ページの先頭です。ページの本文へ

NET-GTASブログ RSS

Profile
The aim of NET-GTAS, the Network of Translators for the Globalization of the Testimonies of Atomic Bomb Survivors, is to express and diffuse the experiences of Atomic-Bomb victims through video interviews with the survivors. In order to overcome the language barriers, as most survivors speak only Japanese, the interviews are being translated into as many different languages as possible by NET-GTAS volunteers.
Thirteen professors from Kyoto University of Foreign Studies, the University of Tsukuba and Yokohama National University formed the nucleus of this project and subsequently, in January 2014, we established NET-GTAS thanks to an expanded co-operation of regular members and supporters comprised of professors and translators involved in language education.
Since 2014, NET-GTAS has been started to work on translating the video interviews of Atomic-Bomb survivors produced by the Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims (http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp) into English, Chinese, Korean, German and French. The interviews will be posted on the HP of our internet site Global Network HP (http://www.global-peace.go.jp), which is produced with the National Peace Memorial Hall for Atomic Bomb Victims in Hiroshima and Nagasaki.
NET-GTAS is working on not only translating, but also University seminars, which is included various fields such as linguistics, pedagogy and sociology related to the project, and collecting the documents and the other materials on the study of Hiroshima and Nagasaki.
This project has started with 40 members (including office members) and currently, (February 2017) it has more than 160 participants in total : approximately 70 from overseas and 90 Japanese. The office (net-gtas@kufs.ac.jp) is located at Kyoto University of Foreign Studies. NET-GTAS has been supported to develop our by a lot of supporters who are young researchers and students.

The Office of NET-GTAS
Address: 615-8558, Kyoto University of Foreign Studies, International Research Institute for Studies in Language and Peace, Saiin Kasame-cho 6, Ukyou-ku, Kyoto
Phone: 075-322-6054 (ext.6755), From overseas: +81-75-322-6054
Email: net-gtas@kufs.ac.jp
Open: Monday~Friday from 9 a.m. to 5 p.m.
Representative: Kunihiko NAGATANI

2016/04/25 09:10:00 パンフレット『NET-GTAS 被爆者証言を世界に!』を刊行

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷邦彦

パンフレット『NET-GTAS 被爆者証言を世界に!』を刊行


“NET-GTAS ~Testimonies of Atomic Bomb Survivors All Over the World!”
was published to inform of our activity.
The sentence is written in both Japanese andEnglish.


 「NET-GTAS」(被爆者証言の世界化ネットワーク)が発足して3年目。私たちの活動をもっと多くの人たちに知ってもらおう、とパンフレットを作りました。

 タイトルは『NET-GTAS 被爆者証言を世界に!』。A4判20ページ。
 表紙のカラー写真は、広島・平和記念公園南側にある「平和の門」。高さ9メートル、幅2.6メートル、奥行き1.6メートルの薄緑色の門10基が並ぶ。表面には「平和」を意味する単語が49種類の言語で刻まれています。NET-GTASの学生サポーターが昨年9月に広島フィールドワークをした際に撮影したものです。

 「NET-GTASがめざすもの」から始まって、「何をするの?」「何を翻訳するの?」などの疑問に答えたり、翻訳作業のフローを図示したりしています。
 また、国内外のいくつかの大学で進められている証言翻訳授業の実態や、それらのクラスが国境を越えてテレビ会議で結ぶ合同授業(協働学習)など、写真たっぷり、ビジュアルに、わかりやすく説明しています。日本語と英語の両文が書かれており、外国人にも接しやすい資料になっています。

 1000部を印刷。非売品。ネットワークへの参加呼びかけのときや、外国からの訪問客におみやげとしてお渡しし、世界に広めます。
  (長谷 邦彦 =代表)
  • パンフレットの表紙
  • 写真たっぷりの紙面

2016/03/29 01:00:00 NET-GTASの翻訳作業、活動に参加して

  • Category私の想い
  • Posted by張 芳
>NET-GTASの翻訳作業、活動に参加して

I knew the importance of peace
through the translation for the testimonies of Atomic Bomb survivors.


日本に来て、外大で初めて「被爆者」という言葉を知りました。それまでは原爆という言葉は知っていましたが、被爆者については一度も聞いたことはありませんでした。そこで、関心を持ってインターネットで被爆者について調べました。
その後、「被爆者の声を世界へ届ける」というイベントに参加し、実際に被爆者にお会いして被爆体験を聞き、大きな打撃を受けました。そして、被爆者が一生懸命に平和の大切さをみんなに伝えている姿に感動しました。
大学院に進学してからはNET-GTASの活動に携わる機会があり、「被爆者の証言」に中国語の字幕をつけるための翻訳作業をするようになりました。戦争の経験のない私は戦争の恐ろしさを知りませんでしたが、被爆者たちが経験した話の翻訳作業を通して、平和の大切さがだんだん分かるようになりました。
被爆者証言を中国語に翻訳するときに、様々な問題点がありました。その中で特に苦労したのは、オノマトペの訳し方です。証言の中で擬態語や擬声語が多く使われていますが、それに対応できる適切な中国語がなかなか見つからないため、とても苦労しました。ですが、翻訳作業を通して、言語の壁を乗り越えて、被爆者たちが経験した戦争の恐ろしさを中国人にも伝えられるようになりました。これからも頑張って続けたいと思います。
      (張 芳 = サポーター、大学院 日本語教育専攻)

2016/03/26 14:50:00 独・エアフルト大で翻訳授業の成果発表会

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

エアフルト大で翻訳授業の成果発表会



A translation class at Erfult University presented
the result of their translation
to fellow students.


ドイツのエアフルト大学では秋学期に、仁科陽江(にしな・ようこ)先生が被爆者言ビデオのドイツ語への翻訳を授業で実践し、期末には、学生らが半年間の取り組みの成果を学内で発表しました。地元新聞もニュースで取り上げました。
翻訳したのは、広島で16歳の時に被爆した「伊谷周一さん」の証言ビデオ。ドイツ語を学ぶ学生と、日本語を学ぶ学生が一緒になって取り組みました。
学期末の1月26日には、その成果を学内で発表する会を開催、多くの学生が傍聴しました。
開催前には大学のホームページで、このクラスの取り組みを紹介する記事が掲載されました。
ホームページの記事は「ドイツと日本の学生は、広島生存者の報告を翻訳します」と題し、冒頭、「(被爆)証言から我々は何を学ぶことができるか? この問いが発端にあった。」と書き始めています。そして、「NET-GTASがイニシアティブをとって、二年前から(被爆)生存者のインタビュービデオを翻訳する作業に、日本やほかの国々出身の有能な翻訳者・専門家たちがボランティアで従事してきている。」と述べ、「参加者全員にとっての知的な収穫は、異なる言語それぞれが持つ特有性に対する感覚がより鋭敏になったという点にある。またそれ以上に、学生たちは、本物の証言を手がかりにして、原爆が一人一人に及ぼした様々な影響に対する歴史的な知(視野)を広げることができたのである。」と意義付けています。

翌27日には、地元の「テューリンゲン新聞」が、仁科先生のクラスが「ヒロシマからの1人の生存者の証言をエアフルト大学の学生が日本語からドイツ語に翻訳した。」と報道しました。
      
 (注)エアフルト大学のホームページとテューリンゲン新聞の
記事の抜粋は早瀬明幹事が翻訳しました。

        (長谷 邦彦 =代表)
  • エアフルト大学で開かれた被爆者証言授業の発表会(2016年1月26日)
  • エアフルト大学の取り組みを報じるテューリンゲン新聞(2016年1月27日付)

2016/02/29 18:20:00 長崎大学の授業で学生がNET-GTAS紹介のプレゼン

  • Categoryイベント
  • Posted by長谷 邦彦

長崎大学の授業で学生がNET-GTAS紹介のプレゼン



Students of Nagasaki University gave a presentation
to introduce NET-GTAS
in the class of the theme of "nuclear abolition".


 長崎大学の「核廃絶」をテーマにした授業で、受講生らが学期末のプレゼンテーションでNET-GTASを紹介してくれました。

 この授業は、同大学にある核兵器廃絶研究センター(RECNA)の中村桂子先生が担当する講義「核兵器のない世界を目指して(市民運動・NGOと核兵器廃絶)」。学期末の課題として、受講生らがグループに分かれ、核問題を扱う団体を選んで取材し、その活動内容などをまとめて、みんなの前で発表しました。
 その中で、教育学部2年の濱口萌奈美さんをリーダーとするチーム(5人)が、NET-GTASを取り上げたのです。昨年末から1月京都外大にある事務局、そしてサポーター会議メンバーに電話などで取材。パワーポイントにまとめました。
 1月半ばに発表会があり、濱口さんらのチームのプレゼンは、14チーム中、第3位に食い込んだそうです。
 その後、濱口さんから聴衆のみなさんの感想の一部が届きました。「このような活動こそ長崎や広島がやるべき活動ではないか? 翻訳の勉強にもなるし、世界中の人たちにも見てもらえるのでとても win-win な活動ではないでしょうか?」「自分たちと同じ学生が主となって団体を運営、活動しているのには、大変驚かされた。学生の活動の可能性を示してくれた」「ぜひ参加したい」など、積極的に受け止めてくれていました。

 濱口さんは、昨年秋に長崎で開かれた「ヤング・パグウオッシュ会議」で、サポーター会議の代表、阿比留高広君の発言を聞いて印象に残り、「ぜひ長崎の仲間に知らせたい」と考えたそうです。            (長谷 邦彦 =代表)
  • 長崎大の学生がNET-GTAS紹介のプレゼン用につくったパワポ資料

2016/02/16 18:50:00 新たに6本の翻訳作品が公開されました

  • Categoryお知らせ
  • Posted by長谷 邦彦

新たに6本の翻訳作品が公開されました



The new six videos translated by NET-GTAS were added
to the site of Peace Information Network
(http://www.global-peace.go.jp)


NET-GTASが進める被爆者証言の多言語化事業で、2015年度上期・下期の翻訳作品の一部、6作品が新たに完成し、2月16日、国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館の合同サイト「平和情報ネットワーク」にアップロードされました。これによりGTAS作品は計41本に増えました。

今回アップされたのは、広島で被爆した「天野文子(あまの・ふみこ)さん」のスロベニア語版、長崎で被爆した「米田(よねだ)チヨノさん」の英語版、そして広島で被爆の住田年伸(すみだ・としのぶ)さん」のドイツ語、中国語、韓国語、英語版です。

6つの作品は、以下のアドレスで視聴できます。

天野 文子さん(スロべニア語)
米田 チヨノさん(英語)
住田 年伸さん(ドイツ語)
住田 年伸さん(中国語)
住田 年伸さん(韓国語)
住田 年伸さん(英語)



(長谷 邦彦 =代表)

Page top