ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2018/07/10 10:30:00 京都市日本語ボランティア体験記(高校・チームレッスン)

  • Category学科紹介
  • Posted by近藤優美子
日本語教員養成推進室では、「教える」経験を積むために、様々なボランティア活動を紹介しています。今回はそのうちの1つ、約1年間の高校での日本語レッスンを御紹介します。

日本語を勉強するのは、学習経験ゼロの交換留学生
平日毎日、1日1コマ50分の日本語プライベートレッスン
担当したのは京都外大の日本語学科1年次生から大学院生のチームです。
1年間チームに加わってくれた4年次生山本紗也香さんの体験記です。

このボランティアの魅力は、一人の留学生に1年間という長い期間日本語指導が出来ることだと思います。
ボランティアを始めたときには、ひらがなも書けるかどうかというレベルだったのにも関わらず、だんだんと話せるようになり、今では英語に頼ることも少なくなっています。
自分の教えた日本語をきちんと使えるようになっていく姿を見るのは、とても感慨深いです。

また、チームティーチングなので、他の担当学生の引き継ぎを見て、「こういう教え方もあるのか」などといった新しい学びも得ています。

私自身、このボランティアは日本語教師志望者だけではなく、教職志望者にも参加する価値のあるものだと思います。
それは、地域の小~高校にはたくさんの外国籍の子どもたちがいるからです。
「そのような子どもたちにどのように日本語指導をしていけば良いのか」ということを勉強するためにも、ぜひ多くの京外大生に参加してほしいです。

所属学科にかかわらず、興味のある方は、ぜひ推進室(6号館1階)に来てみてください!
推進室の先生が相談にのってくれますよ!
お待ちしております!!!
  • カードを用意して自分の部屋を説明してもらいました

Page top