ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 10 a.m. to 4 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

お知らせ

2016/04/29 22:10:00 5月14日(土)夕、映画「アオギリにたくして」の上映会

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷邦彦

5月14日(土)夕、映画「アオギリにたくして」の上映会

With English subtitles

 
On the evening of May 14, a movie show "Aogiri" will be screened at Kyoto University of Foreign Studies (KUFS).
It is a story of A-bomb survivor of Hiroshima. The picture gets English subtitles.
Don’t you shed tears after a long absence, too?


 久々に涙をたっぷりと流してみませんか? 広島の被爆女性を描いた映画「アオギリにたくして」の上映会が、5月14日(土)午後5時から京都外国語大学7号館4階741教室で開かれます。アメリカのオバマ大統領が5月下旬のG7首脳会議に合わせて広島を訪問することがほぼ本決まりになりつつある中、ぜひ多くのみなさんに広島・長崎の戦後の歩みをふりかえってほしい--そんな思いからNET-GTASの学生サポーター会議が企画しています。
 
 原爆で片足を失いながらも、焼け跡に芽を吹いたアオギリの生命力に励まされ、被爆体験の“語り部”として生き抜いた沼田鈴子さん(22歳で被爆、2011年7月死去)をモデルにした物語です。

 映像には英語の字幕が入ります。この上映会に間に合わせるよう、制作チームの方々が急ぎ字幕編集をしてくれたのです。留学生もしっかり楽しんでもらえます。

 原作・監督の中村柊斗さんや総括プロデューサーの中村里美さん、音楽監督の伊藤茂利さんも来場し、映画製作の経緯など話をしてくれます。

 会場の京都外大は、京都市右京区西院笠目町6。四条通葛野大路(かどのおおじ)角です。最寄りの駅は、阪急西院駅、または地下鉄東西線太秦天神川駅です。

 映画の詳細は次のURLで、ご覧いただけます。 http://aogiri-movie.net/
 
 お問い合わせは、 netgtasstudents@gmail.com にメールを。あるいは、下記の事務局に、どうぞ。

◆「被爆者証言の世界化ネットワーク(NET-GTAS)」事務局 ◆ 
京都外国語大学国際言語平和研究所共同研究室(2号館5階255号室)
住所: 〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6
電話: (市外局番 075)322-6054(内線6755)  (海外からは+81-75-322-6054)
Mail: net-gtas@kufs.ac.jp
業務時間:月曜~金曜の午前10時~午後5時 代表: 長谷邦彦(ながたに・くにひこ)
職員: 榊原恵美子(さかきばら・えみこ)
オフィシャルブログ:http://www.kufs.ac.jp/blog/department/net-gtas/


     (長谷 邦彦 =代表)
  • 「アオギリにたくして」上映会のチラシ

2016/04/25 09:10:00 パンフレット『NET-GTAS 被爆者証言を世界に!』を刊行

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷邦彦

パンフレット『NET-GTAS 被爆者証言を世界に!』を刊行


“NET-GTAS ~Testimonies of Atomic Bomb Survivors All Over the World!”
was published to inform of our activity.
The sentence is written in both Japanese andEnglish.


 「NET-GTAS」(被爆者証言の世界化ネットワーク)が発足して3年目。私たちの活動をもっと多くの人たちに知ってもらおう、とパンフレットを作りました。

 タイトルは『NET-GTAS 被爆者証言を世界に!』。A4判20ページ。
 表紙のカラー写真は、広島・平和記念公園南側にある「平和の門」。高さ9メートル、幅2.6メートル、奥行き1.6メートルの薄緑色の門10基が並ぶ。表面には「平和」を意味する単語が49種類の言語で刻まれています。NET-GTASの学生サポーターが昨年9月に広島フィールドワークをした際に撮影したものです。

 「NET-GTASがめざすもの」から始まって、「何をするの?」「何を翻訳するの?」などの疑問に答えたり、翻訳作業のフローを図示したりしています。
 また、国内外のいくつかの大学で進められている証言翻訳授業の実態や、それらのクラスが国境を越えてテレビ会議で結ぶ合同授業(協働学習)など、写真たっぷり、ビジュアルに、わかりやすく説明しています。日本語と英語の両文が書かれており、外国人にも接しやすい資料になっています。

 1000部を印刷。非売品。ネットワークへの参加呼びかけのときや、外国からの訪問客におみやげとしてお渡しし、世界に広めます。
  (長谷 邦彦 =代表)
  • パンフレットの表紙
  • 写真たっぷりの紙面

2016/02/16 18:50:00 新たに6本の翻訳作品が公開されました

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

新たに6本の翻訳作品が公開されました



The new six videos translated by NET-GTAS were added
to the site of Peace Information Network
(http://www.global-peace.go.jp)


NET-GTASが進める被爆者証言の多言語化事業で、2015年度上期・下期の翻訳作品の一部、6作品が新たに完成し、2月16日、国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館の合同サイト「平和情報ネットワーク」にアップロードされました。これによりGTAS作品は計41本に増えました。

今回アップされたのは、広島で被爆した「天野文子(あまの・ふみこ)さん」のスロベニア語版、長崎で被爆した「米田(よねだ)チヨノさん」の英語版、そして広島で被爆の住田年伸(すみだ・としのぶ)さん」のドイツ語、中国語、韓国語、英語版です。

6つの作品は、以下のアドレスで視聴できます。

天野 文子さん(スロべニア語)
米田 チヨノさん(英語)
住田 年伸さん(ドイツ語)
住田 年伸さん(中国語)
住田 年伸さん(韓国語)
住田 年伸さん(英語)



(長谷 邦彦 =代表)

2016/01/15 09:40:00 NET-GTAS翻訳作品をさらに4本アップロード

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

NET-GTAS翻訳作品をさらに4本アップロード



        
The new four videos translated by NET-GTAS were
added to the site of Peace Information Network
(http://www.global-peace.go.jp)


NET-GTASが進める被爆者証言の多言語化事業で、2015年度上期の翻訳作品の一部、4作品が新たに完成し、1月15日までに国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館の合同サイト「平和情報ネットワーク」にアップロードされました。これによりGTAS作品は計35本に増えました。

今回アップされたのは、長崎で被爆した「久保(くぼ)ミツエさん」の中国語版、広島で被爆の「天野文子(あまの・ふみこ)さん」のイタリア語版、そして広島で被爆し韓国に在住の金日祚(きむ・いるちょ)さん」の英語版、韓国語版。

4つの作品は、以下のアドレスで視聴できます。

久保ミツエさん(中国語)

天野文子さん(イタリア語)

金日祚さん(英語)

金日祚さん(韓国語)


(長谷 邦彦 =代表) 
                            
  • 韓国語の字幕が付いた金日祚さんの映像

2015/10/14 09:10:00 NET-GTAS翻訳作品が新たに5本アップロード

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

NET-GTAS翻訳作品が新たに5本アップロード


The five works of translated by NET-GTAS were newly uploaded
on the site of ‘Peace Information Network


 NET-GTASが進める被爆者証言の多言語化事業で、新たに2015年度上期の翻訳作品の一部、5作品が完成し、10月1日に国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館の合同サイト「平和情報ネットワーク」にアップロードされた。これによりGTAS作品は2014年度作品26本と合わせ、計31本となった。

 今回アップされたのは、長崎の被爆者、久保(くぼ)ミツエさん、米田(よねだ)チヨノさんと、広島の住田年伸(すみだ・としのぶ)さんの各フランス語版と、久保さん、朝長民子さん(ともなが・たみこ)さんのドイツ語版。

 今回は、サイトの改修も行われ、映像の下に被爆者のプロフィールと翻訳字幕テキストが掲載された。

 5つの作品は、以下のアドレスで視聴できる。

久保ミツエ(フランス語)

久保ミツエ(ドイツ語)

米田チヨノ(フランス語)

住田年伸(フランス語)

朝長民子(ドイツ語)

(長谷 邦彦 =代表)
  • 新たにアップされた「住田年伸さん」フランス語版の映像

Page top