ページの先頭です。ページの本文へ

京都外大リーダーズ・スクール RSS

Profile
【ブログスタッフ】
京都外大リーダーズ・スクール(GLS)担当教員:岸岡洋介
京都外大リーダーズ・スクール(GLS)メンバー一同

【このブログについて】
京都外大リーダーズ・スクール(GLS)は、本学の教育理念でもある「国際社会の平和に貢献し、次世代を担うことのできる『人間力』豊かなリーダーの育成」を目指して、平成24年度から文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」の取組と連携しながら活動しています。国内・国外の様々なフィールドで他大学の学生や海外の学生たちと交流しながら、自分自身のリーダーシップに気づき、磨き、仲間との共同で新たな自分を発見するためのサポートを行っています。さらに、GLSメンバー自らがリーダーシップ育成のためのフィールドを開拓するなど、多彩な活動を行っています。このブログでは、GLSの活動で行った研修の報告や参加者からの声、GLSメンバーの活動状況などを随時発信していきます。
ブログを読んで興味を持った方は、どなたでも参加OKなので、問い合わせもお待ちしています!
【問合せ先:renkei@kufs.ac.jp(担当:岸岡まで)】 2014年度委嘱状授与式

2017/01/06 13:00:00 学生カンファレンス・スタッフ振り返り編~その①~

  • Categoryイベント
  • Posted bySatoshi Nakajima
みなさん、こんにちは!
今回は、中島 理(スペイン語学科4年次)が昨年11月に開催された、「第4回学生リーダシップ・カンファレンス」のレポートをさせていただきます!本カンファレンスの詳細につきましては、前回投稿記事にて記載されておりますので、そちらをご一読の上、当記事を読んでいただけると幸いです。
 この度、「第4回学生リーダーシップ・カンファレンス」にスタッフとして参加した3人【橋内楓子(科目等履修生)、木下和也(英米語学科4年次)、足立凌大(英米語学科2年次)】に対談形式で話を伺いました。(その①)

_______カンファレンスが終わって、率直な感想を聞かせてください。

 足立「初めてイベントを運営する機会であり、先輩方が大勢いる中で不安がありましたが、無事に終わってほっとしました。」
 橋内「準備期間がとても短い中だったけど、みんな全力で望めたので、達成感がすごかった。」
 木下「泣いてたもんね。」
 橋内「参加者や教職員のみなさんから『ありがとう』をいただけると思っていなかったから嬉しかった。」
 木下「僕はカンファレンス運営に携わるのは2回目で、1回目に携わった『第2回学生リーダーシップ・カンファレンス』では、当日大学に行ってサポートするみたいな感じで、深く関われなかった。今回は企画を考えて運営したりと、一からカンファレンスに携わることができた。僕は司会という大役を任せてもらったので不安もあったが、楽しみながらできたらいいなと思って当日を迎えた。」

_______では次に、準備期間についてお尋ねします。準備や企画をされる際にどんなことに注意しましたか?またその中で大変だったことがあれば、教えてください。

 橋内「せっかく西日本各地から沢山の方々が来てくれるので、カンファレンスのために京都にきてよかったと思ってもらえるように、と意識していた。」
 木下「ミーティングの雰囲気に注意していた。“ザ・ミーティング”という極端に考え込む雰囲気ではなく、和気藹々とした雰囲気の中で話し合いができた。それがいろんなアイデアを生むきっかけになった。とてもよかった。」
 足立「準備期間、僕は大学の受講している講義が多く、時間が少ない中でどれだけ関われるかを意識しました。放課後、他のメンバーが残って作業している姿を見ていたので、行程表作成係だった僕はそれ以外にできることはないか模索していました。」
 木下「僕も教育実習で準備に関われない日が多かったから凌大みたいな意識あったね。」

_______足立さんは準備期間中、先輩たちが多いことによる不安と、講義が多いことで準備等に関わることが難しいとの思いがあったとのことですが、他に感じたことはありますか?

 足立「先輩方の仲が良いというのは、肌で感じました。準備期間に入る以前から、第2期、第3期GLSのミーティングの雰囲気などについて聞いていました。だからどういう雰囲気なのか、興味がありました。」

_______実際どうでしたか?

 足立「雰囲気が堅苦しくなかったので、気軽に意見できました。1か月と少しの短い期間でしたが、とても馴染みやすかったです。」

_______足立さんの言葉を聞いて、ふたり(木下さんと橋内さん)はどう思いますか?

 木下「雰囲気づくりの大切さを学べる良い機会だったんじゃないかな。和気藹々とするだけでなく、ピシッとするところはピシッとすることも大切だよね。」
 橋内「スタッフメンバーの多くはGLSを経験してきたから、しんどいことは重々承知だったんじゃないかな。しんどい中でどう楽しむかや、メリハリの付け方をわかっているメンバーが多いことで、馴染みやすい雰囲気ができたのかなって思う。」
 足立「気持ちのオンとオフの切り替えが僕は得意ではなかったので、先輩方の切り替えはすごかったです。皆さんの顔つきがミーティング前後で全然違っていました。」

(その②へ続く)
  • 左から カズ 、 ふう 、 りょーた
  • イキイキと語るふう
  • りょーたも後輩からの視点を語りました

Page top