ページの先頭です。ページの本文へ

京都外大リーダーズ・スクール RSS

Profile
【ブログスタッフ】
京都外大リーダーズ・スクール(GLS)担当教員:岸岡洋介
京都外大リーダーズ・スクール(GLS)メンバー一同

【このブログについて】
京都外大リーダーズ・スクール(GLS)は、本学の教育理念でもある「国際社会の平和に貢献し、次世代を担うことのできる『人間力』豊かなリーダーの育成」を目指して、平成24年度から文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」の取組と連携しながら活動しています。国内・国外の様々なフィールドで他大学の学生や海外の学生たちと交流しながら、自分自身のリーダーシップに気づき、磨き、仲間との共同で新たな自分を発見するためのサポートを行っています。さらに、GLSメンバー自らがリーダーシップ育成のためのフィールドを開拓するなど、多彩な活動を行っています。このブログでは、GLSの活動で行った研修の報告や参加者からの声、GLSメンバーの活動状況などを随時発信していきます。
ブログを読んで興味を持った方は、どなたでも参加OKなので、問い合わせもお待ちしています!
【問合せ先:renkei@kufs.ac.jp(担当:岸岡まで)】 2014年度委嘱状授与式

2016/01/25 16:30:00 『第3回学生リーダーシップ・カンファレンス』参加レポート

  • Categoryイベント
  • Posted bySatoshi Nakajima
みなさん、こんにちは
今回は、中島 理(スペイン語学科3年次)が「第3回学生リーダーシップ・カンファレンス」のレポートをさせていただきます!

2015年12月19日(土)~20日(日)、愛媛県松山市(愛媛大学、松山大学)において「第3回学生リーダーシップ・カンファレンス」に参加してきました。
本カンファレンスは、『これまでのUNGL(西日本学生リーダーズ・スクール)での経験を通して培った「リーダーシップに関する知識・態度・スキル」は、実社会において有用なものであるのか?』をテーマに開催されました。
内容としては、これまで学んだことをみんなで共有して、ジャンプするきっかけにしようぜ!というものでした。10大学(約100名)の学生、教職員に加えて、UNGLのOB/OGの先輩方(社会人2年目)、社会でご活躍されている講演者等が参加し、とても有意義でたくさんの刺激と学びを得ることができました!

本カンファレンスでは、様々なプログラムが組まれていました。UNGL教職員によるミニセミナーや、OB/OGの皆さんによるトークセッション、学生ポスターセッション、トップリーダーシンポジウムなど…どれも学びに満ち溢れたプログラムでした。
学生セッション(1日目はポスターセッション、2日目はポスターセッション上位4チームによる全体プレゼンテーション)では、同じGLSメンバーの木下和也(英米語学科3年次)と小柳拓也(英米語学科3年次)と共に、“僕たちの3年間with UNGL”というタイトルで発表させていただきました。僕たち3人はそれぞれ、この3年間で様々なUNGL活動に参加したり、それを出発としてGLSで活動したり、それ以外の活動にも数多く関わってきました。そのたびに、刺激し合い、励まし合い学生生活を送ってきました。セッションでは、その時に得た学びや悩みを述べさせていただきました。
大変光栄なことに、そのセッションで我々3名の発表が最優秀賞をいただきました。ありがとうございます!

ポスターセッションで発表するにあたって、これまでの3年間で思ったこと、学んだことを振り返りました。「あの時、こうすればよかったな…」と思うことや、その時はなんとも思わなかったことが、改めて振り返ると違った意見が出てきたりもしました。もっと落ち着いて考えればよかったな、なんて思ったりもしました。1つのことに対して1つの意見のみを持つのではなく、2つ、3つ…といくつか意見を持てるといいのでは、と感じました。これからは、色んな角度から物事を考えることを1つの習慣として行っていきたいと強く思っています。
そして、カンファレンスで印象的だったのは、トップリーダーシンポジウムでの“自分らしく、楽しくやっていれば、成功でも失敗でも、将来に活かせられることがたくさん出てくる”という言葉でした。進路に悩んでいる僕にとっては、あまりに光に満ち溢れた言葉でした。今ではその言葉を僕の勉強机に貼っています。
カンファレンスでは、お世話になっている教職員の先生方、OB/OGの皆さん、先輩方、友達に再会することができました。懐かしかったです!その一方で、たくさんの新たな出会いもあり、刺激を存分にいただきました。
1泊2日と、短い期間でしたが、とても内容の濃い、素敵な時間を過ごさせていただきました。カンファレンスを終え、自宅に帰って翌朝、「もう帰ってきたんか…」という、夢の国に行っていたような感覚に襲われました。(笑)

2016年も自分らしく!
  • ポスターセッションに参加(西田尚加)
  • 舞台に上がって皆の前でのプレゼン!
  • 最優秀賞!(中島理、木下和也、小柳拓也)

Page top