward to seeing how this challenging class will deepen students’ understandings of the atomic bombings and nuclear issues.”

(高橋 弘司 横浜国立大学准教授 NET-GTAS幹事)
(長谷川 健治 横浜国立大学准教授 NET-GTAS正会員)

  • 黒板に意見を書き出して情報を共有する
  • パソコンを駆使して翻訳作業を進める

2015/01/22 00:00:00 第2回サポーターの集い

  • Categoryイベント
  • Posted by影浦亮平
We organized a meeting with supporters, and discussed on several topics.

1月20日に京都外大のサポーターの集いを行いました。昨年10月28日に続く第2回。このブログのことや、いま構築中のホームページのこと、3月開催予定の「NET-GTAS正会員・サポーター・幹事の集い」のこと、サポーター募集のチラシのことについて話し合いました。

ブログについて、「文章が長すぎる。もっと短く、明るく」「事実をきちっと知らせる記事と、やわらかく敷居の低い記事を区分けすべきだ」など、活発な意見交換ができました。その中から、サポーターさんたちが管理・運営するページを新たに立ち上げよう、という声が出て、早速、実現を検討することに。

チラシについても、もう少しデザインの観点から見直したほうがよい、という建設的な提案が出ました。

机には靴型のかわいいお菓子入れ。アメを舌に転がしながらの会話。李東炫君(日本語学科)の提案で、この集まりをとりあえず「サポーター井戸端会議」と名付けることが決まりました。ゼミで被爆者についての卒業論文を指導した際の思い出を、長谷先生が味わい深く語る場面まで飛び出すなど、和気あいあいと、楽しい話し合いができたように思います。(国際言語平和研究所研究員 NET-GTAS幹事)
  • 幹事の中西久実子先生チョイスのお菓子入れ(手は中西先生)
  • 集いの風景
  • 座長を務めた影浦亮平幹事

Page top