ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 10 a.m. to 4 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2015/02/23 16:50:00 被爆者ものがたり③ 朝長 民子さん

  • Category被爆者ものがたり
  • Posted by長谷 邦彦

NET-GTASによる初めての翻訳作品である5人の被爆者ビデオ
から、それぞれの証言を手短に紹介します。

We introduce you each lives of five survivors the NET-GTAS
translated into foreign languages for the first time



朝長 民子さん

 

(16歳で被爆。撮影時74歳、熊本市在住)


Ms.TOMONAGA Tamiko (16 years old at the time of bombing. Filmed at 74 years, living in Kumamoto-city)


 16歳、広島の赤十字病院看護婦養成所の学生で、爆心から1.5キロの看護婦寮にいて被爆した。比較的軽傷で、倒壊した寮の下敷きになった学生らの救護に奔走。約200人の学生のうち、夕方歩いて集合できたのは36人のみだったという。
 「窓の外に黒い線が見えるので何かと思ったら、男か女かもわからない、髪もなく鼻も取れて黒焦げの人たちが、着物も着ずに群れをなし病院に向かって歩いて来るのです。病院の前まで着いて安心したのか、ぱっと倒れてそのまま動かなくなるのです。恐怖を感じました。」
 被爆者の苦しみや不安は「その日」以来延々と続く。「1週間ぐらいして、ほとんどの人が歯茎から血が出て髪の毛が抜けました。宮崎から来た友だちが朝、髪を結っていたら、バサッと音がして全部落ちました。彼女はワーッと泣きました」。
 10日余り救護活動をしたあと、故郷の宮崎へ。「障害児や小頭症の子が生まれたというニュースを聞き、そういう子孫を残してはいけない、結婚はするまい、と思いました」。
 たまたま自衛隊に入り巡り合った男性と結婚するが、夫は入市被爆で、1993年、肝臓がんで急死。「残留放射能をたくさん浴びていたのだと思います」。
 夫の存命時、子どもを産むにあたっては「2人で非常に心配し、健康だったのでうれし泣きしました」。
 朝長さん自身は、「坐骨神経症みたいで足が痛む。骨に異常があると言われる。(夫を亡くし、)きょうだい6人と母と私、8人の生活を守るのが精一杯でした」。
 そうした暮らしの積み重ねから、核時代の不条理を見つめる朝長さんの目は厳しい。「あの時の状況を目にしていれば、どんな人間でも、今のように競い合って核を抑止力に使うようなことはしなかったと思います」「私たちが行動し、叫び続けても少しも良い方向には向きません。しかし決してあきらめてはいけない。今までの歴史を考えても、いろいろな意思を持って動いた人たちがいます。その当時は何も報われないように見えたことでも100年経った後でも、それが必ず報われるという事実を見聞きします。命ある限り叫び続ければ、いつか実ると信じたいです」   (長谷 邦彦)
  • 被爆の身で戦後を生きる苦しみや不安を語る朝長民子さん(国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館のサイト映像から)

2015/02/15 14:30:00 被爆者ものがたり② 田村サワ子さん

  • Category被爆者ものがたり
  • Posted by長谷 邦彦
NET-GTASによる初めての翻訳作品である
5人の被爆者ビデオから、
それぞれの証言を手短に紹介します。

>We introduce you each lives of five survivors the NET-GTAS
translated into foreign languages for the first time

田村サワ子さん

 

(21歳で被爆。撮影時79歳、徳島県松茂町在住)


Ms. TAMURA Sawako (21 years old at the time of bombing. Filmed at 79 years, living in Matsushige-cho, Tokushima Prefecture)



 21歳、長崎県大村市の海軍病院に看護婦として勤務中、長崎市上空にキノコ雲が立ち上るのを見る。夕方から被災者が続々収容されてきたため、救護活動にあたり、2次被爆。仕事柄、救護の現場の悲惨な状況を事細かに、具体的に証言している。
 押し寄せる被災者はみな、露出していた肌は焼けただれ、皮膚が垂れ下がっていた。その夜には100人ほどが死亡。病院の裏手の空き地を掘り返して土葬した。住所も名前もわからず、爪と髪の毛を切り紙袋に収め、表に人相と特徴を書き記し、安否確認に訪れる人々に
説明したという。
 担当の病棟が内科で比較的軽症の患者が多く、やけどの治療はまずクレゾール液で消毒。ガーゼにリパノール液をしみ込ませて患部に貼り付け、包帯をぐるぐる巻きにした。しかし、傷口にはウジがわき、血を吸う。表皮を切って消毒するが、翌日にはまた現れる。
 「3日後から、放射能症状として脱毛症状が出始めました。ばさっと髪の毛が抜ける。注射した後は黒紫になって腐ってくる。白血球の減少で抵抗力がなくなり、紫斑の症状が出ると、2,3日で亡くなりました」
 11月下旬まで看護し、その人たちの放射線を受け、その後、子宮筋腫にかかったり、骨がもろいと言われたりしたという。「子どもが小さいころは、自分が被ばくしているとは言えなかった。被爆者健康手帳を取得してからはだんだん世の中が認めてくれるようになり、それで話せるようになった。それまではひた隠しにしていた」。直接被爆したわけではないのに、健康不安と差別が戦後の生活に影響を与え続けるのだ。
 「あの悲惨さを絶対忘れません。あの時でさえあの悲惨さですから、今は威力が違いますから、(再度)使われたらもう、いっぺんに生きている人はいないと思います」「私は養護教員として高校に勤めていました。原爆の話をすると、子どもたちの目が輝き真剣に聞いてくれるのです。私が話しても、響くのかな、と思います」。表情はにこやかだが、体験を引き継ぐ決意は固い。(長谷 邦彦)
     

2015/02/12 00:00:00 被爆者ものがたり① 天野文子さん

  • Category被爆者ものがたり
  • Posted by長谷 邦彦

NET-GTASによる初めての翻訳作品である5人の被爆者ビデオから、
それぞれの証言を手短に紹介します。
We introduce you each lives of five survivors the NET-GTAS
translated into foreign languages for the first time



第1回・天野 文子さん

 

(撮影時80歳、東京都板橋区在住)


Ms. AMANO Fumiko (14 years old at the time of bombing. Filmed at 80 years, living in Itabashi-ku, Tokyo)

 14歳、高等女学校4年生の時、広島市近郊で勤労奉仕中に原爆が投下され、翌日、家族の消息を求めて、市内に入る。まだあちこちで煙が立ち上る焼け野原。自宅のあった場所の近くでは黒焦げの遺体が山と積まれていく。そのてっぺんに知り合いの女性を見つけた彼女は、遺体を引きずりおろそうとするが、周りの人と大やけどの身体同士がくっついて離れない。大人に引き止められた。
 それまで軍国少女だった彼女は「何だ、戦争なんて人殺しじゃないか。東洋平和のための戦争なんて、嘘よ」と気づく。「私にとっては、その日は戦争の終わった日、初めて戦争を知った瞬間なのです」。
 両親と兄弟と合流したものの、半身大やけどの兄は寝たきりで敗戦を迎える。この時、彼女は重体の兄に「負けた」と言えず「戦争が終わった。日本は勝ったよ」とうそを言ってしまった。被爆から13日後、兄は「痛い」とつぶやいて息を引き取った。
 兄に「負けた」と言えなかったことが彼女の戦後の生き方に大きな影を引きずらせている。「日本の侵略の中で殺され、傷ついたアジアの人たちの『痛い』が、兄の『痛い』に重なって私の心に刺さります。死ぬ人にはせめて真実を言えばよかった」。
 生き残った者に『忘却』は許されない、『沈黙』も許されない。そう考えて、彼女は証言の旅を続けてきた。アメリカでは、体験談を聞いた人から抱きしめられ、一緒に涙して「核廃絶のために一緒に闘おう」と話した。マレーシアでは「日本の平和憲法はあなたたちだけの憲法ではない。私たちアジア2000万人の血のあがないで作られたのです。大事にしてください」と言われたという。対話することこそ、未来につながる歴史を学び、和解の第一歩となる、と信じている。 (長谷 邦彦)
  • 「被爆者は忘却も沈黙も許されません」と語る天野文子さん(英語版映像から)

2015/02/12 00:00:00 被爆者証言の翻訳はこうして行われる(上)

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷邦彦
How do we translate the subtitles of the A-bomb survivors’ testimony videos? From making up the teams of translation to completion of the subtitles multi-translated.

きょうは、国立平和祈念館の被爆者ビデオについて、NET-GTASがどのような手順で日本語から外国語に翻訳し、字幕として映像に貼り付けられていくのか。半年にわたる作業フローを、2回に分けてご紹介します。

(1)翻訳対象の被爆者ビデオを選び出す
国立広島原爆死没者追悼平和祈念館はこれまでに1200本以上の証言ビデオを制作・保存、そのうち300本余りが広島・長崎の両国立原爆死没者追悼平和祈念館合作の被爆者サイト「平和情報ネットワーク」(http://www.global-peace.go.jp)にアップされています。NET-GTASと祈念館が協議して、その中から1年間に翻訳する対象のビデオを選び出します。2014年度の場合、被爆者5人を選び、NET-GTAS側で英中韓仏独の5言語に翻訳を進めているわけです。5人×5言語=25本の作品をつくるために、翻訳者と監修者による25のチームを編成しています。

(2)国立平和祈念館が日本語の字幕を作る
同祈念館の被爆者ビデオは、1人の被爆者がインタビューに答えるもので、1本平均で約22分。もともと日本人向けに作られており、被爆者の語りは日本語の音声です。映像のタイトルや、話の流れを示す小見出し、エンディングの「企画著作 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館」などの表示はすべて日本語です。「日本語版」と呼びます。多言語化に向けて、祈念館はまず音声を文字化し、無駄な表現の削除や方言の修正などをして、日本語字幕を作成します。
1コマごとの字幕の文字数が多すぎると映像を隠してしまうので、適当に分割し、これをエクセル表に時系列で縦に並べます。この日本語が翻訳の原点になります。

(3)翻訳用ワークシート
このエクセル表を改造したものが「翻訳用ワークシート」として、NET-GTASの翻訳者に届きます。翻訳者は日本語字幕の列をよく読み込んで、その右隣に用意された空欄に翻訳語を記入していきます。     (長谷邦彦)
  • 生田カツ子さん・日本語版の映像。音声は日本語で、字幕がない
  • 翻訳ワークシートの一部。翻訳者は右側の欄に外国語翻訳を記入。それを監修者がチェック

2015/02/05 00:00:00 始まったネット公開

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷邦彦
Our translation works were just released on the Internet.

NET-GTASとして初めての翻訳作品8本が2月3日、インターネットにアップされました。作品を公開したのは、広島・長崎の両国立原爆死没者追悼平和祈念館合同制作のサイト「平和情報ネットワーク」( http://www.global-peace.go.jp )。

今回アップされたのは、14歳の時に広島で入市被爆した「天野文子さん」(英語、中国語、韓国語)、長崎で21歳の時に救護活動で被爆した「田村サワ子さん」(同)、16歳の時に広島の爆心から1.5キロで被爆の「朝長民子さん」(中国語、韓国語)のビデオ映像です。4月からは今年度の追加分と合わせ20数本がネット掲載される予定です。

「平和情報ネットワーク」の画面は、左から「体験記」「証言ビデオ」「体験記朗読」が視聴できる。右上に、日本語、英語、韓国語、中国語の切り替えのためのバナーが用意されています。

8本の翻訳には、京都外大からも外国人教員が2人、日本人教員が3人、海外からの留学生が7人、卒業留学生が1人、監修者や翻訳サポーターとして協力してくれました。

国立祈念館や広島、長崎の平和祈念資料館(原爆資料館)はこれまでにも証言ビデオの一部を外国語に翻訳していますが、翻訳を市民・学生が継続的にボランティア的に請け負うのは初めてです。

ぜひ、映像を見て、知り合いのみなさんに、特に海外の人たちに、広げてください。(NET-GTAS代表)
  • インターネットで見られるようになったNET-GTASの翻訳作品
  • 「平和情報ネットワーク」のトップページ

Page top