ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2015/06/23 22:40:00 西宮市原爆被害者の会と交流

  • Categoryイベント
  • Posted by阿比留 高広

西宮市原爆被害者の会と交流



     
We met KUBO Mitsue, who is one of the victims of A-bomb in Hiroshima,
     
and we have tried to translate her Japanese testimony on the video

     
into the other languages.


兵庫県西宮市の「西宮市原爆被害者の会」(水野喬司会長)の平成27年定期総会が5月24日に西宮市勤労会館でありました。私たちNET-GTASの翻訳事業で今年度上期の翻訳対象になっている被爆者の1人、久保ミツエさん(86歳)が病を押して出席されると聞き、サポーター会議のメンバー4人がお話を伺いに出向きました。
 総会に同席させていただいたのは、中国語翻訳の張芳、韓国語翻訳の李東炫(いずれも久保さんの証言ビデオ担当)、そして大西綾と阿比留。事務局職員の榊原恵美子さんが引率してくれました。
 総会は昨年度の事業報告・決算や平成27年度事業計画・予算案の承認、役員改選など。そのあと映画「アオギリにたくして」を鑑賞、懇親会へ、という流れでした。被害者の会事務局の方々が、この間に、久保さんと私たちの対話の場を設定してくださいました。
 私たちが総会にお邪魔したのは、久保さんの証言を翻訳している担当者が直接、ご本人からお話が聴けるという期待、また、病身の久保さんを少しでも元気づけられたらという思いからでした。さらに映画という映像媒体から当時の被爆の実態にさらに近づける、という喜びもありました。
 久保さんとの交流の時間はあまり長くはありませんでしたが、久保さんの、また久保さん以外の周りにおられた方々の、嬉しそうな表情をしっかりと見てきました。そして同時に、それが引き締まった決意の表情に変わったのは、戦争だけは、核兵器だけは、何があっても、何があっても起こしてはいけないということを、戦争を知らない世代の人たちに伝えていかなければいけないという心の底からの思いを話されているときでした。
 私たちはその後久保さんに「翻訳作業はこれからもずっと続けていきます」「久保さんもまだまだ長生きしてください」など、一人ひとりが激励のメッセージを送らせていただきました。
 私たちは確かに戦争を体験したことはありません。だから、幸いにも、本当の意味で戦争の恐ろしさを実感できない世代です。しかし、世の中の動きは必ずしも反戦、反核の方向を向いてはいません。そういう中での久保さんの言葉には、短くとも大きなものを感じました。  (阿比留 高広=国際教養学科3年)
  • 久保ミツエさん(右手前)と語り合うサポーターたち(2015年5月24日、西宮市で)

2015/06/16 13:00:00 NET-GTASに参加して

  • Category私の想い
  • Posted by大西 綾

NET-GTASに参加して



                                
To be a good supporter,

  
what I really have to do as a first thing is to deepen my knowledge of war.

                
I don’t want to let all memories of war go fading.


  NET-GTASにサポーターとして活動に参加しました。大きな動機は、実は、被爆体験の証言ビデオを翻訳するという作業に関心を持ったからでした。
 でも、当初は、肝心な戦争に関する内容への自分の知識はとても浅かったため、活動へ参加する自分に自信が持てずにいました。そのなかで何度か、被爆された方から体験談を聴く機会がありました。
 被爆者の方々は、思い出すと涙があふれてくるようなとても辛い体験を、それでも一生懸命に話して下さいました。「被爆体験を語れる人はどんどん減っていく。だから、戦争のような出来事がまた繰り返されないためにも、出来るだけ自分の体験したことを話し、伝えていきたい。」とおっしゃる姿がとても力強く、この方々の想いを理解し、まわりに伝えていきたいと強く感じました。同時に、被爆や戦時中のお話を直接聞ける今に自分が生きていることは、とても貴重で意味があることだと再確認しました。
被爆者の方々の想いを風化させることなく伝えていくためにはまず、被爆体験や戦時中のことへの自分自身の知識と理解を深めることが、今私が出来る、そして、しなければならない一番の課題です。
(大西 綾 =サポーター、短大2年)
  • 被爆者のお話を聴く京都外大のサポーターたち

2015/05/28 13:20:00 被爆者のメッセージを英訳して

  • Category私の想い
  • Posted by神田 雅晴

被爆者のメッセージを英訳して



Through translating messages from the atomic bomb sufferers,
meanings and contexts of words like "War" "Atomic bomb" has changed.


自分を磨く、勉強の一環。NET-GTASから頂いた日本被団協の「被爆者からのメッセージ」の英語翻訳の依頼をお受けした理由はその一心でした。元々自分は、通訳翻訳に興味があり、授業や自己学習以外にも機会を見つけては翻訳通訳に挑戦していました。今回の翻訳のお話をいただいた時も、勉強の一環としての作業にすぎませんでした。
 しかし翻訳作業も最終工程の見直しに取り掛かった時、自分で訳した文や文字に強い違和感と不満を感じ、翻訳を一からやり直すことになりました。
違和感の理由はなんであったのか。それは作業中に何度となく読み返した被爆者の方の身をえぐるような証言、イメージを補足するために見た多くの映像や資料。それらに触れることで、作業に当たる前と後で自分の中の「原爆」「戦争」等の言葉の持つ「言外の意」が大きく変化し、そしてまた自分自身にも変化が起きたのだと思います。
被爆体験、戦争の悲惨さ。その人にしか語ることができない言葉や、その当事者にしか生み出せない強い言葉があります。僕がNET-GTASに参加するのは、自分にもその言葉が伝わり、動かされたからです。 (神田 雅晴 =京都外国語大学中国語学科 4年生)
  • 被爆者のお話を真剣に聞く神田君

2015/05/13 11:10:00 日本被団協のメッセージを英訳しました

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

日本被団協のメッセージを英訳しました



NET-GTAS translated the Messages from Hibakusha into English.

It was published by the NIHON HIDANKYO(Japan Confederation of A-and H-Bomb Sufferers

Organizations) and No More Hibakusha Project-Inheriting Memories of

the A-and H-Bomb Sufferers for the 2015 NPT Review Conference.



NET-GTASは、被爆者の全国組織「日本原水爆被災者団体協議会(略称・日本被団協)」から「被爆者からのメッセージ」の英訳を委託され、2月から3月にかけて、何人かで手分けして翻訳を進めました。その結果、英文メッセージの小冊子が完成し、4月末に日本被団協から私たちの事務局にお礼状とともに送られてきました。

小冊子は、「被爆したときのこと」「その後の人生について」「今、被爆者として訴えたいこと」の3つのテーマで計81人の被爆者からのメッセージ、そしてこれらの被爆者の声を聞き書きした若者たち33人が記した「聞き取りの感想、受け継ぎ手として世界と次世代の人々に伝えたいこと」など、「核廃絶」への思いがぎっしり詰まっています。

「被爆70年」の節目。日本被団協は4月末から米ニューヨークで開催のNPT再検討会議に向けて、国連本部や各国の国連代表部に届けるなどして、広く世界にアピールする予定。歴史に残る文書となります。

もともとの日本文小冊子は全15ページ。英文は20ページになりました。NET-GTAS関係者が担当したのは、このうち約3分の2の英訳。表紙裏に「English translation team」「Native checkers」として翻訳・監修者の名前がNET-GTASの組織名とともに記述されています。

日英両文とも、日本被団協(http://www.ne.jp/asahi/hidankyo/nihon/)および
ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会(http://kiokuisan.com/)の各ホームページから自由にダウンロードできます。
周囲の方に、そして海外の人に、広めてください。 (長谷 邦彦 =代表)

  • 完成した「被爆者からのメッセージ」英文パンフレット

2015/05/04 00:00:00 被爆者証言の翻訳はこうして行われる(下)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷邦彦
How do we translate the subtitles of the A-bomb survivors’ testimony videos? From making up the teams of translation to completion of the subtitles multi-translated.

3月12日に引き続き、NET-GTASが国立平和祈念館の被爆者ビデオの字幕翻訳をどのように進めているのか、後半の作業フローをご紹介します。

(4)翻訳作業
ビデオ映像の音声は翻訳の際の重要な参考資料です。翻訳者は「平和情報ネットワーク」にアップされた映像を見て日本語字幕の裏にあるものを読み取りながら翻訳を進めます。翻訳者は、1本のビデオを1人で翻訳する場合もあれば、大学の授業で10人前後の学生が議論を交わしながら翻訳を実践する場合もあります。
疑問点があるときは、国立祈念館もしくはNET-GTAS事務局に問い合わせるなりして解決していきます。

(5)翻訳作品の監修
翻訳者は翻訳を終えたワークシート(エクセル表)を監修者に渡します。監修者は、原則として日本語を母語とする人と、翻訳先の言語を母語とするネイティブとの2人がペアを組みます。翻訳担当者がプロ級である場合は、監修者は1人でよい(ただし日本語母語話者とネイティブの組み合わせ)ことになっています。監修者は原典の日本語が正しく翻訳されているか、日本語版映像も参考にしながら、点検をします。

(6)字幕の校正
監修済みの「翻訳用ワークシート」をNET-GTAS経由で受け取った祈念館は、日本語版映像に翻訳字幕を貼り付ける編集作業をします。貼り付けがうまくなされているかどうか、担当チームの監修者が「字幕の校正」を行います。祈念館は、校正作業専用の字幕付き映像を用意するとともに、翻訳字幕と映像貼り付け字幕を並べた「校正作業用ワークシート」を監修者に送付。事務局をはさんで何回かのやりとりを経て、完全な字幕貼り付けを確認し合って、映像を完成させます。(長谷 邦彦)
  • 翻訳字幕を映像に貼り付ける作業(国立祈念館で)
  • 映像字幕をチェックするための校正用ワークシート
  • フランス語の翻訳字幕が付いた映像

Page top