ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 10 a.m. to 4 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

イベント

2016/07/31 11:40:00 ヨーロッパ日本語教師会のシンポジウムで証言翻訳授業の報告

  • Categoryイベント
  • Posted by田村 直子(ボン大学講師)

ヨーロッパ日本語教師会のシンポジウムで証言翻訳授業の報告



We reported about the social contributions of the translation class
of the Hibakushas'testimonies in Bonn University.


 ヨーロッパ日本語教師会 (Association of Japanese Language Teachers in Europe e.V.) 主催の「2016年日本語教育シンポジウム」が2016年7月7~9日にイタリア・ベニスで開かれました。私(田村直子)は、ボン大学で2014年から行っている被爆者証言翻訳を中心とした授業についてハイケ・パチケ先生と共同で報告してきました。


 今回のシンポジウムのテーマは「ウェルフェア(well-being) を目指す日本語教育」でしたので、私たちも「日独翻訳授業を通しての社会貢献と自己実現-広島と長崎の被爆者証言の翻訳プロジェクトを例に-」という観点から発表しました。
 ウェルフェアの観点から考えると、私たちの授業の成果物、つまりドイツ語字幕は、ドイツ語話者に、より多くの被爆者証言を提供するための社会的貢献と位置づけられます。また、授業参加者である学生にとってこの活動は自分の日本語能力と翻訳能力を生かし、社会貢献できるので、大きな自信を獲得できる場となっていることが分かりました。実際、翻訳授業の卒業生達が集まって、ボランティアでさらなる翻訳依頼を受け完成させているのですが、翻訳の授業が学生のエンパワメントに結びつくことの証左ということができましょう。
 このような結果が得られた背景には以下のような要因があると考えられます。

1. 翻訳依頼内容が社会的貢献度の高いものなのでやりがいを感じられること
2. 学習の成果物を広く一般に共有できるので、自分を日本語学習者としてではなく日本語仲介者としての自覚でき自信がつくこと
3. 翻訳の依頼主であるNPO(NET-GTAS)、同じく証言翻訳をしている他大学、出張授業をしてくださる被爆者二世の方など、この活動に共感してくれる人々と交流があること

 この授業を始めた当時の学習目標は修士課程翻訳専攻の学生の日本語力と翻訳能力の向上にあったのですが、上述のような副次的な効果が確認できたのは非常に喜ばしいことです。もちろん本来の学習目標も着実に到達しています。その背景に考えられるのは以下のような要因です。

4. 本物の翻訳依頼であるので、学生はおのずと自らの翻訳に高い質を求めること
5. 翻訳の質の向上には正しい専門用語の選択が不可欠だが、そのためには原文の背景知識に通じる必要があることに気づき、お互いに調べ合い学び合うこと
6. 翻訳をグループ活動、即ちチーム翻訳という方法で行っているので、グループ内で各自の翻訳バージョンについての議論が深められること

 ヨーロッパの日本教育関係者の方々にボン大学での活動例を聞いてもらい、さまざまな方から励ましのお言葉や関心を寄せてもらうことができました。また新たに考えていきたい視点をいただくこともできました。証言という媒体の持つ特殊性(例えば、原爆投下を有難く思っていると証言する被爆者に出会ったという学生への対応)、加害者としての日本の扱い、被爆者証言の歴史的、政治的な文脈での位置づけなど、今後向き合っていけたらと思っています。
 なお、シンポジウムのホームページはこちらから見ることができます。
    
            (田村直子 =ボン大学講師)

2016/07/21 15:00:00 「言語と平和Ⅰ」でピカ☆イチ活動を紹介

  • Categoryイベント
  • Posted by阿比留 高広

「言語と平和Ⅰ」でピカ☆イチ活動を紹介



In a general subject "Language and Peace I" for new students
we two representatives of student supporters reported results of the Hiroshima fieldwork in last September.


 7月20日(水)の第3限「言語と平和Ⅰ」の授業で、学生サポーターを代表して平岡希恵さんと私(阿比留高広)が、昨年度のピカイチの採用団体として発表を行いました。
 1回生が中心の授業なので、勧誘の意味も込めてNET-GTASと学生サポーターの紹介をメインに行いました。私たちの活動の意義をしっかり伝えるのははもちろんですが、高齢化が進む被爆者の現状と次の世代に引き継ぐことの重要性も伝えました。
 緊張しましたが、日本テレビの報道番組「ニュース0」の映像も使い、短い時間で伝えるべきことは伝えられたと思います。
 これを機に新たな仲間も迎えながら、今後の活動を盛り上げ、後輩に引き継いでいけたらと思います。  (阿比留 高広 =サポーター会議代表)
  • 「言語と平和Ⅰ」の授業で昨年のピカイチ活動を報告する阿比留君(右)と平岡さん=7月20日

2016/07/08 16:00:00 長崎市長さんにサポーター代表が面会

  • Categoryイベント
  • Posted by阿比留 高広

長崎市長さんにサポーター代表が面会



 
Two of our student supporters have sent a request
to Mr.Tomihisa Taue, Mayer of Nagasaki city,
for organizing a meet-up event with university students in Nagasaki.


 先日、NET-GTAS学生サポーターの2人が田上富久(たうえ・とみひさ)長崎市長にお会いしました。
田上市長は、今月6日、新1年生向けの総合科目「言語と平和Ⅰ」の講師として来学。サポーターの阿比留高広と平岡希恵の2人が、第3限と第4限の合間の短い時間でしたが、私たちの活動の紹介と、今年の夏に学生で長崎に訪れたい旨伝えて参りました。
市長からも、私たちの団体の活動に賛同してくれ、「できるだけ協力させていただきたい」とのお言葉を頂きました。
 とても接しやすく、あたたかいお方でした。
平和事業や平和教育の進んでいる長崎との繋がりは私たちの活動にとって非常に心強いものです。
また、京都と長崎の学生が交流する恒例行事としての土台を築いていくためにも今回の長崎フィールドワークを成功させたいと思います!
今後とも、核の被害のない世界を目指して多くの方と繋がっていきたいです。
         (阿比留高広 =サポーター会議代表)
  • (左から)田上・長崎市長さんと談笑する阿比留君と平岡さん=森田記念講堂で

2016/05/22 11:20:00 写真家、フランシスコ・ハーパーさんからNET-GTASへ素敵なお便り

  • Categoryイベント
  • Posted by大西 綾

写真家、フランシスコ・ハーパーさんからNET-GTASへ素敵なお便り



 
The picture of the activity of NET-GTAS reached a small country in the Atlantic ocean, the Republic of Cape Verde.
"The Peace Pictures Relay" by a French photographer continues.


2015年秋にNET-GTASの勉強会にお招きしたフランス人写真家、フランシスコ・ハーパーさんから、お便りが届きました!
 フランシスコさんは、仕事で訪れた国の学校を訪問し、生徒たちの様子を写真に収め、それをまた次の国の学校へ持っていき、そこの生徒たちと一緒にまた写真に収めていくという、写真のリレー活動をされています。彼は「教育が受けられる学校という環境は平和そのものだ」という思いのもと、この写真リレー活動を自身の平和のライフワークとして続けておられるのです。
 去年10月にフランシスコさんが京都外国語大学を訪れた際、光栄にも私たちNET-GTASメンバーもその写真リレー活動の一員として写真に収めて頂きました(昨年12月2日付けNET-GTASブログ参照)。
 今回、彼から届いたお便りは、私たちの写真が、大西洋に浮かぶ島の国、カーボベルデ共和国の首都プライアにある学校へとリレーされたことを示していました。私たちの集合写真を手にしたカーボベルデの若者たちの笑顔が印象的です。彼は「プライアの学校の学生達もこのプロジェクトにとても協力的で、楽しんで参加していました」と書いていました。
 私は写真を受け取って、異国の地でこんなに壮大なプロジェクトに加えて頂けるなんて、ほんとうに光栄なことだと改めて感じました。地球は丸くて、世界は一繋がりで私たちもみんな繋がることが出来るんだということを、フランシスコさんのこの活動から教えて頂きました。平和を願い続けるこの素晴らしい活動を、これからもずっと応援し続けていきたいですね。
  (大西 綾 =京都外国語短期大学キャリア英語科2015年度卒業生)
  • カーボベルデ共和国の若者が手にしたNET-GTASの集いの写真

2016/03/26 14:50:00 独・エアフルト大で翻訳授業の成果発表会

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

エアフルト大で翻訳授業の成果発表会



A translation class at Erfult University presented
the result of their translation
to fellow students.


ドイツのエアフルト大学では秋学期に、仁科陽江(にしな・ようこ)先生が被爆者言ビデオのドイツ語への翻訳を授業で実践し、期末には、学生らが半年間の取り組みの成果を学内で発表しました。地元新聞もニュースで取り上げました。
翻訳したのは、広島で16歳の時に被爆した「伊谷周一さん」の証言ビデオ。ドイツ語を学ぶ学生と、日本語を学ぶ学生が一緒になって取り組みました。
学期末の1月26日には、その成果を学内で発表する会を開催、多くの学生が傍聴しました。
開催前には大学のホームページで、このクラスの取り組みを紹介する記事が掲載されました。
ホームページの記事は「ドイツと日本の学生は、広島生存者の報告を翻訳します」と題し、冒頭、「(被爆)証言から我々は何を学ぶことができるか? この問いが発端にあった。」と書き始めています。そして、「NET-GTASがイニシアティブをとって、二年前から(被爆)生存者のインタビュービデオを翻訳する作業に、日本やほかの国々出身の有能な翻訳者・専門家たちがボランティアで従事してきている。」と述べ、「参加者全員にとっての知的な収穫は、異なる言語それぞれが持つ特有性に対する感覚がより鋭敏になったという点にある。またそれ以上に、学生たちは、本物の証言を手がかりにして、原爆が一人一人に及ぼした様々な影響に対する歴史的な知(視野)を広げることができたのである。」と意義付けています。

翌27日には、地元の「テューリンゲン新聞」が、仁科先生のクラスが「ヒロシマからの1人の生存者の証言をエアフルト大学の学生が日本語からドイツ語に翻訳した。」と報道しました。
      
 (注)エアフルト大学のホームページとテューリンゲン新聞の
記事の抜粋は早瀬明幹事が翻訳しました。

        (長谷 邦彦 =代表)
  • エアフルト大学で開かれた被爆者証言授業の発表会(2016年1月26日)
  • エアフルト大学の取り組みを報じるテューリンゲン新聞(2016年1月27日付)

Page top