ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2015/04/02 09:00:00 「一つになる世界」に向けて

  • Category私の想い
  • Posted by池田 昭

「一つになる世界」に向けて



In the event held on March 21 hosted by NET-GTAS,
I listened a cantata "Surviving after Hiroshima"
and I thought about "the world where people became one".


 カンタータ「広島を生きぬいて」を3月21日の市民・学生の集い「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」で初めて聴きました。
 濱恭子さんの被爆体験をもとにフランスのルネ・マイヤーさんが作曲し、2013年にパリで初演されたそうです。戦争の犠牲者への鎮魂歌であり、希望のメッセージでもあります。
 「人々が一つとなる世界に向けて」。カンタータの一節を聴きながら、最近、読んだ毎日新聞のコラム「発信箱」を思い出していました。それによると、各国の首相や大統領経験者が集まり、安全保障などを議論するOBサミットが1997年に、人種や宗教を超えて、人は「全ての人々を人道的に遇する責任を負っている」とした「人間の責任に関する世界宣言」を発表した、とあります。
コラムは、「イスラム国」への軍事作戦を取り上げたうえで、「根本的な解決には至らない。問題の根源は人の心の中に潜んでいるからだ。心の問題と真正面から」取り組まなければならない、と結んでいました。
集会やネットワーク幹事会の司会をして印象に残ったことがあります。翻訳に携わった韓国からの留学生の発言です。被爆者の「心」をいかに表現するか。その思いが伝わるように翻訳できているか。仲間と議論したといいます。言葉の壁を乗り越えて、被爆体験を世界で共有するとは、まさに、こうした努力の積み重ねでしょう。
政治はもとより学問や芸術など、あらゆる知恵を味方にすれば、「人々が一つになる世界」も夢ではないと信じています。(池田 昭  =幹事・京都外大教授)
  • NET-GTASの集いで司会する池田昭幹事(右)

2015/03/24 15:50:00 「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」の集い

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」の集い


         

We had a meeting for the globalization of the Atomic bomb
          survivors’ experiences. The stories of the survivor and her
daughter of post-war birth gave a deep impression on the
audience.



 「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」をテーマにした市民・学生の集いがNET-GTASの主催で3月21日(土)に京都外大で行われました。
 主役は、原爆被爆者・濱恭子さん(89)と、その長女で被爆二世である鳥羽洋子さん(62)。濱さんは、19歳だった1945年3月、大阪大空襲に遭遇。米軍の爆撃機274機が無数の焼夷弾を投下。母親とともに火の海を逃げ惑い、手にしていたこたつ布団を水槽につけてはかぶり、かぶっては水に浸し、を繰り返して命拾いをしました。 家を失い広島の親類宅に身を寄せるのですが、5か月後、今度は原爆が投下されます。家は倒壊し、背中に大けがをして避難する中、黒い雨。母親がトタン板と棒切れ4本を組み合わせ、雨を避けて寝かせてくれたのです。戦後、母親が胃がんで亡くなったのは、娘のためにわが身を雨にさらしたためだ、と恭子さんは考えています。
 一方、戦後生まれの洋子さんは学校の社会科の先生になり、恭子さんを教室に招いて被爆体験を語ってもらうなど、実体験に基づく平和教育に力を入れてきました。
 2006年にパリ大学に留学。平和活動家、美帆シボさんとの出会いからフランスとの交流を重ねます。フランスの著名な音楽家、ルネ・マイヤーさんと知り合ったことから、洋子さんは恭子さんの体験記をフランス語に翻訳。これがフランス人の手で詩になり、マイヤーさんの手でカンタータになってCDに。洋子さんがフランス語の歌詞を再度日本語に翻訳し直すという「ことばの鎖」を作りました。
 2人の語りに続いて、「広島を生きぬいて」と題するカンタータのDVDを視聴。音楽に合わせて、フランス語の歌詞と日本語訳の字幕がプロジェクターに映し出されます。楽曲の意味合いが日仏両文で読み取れる仕掛けに、「翻訳」の効果を強く感じさせる演出となりました。
 その感動の冷めない間に、「ことばの壁を乗り越える」ことの意義について会場とのやりとり。NET-GTASの幹事であるクレイグ・スミス国際教養学科長が、20歳の学生の肩に手をやり、「君が50歳になるまで、あと30年、平和を保てば日本は平和を100年続けることになる。世界でもまれなこと。みんなで実現しよう」と訴え、拍手を引き起こしました。
 市民・学生の集いに引き続いて、関西在住のNET-GTASメンバーの集いも開かれ、「末永く翻訳活動の輪を広げよう」と誓い合いました。  (長谷 邦彦)
 
(濱恭子さんの被爆体験の詳細は、後日「被爆者ものがたり」のカテゴリーで掲載します。)
  • カンタータ「広島を生きぬいて」を字幕付きで視聴する市民の集い
  • 濱恭子さん(右)と鳥羽洋子さん NET-GTASの集いで

2015/02/25 18:30:00 3月21日に証言翻訳を考える市民・学生の集い

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦
The meeting of citizen and students on translation of the testimony will be held in the classroom 151 of KUFS on the afternoon of March 21(Sat).

 NET-GTASは3月21日(土)、市民・学生の集いを京都外国語大学で開きます。 
 テーマは「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」。午後2時から1号館5階151教室(定員約150人)で、参加費無料です。被爆者の証言を多言語に翻訳し世界に広げる意義を考えます。
 今年は第2次世界大戦が終結して70年。ヒロシマ・ナガサキの原爆投下から見ても70年の節目です。たった2発の原子爆弾の爆発で約21万人が死亡。生き残った40万人以上の人々が戦後、「被爆者」として苦難の道を歩んできました。
 集いでは、大阪に住む被爆者と、その娘である被爆2世から母子の戦後史を語ってもらいます。お母さんは広島の原爆被爆の5か月前に大阪の大空襲で被災した、いわば「二重被爆者」です。母子でフランスに被爆証言の旅をし、NET-GTASでは娘さんがフランス語翻訳に参加しています。
 NET-GTASの翻訳事業で2月から国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館のサイト「平和情報ネットワーク」に公開された初の作品も紹介します。 
 なお、この集いの終了後、午後3時45分から関西在住のNET-GTASの正会員・サポーター・幹事の初会合を、隣の152教室で開きます。   (長谷 邦彦)
  • 市民・学生の集い「戦後70年 被爆体験の世界化に向けて」の案内チラシ

2015/02/23 16:50:00 被爆者ものがたり③ 朝長 民子さん

  • Category被爆者ものがたり
  • Posted by長谷 邦彦

NET-GTASによる初めての翻訳作品である5人の被爆者ビデオ
から、それぞれの証言を手短に紹介します。

We introduce you each lives of five survivors the NET-GTAS
translated into foreign languages for the first time



朝長 民子さん

 

(16歳で被爆。撮影時74歳、熊本市在住)


Ms.TOMONAGA Tamiko (16 years old at the time of bombing. Filmed at 74 years, living in Kumamoto-city)


 16歳、広島の赤十字病院看護婦養成所の学生で、爆心から1.5キロの看護婦寮にいて被爆した。比較的軽傷で、倒壊した寮の下敷きになった学生らの救護に奔走。約200人の学生のうち、夕方歩いて集合できたのは36人のみだったという。
 「窓の外に黒い線が見えるので何かと思ったら、男か女かもわからない、髪もなく鼻も取れて黒焦げの人たちが、着物も着ずに群れをなし病院に向かって歩いて来るのです。病院の前まで着いて安心したのか、ぱっと倒れてそのまま動かなくなるのです。恐怖を感じました。」
 被爆者の苦しみや不安は「その日」以来延々と続く。「1週間ぐらいして、ほとんどの人が歯茎から血が出て髪の毛が抜けました。宮崎から来た友だちが朝、髪を結っていたら、バサッと音がして全部落ちました。彼女はワーッと泣きました」。
 10日余り救護活動をしたあと、故郷の宮崎へ。「障害児や小頭症の子が生まれたというニュースを聞き、そういう子孫を残してはいけない、結婚はするまい、と思いました」。
 たまたま自衛隊に入り巡り合った男性と結婚するが、夫は入市被爆で、1993年、肝臓がんで急死。「残留放射能をたくさん浴びていたのだと思います」。
 夫の存命時、子どもを産むにあたっては「2人で非常に心配し、健康だったのでうれし泣きしました」。
 朝長さん自身は、「坐骨神経症みたいで足が痛む。骨に異常があると言われる。(夫を亡くし、)きょうだい6人と母と私、8人の生活を守るのが精一杯でした」。
 そうした暮らしの積み重ねから、核時代の不条理を見つめる朝長さんの目は厳しい。「あの時の状況を目にしていれば、どんな人間でも、今のように競い合って核を抑止力に使うようなことはしなかったと思います」「私たちが行動し、叫び続けても少しも良い方向には向きません。しかし決してあきらめてはいけない。今までの歴史を考えても、いろいろな意思を持って動いた人たちがいます。その当時は何も報われないように見えたことでも100年経った後でも、それが必ず報われるという事実を見聞きします。命ある限り叫び続ければ、いつか実ると信じたいです」   (長谷 邦彦)
  • 被爆の身で戦後を生きる苦しみや不安を語る朝長民子さん(国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館のサイト映像から)

2015/02/15 14:30:00 被爆者ものがたり② 田村サワ子さん

  • Category被爆者ものがたり
  • Posted by長谷 邦彦
NET-GTASによる初めての翻訳作品である
5人の被爆者ビデオから、
それぞれの証言を手短に紹介します。

>We introduce you each lives of five survivors the NET-GTAS
translated into foreign languages for the first time

田村サワ子さん

 

(21歳で被爆。撮影時79歳、徳島県松茂町在住)


Ms. TAMURA Sawako (21 years old at the time of bombing. Filmed at 79 years, living in Matsushige-cho, Tokushima Prefecture)



 21歳、長崎県大村市の海軍病院に看護婦として勤務中、長崎市上空にキノコ雲が立ち上るのを見る。夕方から被災者が続々収容されてきたため、救護活動にあたり、2次被爆。仕事柄、救護の現場の悲惨な状況を事細かに、具体的に証言している。
 押し寄せる被災者はみな、露出していた肌は焼けただれ、皮膚が垂れ下がっていた。その夜には100人ほどが死亡。病院の裏手の空き地を掘り返して土葬した。住所も名前もわからず、爪と髪の毛を切り紙袋に収め、表に人相と特徴を書き記し、安否確認に訪れる人々に
説明したという。
 担当の病棟が内科で比較的軽症の患者が多く、やけどの治療はまずクレゾール液で消毒。ガーゼにリパノール液をしみ込ませて患部に貼り付け、包帯をぐるぐる巻きにした。しかし、傷口にはウジがわき、血を吸う。表皮を切って消毒するが、翌日にはまた現れる。
 「3日後から、放射能症状として脱毛症状が出始めました。ばさっと髪の毛が抜ける。注射した後は黒紫になって腐ってくる。白血球の減少で抵抗力がなくなり、紫斑の症状が出ると、2,3日で亡くなりました」
 11月下旬まで看護し、その人たちの放射線を受け、その後、子宮筋腫にかかったり、骨がもろいと言われたりしたという。「子どもが小さいころは、自分が被ばくしているとは言えなかった。被爆者健康手帳を取得してからはだんだん世の中が認めてくれるようになり、それで話せるようになった。それまではひた隠しにしていた」。直接被爆したわけではないのに、健康不安と差別が戦後の生活に影響を与え続けるのだ。
 「あの悲惨さを絶対忘れません。あの時でさえあの悲惨さですから、今は威力が違いますから、(再度)使われたらもう、いっぺんに生きている人はいないと思います」「私は養護教員として高校に勤めていました。原爆の話をすると、子どもたちの目が輝き真剣に聞いてくれるのです。私が話しても、響くのかな、と思います」。表情はにこやかだが、体験を引き継ぐ決意は固い。(長谷 邦彦)
     

Page top