ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 10 a.m. to 4 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

イベント

2015/11/07 17:20:00 広島・長崎2回の原爆攻撃に参加した米軍兵士の孫と交流

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

広島・長崎2回の原爆攻撃に参加した米軍兵士の孫と交流



    
The class of Prof. Craig Smith invited as a guest speaker Mr.Ari Beser,

the grandson of Mr. Jacob Beser, the only man who flew on the planes

that dropped the Atomic Bombs on Hiroshima and Nagasaki.


 広島・長崎2回の原爆攻撃の両方に参加したただ一人の米軍兵士を祖父に持つ青年が、11月6日(金)、京都外大にやってきました。
 青年の名は、Ari Beserさん。24歳。父方の祖父Jcob Beserさん(故人)は1945年8月6日の広島、同9日の長崎、2つの都市に対する米軍の原爆攻撃の両方に参加しています。存命中の祖父が「原爆を投下したことを後悔してはいない」と言いつつも「もう二度と使ってはならない兵器だ。戦争はよくない」と語っていたのを記憶しています。
 Ariさんの家族と原爆とのつながりは、それだけではありません。母方の祖父の友人には日本人の被爆者がいたのです。
 原爆を落とした側と落とされた側の双方との縁。Ariさんは4年前から、2人の祖父と1人の被爆女性の物語を書こうと取材を始め、そこからアウシュビッツのユダヤ人など、戦争災害を軸にしたさまざまな人々のつながりを見つめてきました。
 今は映像作家として成長。フルブライト奨学金を受けて、この8月から9か月間は日本に滞在。広島・長崎の原爆被爆者や、東日本大震災でのフクシマの被曝者たちの証言を集め歩いています。
 6日は、Craig Smith先生の第2限の授業(843教室)にゲストスピーカーとして登場し、おじいちゃんの思い出や被爆者との心のつながりなどについて、スライドを上映しながら語りました。授業には、NET-GTASのサポーター会議のメンバーや京都在住の被爆者、花垣ルミさんも同席し、「証言の多言語化でさらなるつながりを」と訴えることができました。
 お昼休みは254教室に会場を移し、Ariさんとサポーターとの話し合いが行われました。
        (長谷 邦彦  =代表)
  • 「核の家族」について語るAriさん(2015.11.6.)
  • Ariさんをゲストに招いた授業(2015.11.6.)

2015/10/15 16:20:00 広島フィールドワークの報告会開く①

  • Categoryイベント
  • Posted by阿比留 高広

広島フィールドワークの報告会開く①



        
A briefing session of "the Hiroshima fieldwork" was held on October 9.

We will hold some movie society and meeting with A-bomb survivors from now on.


 NET-GTAS学生サポーター井戸端会議は10月9日(金)夕、2号館243教室で 「広島フィールドワーク報告会」を開きました。
 「ピカ☆イチ」奨励金で9月初めに5人のメンバーが3泊4日のフィールドワークに出た成果を学内外の学生・市民のみなさんに報告する集い。
 サポーター会議の紹介から始まり、翻訳事業の提携先である国立広島原爆死没者追悼平和祈念館や広島平和資料記念館(原爆資料館)など平和公園を中心にした被爆関連施設や慰霊碑などの見学、仏教界からの平和活動で有名な天台宗太光寺訪問、被爆者や平和活動家との交流、資料館出口での外国人客へのアンケートの結果など、ビデオや写真とともに盛りだくさんの報告が行われました。
 会場には、サポーター活動に関心を寄せた留学生や被爆者の姿も。
 3泊の宿を提供していただいた被爆者・上田紘治さんからは「激励」のメッセージが届き、会場で読み上げられました。

 終了後、参加者の一人からは「平和について普段じっくり考える機会がない。だから、こういう集まりは意義があると思う」などの感想をいただきました。
               
    
 (阿比留 高広 =国際教養学科3年)

          (次回は、参加者の感想や、主催者の思いなど)

  • 報告会では、お世話になった被爆者からのメッセージも披露
  • みんなでパチリ 広島フィールドワーク報告会を終えて

2015/09/16 21:20:00 京都外大サポーター会議の広島フィールドワーク

  • Categoryイベント
  • Posted by大西 綾

京都外大サポーター会議の広島フィールドワーク



     
Five supporter students visited Hiroshima and did fieldwork.

We interchanged with A-bomb survivors and peace activists.



 このたび京都外大で「NET-GTASサポーター井戸端会議」の活動が2015年度ピカイチプロジェクトの一つに選ばれ、そして念願の、初めてのフィールドワークが実現しました!!
行き先は広島、主な活動期間は9月4日から6日までの3日間でした。
 フィールドワークには、留学生1人を含む学生サポーター5人が参加。広島市郊外の被爆者のお宅に寝泊まりさせてもらいながら、広島平和記念資料館(原爆資料館)や国立広島原爆死没者追悼平和祈念館などを訪問したり、被爆者のごきょうだいや、広島や世界各地で平和活動をされている方々と交流、あるいは資料館での外国人客に対するアンケートなど活発に動き回りました。戦後70年の節目の年というだけではなく、NET-GTASにとっても、今後の報告会や活動でさらにそのつながりを周囲に広めていくための、大事な節目となるものでした。
 実際に現地を訪れてみると、多くの方々が真剣に平和について考え、それぞれの形で精一杯活動をされているという事を私たちサポーターそれぞれが肌で感じ、胸が熱くなるような出会いがたくさんありました。そうした活動と合わせて、夜は皆で作った手料理を囲んでの親睦会もあり、普段なかなか話す機会が少なかったメンバー達とも交流を深めることが出来ました。
 たくさんの方々との出会いとサポートによって実現したこのフィールドワークは、間違いなく今後のNET-GTASの活動への力強い追い風となるものでした。
 参加したサポーター会議のリーダー、阿比留高広さんは「今回築いたつながりは、核廃絶への一切の迷いを消し去った。被爆地で得るものが世界中に広まれば、核兵器はなくなる。その期待が確信に変わった。被ばく者や多くの反核平和を願う仲間に出会えたことの意義は大きい」と話しています。
 これからフィールドワーク参加者の感想や、今後の学内外へ向けた報告会の日程などを随時アップしていきます。最後に改めて、このような素晴らしい学びの機会を作って下さったすべての皆様、本当にありがとうございました。  (大西 綾 =京都外国語短大キャリア英語科2年)
  • 国立広島平和祈念館で叶真幹館長さん(右端)から被爆者証言の蓄積の大切さを聴く5人のサポーター(2015年9月4日)

2015/09/14 21:50:00 頑張るドイツのボン大学②

  • Categoryイベント
  • Posted by田村 直子

ボン大学で成果発表会







 ボン大学では、夏学期の被爆者証言翻訳の成果発表会が行われました(2015年7月6日)。
 被爆者証言の翻訳に取り組んだのはアジア研究科日本・韓国研究専攻の修士課程翻訳コースの学生たち。その内9人はHiroshima-Nagasaki-Projektという開講モジュールの参加者で「久保ミツエ」さんの証言を翻訳しました。残る5人は去年の授業で「天野文子」さんの証言をすでに翻訳した学生ですが、今学期は授業の枠外でボランティアとして「朝長民子」さんの証言を翻訳してくれました。
2015年の夏学期(4月中旬から7月上旬)の上記のモジュールでは毎週90分の日独翻訳の授業と、さらなる90分、背景知識を学ぶ授業が提供されました。
 日独翻訳の授業では翻訳家のパチケ先生の指導のもとドイツ語への翻訳と翻訳の練り直し作業が徹底的に行われました。プロジェクトの背景知識を学ぶ授業では、受講生たちはTV会議システムを利用して、NET-GTASの長谷先生の講義を受けたり、京都外国語大学の中西先生の日本人や留学生の学生さんたちと意見交換をしたり、また被爆者のご家族で、もとジャーナリストの方をビジターとしてお迎えしお話を伺ったりしました。
 7月6日の成果発表会では学内外の方々に、受講生自身が学期中に学んだことを紹介し、そして、証言の翻訳を映像に合わせて朗読し、翻訳の成果を披露しました。
 受講生からは「本物の翻訳依頼ということでよい意味で緊張した」、「(授業のための練習ではなくて)世の中の役にたつ翻訳ができてうれしかった」、「世界が平和になるには絶対にお互いのことを知るということが必須だと思いました」などの声が上がっています。翻訳依頼という形でこのような貴重な学びの場を提供してくださり、本当に感謝しております。今後とも引き続き翻訳依頼をいただけたら、たいへん嬉しく思います。(ボン大学 田村直子)
  • ボン大学で開かれた証言翻訳授業の成果発表会。学生たちは「朝長民子さん」の映像を見せながらドイツ語訳を朗読した(2015.7.6.)

2015/09/14 21:30:00 頑張るドイツのボン大学①

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

今度の冬学期で4本目の翻訳



Bonn University will challenge to translate
the 4th works of the testimonies of A-Bomb survivors into German.


 ボン大学では、アジア研究科日本・韓国研究専攻の修士課程翻訳コースの学生たちが、昨年春以来、これまでに3本の被爆者証言ビデオをドイツ語に翻訳を完成させました。さらにこの秋からは「ヒロシマ・ナガサキ・プロジェクト」の名で大学公認の証言翻訳授業を始めます。
 授業を実施しているのは、同研究科の田村直子先生とハイケ・パチケ先生。2人の先生が話し合って、昨年の夏学期に共同のクラスを編成し「天野文子さん」の翻訳授業を展開したのが始まりです。冬学期は授業ではなく、有志学生を募って「朝長民子さん」の翻訳をしましたが、今年度の夏学期は再び授業で「久保ミツエさん」を翻訳しました。
 2人の先生の熱意は大学にも伝わり、この冬学期からは翻訳コースばかりでなく、他のコースの修士課程の学生も参加できる授業として継続して展開できるようになったのです。10月中旬から「寺沢茂さん」の翻訳に着手します。
 「久保ミツエさん」のドイツ語化の授業では、ドイツ在住の被爆二世を招いて、家族の被爆状況の話を聴いたり、京都外大とテレビ会議で結び、証言の多言語化の意義を話し合うなど、立体的な学びの場を設けてきました。その話は次回に――。  (長谷 邦彦)
  • ボン大学(左)と京都外大の合同授業(2015年6月25日。双方の教室に映し出された映像)

Page top