ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

イベント

2016/03/26 14:50:00 独・エアフルト大で翻訳授業の成果発表会

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

エアフルト大で翻訳授業の成果発表会



A translation class at Erfult University presented
the result of their translation
to fellow students.


ドイツのエアフルト大学では秋学期に、仁科陽江(にしな・ようこ)先生が被爆者言ビデオのドイツ語への翻訳を授業で実践し、期末には、学生らが半年間の取り組みの成果を学内で発表しました。地元新聞もニュースで取り上げました。
翻訳したのは、広島で16歳の時に被爆した「伊谷周一さん」の証言ビデオ。ドイツ語を学ぶ学生と、日本語を学ぶ学生が一緒になって取り組みました。
学期末の1月26日には、その成果を学内で発表する会を開催、多くの学生が傍聴しました。
開催前には大学のホームページで、このクラスの取り組みを紹介する記事が掲載されました。
ホームページの記事は「ドイツと日本の学生は、広島生存者の報告を翻訳します」と題し、冒頭、「(被爆)証言から我々は何を学ぶことができるか? この問いが発端にあった。」と書き始めています。そして、「NET-GTASがイニシアティブをとって、二年前から(被爆)生存者のインタビュービデオを翻訳する作業に、日本やほかの国々出身の有能な翻訳者・専門家たちがボランティアで従事してきている。」と述べ、「参加者全員にとっての知的な収穫は、異なる言語それぞれが持つ特有性に対する感覚がより鋭敏になったという点にある。またそれ以上に、学生たちは、本物の証言を手がかりにして、原爆が一人一人に及ぼした様々な影響に対する歴史的な知(視野)を広げることができたのである。」と意義付けています。

翌27日には、地元の「テューリンゲン新聞」が、仁科先生のクラスが「ヒロシマからの1人の生存者の証言をエアフルト大学の学生が日本語からドイツ語に翻訳した。」と報道しました。
      
 (注)エアフルト大学のホームページとテューリンゲン新聞の
記事の抜粋は早瀬明幹事が翻訳しました。

        (長谷 邦彦 =代表)
  • エアフルト大学で開かれた被爆者証言授業の発表会(2016年1月26日)
  • エアフルト大学の取り組みを報じるテューリンゲン新聞(2016年1月27日付)

2016/02/29 18:20:00 長崎大学の授業で学生がNET-GTAS紹介のプレゼン

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

長崎大学の授業で学生がNET-GTAS紹介のプレゼン



Students of Nagasaki University gave a presentation
to introduce NET-GTAS
in the class of the theme of "nuclear abolition".


 長崎大学の「核廃絶」をテーマにした授業で、受講生らが学期末のプレゼンテーションでNET-GTASを紹介してくれました。

 この授業は、同大学にある核兵器廃絶研究センター(RECNA)の中村桂子先生が担当する講義「核兵器のない世界を目指して(市民運動・NGOと核兵器廃絶)」。学期末の課題として、受講生らがグループに分かれ、核問題を扱う団体を選んで取材し、その活動内容などをまとめて、みんなの前で発表しました。
 その中で、教育学部2年の濱口萌奈美さんをリーダーとするチーム(5人)が、NET-GTASを取り上げたのです。昨年末から1月京都外大にある事務局、そしてサポーター会議メンバーに電話などで取材。パワーポイントにまとめました。
 1月半ばに発表会があり、濱口さんらのチームのプレゼンは、14チーム中、第3位に食い込んだそうです。
 その後、濱口さんから聴衆のみなさんの感想の一部が届きました。「このような活動こそ長崎や広島がやるべき活動ではないか? 翻訳の勉強にもなるし、世界中の人たちにも見てもらえるのでとても win-win な活動ではないでしょうか?」「自分たちと同じ学生が主となって団体を運営、活動しているのには、大変驚かされた。学生の活動の可能性を示してくれた」「ぜひ参加したい」など、積極的に受け止めてくれていました。

 濱口さんは、昨年秋に長崎で開かれた「ヤング・パグウオッシュ会議」で、サポーター会議の代表、阿比留高広君の発言を聞いて印象に残り、「ぜひ長崎の仲間に知らせたい」と考えたそうです。            (長谷 邦彦 =代表)
  • 長崎大の学生がNET-GTAS紹介のプレゼン用につくったパワポ資料

2016/02/04 09:10:00 筑波大学のロシア人留学生らと交流

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

筑波大学のロシア人留学生らと交流


    
The students of Tsukuba University Japanese Language and Culture Communications Training Program
including a Russian visited NET-GTAS office.

 筑波大学のJLCC(日本語日本文化コミュニケータ養成)プログラムで、ロシア人留学生ら2人の学生が1月20日(水)の昼休み、京都外大のNET-GTAS事務局を訪問し、サポーター会議の学生らと交流しました。
 訪れたのは、モスクワ市立教育大学のマリナ・ヴェレミーヴァさんと、筑波大学国際総合学類2年生の宮木萌さん。京都外大大学院生2人も同席し、NET-GTAS側からはサポーター5人が応対しました。
 「NET-GTASは何をしている組織なのか」をGTAS側から説明すると、ヴェレミーヴァさんは「すごく大事な活動。私もロシア語翻訳に協力したい」と話してくれました。宮木さんも「ブログを発信しているのなら、ぜひ外国にも広く知ってもらいたい。私もフェイスブックで広めるお手伝いをします」と、目を輝かせていました。
              (長谷 邦彦 =代表)
  • NET-GTASを訪れたヴェレミーヴァさん(右)と宮木さん(左)
  • 筑波大と京都外大の学生交流

2015/12/24 20:20:00 ボン大学(ドイツ)と京都外国語短期大学の合同授業

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

「ボン大学(ドイツ)と京都外国語短期大学の合同授業」



Bonn University and Yokohama National University carried out a joint class on December 10.
Both classes cooperate with translation of the testimonies of A-bomb survivors of NET-GTAS.


 ドイツのボン大学と京都外国語短期大学が、12月10日、テレビ会議システムを使って合同授業(協働学習)をしました。ともにNET-GTASの翻訳事業で広島の被爆者・寺沢茂さんの証言ビデオの字幕を翻訳するクラスです。京都側の会場(836教室)には、NET-GTAS学生サポーター会議の学生2人も参加させてもらいました。
 ボン大学は日本語を学ぶドイツ人大学院生4人(クラス担任・田村直子先生)、京都側はキャリア英語科の日本人学生3人(担任・荘中孝之先生)、それにサポーター会議の李東炫(イ・ドンヒョ)君(日本語学科3年)、大西綾さん(短大2年)、そして長谷邦彦NET-GTAS代表が出席。
 両クラスは今学期、同じ広島の被爆者、寺沢茂さんの日本語の語りを、それぞれドイツ語と英語に翻訳しています。「どこが難しかったか」双方が事例を挙げ、どう解決したか、話し合いました。
 たとえば、擬音語・擬態語。原爆の爆発の閃光「ピカッ」とか、「遺体がゴロゴロ」にあたる英語がないことで京都外国語短大生は困惑した、と言います。ドイツ側は「状況を細かく分けて、それを動詞の形で表現する」などと説明しました。
 あるいは、「『(重症の被爆者に)水をやるな』と言われていました」と言う表現について、「誰が言ったのか」とドイツ側が質問しました。日本語では、主語のない文が多いのですが、ドイツ語では主語・動詞・目的語などをそろえないと文として成立しないのです。
 このほか、ドイツ側から「日本人は東日本大震災のとき、どんなことを考えましたか?」と質問が出て、李君が「日本の報道は原発事故について、(被害を過少評価して)人々を『安心』するように導いた」と答えていました。

 なお、ボンの田村先生のクラスはこの秋、やはり被爆者証言の翻訳を授業で取り組む横浜国立大学(担任・長谷川健治先生、高橋弘司先生)との間でもテレビ会議システムを使って合同授業をしました。その授業では、ビキニ水爆実験(1954年)で被ばくしたマグロ漁船の船員、大石又七さんを横浜側で講師に招いて、ボンの学生と一緒にお話を聴きました。
             (長谷 邦彦 =代表)

2015/12/16 13:00:00 松浦秀人さん(胎内被爆者)のお話

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

松浦秀人さん(胎内被爆者)のお話



One of the A-bomb survivors who took a radiation in the interior of the womb of mother in Hiroshima called,

"Let’s make the world without the nucleus together"

to students in Kyoto University of Foreign Studies.


 学生サポーター会議がこのほど、愛媛県から被爆者を京都外大にお招きして、戦後70年の半生を振り返るお話を聴きました。

 語り手は、愛媛県原爆被害者の会事務局長で日本原水爆被害者団体協議会代表理事でもある松浦秀人さん。広島に原爆が投下されたときに母親のおなかにいた、いわゆる『胎内被爆者』です。
その立場から「核兵器のない世界」を求めて活動を続けており、この春にはNPT(核拡散防止条約)再検討会議に合わせて日本被団協の代表団に参加、ニューヨークの国連本部で被団協が開いた原爆展で見学者らに、自らの人生について語り、平和へのメッセージを伝えてきたのです。
 お話の会は11月27日(金)夕、2号館243教室で開かれ、「私が国連で伝えたこと」をテーマに、話をされました。

  2日前に「70歳」の誕生日を迎えたばかりの松浦さんは「1945年8月6日はまだ母親の胎内で原爆の放射能を浴びたのだから、その日の体験は、ない。親から聞いた話をするしかない」と断りながら、それでも結婚や子供が生まれるときの不安がはんぱなものではなかったことを語ってくれました。「最年少の被爆者として、若いみなさんとの間で、平和に向けた橋渡し役をこれからも努めたい」と決意を述べられました。

 イベントは、サポーター会議が「ピカ☆イチ」活動の一環で開いたもの。会を盛り上げるために、4日前の23日から1号館1階通路で原爆に関するミニ展示を実施。クイズを多用した展示が学生の目を引いていました。
                            (長谷 邦彦 =代表)
  • 松浦秀人さんのお話を聴くみなさん(2015年11月27日)
  • 「私は母親のおなかの中で放射線を浴びた最年少の被爆者」と語る松浦秀人さん
  • ミニ展示を見る松浦さん(2015年11月27日、1号館で)

Page top