ページの先頭です。ページの本文へ

日本語学科ブログ RSS

2018/06/20 11:40:00 海外教壇実習体験記(台湾・野中優里さん)

  • Category海外教壇実習
  • Posted by近藤優美子
東呉大学(2018年3月)

2017年入学 日本語学科 野中優里


今回の東呉大学の実習では教壇に立って授業を行うのではなく、日本語クラブという形で昼休みと放課後の時間を利用してさまざまな活動をしました。

そのため、教科書があるわけではなく、範囲が決められているわけでもありませんでした。
日本語クラブで、どんな活動をどのようなレベル向けに作るのか、学生のレベルを判断する基準はどうするかなど、全て自分たちで決めなければいけませんでした。

初めてのことばかりで難しかったこと、学んだことがたくさんありました。
さまざまな課題がある中、締め切りを管理することや、どの課題からやるべきかの優先順位がわからなかったり、模擬授業で使う教材のクオリティが一人だけ低かったり、何度もやり直しをして先生や先輩方にたくさんお世話になりました。
目上の方に送るメールの書き方、パソコンの使い方、チームワークの大切さなど、この実習に参加していないとわからなかったことも知ることができました。

現地では学生さんについて考えさせられました。
グループ活動を中心に行っていたのですが、私が担当していたグループ内はレベル差が大きかったため、それぞれに用意する質問を考えたり、言い方・話し方を工夫したりと、とても勉強になることばかりでした。

担当しているグループ以外の学生さんとも交流することができました。
観光に連れて行ってもらったり、たくさんお話をしたり、私たちとだけでなく学生さん同士も仲良くなり、学生さんたちから参加してよかったという声をいただくことができました。

一年生でこのプログラムに参加することはとても不安に感じていましたが、何かにチャレンジする気持ちやできないことができるようになったこと、学生さんとのコミュニケーションを通して学んだことなどの貴重な体験を自信に繋げて、これからも様々なことに挑戦していきたいと思います。

事前準備や実習はとても大変ですが、達成感や楽しさを感じることができますし、大学生活の中でも貴重な体験になると思います。やってみたいけど、自信がない方や、何か頑張ってみたい、と思っている方など、みなさんぜひ挑戦してみてください。
  • 方言カルタを作ってゲーム

Page top