ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

イベント

2019/01/12 20:40:00 盈進中高ヒューマンライツ部との合同出版企画動き出す

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

盈進中高ヒューマンライツ部との合同出版企画動き出す





The joint project to publish Hibakusha(the victims of atomic bomb)’s story both in Japanese and English by Eishin junior and high school and NET-GTAS has started.

  

 広島県福山市の私立盈進(えいしん)中学高等学校ヒューマンライツ部の生徒たちが広島の被爆者の半生を取材し作成した物語を、NET-GTASと合同で英訳出版する企画が動き出しました。昨年6月に京都外大のオープンキャンパス見学に来た同校生徒らがNET-GTASのサポーター学生らと交流をした際に、ヒューマンライツ部員らが「物語の英訳本の合同出版をしたい」と申し入れをしたのがきっかけ。12月末に高校1年生の馬屋原瑠美(うまやはら・るみ)さんらが英訳した文章を京都に持ち込み、外大の学生や英米語学科のネイティブの先生らと2日間にわたり検討会を開きました。

 合同出版が企画されているのは、広島県原爆被害者団体協議会(広島県被団協)理事長の坪井直(つぼい・すなお)さん(93)の物語。ヒューマンライツ部のメンバーが5時間以上のインタビューをし、2017年に「にんげん坪井直 魂の叫び」(A4判30ページ)としてまとめ、広島平和記念資料館に寄贈しました。

 その後、部員たちは物語を英訳し日英両文で出版したいと考え、昨年夏から馬屋原さんらが翻訳に取り組みました。英語ネイティブの監修を受けたいというわけで、NET-GTASに協力を依頼、合同作業が始まったわけです。


 英訳検討会は2018年12月21日午後と22日朝の計7時間、4号館や2号館の教室で開催。盈進側からはヒューマンライツ部の生徒7人と、同部顧問の延和聰(のぶ・かずとし)教頭先生、京都側からはNET-GTASの学生サポーターや幹事、国際貢献学部のアーロン・キャンベル先生ら、それに横浜から飛び入り参加の平和活動家・佐藤誠樹さんら約10人が参加し、馬屋原さんらの英訳文について一章ごとに意見を出し合う形で進められました。

 原典の「にんげん坪井直 魂の叫び」は、坪井さんを取材した生徒らが坪井さんの広島弁丸出しの発言をそのままに文字化した「ひとり語り」のスタイル。それだけに、英語表現への切り替えは結構難しく、議論が立ち往生することもしばしばでした。

 問題は単語レベルにはとどまりません。坪井さんが戦後、巻き込まれた「被爆者差別」。親しくなった女性が周囲の人々から「被爆者は長生きできない」と交際をやめるよう勧められ2人で苦悩した事実が語られています。これについて「事実はどうだったのか」「もう少し取材を深める必要があるのでは」といった意見が出て、英訳以前の問題として「再取材すべきかどうか」真剣な議論が展開されました。



 2日間、司会を務めた京都外大のサポーターの一人、阿比留高広君(国際教養学科4年)は 「本当に濃い二日間だった。単に言語的な齟齬を埋める作業にとどまらず、言葉の本意、あるいは語られていないことにまで神経を集中させる必要があった。本人の語りの中に、想像が行き過ぎない限りでしかし最大限の意思をくみ取ることの難しさは途方もない。さらに伝える側だけでなく、受け取る側への寄り添いも重要なことに気づかされた。翻訳の難しさだけでなく、翻訳という作業自体のもつ可能性について再確認できた。また、 次世代の若者たちの活動に対する魂を感じ、頼もしいと思うと同時に、自分もまだまだ何かできることがあるのではないかと考えさせられた」と話しています。                                                                  (長谷 邦彦=代表) 
  • 英語のネイティブの先生も参加した検討会
  • 司会役の阿比留高広君(京都外大・左)と高橋悠太君(盈進中高・中央)
  • 被爆者・花垣ルミさんを囲んで

2018/11/29 15:20:00 核兵器廃絶地球市民集会ナガサキに参加しました。

  • Categoryイベント
  • Posted by阿比留 高広
第6回 核兵器廃絶地球市民集会

 11月16日から3日間開かれた、第6回 核兵器廃絶地球市民集会に参加しました。この集会は、「ナガサキを最後の被爆地に」を合言葉に、日本だけでなく世界中の人々と、文字通り地球市民として、核兵器を廃絶しより平和な世界をつくるという目的のもと、数年に一度開かれます。
 私は分科会Ⅲ「次世代とつくる核なき世界」にパネリストとして参加しました。アメリカ、中国、韓国、マレーシアからの若い海外ゲストに加え、奈良、東京の学生とともに県外ゲストとして参加。テーマは、若者と平和活動。
 海外パネリストからは、韓国の最近の学生運動の盛り上がり、アメリカの原爆投下正当化論の廃れ、核兵器のみならずあらゆる兵器をなくすべきなどの意見が出されました。
 県外パネリストからは、お金にならないイメージの平和活動に対する親の反対、無関心な人が多い中での話しづらさなどが出されましたが、それに対してピースビジネスも可能なこと、無関心を、差し迫った問題がない平和な状態とプラスに捉えることもできること、あらゆる問題が誰にでも関係があるというつながりを見つけて当事者意識を持てるなど前向きな意見に変わっていきました。
 さらに、そもそも平和とは、平和活動とは一体何かを考えることもやめてはいけない、周りや社会に対してプラスの活動をしていればある意味全て平和活動といえるのではないか、ジータスの翻訳のように入り口は平和を意識しなくてもその中で被爆者の心に寄り添い、いつの間にか当事者意識を持てるような活動の工夫は可能など深まった意見も出ました。
 いつの時代も、活動者の高齢化に伴い、「継承」が必要になります。その際、年配の世代のみ、若者の世代のみで固まってしまっては「継承」はできません。当たり前ですが、今年配の方にも若い時代があり、今の若者にも年配の時代が来るのです。あらゆる世代がお互いに排除せず、長所を生かして一緒に取り組むための活動の工夫が必要です。今回、新たに創設された、全国、いずれは全世界の若者がつながって平和活動をつくる「Youth Network for Peace」も、すべての世代をつなげるという役割の一旦を担うものとなるでしょう。
 核兵器をなくすには、世界中の人々の努力が必要になりますが、そのためには当事者(被爆者)の声が最も重要です。今回の集会に参加した世界の活動家の方々も広島・長崎の被爆者の想いを聞くことによって動き始めました。今後もNET-GTASの活動を通じ、被爆者の声を世界に届けていきます。
 私たちはみな同じ「地球市民」であるという自覚をもって、今後も活動を続けたいと思います。
採択された決議はこちら)(English ver.
  • 地球市民集会の後、横断幕を持ちアピールウォーク
  • 分科会Ⅲ「次世代とつくる核なき世界」
  • 分科会Ⅲで発言するNET-GTASサポーター 阿比留 高広(国際教養学科4年生)=中央

2018/09/06 16:50:00 「原爆投下73年」にウイーンと京都を結んで

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦
「原爆投下73年」にウイーンと京都を結んで


NET-GTAS held an event seeking "No More Hiroshimas" connecting the two cities of Japan and Europe. It was a joint project between Vienna University and Kyoto University of Foreign Studies students.

 NET-GTASは「8月6日広島デー」に合わせて、オーストリアのウイーン大学と京都外国語大学の学生たちが、それぞれの街で、自らドイツ語や英語に翻訳した被爆者証言ビデオを市民向けに上映するなど、国境を越えたイベントを共同企画し「核兵器のない世界を」と訴えた。

 イベントが行われたのは、京都では8月5日(日)夕、ウイーンでは8月6日(月)夜(いずれも現地時間)。
 京都では左京区の檀王法林寺を会場に開かれた「原爆犠牲者・世界の戦争犠牲者を追悼する京都平和の集い」(京都宗教者平和協議会など4団体主催)のシンポジウムに合わせて、その前後に京都の被爆者、花垣ルミさんの証言ビデオの英語版と大阪在住の被爆者、濵恭子さんのドイツ語版の映像を上映した。同時にNET-GTASの4年余の歩みの分かる写真を10数枚集めた写真展も行われた。
 また、シンポジウムそのものでも、NET-GTASの学生サポーターのひとり、阿比留高広君(京都外大国際教養学科4年)がパネリストとして参加しており、ウイーン大学の学生からあらかじめ受け取っていた京都の市民にあてたビデオ・メッセージをテレビ画面で紹介した。
 ウイーンからのメッセージでは3人の学生が「私たちは翻訳学の授業で学生としてNET-GTASの証言翻訳を実践した。人間の苦しみは当事者の証言を聴くことが大事です。平和を守るために会話を続けましょう。京都の皆さんも力を尽くして平和の行動を続けてください」と呼びかけた。高齢者の多い聴衆から、拍手が沸いた。
 
 写真展もウイーンと京都双方から作品を交換し合ったが、ウイーン側で作成した「広島の原爆ドームとウイーンの天文台」の合成写真は、両都市の人々に強い印象を与えたに違いない。波静かな川の夜景。右側には、鉄骨だけになった半円形のドームでおなじみの広島の原爆ドーム。73年前の8月6日まで「広島県産業奨励館」と呼ばれた建物だ。橋をはさんで左側には同じような半円形のドームの目立つビル。「ウラニア天文台」と呼ばれ、現在も生きている。「ウラニア」という名から「ウラニウム」を連想する人もいるかもしれない。

 一方、ウイーンの街では6日夜(日本時間では7日未明)、「ヒロシマ・タグ(ヒロシマの日)」という原爆死者を追悼し平和を祈る行事が営まれた。100人近い参加者は「NIE WIEDER HIROSHIMA」(NO MORE HIROSHIMA)と書いた横断幕を先頭に市街地をデモし、市内を流れる川に色とりどりの鎮魂の紙灯篭を流した。
ウイーン大学の学生3人、ステファン・ラング君、クリスチャン・ベルガー君、リン・チンさんはその中で、彼らが昨年の授業でドイツ語に翻訳した濱恭子さんの証言ビデオをタブレットを使って市民向けに上映、同時に原爆にからむ写真の展示でウイーン市民とともに「平和」を祈った。ドイツ語字幕の映像を映し出すタブレットの前には、欧米や中国からの観光客やウイーン市民が取り囲んで学生たちに質問を浴びせるなど、関心を集めた。

              (長谷 邦彦=代表)
  • ウイーンの街で自分たちがドイツ語訳した証言ビデオをタブレットで市民向けに上映するウイーン大の学生たち
  • Hiroshima-Tag 参加者によるウィーンの街でアピールウォークの様子
  • ウィーンからのビデオメッセージに見入るシンポジウム参加者たち。

2018/06/19 16:10:00 初の「中・高・大・留学生交流」にぎやかに

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

初の「中・高・大・留学生交流」にぎやかに



The interchange among junior high school, high school, university, and NET-GTAS" was held on 16th and 17th June.


 広島県福山市の私立盈進(えいしん)中学高等学校の生徒29人が6月15日(金)から17日(日)に「English Tour in Kyoto」と題して京都を訪問。16日と17日に「被爆者証言の世界化ネットワーク(NET-GTAS)」とともに、京都外大生・留学生・京都外大西高校生と「平和」を考えるワークショップなどを開き交流しました。

16日は朝10時から2時間余、4号館の教室に盈進中学高校の生徒29人と、西高生2人、外大の留学生5人とサポーター学生2人が集まり、各校の先生が見守る中(一部は参加)、「平和を考えるワークショップ」。
まずは盈進の中学高校生が毎年行っている「ユース非核特使」派遣事業について、見事な英語で紹介しました。
ワークショップ後半は、漫画「はだしのゲン」の日本語版と英訳版を使って、7,8人ずつの6グループでそれぞれ2ページ分の英訳あるいは日本語訳に取り組みました。擬音語・擬態語の多い日本語と、少ない英語。あるいは主語をいとも簡単に省略する日本語と、落とすわけにいかない英語。「ゲンのこの発言で主語は何だろうか」など、表現方法の違いについて、中学高校生らは留学生の解説に楽しげに耳を傾けました。
しめくくりは、ボブ・ディランの「Blowing in the Wind」を全員英語で合唱しました。

17日は、午前10時からオープンキャンパスの開会式に参加の後、留学生らとオープンキャンパスの多様なイベントを見学する「A班」と、NET-GTASとともに「平和」を語り合う「B班」に分かれて行動。「B班」では、京都在住の被爆者・花垣ルミさんの証言ビデオを鑑賞後、花垣さんから直接お話を聴いて「被爆とはどんなことか」について理解を深めました。その延長線で盈進高校の側から「ヒロシマの被爆者、坪井直(すなお)さんを取材してまとめた「にんげん坪井直 魂の叫び」(A4判30ページ)について「NET-GTASと一緒に多言語に翻訳して出版したい」と提案がありました。
「平和・人権・環境」をスローガンに掲げる盈進中学高校と「言語を通して世界の平和を」を建学の精神とする京都外大、外大西高の生徒・学生の連携プレーの企画案は参加者の胸を大いに躍らせました。
       (長谷 邦彦=代表)
  • 花垣ルミさんのお話に耳を傾ける
  • 京都外大8号館「Pax Mundi per Linguas」の下で

2018/02/06 10:30:00 エアフルトの学生と京都の被爆者の対話

  • Categoryイベント
  • Posted by仁科陽江・広島大学教授

エアフルトの学生と京都の被爆者の対話




Students at Erfurt University in Germany have translated
the testimonial video of Ms. Rumi Hanagaki who survived from A-bomb and lives in Kyoto
into German in this semester.
They had a direct conversation with Ms. Hanagaki on Skype.


ドイツのエアフルト大学の学生たちが、昨年秋からの学期で、京都に住む被爆者、花垣ルミさんの証言ビデオの字幕を日本語からドイツ語に翻訳しました。仁科陽江・広島大学教授が正月明けにエアフルトに出向き集中講義の形で翻訳授業を指導した機会をとらえて、証言の主・花垣さんと学生が1月12日、Skypeで直接対話をしました。
仁科先生からそのレポートがNET-GTAS事務局に届きました。エアフルト大学のホームページで記事化されているそうです。ドイツ語の原文を、NET-GTAS幹事の早瀬明・京都外大教授が日本語に翻訳してくれましたので、ご紹介します。

 *************************************

稀有な証言プロジェクト


再びエアフルト大学の学生たちが、冬学期に、日本人学生たちと協力しながらヒバクシャ(広島への核攻撃の生存者)の証言記録を日本語からドイツ語に翻訳しました。

広島大学教授仁科陽江博士の指導とウルリケ・ヴォレンハウプト=シュミット博士の支援の下で学生たちは、原爆投下当時5歳であった花垣ルミさんの証言記録を翻訳したのです。この翻訳は、数々の証言記録を収蔵している国立広島原爆死没者追悼平和祈念館のウェブサイトで公開されることになっています。〔同館に収蔵されている〕生存者のインタヴュービデオは、NET-GTAS(被爆者証言の世界化ネットワーク)の主導で、4年前から、日本及び他の国々出身の適格な翻訳者・専門家のボランティア活動によって、翻訳されてきています。幾つかの大学でもそうした活動への教育的な取組が始まっていますが、エアフルト大学でもそうなのです。

学生たちにとってこのプロジェクトは稀有な体験でした。なぜなら、このプロジェクトは、〔ドイツ人〕学生たちに、日本人学生と協力し合って作業する可能性を提供しただけでなく、〔冬学期の翻訳授業を締めくくる〕集中的な一週間を過ごした最後に、花垣ルミさんとスカイプを介して直接に交流する可能性をも提供したからです。学生たちは、花垣さんが、こうした〔被爆〕証言を生んだ恐るべき経験にもかかわらず、証言者として前向きな方であることを実感できました。花垣さんは、核兵器に反対し平和を求める自らの活動について熱心に、そして精力的に語ってくれたのですが、そこには、より若い世代が彼女の平和のメッセージを引き継いでくれることへの期待が込められていたのです。
    

Ungewöhnliches Zeitzeugenprojekt


               20. Januar 2018 Hochschulkommunikation

Erneut haben Studierende der Universität Erfurt gemeinsam mit japanischen Studierenden im Wintersemester einen Zeitzeugenbericht einer Hibakusha, einer Überlebenden des Atomangriffs von Hiroshima, aus dem Japanischen ins Deutsche übersetzt.
Unter der Leitung von Prof. Dr. Yoko Nishina von der Universität Hiroshima und betreut von Dr. Ulrike Wollenhaupt-Schmidt haben sie den Bericht der zum Zeitpunkt des Atombombenabwurfs fünf Jahre alten Rumi Hanagaki für eine Publikation auf der Website der Nationalen Friedensgedächtnishalle für die Atombombenopfer von Hiroshima übersetzt, die Zeitzeugenberichte sammelt. Mit der Initiative von NET-GTAS (the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors) werden seit vier Jahren Video-Interviews mit Überlebenden durch qualifizierte Übersetzer und Spezialisten aus Japan und anderen Ländern ehrenamtlich übersetzt. Auch an den Hochschulen gibt es dazu didaktische Ansätze, so auch in Erfurt. Für die Studierenden ein außergewöhnliches Projekt, das ihnen nicht nur die Möglichkeit bot, mit japanischen Studierenden in Tandems zu arbeiten, sondern sich am Ende der Intensivwoche auch persönlich via Skype mit Rumi Hanagaki auszutauschen. Trotz der furchtbaren Erfahrungen, die diese Zeitzeugin gemacht hatte, konnten die Studierenden sie als optimistischen Zeitzeugin erleben, die engagiert und lebendig von ihrem Engagement gegen Atomwaffen und für den Frieden berichtete und hofft, dass die jüngere Generation ihre Friedensbotschaft weiterträgt.

(原文ドイツ語=仁科陽江・広島大学教授、日本語翻訳=早瀬明・京都外大教授)

  • エアフルト大学の学生らと語り合う花垣ルミさん(左)
  • NET-GTAS事務局のPC画面に映し出されたエアフルトの学生と先生たち

Page top