ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

イベント

2018/02/06 10:30:00 エアフルトの学生と京都の被爆者の対話

  • Categoryイベント
  • Posted by仁科陽江・広島大学教授

エアフルトの学生と京都の被爆者の対話




Students at Erfurt University in Germany have translated
the testimonial video of Ms. Rumi Hanagaki who survived from A-bomb and lives in Kyoto
into German in this semester.
They had a direct conversation with Ms. Hanagaki on Skype.


ドイツのエアフルト大学の学生たちが、昨年秋からの学期で、京都に住む被爆者、花垣ルミさんの証言ビデオの字幕を日本語からドイツ語に翻訳しました。仁科陽江・広島大学教授が正月明けにエアフルトに出向き集中講義の形で翻訳授業を指導した機会をとらえて、証言の主・花垣さんと学生が1月12日、Skypeで直接対話をしました。
仁科先生からそのレポートがNET-GTAS事務局に届きました。エアフルト大学のホームページで記事化されているそうです。ドイツ語の原文を、NET-GTAS幹事の早瀬明・京都外大教授が日本語に翻訳してくれましたので、ご紹介します。

 *************************************

稀有な証言プロジェクト


再びエアフルト大学の学生たちが、冬学期に、日本人学生たちと協力しながらヒバクシャ(広島への核攻撃の生存者)の証言記録を日本語からドイツ語に翻訳しました。

広島大学教授仁科陽江博士の指導とウルリケ・ヴォレンハウプト=シュミット博士の支援の下で学生たちは、原爆投下当時5歳であった花垣ルミさんの証言記録を翻訳したのです。この翻訳は、数々の証言記録を収蔵している国立広島原爆死没者追悼平和祈念館のウェブサイトで公開されることになっています。〔同館に収蔵されている〕生存者のインタヴュービデオは、NET-GTAS(被爆者証言の世界化ネットワーク)の主導で、4年前から、日本及び他の国々出身の適格な翻訳者・専門家のボランティア活動によって、翻訳されてきています。幾つかの大学でもそうした活動への教育的な取組が始まっていますが、エアフルト大学でもそうなのです。

学生たちにとってこのプロジェクトは稀有な体験でした。なぜなら、このプロジェクトは、〔ドイツ人〕学生たちに、日本人学生と協力し合って作業する可能性を提供しただけでなく、〔冬学期の翻訳授業を締めくくる〕集中的な一週間を過ごした最後に、花垣ルミさんとスカイプを介して直接に交流する可能性をも提供したからです。学生たちは、花垣さんが、こうした〔被爆〕証言を生んだ恐るべき経験にもかかわらず、証言者として前向きな方であることを実感できました。花垣さんは、核兵器に反対し平和を求める自らの活動について熱心に、そして精力的に語ってくれたのですが、そこには、より若い世代が彼女の平和のメッセージを引き継いでくれることへの期待が込められていたのです。
    

Ungewöhnliches Zeitzeugenprojekt


               20. Januar 2018 Hochschulkommunikation

Erneut haben Studierende der Universität Erfurt gemeinsam mit japanischen Studierenden im Wintersemester einen Zeitzeugenbericht einer Hibakusha, einer Überlebenden des Atomangriffs von Hiroshima, aus dem Japanischen ins Deutsche übersetzt.
Unter der Leitung von Prof. Dr. Yoko Nishina von der Universität Hiroshima und betreut von Dr. Ulrike Wollenhaupt-Schmidt haben sie den Bericht der zum Zeitpunkt des Atombombenabwurfs fünf Jahre alten Rumi Hanagaki für eine Publikation auf der Website der Nationalen Friedensgedächtnishalle für die Atombombenopfer von Hiroshima übersetzt, die Zeitzeugenberichte sammelt. Mit der Initiative von NET-GTAS (the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors) werden seit vier Jahren Video-Interviews mit Überlebenden durch qualifizierte Übersetzer und Spezialisten aus Japan und anderen Ländern ehrenamtlich übersetzt. Auch an den Hochschulen gibt es dazu didaktische Ansätze, so auch in Erfurt. Für die Studierenden ein außergewöhnliches Projekt, das ihnen nicht nur die Möglichkeit bot, mit japanischen Studierenden in Tandems zu arbeiten, sondern sich am Ende der Intensivwoche auch persönlich via Skype mit Rumi Hanagaki auszutauschen. Trotz der furchtbaren Erfahrungen, die diese Zeitzeugin gemacht hatte, konnten die Studierenden sie als optimistischen Zeitzeugin erleben, die engagiert und lebendig von ihrem Engagement gegen Atomwaffen und für den Frieden berichtete und hofft, dass die jüngere Generation ihre Friedensbotschaft weiterträgt.

(原文ドイツ語=仁科陽江・広島大学教授、日本語翻訳=早瀬明・京都外大教授)

  • エアフルト大学の学生らと語り合う花垣ルミさん(左)
  • NET-GTAS事務局のPC画面に映し出されたエアフルトの学生と先生たち

2018/02/02 08:50:00 「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか」一連のイベント終了

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか」一連のイベント終了



Under the theme “Why do we hand down Hibakusha stories to young generations all over the world?”, the event including the lecture meeting and the workshop was held in Kyoto, Yokohama, Tokyo. American Peace Activist Dr. Kathleen Sullivan conveyed to the audience how important to think the nuclear issues as their own events for nuclear abolition.


 アメリカの平和活動家、キャサリン・サリバンさんを招いての講演会・ワークショップ「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか~ノーベル平和賞ICANを支えたキャサリン・サリバンさんとの対話~」が、1月19日から27日にかけて関西と関東で2回、開かれました。サリバンさんは北朝鮮とアメリカの核ミサイルの使用をちらつかせながらの対決ムードを強く批判し、「広島・長崎の被爆者が直面したむごたらしい死の世界を共有することで、核抑止論のウソを見抜こう」と呼びかけました。

 NET-GTASメンバーを中心とする京都外大、筑波大、横浜国大の3大学教員による共同事業「若者に被爆体験を語り継ぐプロジェクト」のイベント。昨年秋にクラウドファンディングによって集めた事業資金を活かして、講演会とワークショップをセットにした2日間のイベントを、関西(1月19,20日。京都外大)と関東(26,27日。東京・文京シビックホールと横浜国立大学)で実施しました。
 
 アメリカ人でありながら長年、日本から原爆被爆者をアメリカに招き、約4万人に上る高校生たちに「被爆の実相」の証言を聴かせる活動を続けて来られたサリバンさん。「『核廃絶』を実現するために、国境を超えて被爆者の証言を語り継ぐことがいかに大切か」を精力的に語りかけてくれました。
 関西、関東の両会場を通じて強調したのは「核問題は難しいテーマだから専門家たちに任せろ、と言って、まるで他人事のように思わせる政治家が多いが、わたしたちは、自分事として考えなければならない。あなたの愛する人、愛するものが一瞬にして命を奪われるのです」という視点。これを実証するように、関西会場では、長崎の被爆者、原田美智子さん、関東会場では広島の被爆者、山田玲子さんが被爆の実相を語りました。

 関西の講演会は京都外大の森田記念講堂が会場で、「学園創立70周年記念」として開催。同大学付属の西高校の国際文化コースの全生徒約220人が、一般市民約200人とともに聴講しました。文京シビックホール小ホールで開いた関東講演会は、ICANの川崎哲さんも登場し、約130人が集まりました。
                    (長谷邦彦=代表)
  • 1月19日京都外大での講演会(左から)サリバンさん、安原通訳、原田さん
  • 1月20日京都外大でのワークショップ(左がサリバンさん)

2017/08/16 18:50:00 第9回平和首長会議総会(長崎)にサポーター学生3人が招待参加

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷

第9回平和首長会議総会(長崎)にサポーター学生3人が招待参加



Three members of the supporters of NET-GTAS were invited by the General Conference of Mayors for Peace in Nagasaki. They argued about the roles of the youth and proposed so many plans to make "nuclear-free world" with the power of cities, towns and villages.


  「核廃絶」をめざし世界7,400を超える自治体の集まる「平和首長会議」が、8月7日~10日に長崎市で第9回総会を開きました。この会議に「被爆者証言の世界化ネットワーク(NET-GTAS)」を支援する京都外国語大学の学生サポーター3人が招待され、「若者の役割」についてさまざまな提案をしました。
  招待参加者として親組織のNET-GTASから推薦されたのは、サポーター会議代表の阿比留高広君(22)=国際教養学科4回生と、メンバーの川瀬由希子さん(22)=国際教養学科3回生、高橋尚也君(19)=スペイン語学科1回生の3人。
  この総会は、長崎大学を会場に、国内外から約400人が参加。9日午後の会議は「若者の役割」がテーマで、「核兵器のない世界の実現に向けて、次世代を担う若者として今後どのような活動を行っていくか」を話し合いました。阿比留君ら3人は、国内で平和活動に取り組む若者の代表約30人の中に選ばれたのです。
  若者たちは6班に分かれ、それぞれの班にヴィトリー・スール・セーヌ市(フランス)、イーペル市(ベルギー)、メキシコ市(メキシコ)、フォンゴ・トンゴ市(カメルーン)、ビオグラード・ナ・モル市(クロアチア)、武蔵野市(日本)の市長が割り当てられ、市長と学生らが地域の特性を生かした平和活動の在り方をグループワークの形で協議し、アイデアをまとめました。
  3人はそれぞれ違った班に編入されており、7月初めから班のメンバーとメーリングリストを活用して、自分たちの担当自治体のデータを集め、提言案を固めて当日を迎えました。

  9日の会議は2時間半。冒頭、若者グループの代表者による3分間スピーチがあり、阿比留君がその一人としてNET-GTASの活動状況を説明し「私たちはこれまでに被爆者証言の多言語化を88本実現してきたが、平和首長会議は7000以上の市町村が加盟している。各市町村が1本でいいから日本語による証言ビデオを地元の母語に置き換える作業をしてくれれば7000本の翻訳作品が産まれ、一気に世界に広まる」と提案し、注目を浴びました。
首長会議のメンバーや日本の高校生ら約200人が見守る中、演壇上の6つのテーブルで議論。それぞれに活動計画をまとめて模造紙に記入し、プレゼンをしました。
  
  高橋君の所属した武蔵野市グループは、若者の集う吉祥寺界隈を「核兵器の廃絶や平和を願う音楽や映像など芸術の街」とする計画を提案。
  川瀬さんが所属のヴィトリー・スール・セーヌ市グループは、若者たちが気軽に平和を語れるようなプレハブ建築の拠点をまず作り、活動の中からショートムービーの作成を積み上げ、日仏合同の「ピースムービーコンテスト」を継続的に開く企画を、打ち出しました。
  阿比留君らのフォンゴ・トンゴ市グループは、被爆者証言の多言語化に取り組むにあたって、国の公用語である英語・フランス語ではなく、先住民の言語に翻訳することを提起し、実現に向かう作業フローを提案しました。 

  「平和首長会議」は1982年6月、第2回国連軍縮特別総会で広島市長が提唱して誕生。2017年8月1日現在、世界162カ国・地域7,417都市が加盟。次回第10回総会は「2020年核廃絶実現」を目指し、2020年に広島で開きます。
                       (文責・長谷邦彦)
  • 平和首長会議の合間に長崎の爆心地の献花台に献花する川瀬さん、阿比留君、高橋君(8月7日)
  • 「会議Ⅲ」の冒頭発表をする阿比留高広君(8月9日)

2017/06/17 20:00:00 初めてのNET-GTAS 翻訳成果発表会

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷邦彦

初めてのNET-GTAS 翻訳成果発表会


NET-GTAS Translation Presentation was held on June 15th at KUFS. We showed some of our translation works and we shared our impression and thoughts about this activities. This event was successful thanks to all participants and staffs. This would be our turning point to remake a direction for NET-GTAS to go in the future.

 NET-GTASは、事務局を置く京都外大で証言翻訳の成果を披露する発表会を6月15日(木)に開きました。2014年1月設立以来3年半で初めての試み。インターナショナルウィーク2017 ”Global Engagement Events”を展開中の国際教養学科との共催でした。

「被爆者証言を世界に」をタイトルに成果発表会が開かれたのは、第2限の時間帯。京都外大の学生や教員のみならず、被爆関係者、一般市民の方も合わせて、約70人が参加しました。

 NET-GTASの翻訳作品は2014年度から16年度末までに88本を数えています。そのうち、京都外大の学生や教員がかかわったのは44本。

 翻訳対象になった被爆者18人の中で最も多くの言語に翻訳されたのは、「天野文子さん」の証言ビデオで、英語、中国語、韓国朝鮮語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、クロアチア語、スロベニア語の11種。会場では約22分間の映像を約2分刻みで、字幕なしの日本語版と11種の外国語字幕版を順次切り替えて上映をして見せました。

 また、今年度から翻訳対象に加わり、京都外大生などが翻訳を始めている関西在住の被爆者「濱恭子さん」「花垣ルミさん」のお二人の証言映像の一部も上映。翻訳の進め方や実際に翻訳した感想などを報告しました。

 京都外大ドイツ語学科の杉本モニカ先生は「在米の被爆者の証言をドイツ語に翻訳したときは、映像を見ながら涙が止まらず、翻訳作業はとても苦しかった。でも、そても大事なこと。これからも続けます」と語りました。

 サポーター会議代表の阿比留高広君(国際教養学科4年)の総合司会で進められた発表会。NET-GTAS幹事の京都外大・早瀬明先生は、まとめの発言で、「京都外大は今、建学の精神『PAX MUNDI PER LINGUAS(言語を通して世界の平和を)』を具体化するための実践的教育を展開しようと準備中だ。NET-GTASの被爆者証言の多言語化事業をその中核に位置付けることが大切だ」と述べました。
              (長谷 邦彦=代表)

  • 翻訳成果を聞く参加者たち。
  • 11言語に翻訳された被爆者・天野文子さん(写真はそのうちの英語字幕切替時)。
  • 被爆者の方にもお話を聞けました。

2017/02/21 15:20:00 ボン大学で証言翻訳授業成果発表会+原爆展

  • Categoryイベント
  • Posted by田村 直子

ボン大学で証言翻訳授業成果発表会+原爆展


The presentation on the activities and the Atomic Bomb exhibition
by “Hiroshima-Nagasaki-Projekt” team at the University of Bonn.


ボン大学では2017年1月30日夕、今学期の被爆者証言翻訳授業(ヒロシマ・ナガサキ・プロジェクト)の成果発表会を開催、合わせて原爆展のオープニングセレモニーおよびレセプションを行いました。
場所はボン大学大学博物館。展示物の間にスクリーンを特設してもらい、椅子を運び入れて行いました。学内外から30人前後が参加しました。


成果発表会の部では、今学期NET-GTASより依頼のあったカナダ在住の被爆者「サーロー節子」さんの字幕翻訳の成果を、実際にサーロー節子さんの証言ビデオといっしょに見てもらいました。
引き続き、7人のプロジェクト参加者が、自分の期末レポートのテーマを紹介し、観客の皆さんと原爆のテーマの深さを共有しました。たとえば、サーローさんの証言には「心的麻痺」という言葉が出てきますが、その後「心的外傷後ストレス障害 (PTSD)」と命名される障害が東西の歴史の証言者の言葉にどのように現れるかを調べる学生がいます。また、原爆という新兵器による被害を当時の被爆者がどのように理解しようとしていたかを、ボン大学が翻訳してきた証言5本と当時医者として被爆者と向き合った蜂谷 道彦さんの日記『ヒロシマ日記』(1955)を元に探る学生がいます。
質疑応答では、翻訳する証言は誰が選ぶのかとか、サーローさんの証言ビデオに出てきた絵の出典など証言ビデオや証言翻訳に関わる質問がでました。また、歴史の証言というのはいつ、だれが、どこで、だれのために証言するのかという文脈で異なってくるので、分析の対象とするときには文脈への理解が重要だ、というような貴重なアドバイスもいただきました。
今年から行うことになった原爆展示会(主催:ボン大学大学博物館とボン大学アジア研究科日本・韓国研究専攻)は、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館のご厚意でドレスデンでの原爆展の展示ポスターをボン大学にご寄贈いただいたことにより可能になりました。その展示会のオープニングセレモニーでは、大学博物館館長のベッカー氏とボン大学日本・韓国研究専攻の専攻長であるツェルナー教授の挨拶の後、ドレスデン広島長崎原爆展のプロジェクトマネージャーであるカロリーネ・フェルスター氏(Caroline Förster)によるドレスデンでの展示会の紹介がありました。
フェルスター氏はその中で、ドレスデン展示会のコンセプト、ERINNERUNGSHORIZONT(歴史の地平線)を説明しました。歴史の証人個人個人が「思い出す」ことにより、あの時と今、あの場所とここ等の時空間の地平線が広がる一方、その思い出された記憶は、個人の記憶であり、(主観的なものであるから、)おのずとその(地平線の)限界にぶつかるということを表すのだそうです。
その後ボン大学のプロジェクト生がボン大学での展示会を開催するに当たってどのように寄贈ポスターを選んだのかを解説。国際的反核活動家であるサーロー節子さんの証言を翻訳したプロジェクト生として、核兵器廃絶へのメッセージに重点をおいた展示会となっていることを紹介しました。
セレモニーの後、参加者はシャンパンとオレンジジュースを片手に、なごやかに意見交換をしたり、展示を鑑賞したりしました。

原爆展示会は、3月末まで一般市民にも公開されます。
                      (田村直子 =ボン大学講師)
  • 証言翻訳の成果を発表するボン大学院生
  • ボン大学博物館で始まった原爆展示会

Page top