ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

イベント

2017/02/21 15:20:00 ボン大学で証言翻訳授業成果発表会+原爆展

  • Categoryイベント
  • Posted by田村 直子

ボン大学で証言翻訳授業成果発表会+原爆展


The presentation on the activities and the Atomic Bomb exhibition
by “Hiroshima-Nagasaki-Projekt” team at the University of Bonn.


ボン大学では2017年1月30日夕、今学期の被爆者証言翻訳授業(ヒロシマ・ナガサキ・プロジェクト)の成果発表会を開催、合わせて原爆展のオープニングセレモニーおよびレセプションを行いました。
場所はボン大学大学博物館。展示物の間にスクリーンを特設してもらい、椅子を運び入れて行いました。学内外から30人前後が参加しました。


成果発表会の部では、今学期NET-GTASより依頼のあったカナダ在住の被爆者「サーロー節子」さんの字幕翻訳の成果を、実際にサーロー節子さんの証言ビデオといっしょに見てもらいました。
引き続き、7人のプロジェクト参加者が、自分の期末レポートのテーマを紹介し、観客の皆さんと原爆のテーマの深さを共有しました。たとえば、サーローさんの証言には「心的麻痺」という言葉が出てきますが、その後「心的外傷後ストレス障害 (PTSD)」と命名される障害が東西の歴史の証言者の言葉にどのように現れるかを調べる学生がいます。また、原爆という新兵器による被害を当時の被爆者がどのように理解しようとしていたかを、ボン大学が翻訳してきた証言5本と当時医者として被爆者と向き合った蜂谷 道彦さんの日記『ヒロシマ日記』(1955)を元に探る学生がいます。
質疑応答では、翻訳する証言は誰が選ぶのかとか、サーローさんの証言ビデオに出てきた絵の出典など証言ビデオや証言翻訳に関わる質問がでました。また、歴史の証言というのはいつ、だれが、どこで、だれのために証言するのかという文脈で異なってくるので、分析の対象とするときには文脈への理解が重要だ、というような貴重なアドバイスもいただきました。
今年から行うことになった原爆展示会(主催:ボン大学大学博物館とボン大学アジア研究科日本・韓国研究専攻)は、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館のご厚意でドレスデンでの原爆展の展示ポスターをボン大学にご寄贈いただいたことにより可能になりました。その展示会のオープニングセレモニーでは、大学博物館館長のベッカー氏とボン大学日本・韓国研究専攻の専攻長であるツェルナー教授の挨拶の後、ドレスデン広島長崎原爆展のプロジェクトマネージャーであるカロリーネ・フェルスター氏(Caroline Förster)によるドレスデンでの展示会の紹介がありました。
フェルスター氏はその中で、ドレスデン展示会のコンセプト、ERINNERUNGSHORIZONT(歴史の地平線)を説明しました。歴史の証人個人個人が「思い出す」ことにより、あの時と今、あの場所とここ等の時空間の地平線が広がる一方、その思い出された記憶は、個人の記憶であり、(主観的なものであるから、)おのずとその(地平線の)限界にぶつかるということを表すのだそうです。
その後ボン大学のプロジェクト生がボン大学での展示会を開催するに当たってどのように寄贈ポスターを選んだのかを解説。国際的反核活動家であるサーロー節子さんの証言を翻訳したプロジェクト生として、核兵器廃絶へのメッセージに重点をおいた展示会となっていることを紹介しました。
セレモニーの後、参加者はシャンパンとオレンジジュースを片手に、なごやかに意見交換をしたり、展示を鑑賞したりしました。

原爆展示会は、3月末まで一般市民にも公開されます。
                      (田村直子 =ボン大学講師)
  • 証言翻訳の成果を発表するボン大学院生
  • ボン大学博物館で始まった原爆展示会

2016/11/29 11:10:00 成功に終わった『継承』を考える集い

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷邦彦

成功に終わった『継承』を考える集い



About fifty people interacted with each other actively and friendly
at the meeting for thinking of “handing down “ with the atomic bomb survivors.

私たち若い世代が原爆被爆者の想いをしっかり引き継いでいきます--。「被爆者とともに『継承』を考える」集いが、11月26日(土)午後、京都外大で開かれました。被爆者や被爆2世、3世、遺族ら10人余を含む約50人が参加し、にぎやかに交流の時を持ちました。

集いは、まず主催団体である「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」(東京)の山根和代理事らが、被爆関係の資料の取集・整理・保存・発信という取り組みの中で、特に力を入れている「参加型デジタル・アーカイブ」について説明。これを受けて、被爆者の立場から日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の木戸季市事務局次長が「被爆者として伝え残したいことは、何と言っても、再び被爆者をつくらないという願いを、人類の課題として受け継いでいくことだ」と、長崎での被爆体験を交えながら訴えました。

NET-GTASからも、「『継承する会』の役割が被爆者世代から、若い世代へ縦軸の継承だとすれば、私たちは『ことばの壁』を乗り越え世界に体験を広げる横軸の継承。一緒にやりましょう」といった提起をしました。

参加者が盛り上がったのは、後半の懇談・交流の場。10人余りのグループ4つに分かれて、茶菓子を口にしながら、「継承のためには何をすべきか」を主テーマに話し合いました。被爆者から戦後の苦難の歩みをじっくり聞くグループや、学生たちが積極的に行動の提案をするグループ、広島市が進めている「被爆証言伝承者」の資格を持つ人の活動ぶりに耳を傾けるグループなど。

「ポケモンGOを原爆資料館に呼び寄せるなど、遊びと社会的なテーマを結び付けるビジネスも継承につながるかもしれない」といった楽しいアイデアも出て、会話がはずみました。
       [長谷 邦彦  =代表]
  • 「継承を考える集い」でNET-GTASの活動報告に聞き入る参加者たち
  • グループに分かれて継承の問題を話し合う

2016/08/24 11:40:00 長崎フィールドワーク、収穫いっぱい!

  • Categoryイベント
  • Posted by阿比留 高広

長崎フィールドワーク、収穫いっぱい!



6 members of NET-GTAS student supporters went to Nagasaki
to join in the activities with the other University students such as Nagasaki University.





こんにちは。 NET-GTAS 学生サポーターです。
先日  8 月 8 ~ 10 日に、メンバー 6 人で長崎へ行ってまいりました!!
ご支援くださった方々には本当に感謝しております。ありがとうございました!

長崎では、長崎大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学(APU)、アメリカン大学の学生の方々と一緒に学習・交流をしました。

キム・ウォンス国連事務次長を招いた講演会や、平和の灯見学、長崎さるく(長崎観光ツアーの呼び名)、「平和」についてのディスカッション、それぞれの活動紹介、被爆された方との交流、資料館見学などを行いながら、昼・夕食交流なども通じ、京都と長崎の学生のつながりの基礎を築けました。

9日の平和式典当日は、NHKの全国・国際中継にも出演し、国内外へのアピールもできました!

メンバー6人中5人が今回が初めての来崎でした。3日間、メンバー一人ひとりにそれぞれなりの刺激があり、感じたことがあり、意味のある長崎フィールドワークとなったと思います!

近く報告会も行いたいと思っていますので、また詳細が決まり次第お知らせさせていただきます。
 今後とも NET-GTAS と学生サポーターをよろしくお願いいたします。

                 (阿比留 高広 =国際教養学科4回生)
  • 長崎大学などの学生にNET-GTASを紹介する川瀬さんと阿比留君
  • 長崎原爆資料館を見学する
  • 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館を見学する

2016/07/31 11:40:00 ヨーロッパ日本語教師会のシンポジウムで証言翻訳授業の報告

  • Categoryイベント
  • Posted by田村 直子(ボン大学講師)

ヨーロッパ日本語教師会のシンポジウムで証言翻訳授業の報告



We reported about the social contributions of the translation class
of the Hibakushas'testimonies in Bonn University.


 ヨーロッパ日本語教師会 (Association of Japanese Language Teachers in Europe e.V.) 主催の「2016年日本語教育シンポジウム」が2016年7月7~9日にイタリア・ベニスで開かれました。私(田村直子)は、ボン大学で2014年から行っている被爆者証言翻訳を中心とした授業についてハイケ・パチケ先生と共同で報告してきました。


 今回のシンポジウムのテーマは「ウェルフェア(well-being) を目指す日本語教育」でしたので、私たちも「日独翻訳授業を通しての社会貢献と自己実現-広島と長崎の被爆者証言の翻訳プロジェクトを例に-」という観点から発表しました。
 ウェルフェアの観点から考えると、私たちの授業の成果物、つまりドイツ語字幕は、ドイツ語話者に、より多くの被爆者証言を提供するための社会的貢献と位置づけられます。また、授業参加者である学生にとってこの活動は自分の日本語能力と翻訳能力を生かし、社会貢献できるので、大きな自信を獲得できる場となっていることが分かりました。実際、翻訳授業の卒業生達が集まって、ボランティアでさらなる翻訳依頼を受け完成させているのですが、翻訳の授業が学生のエンパワメントに結びつくことの証左ということができましょう。
 このような結果が得られた背景には以下のような要因があると考えられます。

1. 翻訳依頼内容が社会的貢献度の高いものなのでやりがいを感じられること
2. 学習の成果物を広く一般に共有できるので、自分を日本語学習者としてではなく日本語仲介者としての自覚でき自信がつくこと
3. 翻訳の依頼主であるNPO(NET-GTAS)、同じく証言翻訳をしている他大学、出張授業をしてくださる被爆者二世の方など、この活動に共感してくれる人々と交流があること

 この授業を始めた当時の学習目標は修士課程翻訳専攻の学生の日本語力と翻訳能力の向上にあったのですが、上述のような副次的な効果が確認できたのは非常に喜ばしいことです。もちろん本来の学習目標も着実に到達しています。その背景に考えられるのは以下のような要因です。

4. 本物の翻訳依頼であるので、学生はおのずと自らの翻訳に高い質を求めること
5. 翻訳の質の向上には正しい専門用語の選択が不可欠だが、そのためには原文の背景知識に通じる必要があることに気づき、お互いに調べ合い学び合うこと
6. 翻訳をグループ活動、即ちチーム翻訳という方法で行っているので、グループ内で各自の翻訳バージョンについての議論が深められること

 ヨーロッパの日本教育関係者の方々にボン大学での活動例を聞いてもらい、さまざまな方から励ましのお言葉や関心を寄せてもらうことができました。また新たに考えていきたい視点をいただくこともできました。証言という媒体の持つ特殊性(例えば、原爆投下を有難く思っていると証言する被爆者に出会ったという学生への対応)、加害者としての日本の扱い、被爆者証言の歴史的、政治的な文脈での位置づけなど、今後向き合っていけたらと思っています。
 なお、シンポジウムのホームページはこちらから見ることができます。
    
            (田村直子 =ボン大学講師)

2016/07/21 15:00:00 「言語と平和Ⅰ」でピカ☆イチ活動を紹介

  • Categoryイベント
  • Posted by阿比留 高広

「言語と平和Ⅰ」でピカ☆イチ活動を紹介



In a general subject "Language and Peace I" for new students
we two representatives of student supporters reported results of the Hiroshima fieldwork in last September.


 7月20日(水)の第3限「言語と平和Ⅰ」の授業で、学生サポーターを代表して平岡希恵さんと私(阿比留高広)が、昨年度のピカイチの採用団体として発表を行いました。
 1回生が中心の授業なので、勧誘の意味も込めてNET-GTASと学生サポーターの紹介をメインに行いました。私たちの活動の意義をしっかり伝えるのははもちろんですが、高齢化が進む被爆者の現状と次の世代に引き継ぐことの重要性も伝えました。
 緊張しましたが、日本テレビの報道番組「ニュース0」の映像も使い、短い時間で伝えるべきことは伝えられたと思います。
 これを機に新たな仲間も迎えながら、今後の活動を盛り上げ、後輩に引き継いでいけたらと思います。  (阿比留 高広 =サポーター会議代表)
  • 「言語と平和Ⅰ」の授業で昨年のピカイチ活動を報告する阿比留君(右)と平岡さん=7月20日

Page top