ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2015/10/02 14:50:00 「広島フィールドワーク」に参加して

  • Category私の想い
  • Posted by大西 綾

「平和はゴールでなく努力の積み重ね」



 
I went to Hiroshima for a fieldwork
and noticed peace was not a goal but a process of making an effort for it.


 NET-GTASの一員としてこれまで、いろいろな会議や勉強会に出席し、被爆体験の翻訳や平和をめざす活動について日々学んでいます。ですが実は、知識も何もないことでどこか自信が持てず、積極的に動けない自分がいました。そんな時に企画されたのが、学生サポーターによる「広島フィールドワーク」でした。
 フィールドワークの3日間、平和記念資料館や国立平和祈念館の方・ボランティアガイドの方・被ばくを経験した方・語り部をされている方・国内外で平和活動をされている方と、本当に多くの方々からお話を伺うことができました。皆さんそれぞれに平和への信念を持ち、例えば原爆の被害の実態を広める事・かつての広島の様子を伝える事・被爆体験を語り継いでいく事など実践されていました。
 その中でも私は、天台宗太光寺(広島市西区)の副住職、東和空(ひがし わこう)さんとの出会いがとても印象に残っています。太光寺はかつて原爆の被害を受け、その後市内から少しはなれた場所にお寺を再建し、今はそこで平和コンサートや戦争に関する映画の上映会など、つねに様々な活動をされているお寺です。 東さんは、平和活動への思いを「例えば宗教の違いや意見の違いを、否定したり折り合いをつけようとするのではなく、お互いが認め合う。‘違う’ということを、受け入れることがとても大切。平和=ゴールではなく、平和は私たち全員が日々努力しやっと積み重ね、その努力を続けていくもの。」と私たち学生に強調して伝えて下さいました。
 お話を聞いて、今まで自分が平和を目指す活動に対して大きく考え過ぎ身構えていて、そうした理想に及ばない自分自身を否定してしまっていたことに気付きました。これからは焦りを捨てて、とにかくどんな形でも自分が今出来ることを日々つづけることが大事だと、気持ちが大きく変わりました。 
 NET-GTASのメンバーとして何か役に立つにはまだまだ未熟な存在に変わりはなく、歯がゆく感じることがあるだろう。でも、焦らずに、まず自国の関わった戦争や歴史などをきちんと知ろう。それが自分の「平和活動」として出来る第一歩なのだ――フィールドワークを通じて前よりも自信を持ってそう思えるようになりました。NET-GTASを通じて得られた多くの出会いと機会に感謝して、広島でお会いした方々のように自分なりに出来ることを考え、実践しつづけたいと思います。 (大西 綾 =京都外国語短大キャリア英語科2年)

  • 太光寺で、東和空副住職を囲むサポーター5人(2015年9月5日)

2015/09/16 21:20:00 京都外大サポーター会議の広島フィールドワーク

  • Categoryイベント
  • Posted by大西 綾

京都外大サポーター会議の広島フィールドワーク



     
Five supporter students visited Hiroshima and did fieldwork.

We interchanged with A-bomb survivors and peace activists.



 このたび京都外大で「NET-GTASサポーター井戸端会議」の活動が2015年度ピカイチプロジェクトの一つに選ばれ、そして念願の、初めてのフィールドワークが実現しました!!
行き先は広島、主な活動期間は9月4日から6日までの3日間でした。
 フィールドワークには、留学生1人を含む学生サポーター5人が参加。広島市郊外の被爆者のお宅に寝泊まりさせてもらいながら、広島平和記念資料館(原爆資料館)や国立広島原爆死没者追悼平和祈念館などを訪問したり、被爆者のごきょうだいや、広島や世界各地で平和活動をされている方々と交流、あるいは資料館での外国人客に対するアンケートなど活発に動き回りました。戦後70年の節目の年というだけではなく、NET-GTASにとっても、今後の報告会や活動でさらにそのつながりを周囲に広めていくための、大事な節目となるものでした。
 実際に現地を訪れてみると、多くの方々が真剣に平和について考え、それぞれの形で精一杯活動をされているという事を私たちサポーターそれぞれが肌で感じ、胸が熱くなるような出会いがたくさんありました。そうした活動と合わせて、夜は皆で作った手料理を囲んでの親睦会もあり、普段なかなか話す機会が少なかったメンバー達とも交流を深めることが出来ました。
 たくさんの方々との出会いとサポートによって実現したこのフィールドワークは、間違いなく今後のNET-GTASの活動への力強い追い風となるものでした。
 参加したサポーター会議のリーダー、阿比留高広さんは「今回築いたつながりは、核廃絶への一切の迷いを消し去った。被爆地で得るものが世界中に広まれば、核兵器はなくなる。その期待が確信に変わった。被ばく者や多くの反核平和を願う仲間に出会えたことの意義は大きい」と話しています。
 これからフィールドワーク参加者の感想や、今後の学内外へ向けた報告会の日程などを随時アップしていきます。最後に改めて、このような素晴らしい学びの機会を作って下さったすべての皆様、本当にありがとうございました。  (大西 綾 =京都外国語短大キャリア英語科2年)
  • 国立広島平和祈念館で叶真幹館長さん(右端)から被爆者証言の蓄積の大切さを聴く5人のサポーター(2015年9月4日)

2015/09/14 21:50:00 頑張るドイツのボン大学②

  • Categoryイベント
  • Posted by田村 直子

ボン大学で成果発表会







 ボン大学では、夏学期の被爆者証言翻訳の成果発表会が行われました(2015年7月6日)。
 被爆者証言の翻訳に取り組んだのはアジア研究科日本・韓国研究専攻の修士課程翻訳コースの学生たち。その内9人はHiroshima-Nagasaki-Projektという開講モジュールの参加者で「久保ミツエ」さんの証言を翻訳しました。残る5人は去年の授業で「天野文子」さんの証言をすでに翻訳した学生ですが、今学期は授業の枠外でボランティアとして「朝長民子」さんの証言を翻訳してくれました。
2015年の夏学期(4月中旬から7月上旬)の上記のモジュールでは毎週90分の日独翻訳の授業と、さらなる90分、背景知識を学ぶ授業が提供されました。
 日独翻訳の授業では翻訳家のパチケ先生の指導のもとドイツ語への翻訳と翻訳の練り直し作業が徹底的に行われました。プロジェクトの背景知識を学ぶ授業では、受講生たちはTV会議システムを利用して、NET-GTASの長谷先生の講義を受けたり、京都外国語大学の中西先生の日本人や留学生の学生さんたちと意見交換をしたり、また被爆者のご家族で、もとジャーナリストの方をビジターとしてお迎えしお話を伺ったりしました。
 7月6日の成果発表会では学内外の方々に、受講生自身が学期中に学んだことを紹介し、そして、証言の翻訳を映像に合わせて朗読し、翻訳の成果を披露しました。
 受講生からは「本物の翻訳依頼ということでよい意味で緊張した」、「(授業のための練習ではなくて)世の中の役にたつ翻訳ができてうれしかった」、「世界が平和になるには絶対にお互いのことを知るということが必須だと思いました」などの声が上がっています。翻訳依頼という形でこのような貴重な学びの場を提供してくださり、本当に感謝しております。今後とも引き続き翻訳依頼をいただけたら、たいへん嬉しく思います。(ボン大学 田村直子)
  • ボン大学で開かれた証言翻訳授業の成果発表会。学生たちは「朝長民子さん」の映像を見せながらドイツ語訳を朗読した(2015.7.6.)

2015/09/14 21:30:00 頑張るドイツのボン大学①

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

今度の冬学期で4本目の翻訳



Bonn University will challenge to translate
the 4th works of the testimonies of A-Bomb survivors into German.


 ボン大学では、アジア研究科日本・韓国研究専攻の修士課程翻訳コースの学生たちが、昨年春以来、これまでに3本の被爆者証言ビデオをドイツ語に翻訳を完成させました。さらにこの秋からは「ヒロシマ・ナガサキ・プロジェクト」の名で大学公認の証言翻訳授業を始めます。
 授業を実施しているのは、同研究科の田村直子先生とハイケ・パチケ先生。2人の先生が話し合って、昨年の夏学期に共同のクラスを編成し「天野文子さん」の翻訳授業を展開したのが始まりです。冬学期は授業ではなく、有志学生を募って「朝長民子さん」の翻訳をしましたが、今年度の夏学期は再び授業で「久保ミツエさん」を翻訳しました。
 2人の先生の熱意は大学にも伝わり、この冬学期からは翻訳コースばかりでなく、他のコースの修士課程の学生も参加できる授業として継続して展開できるようになったのです。10月中旬から「寺沢茂さん」の翻訳に着手します。
 「久保ミツエさん」のドイツ語化の授業では、ドイツ在住の被爆二世を招いて、家族の被爆状況の話を聴いたり、京都外大とテレビ会議で結び、証言の多言語化の意義を話し合うなど、立体的な学びの場を設けてきました。その話は次回に――。  (長谷 邦彦)
  • ボン大学(左)と京都外大の合同授業(2015年6月25日。双方の教室に映し出された映像)

2015/08/26 12:00:00 被爆者・久保ミツエさんとお会いして①

  • Category私の想い
  • Posted by阿比留 高広

被爆者・久保ミツエさんとお会いして①



We talked with Ms.KUBO Mitsue,

one of the atomic bomb survivors in Nagasaki.

We thought we had to take hibakushas’ testimonies seriously.


 京都外大には、2015年度上期の翻訳事業で兵庫県西宮市に在住の被爆者、久保ミツエさん(86)の証言ビデオの多言語化に携わっている学生が3人いる。そのうちの2人と、サポーターの仲間2人が、久保さんから直接お話を聴こうと、西宮市原爆被害者の会の総会にお邪魔した。5月24日のことだった。
 参加者4人のうち3人が、その後、感想を語り合った。テーマ別に、3回に分けて、発言を紹介したい。

<①総会で発言の機会をいただいて>
 ○ジータスの活動のみでなく、サポーターの活動を強調できたのはよかった。
世代継承を念頭に置きながらも、核兵器をなくしたいという思いに年齢や国籍は関係ない。つながりをつくりつつ、みんなで励ましあいながら活動できたら良いと思う。また、こういう場に若者がいること自体が珍しくないようにしなければならない。
 ○人それぞれ違う文化や考えをお互いに理解すれば、平和に関する理解は深まる。そのためには、自分たちの立場を主張しあうのではなく、お互いを理解しようという寛容さが不可欠に感じた。
 ○被爆者は本当は体験を話したくない。誰も地獄のような体験を思い出したくないというのは言うまでもないが、さらに被ばくに伴う差別があったし、今でもあるからだ。しかし、実際には多くの人々が語り部をしている。それは、自分たちと同じ思いを、もう二度と、本当に二度と子供や孫にしてほしくないという思いがあるからである。それを私たちはしっかり受け止め伝えていくことが必要だ、と再認識できた。  (つづく)
  • 久保さん(右端)のお話を聴くサポーターたち

Page top