ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2018/08/20 10:30:00 海外教壇実習体験記(マレーシア・小山皐季さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
国立タイピン高等・中等学校(2018年3月)

2016年入学 日本語学科 小山 皐季


私はマレーシアの国立タイピン中等・高等学校で春期休暇中の約2週間、教壇実習をさせていただきました。この学校は今回初めて実習先に加えられ、どのような学校でどのようなシステムで授業が行われているのか分からなかったため、大きな不安がありました。しかし、多くの先生方や生徒に助けられ、支えられて無事に終えることが出来ました。

国立タイピン中等・高等学校では副教科として4つの言語から1つを選択する言語選択授業があり、そのうちの1つに日本語があります。日本語を選択した生徒は、言語より日本文化に興味を持って勉強を始めた生徒が大半でした。また、学校全体が定期試験前ということもあり、主教科の方へ勉強の力をより注いでしまう生徒もいるようでした。そのため、日本語という言語に生徒を惹きつけ、尚且つ楽しいと思ってもらえる授業をすることが私の中での課題となりました。しかし、海外での日本語教育現場を実際に肌で感じてみると、大学での授業や事前学習で培ったことが自分で上手く活かせませんでした。その都度教案を練り直しましたが、なかなか納得ができず、自分自身に苛立つこともありました。

そんな中でも、やはり根本にあり忘れてはいけないと思ったのは生徒のことを考えるということです。自分の中の不安は生徒には関係がないことであり、自分は何のために実習へ来たのか、この2週間で私ができる事は何かと考えると、たとえ些細な興味からでも日本語を学んでくれている生徒にもおもしろい、なるほどと思ってもらえる授業をする事でした。実際に、ゲームを行ったり、漢字を教える際には覚えやすく絵を書いたり視覚的な楽しさも取り入れることで、生徒は「あぁ~!」と理解してくれたり楽しそうに授業を受けてくれました。

今回、海外日本語教壇実習は私の中で大きな挑戦でした。教壇実習をして良かったと多くの先輩方からお話を聞きましたが、本当にその通りです。大学生活4年間の中でも強く印象に残る体験になると思います。自分の目で見たもの、感じたものは形として残すことは難しいですが、今回の教壇実習をただの経験として終わらせてしまわないよう、自分の知識として今後活かしていきたいと思います。

Page top