ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2018/05/31 11:30:00 海外教壇実習体験記(マレーシア・倉本萌由さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
国立タイピン高等・中等学校(2018年3月)

2016年入学 日本語学科 倉本萌由


私は今回、マレーシアの国立タイピン中等・高等学校で2週間実習をさせていただきました。これまで、このプログラムに参加してみたい、という思いがあっても、どこか自分に自信がなくなかなか1歩を踏み出せずにいました。しかし、「実践日本語教育Ⅰ・Ⅱ」の授業や、SkypeやLINEで日本語学習者と会話をするボランティアでの経験を通して、教えられる自信を少し持つことが出来たため、参加を決めました。今回の実習では、ボランティアなどの経験を活かし、自分は今どんなことが出来るのかを知ることが出来ました。

実習の2週間のうちの最終週が、実習校のテスト期間と重なってしまっていたので、私達は1週目から毎日授業をさせていただきました。今回、教える対象は中学生でした。中学生に教えるのは初めてのことだったので、授業の準備の際に、退屈になってしまわないよう工夫することが少し大変でしたし、やはり授業前は緊張や不安でいっぱいでした。しかし、生徒が真剣に授業を聞いてくれていたり、楽しそうにアクティビティに参加してくれている様子を見たときは、大変だったことや不安だったことを忘れるほど嬉しかったです。

2週目には日本の文化紹介を行いました。茶道、書道、浴衣、折り紙など生徒達が興味を持ってくれ、日本についての質問もたくさんしてくれ、たくさんの生徒と仲良くなることができました。それと同時に、日本人である自分がもっと日本の文化について詳しくならないといけないと感じました。

この実習を通して、少しですがまた自分に自信を持つことができました。新たな反省点もたくさん見つけることが出来ました。そして、目標も見つけました。ここで終わるのではなく、ボランティアや実習の機会でそれらを改善していき、また、自分の自信に繋がるような強みもそこで見つけたいです。そして、今の目標や理想とする日本語教師に近づけるよう努力したいです。

また、マレーシアという国についてもたくさん知ることが出来ました。文化や宗教のことなど、出発前に分かっていたつもりでも、現地に到着してから実感することが多々ありました。日本と違う部分もあり、初めは戸惑いましたが、すぐに慣れて生活できました。マレーシアの人の優しさや文化や宗教、生活を自分の身で体験できたことも、このプログラムに参加して良かったと思えることのうちの1つです。

このプログラムでは、大学の授業だけでは経験できないようなことがたくさん体験できます。もし自信がなくても、出発するまでに先生方が本当にたくさんのサポートをしてくださります。参加した後、必ず達成感が得られ、自信もつき、人としても成長できると思います。皆さん、ぜひ参加してみてください。
  • 最終日は学生達が見送りに来てくれました
  • 日本文化体験で浴衣の着付け

Page top