ページの先頭です。ページの本文へ

京都外大リーダーズ・スクール RSS

Profile
【ブログスタッフ】
京都外大リーダーズ・スクール(GLS)担当教員:岸岡洋介
京都外大リーダーズ・スクール(GLS)メンバー一同

【このブログについて】
京都外大リーダーズ・スクール(GLS)は、本学の教育理念でもある「国際社会の平和に貢献し、次世代を担うことのできる『人間力』豊かなリーダーの育成」を目指して、平成24年度から文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」の取組と連携しながら活動しています。国内・国外の様々なフィールドで他大学の学生や海外の学生たちと交流しながら、自分自身のリーダーシップに気づき、磨き、仲間との共同で新たな自分を発見するためのサポートを行っています。さらに、GLSメンバー自らがリーダーシップ育成のためのフィールドを開拓するなど、多彩な活動を行っています。このブログでは、GLSの活動で行った研修の報告や参加者からの声、GLSメンバーの活動状況などを随時発信していきます。
ブログを読んで興味を持った方は、どなたでも参加OKなので、問い合わせもお待ちしています!
【問合せ先:renkei@kufs.ac.jp(担当:岸岡まで)】 2014年度委嘱状授与式

2014/12/11 17:30:00 SIETAR 関西 11月例会「学生フェア」に参加して

  • Categoryイベント
  • Posted byRen Hosoda
 今回は、細田廉(英米語学科 3年次)がイベント参加の報告をさせていただきます!
 
 日ごろから授業でもお世話になっている本学のJeff先生に「GLSの発表をしてみないか?」とご招待いただき、11月16日(日)にSIETAR関西 11月月例会「学生フェア」に参加させていただきました。
 そこには、関西圏の5大学ほどが集まり、各人が大学で体験してきた様々な活動についてのプレゼンを行い、その後、各ブースにて自由に意見を交換し合うといった内容でした。
 僕たちは、京都外大リーダーズ・スクール(GLS)の取組として昨年から始まった「外大版リーダーシップ研修」の企画や運営に関する取組等を紹介させていただきました。プレゼン後の意見交換の際には、様々な大学関係者の方や、他大学の学生などが研修についての話を聞きに来てくださり、GLSの活動をたくさんの方々に知ってもらえる非常に良い機会となりました。また、僕たちとしても、他大学の学生が世界を舞台に取り組んでいる活動を聞くことができ、たくさんの刺激を得ることができました。自分たちには考えもつかないようなことや、学生のうちにしかできないような素晴らしい活動ばかりで、貴重な意見を聞かせていただけたことが何よりの財産です。そして、そのような会にプレゼンターとして参加させていただけたことを何より誇らしく思いました。
 学生でありながら、海外で様々な形で活躍している人たちと関わる中で、自分たちの活動もさらにフィールドを拡大していき、より多くの人にとって為になるものを提供していきたいという意欲が高まりました。せっかくのこの素晴らしい出会いや経験をないがしろにせず、僕たちの研修に還元することはもちろん、今後の人生の糧にしていきます。
 本会を開催するにあたり、携わってくださった全ての方々に感謝を述べたいです。ありがとうございました。

※SIETAR:Society for Intercultural Education Training and Researchの略=異文化コミュニケーション学会
  • ブースでのGLS取組紹介①
  • ブースでのGLS取組紹介②
  • 取組発表の様子

Page top