ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2015/08/26 12:00:00 被爆者・久保ミツエさんとお会いして①

  • Category私の想い
  • Posted by阿比留 高広

被爆者・久保ミツエさんとお会いして①



We talked with Ms.KUBO Mitsue,

one of the atomic bomb survivors in Nagasaki.

We thought we had to take hibakushas’ testimonies seriously.


 京都外大には、2015年度上期の翻訳事業で兵庫県西宮市に在住の被爆者、久保ミツエさん(86)の証言ビデオの多言語化に携わっている学生が3人いる。そのうちの2人と、サポーターの仲間2人が、久保さんから直接お話を聴こうと、西宮市原爆被害者の会の総会にお邪魔した。5月24日のことだった。
 参加者4人のうち3人が、その後、感想を語り合った。テーマ別に、3回に分けて、発言を紹介したい。

<①総会で発言の機会をいただいて>
 ○ジータスの活動のみでなく、サポーターの活動を強調できたのはよかった。
世代継承を念頭に置きながらも、核兵器をなくしたいという思いに年齢や国籍は関係ない。つながりをつくりつつ、みんなで励ましあいながら活動できたら良いと思う。また、こういう場に若者がいること自体が珍しくないようにしなければならない。
 ○人それぞれ違う文化や考えをお互いに理解すれば、平和に関する理解は深まる。そのためには、自分たちの立場を主張しあうのではなく、お互いを理解しようという寛容さが不可欠に感じた。
 ○被爆者は本当は体験を話したくない。誰も地獄のような体験を思い出したくないというのは言うまでもないが、さらに被ばくに伴う差別があったし、今でもあるからだ。しかし、実際には多くの人々が語り部をしている。それは、自分たちと同じ思いを、もう二度と、本当に二度と子供や孫にしてほしくないという思いがあるからである。それを私たちはしっかり受け止め伝えていくことが必要だ、と再認識できた。  (つづく)
  • 久保さん(右端)のお話を聴くサポーターたち

2015/07/29 15:00:00 被爆者・久保ミツエさんとお会いして②

  • Category私の想い
  • Posted by阿比留 高弘

<被爆者・久保ミツエさんとお会いして②>



            
The words that the A-bomb survivor who experienced it

                       
such as the hell issues are heavy.


○地獄のような経験をした被爆者の発する言葉、とくに、「戦争だけは二度と、核兵器だけは二度と使ってはいけない」という言葉には、これ以上ないというくらいの重みを感じた。
 ○証言を担当した(韓国語)ビデオの中で気になっていたことを聞けただけでなく、また新たなご縁ができてとてもうれしい。
 ○私たち学生が来ることで少しでも久保さん自身が元気になってくれたことがまずうれしい。しかし、紙芝居や映画を見ているときの彼女の表情は、懸命に私たちに語り掛けてくれている時とは違い、悲しそうであった。それは、私たちが映画を見て追体験することで感じる悲しさとはけた違いの、実感のこもった悲しさではないだろうか。私たちは、直接体験することはできない。でも、こういう体験を重ねることで、その理解は限りなく真実に近づいていくと思う。  つづく
  • 西宮市原爆被害者の会のみなさんとともに

2015/07/29 12:40:00 被爆者ものがたり⑤ 濱 恭子さん <下>

  • Category被爆者ものがたり
  • Posted by榊原 恵美子

被爆者ものがたり特別編 濱 恭子さん <下>


~ 母の想いは娘・鳥羽洋子さんへ、そしてフランスでの連帯へと続く~


~A mother and daughter’s shared hopes for peace

led them on a journey to France

and a deep sense of solidarity with the French people~


大阪大空襲と広島での原爆投下を経験した恭子さんが終戦を迎えたのは、19歳の時だった。その後、戦火に怯えることもなくなって、恭子さんは家庭を持ち、娘の洋子さんが生まれた。

洋子さんは子どもの頃から日々の生活の中で祖母の被爆体験を聞いて育ったという。自分が被爆二世ということも、ありふれた日常の中で普通に受けとめていた。そんな洋子さんが自分自身について強く意識するようになったのは1975年、大阪の府立高校で社会科教師となった年のこと。他校の男子生徒が白血病で亡くなっていたことを知り、衝撃を受けたのだ。男子生徒の母親は長崎で被爆し、彼の妹も、その二年ほど前に白血病で亡くなっていた。

ふたりの子どもを続けて失った母親の辛さと、次世代の子どもの『生きたい』という願いさえ踏みにじる核兵器への怒りと恐ろしさを実感した洋子さんは、二度とそのような死を繰り返してはならないという思いから、授業でこの男子生徒や核の問題について取り上げるようになった。

そうして80年代には、洋子さんが顧問を務める新聞部の生徒たちが8ミリドキュメンタリー「ヒロシマ」を完成させる。そこには、かつての恭子さんや祖母の避難経路を巡る記録が収められている。また、95年には海外の核実験に抗議し、ひとり校門でプラカードを持つ生徒に触発され、有志の同僚教師とその年の文化祭で反核平和展を開催した。ここで展示した文集(「祖父母に聞く戦争体験」)で初めて恭子さんの被爆体験が紹介された。ちょうど戦後50年目のことだった。

2005年、恭子さんは洋子さんの授業で被爆体験を語り始め、これが母子での活動のはじまりとなった。授業には小学生も参加し、『もし自分がそこにいたらどうしようと思った』との感想に洋子さんはハッとしたという。この想像力と感性こそが大切だ、と洋子さんは訴える。

2012年、恭子さんと洋子さんはフランスの市民集会に招待され、3つの都市で証言活動を行った。恭子さんが日本語で体験を語り、洋子さんがフランス語に翻訳する。母語で聞く証言はフランスの人々の胸を打ち、言語の壁を越えた連帯が生まれた。

この旅のほかに、日本でもフランスとの連帯が生まれていた。2002年、洋子さんが京都で偶然声をかけたフランス人作曲家 ルネ・マイヤー氏との出会いから連帯の心は芸術へと形を変え、フランスで実を結んだ。マイヤー氏は洋子さんがフランス語に翻訳した恭子さんの体験記に感銘を受け、「広島を生きぬいて」と言う名のカンタータを作曲する。その後、作詞家のモニク・シャルル氏が体験を歌詞で表現し、2013年にはパリでの初演が行われた。

「広島を生きぬいて」には、恭子さんが体験した過酷な状況と共に、憎しみや戦争にあらがい生きぬく強さこそ世界が一つになるための導きとなる、との希望のメッセージも謳われている。
母から娘、そして日本からフランスへと受け継がれた平和への願い。この曲が、多くの人の心に届くことを、洋子さんと恭子さんは願っている。
 (榊原 恵美子 =事務局職員)
  • 3.21市民・学生の集いで、濱恭子さん(右)と鳥羽洋子さん(中央)

2015/07/13 14:30:00 被爆者ものがたり④  濱 恭子さん <上>

  • Category被爆者ものがたり
  • Posted by榊原 恵美子

(第3回までは、国立広島平和祈念館の証言ビデオでNET-GTASが翻訳した被爆者の紹介でした。今回は、特別編として、3月21日の市民・学生の集いに登場した濱恭子さんを上下2回に分けて紹介します。)



■被爆者ものがたり特別編 濱 恭子さん(89歳)の<上>

~ 大阪空襲の後、避難先の広島で被爆。今も戦争の悲惨さを語り続ける~



       
Ms. HAMA Kyoko was evacuated from Osaka to Hiroshima following
         
the Osaka Air Raids. There she was exposed to the Atomic bombing
        
of Hiroshima. She shares the story of her wartime experiences.
  

 濱恭子さんは1925年生まれ。6歳の時に満州事変が起き、翌年には上海事変、そして12歳の時には日中戦争開始、と戦争へと向かう時代の中で幼少期を過ごした。18歳となった年には日本軍の真珠湾攻撃によりアメリカとの戦争が勃発。戦況は激化し、1945年3月13日、恭子さんの住む大阪も大規模な空襲を受けた。

 後に「大阪大空襲」と呼ばれたその空襲は、274機のB29による油脂焼夷弾攻撃が行われ、大坂の街は炎に包まれた。当時、母子ふたり暮らしだった恭子さんと母は、家からとっさに持ち出したコタツ布団を何度も防火水槽の水に浸けてかぶり、降りかかる火の粉の中を逃げまどった。「生き地獄」と恭子さんは当時を語る。あまりの恐怖で頭が真っ白になり、焼け死んだ人が転がる光景を目にしても怖さや気の毒な感情はわかなかったという。

 恭子さんの家も焼かれ、叔母のいる広島へ母と身を寄せた。その後、恭子さんはひとり従兄の住む島根へ疎開する。だが、広島で機銃掃射が行われるようになったと聞いた恭子さんは心配でたまらなくなり、母と祖母を迎えに行くため、広島へと向う。1945年7月のことだった。

 その翌月、よく晴れた8月6日の8時15分─。青白い閃光を感じると同時に家が崩れ落ち、恭子さんは母、祖母ともにがれきの下敷きとなった。何とかはい出した3人は大阪での火の海を思い出し、直ぐにその場から逃げた。途中、「助けて」という裏の家の住人の叫び声が聞こえたが、どうすることもできなかった。

 その後、恭子さんが目にした光景は大阪の空襲でも見たことのないものだった。全身黒焦げとなった丸裸の人たちが、皮をズルっとぶら下げフラフラと夢遊病者のようにあちこちから押し寄せる様子は、この世のものではなかった。

 恭子さん自身もガラスが左半身に百数か所刺さる負傷をしたが、母と祖母の必死の手当てに支えられ、広島の町を逃げ歩いた。その後、雨が降り出したが、棒の上に乗せたトタン板の下で恭子さんは雨をしのいだ。棒は母と祖母が両手で支えていた。そして、その日降ったのは放射能が含まれる「黒い雨」だった。

 それから9日後の8月15日に終戦の日を迎え、恭子さんの戦火に怯える時代も終わった。だが、戦後60年を機に恭子さんはかつての出来事を語り始めるようになる。その理由を「ほんとうに生き地獄だった戦争の悲惨さを皆さんにお話しして、今後どうして生きていくか考えてほしい」と語る。また、「決して戦争を望んだ訳ではないのに、戦争のるつぼにもっていかれたのです」と当時を振り返り、「戦争へと引き込まれないよう、皆で力をあわせないといけない」と訴える。その思いは海を越えたフランスでも語られ、国境を越えた共感と連帯を生んだ。<つづく>
       (榊原 恵美子 =職員)
  • 3.21市民・学生の集いで、濱恭子さん(右)と鳥羽洋子さん

2015/07/03 15:20:00 NHK World Newsでニュースに

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

NHK World Newsでニュースに



      
NHK World News broadcasted the activities of NET-GTAS in news.



NET-GTASの活動が、NHKの国際放送でニュースとして取り上げられました。
映像は、7月4日現在も次のURLからインターネットで見ることができます。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/features/201506160916.html

このニュースはNHK京都放送局の野呂晋一記者の取材で、5月13日の京都ローカルニュースから「おはよう関西」「おはよう日本」へと進み、6月16日にはNHK World Newsに登場しました。
ニュースのタイトルは「Sharing Survivors' Stories」。
提携先の国立広島原爆死没者追悼平和祈念館の光景から始まり、本学の留学生と日本人の学生サポーターたちが一緒に証言翻訳の作業をする姿などを映し出しています。 (長谷 邦彦 =代表)
  • 6月16日のHHK World Newsから

Page top