ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2018/02/19 17:10:00 講演会「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか」を聴いて

  • Category私の想い
  • Posted by京都外大西高校生
講演会「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか」を聴いて

~京都外大西高校生が感想を寄せた~



1月19日に京都外大森田記念講堂で開かれたアメリカ人平和活動家、キャサリン・サリバンさんの講演会「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか」。京都外大西高校の国際文化コースの1~3年生全員が聴講し、約420人の聴衆のうち半数余りを占めました。2人の生徒が、NET-GTAS事務局に「感想文」を寄稿してくれました。


<寺田 有佑君 =3年生>

 私は、キャサリン・サリバン氏の講演会を受けて改めて核兵器は国際的な平和を想像する上で絶対悪の存在だということを理解しました。講演会冒頭の第二次世界大戦で使われた火力と現在世界中に存在している核兵器の火力数を比較するためのBB弾の実験。私は当初、仮に現代に核兵器が複数存在するとしてもたった9ヶ国が保有している核兵器の火力が、約八千万人もの死者を出した第二次世界大戦の火力には遠く及ばないものと考えていたのです。しかし、私の浅はかな考えは、すぐに打ち砕かれました。第二次世界大戦の火力がたった一個のBB弾で表されることに対し、核兵器に対して使われたBB弾は数えることができず、さらに途中からいつ終わるのだろうかという恐怖に囚われることになりました。そんな恐怖心に囚われてしまうようなものが今もこの世界で眠り続けていると想像すると背筋が凍りつくような思いがしました。
 そして、現在の情勢の不安定さを考えると核兵器の恐怖を絵空事のものと考えることはできません。
 アメリカのトランプ大統領の台頭から始まった国際情勢の緊張、そして北とアメリカの外交上、軍事上の挑発合戦。それによって日本の周辺にも幾度となくミサイルが飛来するなど、昨今、戦争の火種が以前にもまして、くすぶっていると感じます。それに加え人類による地球破壊を表す終末時計も0時まで2分という冷戦期と限りなく近い状態となり戦争の恐怖が現実になるのではと、怯えることもあります。そして、核兵器が発射されたとなると、広島・長崎のような惨劇が世界各地で繰り広げられるということになります。核がもたらす被害は、私も「はだしのゲン」やその他の資料で閲覧したことがありますが、とてつもなくおぞましくむごく吐き気を催すものでした。それと同時に核は、この世に存在してはいけないものと認識しました。
 私は、核を断じて容認することができません。核を持つことは人類に対して自殺する手段を与えていることだと思います。キャサリンさんが述べた通り、人は物事を思考することができる生物です。だから少し考えるだけで核が人間に対して何の利益にもなり得ないと分かるはずです。核を持つということは思考を放棄することと、同義であると考えます。それゆえに、今回の講演会は、核に関して今一度考えるよい機会になりました。


<佐々木 慧君 =3年生>

核兵器とは。現在世の中にある核兵器の数、それで地球に一体どれほどの悲劇を及ぼすことができるのか。いまICANのノーベル平和賞受賞が話題になっている核兵器について、先日、NET-GTASという組織から非常に貴重な体験になる講演に参加させていただきました。この講演では主に核兵器の現状、そしてその危険性について、被災者の発言を通したりなどして学びました。
ビー玉を使ったり、被災者の説明をとおして原爆の恐ろしさを知りました。核兵器についてより具体的に知ることは核兵器についてより深く知り、核兵器廃止の運動に参加したいとさえ思える機会になりました。
しかしそれと同時に、いま世界は、この核兵器に対する対策を持っていないということも知りました。この講演で、キャサリン・サリバン氏は日本で行われている避難訓練は人間の知識に対する侮辱と言いました。この講演は、私たちは核兵器の恐ろしさを知りながら、それに対して何もすることできないと怯えながら過ごしていくのしかないのか、とも感じる機会になりました。
今回の講演を通して、原爆の恐ろしさ、ICANやNET-GTASが行なっていること、そして核兵器の現状など、さまざまなことを学べる機会になりました。しかし、それと同時に今現在実行対策は何もないとおもう機会になりました。核兵器の恐ろしさを認知している人が増えていく中で、具体的な対策を考えていくことが、今後の課題になるのかなと思いました。
  • 講演会で肩を並べる(左から)サリバンさん、通訳の安原はづきさん、被爆者の原田美智子さん(1月19日)
  • 講演で「愛する人の命を奪う核兵器」を語るサリバンさん(1月19日)
  • ワークショップで参加者の気持ちを引き寄せるサリバンさん(1月20日)

2018/02/06 10:30:00 エアフルトの学生と京都の被爆者の対話

  • Categoryイベント
  • Posted by仁科陽江・広島大学教授

エアフルトの学生と京都の被爆者の対話




Students at Erfurt University in Germany have translated
the testimonial video of Ms. Rumi Hanagaki who survived from A-bomb and lives in Kyoto
into German in this semester.
They had a direct conversation with Ms. Hanagaki on Skype.


ドイツのエアフルト大学の学生たちが、昨年秋からの学期で、京都に住む被爆者、花垣ルミさんの証言ビデオの字幕を日本語からドイツ語に翻訳しました。仁科陽江・広島大学教授が正月明けにエアフルトに出向き集中講義の形で翻訳授業を指導した機会をとらえて、証言の主・花垣さんと学生が1月12日、Skypeで直接対話をしました。
仁科先生からそのレポートがNET-GTAS事務局に届きました。エアフルト大学のホームページで記事化されているそうです。ドイツ語の原文を、NET-GTAS幹事の早瀬明・京都外大教授が日本語に翻訳してくれましたので、ご紹介します。

 *************************************

稀有な証言プロジェクト


再びエアフルト大学の学生たちが、冬学期に、日本人学生たちと協力しながらヒバクシャ(広島への核攻撃の生存者)の証言記録を日本語からドイツ語に翻訳しました。

広島大学教授仁科陽江博士の指導とウルリケ・ヴォレンハウプト=シュミット博士の支援の下で学生たちは、原爆投下当時5歳であった花垣ルミさんの証言記録を翻訳したのです。この翻訳は、数々の証言記録を収蔵している国立広島原爆死没者追悼平和祈念館のウェブサイトで公開されることになっています。〔同館に収蔵されている〕生存者のインタヴュービデオは、NET-GTAS(被爆者証言の世界化ネットワーク)の主導で、4年前から、日本及び他の国々出身の適格な翻訳者・専門家のボランティア活動によって、翻訳されてきています。幾つかの大学でもそうした活動への教育的な取組が始まっていますが、エアフルト大学でもそうなのです。

学生たちにとってこのプロジェクトは稀有な体験でした。なぜなら、このプロジェクトは、〔ドイツ人〕学生たちに、日本人学生と協力し合って作業する可能性を提供しただけでなく、〔冬学期の翻訳授業を締めくくる〕集中的な一週間を過ごした最後に、花垣ルミさんとスカイプを介して直接に交流する可能性をも提供したからです。学生たちは、花垣さんが、こうした〔被爆〕証言を生んだ恐るべき経験にもかかわらず、証言者として前向きな方であることを実感できました。花垣さんは、核兵器に反対し平和を求める自らの活動について熱心に、そして精力的に語ってくれたのですが、そこには、より若い世代が彼女の平和のメッセージを引き継いでくれることへの期待が込められていたのです。
    

Ungewöhnliches Zeitzeugenprojekt


               20. Januar 2018 Hochschulkommunikation

Erneut haben Studierende der Universität Erfurt gemeinsam mit japanischen Studierenden im Wintersemester einen Zeitzeugenbericht einer Hibakusha, einer Überlebenden des Atomangriffs von Hiroshima, aus dem Japanischen ins Deutsche übersetzt.
Unter der Leitung von Prof. Dr. Yoko Nishina von der Universität Hiroshima und betreut von Dr. Ulrike Wollenhaupt-Schmidt haben sie den Bericht der zum Zeitpunkt des Atombombenabwurfs fünf Jahre alten Rumi Hanagaki für eine Publikation auf der Website der Nationalen Friedensgedächtnishalle für die Atombombenopfer von Hiroshima übersetzt, die Zeitzeugenberichte sammelt. Mit der Initiative von NET-GTAS (the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors) werden seit vier Jahren Video-Interviews mit Überlebenden durch qualifizierte Übersetzer und Spezialisten aus Japan und anderen Ländern ehrenamtlich übersetzt. Auch an den Hochschulen gibt es dazu didaktische Ansätze, so auch in Erfurt. Für die Studierenden ein außergewöhnliches Projekt, das ihnen nicht nur die Möglichkeit bot, mit japanischen Studierenden in Tandems zu arbeiten, sondern sich am Ende der Intensivwoche auch persönlich via Skype mit Rumi Hanagaki auszutauschen. Trotz der furchtbaren Erfahrungen, die diese Zeitzeugin gemacht hatte, konnten die Studierenden sie als optimistischen Zeitzeugin erleben, die engagiert und lebendig von ihrem Engagement gegen Atomwaffen und für den Frieden berichtete und hofft, dass die jüngere Generation ihre Friedensbotschaft weiterträgt.

(原文ドイツ語=仁科陽江・広島大学教授、日本語翻訳=早瀬明・京都外大教授)

  • エアフルト大学の学生らと語り合う花垣ルミさん(左)
  • NET-GTAS事務局のPC画面に映し出されたエアフルトの学生と先生たち

2018/02/02 08:50:00 「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか」一連のイベント終了

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか」一連のイベント終了



Under the theme “Why do we hand down Hibakusha stories to young generations all over the world?”, the event including the lecture meeting and the workshop was held in Kyoto, Yokohama, Tokyo. American Peace Activist Dr. Kathleen Sullivan conveyed to the audience how important to think the nuclear issues as their own events for nuclear abolition.


 アメリカの平和活動家、キャサリン・サリバンさんを招いての講演会・ワークショップ「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか~ノーベル平和賞ICANを支えたキャサリン・サリバンさんとの対話~」が、1月19日から27日にかけて関西と関東で2回、開かれました。サリバンさんは北朝鮮とアメリカの核ミサイルの使用をちらつかせながらの対決ムードを強く批判し、「広島・長崎の被爆者が直面したむごたらしい死の世界を共有することで、核抑止論のウソを見抜こう」と呼びかけました。

 NET-GTASメンバーを中心とする京都外大、筑波大、横浜国大の3大学教員による共同事業「若者に被爆体験を語り継ぐプロジェクト」のイベント。昨年秋にクラウドファンディングによって集めた事業資金を活かして、講演会とワークショップをセットにした2日間のイベントを、関西(1月19,20日。京都外大)と関東(26,27日。東京・文京シビックホールと横浜国立大学)で実施しました。
 
 アメリカ人でありながら長年、日本から原爆被爆者をアメリカに招き、約4万人に上る高校生たちに「被爆の実相」の証言を聴かせる活動を続けて来られたサリバンさん。「『核廃絶』を実現するために、国境を超えて被爆者の証言を語り継ぐことがいかに大切か」を精力的に語りかけてくれました。
 関西、関東の両会場を通じて強調したのは「核問題は難しいテーマだから専門家たちに任せろ、と言って、まるで他人事のように思わせる政治家が多いが、わたしたちは、自分事として考えなければならない。あなたの愛する人、愛するものが一瞬にして命を奪われるのです」という視点。これを実証するように、関西会場では、長崎の被爆者、原田美智子さん、関東会場では広島の被爆者、山田玲子さんが被爆の実相を語りました。

 関西の講演会は京都外大の森田記念講堂が会場で、「学園創立70周年記念」として開催。同大学付属の西高校の国際文化コースの全生徒約220人が、一般市民約200人とともに聴講しました。文京シビックホール小ホールで開いた関東講演会は、ICANの川崎哲さんも登場し、約130人が集まりました。
                    (長谷邦彦=代表)
  • 1月19日京都外大での講演会(左から)サリバンさん、通訳の安原はづきさん、被爆者の原田美智子さん
  • 1月20日京都外大でのワークショップ(中央がサリバンさん)

2017/12/19 20:40:00 キャサリン・サリバンさんを招いてのイベントの日程決まる!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

キャサリン・サリバンさんを招いてのイベントの日程決まる!



American Peace Activist Kathleen Sullivan is going to visit Japan on January 2018. (In Kansai region), the lecture is going to be held at Kyoto University of Foreign Studies on January 19th, and she plans to carry out the workshop on January 20th. (In Kanto region), the lecture is going to be held at the small hall in Bunkyo Civic Center on January 26th, and the workshop will take place at Yokohama National University on January 27th too.

 NET-GTAS(被爆者証言の世界化ネットワーク)のメンバーを中心とする「若者に被爆体験を語り継ぐプロジェクト」主催のイベントが、いよいよ来年1月下旬に実現の運びとなりました。8月から10月にかけて行いましたクラウドファンディングによる事業資金集めに、国内外からの多くのみなさまから熱いご支持をいただき、「目標額300万円」を達成。具体化を急いできたものです。
 
 イベントの骨格は、アメリカ人でありながら長年、日本から原爆被爆者をアメリカに招き、高校生たちに「被爆の実相」の証言を聴かせる活動を続けて来られた平和活動家、キャサリン・サリバンさんを逆に日本に招待し、「国境を超えて被爆者の証言を語り継ぐ」ことがいかに大切かを話してもらおう、というものです。それも、一方的な語りに終わらせることなく、講演会とワークショップをかみ合わせて、被爆者・市民・学生のみなさんと一緒に「核廃絶」への道筋を考える場にします。

 この1年、核兵器をめぐる世界の動向は、北朝鮮による核ミサイル開発という危機的な色彩もありますが、一方で、核兵器禁止条約が国連本部で採択され、その流れを主導してきた国際NGO「ICAN」がノーベル平和賞を受賞する明るい話題もありました。サリバンさんはICANと被爆者を結ぶ橋渡し役としても知られ、受賞決定で大いに注目されています。

ぜひみなさまのご参加をお待ちしています。

                
 「若者に被爆体験を語り継ぐプロジェクト」


-------------------

【イベント・タイトル】

「なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか」
~ノーベル平和賞ICANを支えたキャサリン・サリバンさんとの対話~




【内容】

 講演会:キャサリン・サリバンさんによる講演、被爆者の証言、ご来聴のみなさまとの対話などを行います。
 ワークショップ:丸一日がかりの体験型勉強会を行います。キャサリン・サリバンさんや被爆者とともに、核兵器がもたらす被害、核廃絶に向けた問題点や道程などについて、幅広く学びます。

全てのイベントは入場無料、通訳付きです。

★関西会場
 <講演会>
 日時:2018年1月19日(金) 13:45~15:45
 場所:京都外国語大学 森田記念講堂
 <ワークショップ>
 日時:2018年1月20日(土) 10:00~17:00
 場所:京都外国語大学 4号館432教室

(注)関西会場については、京都外国語大学は学校法人として「若者に被爆体験を語り継ぐプロジェクト」と共催団体になっています。「学園創立70周年記念」という位置づけです。


★関東会場
 <講演会>
 日時:2018年1月26日(金) 19:00~21:00
 場所:文京シビックホール(東京都文京区)小ホール
 <ワークショップ>
 日時:2018年1月27日(土) 10:00~17:00
 場所:横浜国立大学 教育7号館202号室

【ご参加お申し込み方法】

★講演会  
お申し込みは不要です。

★ワークショップ 
 以下のいずれかの方法で事前申し込みをお願いいたします。応募者多数の場合は、抽選いたします。お申し込み締め切りは1月7日です。お電話による受付はいたしておりません。
●URLからのお申込し込み
下記のURLの申し込みフォームに必要事項をご記入ください。
関西会場お申し込みフォームはこちらから。
 
関東会場のお申し込みフォームはこちらから。


●メールか、FAXによるお申し込み 
主催団体の1つ「被爆者証言の世界化ネットワーク(略称・NET-GTAS)」net-gtas@kufs.ac.jp、またはFAX 075-322-6727)あてに、ワークショップ会場、氏名、所属、連絡先を記入し、メールかFAXでお申し込みください。

【お問い合わせ先】

 以下のいずれかにご連絡ください。
 ◆ 被爆者証言の世界化ネットワーク(NET-GTAS)事務局 (京都外国語大学内)
075-322-6054 (内線6755) ※原則、月曜~金曜9:00~17:00、2017年12月23日~2018年1月4日は休み net-gtas@kufs.ac.jp
 ◆ 〒305-8571 つくば市天王台1-1-1筑波大学 人文社会エリア支援室 小平 裕太 
TEL:029-853-5642 FAX:029-853-6315 jinsya-kaikei@un.tsukuba.ac.jp
------------------
  • サリバンさんイベントのポスター
  • ポスターとちらしの貼り出し準備をする事務局のみなさん

2017/11/16 14:40:00 『翻訳作品100本達成』記念展示会  20日から24日まで開催!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦 =代表)

『翻訳作品100本達成』記念展示会  20日から24日まで開催!



NET-GTAS starts "Achievement of 100 Translation Works" mini-exhibition on Monday, this month 20 in Building No. 1 south side passage until Friday on 24th.

NET-GTASは、被爆者証言の多言語化事業で、このほど翻訳作品が100本に到達したのを記念して、『翻訳作品100本達成』ミニ展示会を今月20日(月)から24日(金)まで、1号館南側通路で開催します。

展示内容は、次の通りです。

①字幕翻訳ワークシート
 NET-GTASのメンバーが翻訳した100本の映像字幕のうち、翻訳言語(12種類)ごとに選
 んだ1作品の字幕(一部分)
②翻訳対象の被爆者18人の顔写真
 NET-GTASが翻訳した100本は、被爆者の数にして18人です。みなさんの表情をビデ
 オ映像からスクリーンショットしました。
③「ヒバクシャ・天野文子さん」のビデオ
 約2分刻みで12種類の言語が次々に変わるように編集された”多言語版“のテレビ上映
④NET-GTAS設立以来4年近くの活動記録写真
⑤100作品の内訳表
 被爆者のお名前×翻訳言語ごとの一覧です。なお、NET-GTASのブログでは、「私たちの翻訳作品」コーナーで100本の作品の映像を簡単に見ることができます。
                         (長谷 邦彦 =代表)

Page top